人生は並盛で 小野寺史宜

「とりあえず牛丼でも食うか」by 竹志

たまに行く田村書店には古書コーナーがあります。
行くと必ず立ち寄り心惹かれる本は無いかと探すのです。
この本は題名の「人生は並盛で」と帯に書いてあった
「幸せのどんぶり一丁」に惹かれて購入しました。

太った女子大生日和VS若作りで男好きの恵

恵は4歳になる息子を姑に預けて牛丼屋でパートをしている。
仕事は基本手抜き。
面倒な仕事は理系の女子大学生で太っちょの日和に押し付け
店長が居る時や気に入った若い男性とペアだと、嫌なトイレ掃除も進んでやっちゃう。

恵はバイトの数馬と不倫をしている。
数馬がバイトを辞めることを聞いて、次は周吾かなと次のターゲットを決める恵。

ミスが多い準一が、テキパキと仕事をこなす日和に告白するが断られる。
そのことが面白くない恵は日和に準一から言い寄られるている様なことを話す。
もちろん嘘。
日和も嘘だとわかっているが、自分勝手で仕事も手抜きな恵が許せず
ある計画を実行する。

5年後の約束

竹志はレストランで突然、恋人のすみれに別れ話を切り出す。
突然の別れ話に怒ったすみれは竹志にカクテルをかけて店から出る。

竹志には5年前に別れた「夏」が居た。
お互いに忙しくて、段々会えなくなり別れた。
その時に5年後の23時55分に駅前で会おうと約束して…。
すみれに別れ話を切り出したのはちょうど5年目の約束の日だったのだ。

同じレストランのボーイ京平はワインをお客さんの服にこぼし
皿をよく割る。
そのうえワインをこぼした年上の女性と不倫中。
勤務態度を店長に注意され「皿は割れるものだ」と反論する京平。
態度をあらためない京平に店長はクビを言い渡す。
捨て台詞を吐いて店を出た京平は「モデルガンで店長をいつか撃ってやる」
と心に決める。

竹志が約束の場所に行くが、そこに夏が現れることはなかった。

ひき逃げ事件

夏は誘われて周吾と観覧車に乗っていた。
周吾にしつこく誘われるが夏は断った。
この日、夏は仕事を休んでバイクを走らせ考え事をしていた。
周吾と別れた後、バイクにまたがりまた走り出す。
5年前の約束を思い出しながら…。

同じ日、役所に勤める美哉は大学時代の友人
山野井と須賀と三人でバーで飲んでいた。
当時、美哉は山野井と須賀とも時期は違うがつき合っていた。
今は違う男性と結婚し、こうしてたまに三人で会って飲んでいる。

帰り道、須賀は山野井の車に乗り込み一緒に帰る。
須賀は山野井に200万円の借金を申し込むが断られる。
山野井はアクセルを踏み込みスピードを上げ
あやうく自転車を引きそうになる。
間一髪で自転車が止まったが、次の角でバイクをひいてしまう。
ブレーキをかけなかったのでそのまま逃げる山野井。
須賀は山野井から200万円を借りることができた。

牛丼屋に強盗現る

5年前の約束から1年、竹志はまた約束の時間に駅前にやってきた。
もちろん夏は現れない。
終電を乗り過ごし、行きつけの牛丼屋に入る。
日和と準一がシフトに入っていた。
竹志は日和の働きぶりに好感を持っていた。
節度のある接客と綺麗な盛り方。
そんなことを思っていると、ふらりと入ってきた男がレジカウンターに向かう。

男はナイフを取り出し日和に向かってボソボソと何か言っている。
「あの、これでどうにか…」
「いや何ていうかほら。そのほんとに悪いんだけど」
従業員のバックスペースに通じるドアから京平が銃を手にして出てきた。

【感想】

3つの短編小説です。
全く別の次元で起こっている事が、全てどこかで繋がっている構成に驚きました。

最初の恵の話は年のサバは読むし、若い男に媚びを売るし
仕事はしないのに人の悪口だけは散々言うキャラです。
そのうえ子どもへの愛情は感じられず
「私の人生、こんなんじゃなかった」感満載です。
この小説のどこが幸せのどんぶり一丁なんだろう???
と、途中で読むのを止めようかなと思ったほどです。

2つめの話は、ちょっとした所でこの人とこの人とが繋がってる !?
とそのまま最後まで一気読み。

記憶力がいまひとつの人は登場人物をメモるか、もしくはフセンを貼るのをおススメします。
各小説を飛び越えて人間関係が繋がりますよ。
ひょっとしてこの人は…あの時に出ていたあの人???

