「家庭教師は知っている」 青柳碧人

「子どもが守られるのは、運によってではいけない」by 原田

休みの日に「面白い本があるかなぁ」と思って
入った書店で出会った本です。
著者の青柳碧人さんは「むかしむかしあるところに死体がありました」
を読んで、発想が面白いと思ったので購入しました。
大好きなミステリー小説だったこともあります。

主な登場人物

原田保典…(株)SCIデュケーション 家庭教師派遣会社主任
沼尻室長…原田の上司
清遠初美…原田の後輩、新人職員
リサ…女子高生、原田の部屋に入り浸っている

気になる家庭を訪れる原田

原田は家庭教師派遣会社の主任。
家庭教師の大学生の面談を行い、気になる家庭を訪問。
虐待の可能性がないか調査する。

以前に虐待の現場を発見し通報した社員の働きをきっかけに
児童相談所から協力を要請される。
会社の上層部は会社のイメージアップもあり
協力を惜しまず、各教室に「訪問担当」を設置する。
原田もその一人。

現場の多くの職員は、この決定に否定的。
原田の上司、沼尻もその一人。
「子どもの勉強以外のプライベートに立ち入られて
嬉しい保護者なんていない。顧客を失う」が自論。

高校生リサの存在

原田の家に入り浸っているリサ。
リサが酔っ払いに絡まれている所を原田に助けられる。
それ以来、原田の家に入り食事を作っている。
原田は家庭訪問先の話をなんとなくリサにし、
リサの何気ない一言でその家の闇に気付くのだった。

原田のトラウマ

大学4回生で卒論を自宅で書いていた時の事。
マンションの2階に原田の部屋から、向かいの家が見える。
昼の3時頃になると男性の怒号が聞こえてくるのだ。

ある日いつもより大きな声が向かいの家から聞こえてくるので
窓を開けると、向かいの家も窓が開いていた。
あざだらけの女の子と目が合う原田。
女の子は父親に引きずられて見えなくなってしまった。
その家には手作り雪だるまの人形があった。
紺色のシルクハットに黄色いマフラー
尖りすぎたニンジンの鼻に赤い二つの目。

原田は次の日から卒論を大学で書くようになった。
少女を助けられなかった負い目が
原田の心を縛り付けていた。

新人職員 清遠初美

以前原田が虐待されている子どもを保護した記事を読み
原田に憧れてSCIデュケーションに就職した初美。
原田に家庭訪問の同行を願いで、食事にも誘う。
単なる憧れだけではなく、原田に好意がある素振りを見せる。

あのぬいぐるみが…

大学生、日比野照之が原田に面談を申し込んできた。
小学年生の博を担当している。
日比野が博の家を訪ねると、女装した博が居た。
自分がトランスジェンダーであることをカミングアウトする。

勉強を見ている時に博の足首に輪をはめた様に赤くなり
所々、かさぶたになっているのに気付く。
傷の事を聞くと博は「いい子じゃなかったから…」
日比野は博が父親から虐待されているのではないかと疑い
原田に打ち明けたのだった。

原田が博の家を訪問すると父親の丈一郎が迎えた。
博の両親は離婚しており、父親との二人暮らし。
丈一郎は博の部屋に案内し、寝相が悪くてベッドから落ちるのを
防ぐために足に手錠をしていると説明される。
その後、丈一郎はスクールカウンセラーで息子の話より
自分の仕事の話を延々と続ける。

原田がふと部屋の飾り暖炉に目を向けると
そこには、あの忌まわしい雪だるまの人形があった。
何故、この家にあの人形が…。
原田の頭は混乱する。

【感想】

本のカバーに大まかなあらすじが載っています。
最後に「驚愕のラストが待ち受ける」の一文があり
どこが驚愕のラストなのか…と予想しながら読みました。

女子高生リサは予想通りでしたが、ラストは本当に
「そこか!? マジか~~~~っ」
青柳さんにやられました。
さすが早稲田大学クイズ研究会OB !!

本書は連作短編集となっています。
4つの家を訪問していくなかで
原田の抱えるトラウマ
女子高生リサとの出会い
新人職員、清遠初美との距離感
などが書かれていて長編としても楽しめます。

この本を書くにあたって、どのような取材をしたのかはわかりませんが
大人のフラストレーションのはけ口が我が子に向かう。
人に知られてはならないこと…悪い事と自覚しているので隠す。
子どもは親を庇う。

ふと思ったのですが、虐待をしている親は他人が家に入られることを
拒むのではないだろうか??
家庭教師を頼むのだろうか??
そんな素朴な疑問が湧きました。

【目次】
鳥籠のある家
逆さ面の家
祖母の多い家
蠅の飛ぶ家
雪だるまのあった家
エピローグ

284ページ
2019年3月25日第1刷発行
集英社文庫
本体価格 620円

著者 青柳碧人
1980(昭和55)年、千葉県生れ。
早稲田大学教育学部卒業。
早稲田大学クイズ研究会OB。
2009(平成21)年、「浜村渚の計算ノート」で「講談社 Birth」小説部門を受賞し、デビュー。
小説執筆だけでなく漫画原作も手がけている。