日和が恵に対してとった行動は?
ひき逃げ事件や強盗の結末は?
きになった方はぜひ読んでみてください。
最後はちょっとホッコリしました。

【目次】

肉蠅え
そんな一つの環
弱盗


327ページ
実業之日本社文庫
2019年2月15日第1刷発行
本体価格 667円
電子書籍あり


著者 小野寺史宜
1968(昭和43)年、千葉県生れ。
2006 (平成18)年「裏へ走り蹴り込め」でオール讀物新人賞を受賞。
2008年、『ROCKER』でポプラ社小説大賞優秀賞を受賞。

著書
『みつばの郵便屋さん』シリーズ、
『片見里、二代目坊主と草食男子の不器用リベンジ』
『ホケツ!』
『その愛の程度』
『本日も教官なり』
『ひと』などがある。

谷中の街の洋食屋 紅らんたん 濱野京子

「富美さん、夢を失ったかもしれないでしょう」by 千佳

【あらすじ】
奈留美…紅らんたんでアルバイトをしながら就職先を探している。
千佳…紅らんたんのオーナー、コーヒー担当、74歳
真崎…紅らんたんのマスター、コーヒー以外のメニューを作る。千佳とは昔からの知り合い

ふとしたきっかけで「紅らんたん」で働くことになった奈留美。
「紅らんたん」のお客様はご近所の高齢の方がほとんど。
常連客の一人、富美さんの家に千佳と奈留美は訪問する。

富美さんはご主人に先立たれて独り暮らし。
その富美さんに再婚を考える人が現れた。
相手は観葉植物を販売する会社の社長。
亡くなったご主人は生前に「俺か死んだら再婚してもいいんだよ」
と言っていたにも関わらず、富美さんの夢枕に立つのだ。
何度も。
奈留美は寝室へ案内されると気配を感じた。

数日後、富美は相手を連れて「紅らんたん」にやってきた。
食事を終えたころ、店に富美の息子からの電話があった。
富美が先に家に戻ってしばらくしてから再度、電話がかかる。
富美の息子が話をしたいと言っているのだ。
男は二人分の食事代を払って、そのまま行方をくらました。
(三 夢枕にたつ人)

【感想】
連作短編集です。
「紅らんたん」に集まる常連客の人々が皆、個性的です。
話が進むにつれて、千佳と娘の話になります。

いくつになっても恋がしたい。
女学生の様な仲の良い二人の老女。

イケメンで周りの女性にモテモテの征一。
征一の友人でぽっこりお腹の和夫。

人が60年以上生きていると様々な事があり、
今を形成しています。
いつまでも〇〇な自分でありたい…。
そんな人たちの息遣いが聞こえてくる小説です。

自分に正直に生きること。
年齢を重ねた今だから、周りに知人がいることの大切さ。
今は地域の人たちが集う、純喫茶が少なくなっています。
「紅らんたん」の様な喫茶店がこれからは求められるのではないでしょうか。

【目次】
プロローグ
一 古い手紙
二 恋模様
三 夢枕に立つ人
四 母と娘
五 千佳さんの休日
六 怪我の功名
七 汚部屋の住人
八 ワトソンがんばる
エピローグ

ポプラ社
245ページ
2019年10月4日第1刷発行
本体価格 660円

著者 濱野京子
熊本県に生まれ、東京で育つ。
児童文学作家
『フュージョン』で第2回JBBY賞、
『トーキョー・クロスロード』で第25回坪田譲治文学賞を受賞。

著書
『その角を曲がれば』
『レッドシャイン』
『碧空の果てに』
『甘党仙人』
「レガッタ!」シリーズなどがある。

濱野京子 ツイッター

京都祇園もも吉庵のあまから帖 志賀内泰弘

「仕事いうんは、頑張るもんやない。気張るもんや」by もも吉

【あらすじ】
タクシードライバーの美都子はもも也という名前で元祇園の芸奴だった。
母親のもも吉も元芸奴で花街のお茶屋の女将をしていた。
美都子の母親は今はお茶屋を閉め、改装し一見さんお断りの甘味処「もも吉庵」を開いた。

祇園に「仕込みさん」としてお茶屋にする奈々江は、初めて美都子に会った時から叱られたので会うだけで緊張していた。
関西の出ではないのでイントネーションも違い、そのことでも怒られた。

美都子はある日、安井金毘羅さんで奈々江を見かける。
仕事を抜け出して金毘羅さんに行く奈々江に対して美都子は「何サボッてはるの?」と咎められたのだ。
奈々江は美都子に自分を重ねる。
あの日、奈々江は二つ下の妹を強く叱りつけ、妹は泣きながら登校した。
それが、妹との最後の別れだったのだ。

もも吉は美都子に奈々江の話をする。
奈々江が小学校三年生の時に、あの津波はやってきた。
家族で生き残ったのは奈々江と祖父は体育館の避難所から仮設住宅に移った。
奈々江が高校生になって祖父が肺炎で入院し、漁師に戻るのは無理だと医者に言われる。
その日にテレビで京都の舞妓を見、住み込みで働きお金がいらない事を知った奈々江は舞妓になる決意をし、学校を辞めて京都祇園にやってきたのだった。

安井金毘羅さんは一人祇園で仕込みさんとして働き、辛くなったときにお参りをし、自らを励ましていたのだった。
そんなある日、芸奴学校から奈々江が出ると、美都子が待っていた。

k*********************pさんによる写真ACからの写真 

【感想】
連作短編集です。
私は大阪に住んでいるので京都は馴染み深く、出てくる地名も「あぁ」と合点がいきます。

一言でいうと「粋」な小説です。
もも吉や美都子だけでなく、出てくる人たちの言動や振る舞いが「粋」なのです。
現代の話ですが祇園が舞台だからでしょうか、ちょっと時代小説の様な雰囲気が漂います。

花街、会社、一話一話には単なる「粋な話」だけでなくビジネスで必要なことが書かれています。それは「おもてなしの心」だったり「相手を思いやる」ことだったりします。
話に出てくる人は皆、真面目で真っすぐな人達です。
仕事は「頑張る」のではなく「気張る」
京都ならではなの名言です。
作者の人を見る目の温かさが感じられます。

どの話にも毎回もも吉さんが「帯から扇を抜いたかと思うと、小膝をポンッと打った。まるで歌舞伎役者が見得を切るように見えた」というくだりがあります。
水戸黄門の印籠を出すシーンの様で、それ毎回いるのかな??
と思いました。
このシーンがあるから、時代小説のように感じたのかもしれません(笑)

読むと作品に出てくるもも吉さんが作る「麩入りぜんざい」が食べたくなりますよ。
おススメ度
★★★★
「粋」を感じたい人におススメです。

【目次】
第一話 桜舞う 都をどりのせつなくて
第二話 悩み秘め 恵美須神社に願いごと
第三話 寺社めぐり 小春日和の栗ぜんざい
第四話 節分会 粋なお兄さんに恋をして
第五話 葛汁粉 春遠からじ吉田山
エピローグ 春ふたたび

PHP研究所
249ページ
2019年9月6日第1刷発行
本体価格 700円
電子書籍あり

著者 志賀内泰弘
名古屋市在住。
金融機関を2006年8月に退職後、強力な異業種ネットワークをベースに、コラムニスト、俳人、飲食店プロデューサー、経営コンサルタント、ボランティアなどの活動を展開。
その代表格が「プチ紳士・プチ淑女を探せ!」運動。
思いやりでいっぱいの世の中をつくろうと東奔西走中。
月刊紙「プチ紳士からの手紙」を発行し、編集長もつとめる。
また、大学院から小学校、老年大学、異業種交流会、ロータリークラブ、商工会議所、上場企業などで講演会、セミナー、社員研修などを行なっている。