著書
「浜村渚の計算ノート」シリーズ
「ヘンたて」シリーズ
「朧月市役所妖怪課」シリーズ
「西川麻子は地理が好き。」シリーズ
「ブタカン!」シリーズ
「彩菊あやかし算法帖」シリーズ
「猫河原家の人びと」シリーズ
『むかしむかしあるところに、死体がありました。』など

むかしむかしあるところに、死体がありました 青柳碧人

「何があっても、あの襖の奥を開けて中を覗くことはなんねえぞ」by 弥兵衛

【あらすじ】
弥兵衛は父親母親を相次いで亡くし一人暮らし。
ある日、庄屋が弥兵衛の元を訪ねる。
弥兵衛の父親が庄屋に借金をして母親が機を織って少しずつ返してきたが、その母親も亡くなったので弥兵衛に返済を迫る。
返済を待ってくれという弥兵衛に庄屋は父親と母親を罵り、借金が返せないなら村から追放するとまで言った。
父母を罵られて我慢できない弥兵衛は隠しておいた鍬を掴んで庄屋を殺してしまう。

庄屋の死体を機織り部屋の奥の部屋に隠した直後に、つうがやってきた。
数日前に罠から助けてくれた弥兵衛の元に機を織るためにやってきたのだった。
機織り機を拒む弥兵衛を説得したつうは機織り部屋に行くときに
「つうが機を織っている間は障子を閉めたまま決して中を覗かないでください」と言うと弥兵衛は機織り部屋の奥にある襖を見て思いもよらない言葉を発した。
「何があっても、あの襖を開けて中を覗くことはなんねえぞ」
つうが織った反物は高く売れ評判も良く弥兵衛は毎晩つうに機を織る様に命じる。
次第に言動が荒くなる弥兵衛につうは従うしかなかった。

一方、庄屋が帰ってこなくなり村中は大騒ぎ。
殺されたのではないかという噂が流れ、犯人を捕まえた者が次の庄屋になれる…。
村の男、権次郎は弥兵衛の父親に借金があったことを突き止め、弥兵衛が殺したのではないかと疑う。
権次郎は弥兵衛を問い詰めるが「庄屋の死体を見つけてこい」と白を切り通した。

弥兵衛の家に、あずきという娘がやってきた。
あずきを嫁にし、つうの事は機織り女だと言い切る弥兵衛。
弥兵衛に思いを寄せていたつうは怒るが、反対に弥兵衛に暴力を振るわれる。
隣に住む勘太に助けられてつうは勘太に感謝し鶴の姿に戻り夜空に飛んでいく。

ここで物語は終わらず話は勘太の息子「弥兵衛」の話になる…。

【感想】
この本は有名な昔ばなしをアレンジした短編ミステリーです。
よく知っている話だけに「こんな展開が…」とのめり込んで読みました。
あらすじを紹介したのは「つるの恩返し」が元になっています。
「決して覗くな」のセリフをつうだけでなく弥兵衛も言うのですが、
覗いてはならない理由が庄屋殺しの他にもあり、良い意味で読者を裏切ってくれます。

「一寸法師の不在証明」はずる賢い男とそれを守る忠義の話
「花咲か死者伝言」はより忠実に復元しようとするおばあさんの話
「密室竜宮城」は用意周到な計画による復讐劇
「絶海の鬼ヶ島」は愚直な男の話
「密室竜宮城」は竜宮城の見取り図、「絶海の鬼ヶ島」には鬼ヶ島の地図が描いてあり、さらにイメージが膨らみますよ。


【目次】
一寸法師の不在証明
花咲か死者伝言
つるの倒叙がえし
密室竜宮城
絶海の鬼ヶ島

双葉社
248ページ
2019年4月19日第1刷発行
本体価格 1300円

著者 青柳碧人(あおやぎあいと)
1980年、千葉県生れ。
早稲田大学教育学部卒業。
早稲田大学クイズ研究会OB。
2009(平成21)年、「浜村渚の計算ノート」で「講談社 Birth」小説部門を受賞し、デビュー。
小説執筆だけでなく漫画原作も手がけている。

著書
「浜村渚の計算ノート」シリーズ
「ヘンたて」シリーズ
「朧月市役所妖怪課」シリーズ
「西川麻子は地理が好き。」シリーズ
「ブタカン!」シリーズ
「彩菊あやかし算法帖」シリーズなどがある。

青柳碧人 ツイッター

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。