著書
『なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか?』
『「いいこと」を引き寄せるギブ&ギブの法則』
『他人と比べない生き方』など

食堂メッシタ 山口恵以子

「正確に言うとね『イタリア料理』というのはないの」by 薫

「食堂のおばちゃん」シリーズの著者、山口恵以子さんが書いた、イタリアンに人生をかけた料理人とそれを愛する人々のお話です。
少し調べてみると「メッシタ」という店は本当にあり閉店していました。

シェフのプロフィールを見ると小説のお話がそのままです。
ノンフィクションとしても楽しめる作品です。

おススメ度
★★★★

女性が頑張る話が好き
料理が出てくる話が好き
連作短編集が好き
ノンフィクションが好き
な人におススメです。

【あらすじ】
ライターの笙子は目黒の元競馬場前のバス停から少し離れたところにある、イタリア料理店「メッシタ」にオープン当時から通い今は週に二回は晩御飯代わりに店を愛用している。
そのメッシタが閉店することを知り、店のことをオーナー兼シェフの満希のことを書き残したいと申し出る。

話は満希が大学生の頃に遡る。
中学からの友人の父親が経営するチェーン店のレストラン「ロマーノ」でバイトをすることになった。
この店で募集をしていたのは厨房スタッフ。
洗い場には専属スタッフがいるので、満希は初日からサラダ用の下ごしらえから始まった。
この日に満希は調理人になる決意をする。

折しもオーナーと話す機会があり大学を卒業したら正式に店に来て欲しいと言われた満希はある疑問を口にする。
「お店に出している料理は、イタリアの人が普通に食べているんですか?」
答えの代わりに満希は「ロマーノ」の名誉顧問の柳瀬薫を紹介される。
薫は満希にイタリアにある外国人のための料理学校「ICIF」に入学することを勧める。
費用は全部薫が持つという条件で。
満希は大学を辞めて本場イタリアの料理を習う為に旅だった。

食べログ、メッシタから引用

【感想】
読んでいてイタリアでの修行やお店での様子がリアルだなぁと感じていました。
この文章を書くために「メッシタ」で調べると本当に目黒区にもう閉店したお店「メッシタ」が紹介されていました。

紹介文はこの小説の内容通りで驚きです。
著者の山口さんは「メッシタ」に通っていた笙子さんでした(予想です)
イタリアから戻ってきて、日本のイタリア料理店で働き、またイタリアに修行にに行く。
どこまでも真摯にイタリアの料理に向かう瑞希さんが書かれています。

日本人の口に合わせたイタリア料理ではなく、本場のイタリア料理がどんなものなのか。
この小説を読むと食べたくなります。
今は「メッシタ」は閉店し、新たにお店は出しているそうですが、電話・住所はオープンにせず、紹介だけのお客さんにしているそうです。

【目次】
第一章 すっぴん料理
第二章 初めてのアルデンテ
第三章 クチーナ・イタリアーナ
第四章 注文の多い料理店
第五章 アモーレ・マンジャーレ
第六章 再戦
第七章 また逢う日まで

ハルキ文庫
222ページ
2019年4月18日第1刷発行
本体価格 600円

著者 山口恵以子
1958年東京生まれ。
早稲田大学卒。
会社勤めのかたわらドラマ脚本のプロット作成を手掛ける。
2007年『邪剣始末』で作家デビュー。
2013年『月下上海』で第20回松本清張賞受賞。
丸の内新聞事業協同組合の社員食堂に勤めながら執筆したことから「食堂のおばちゃんが受賞」と話題になる。
2017年10月現在は専業作家。

著書
『あなたも眠れない』
『恋形見』
『あしたの朝子』
『風待心中』
『トコとミコ』
「食堂のおばちゃん」シリーズなどがある。

山口恵以子 ツイッター

お江戸けもの医 毛玉堂 泉ゆたか

「今、同じ時を生きている縁を、精一杯大事に生きていくさ」

心を通わせるには、寄り添うことをあきらめちゃいけない。
犬医者を題材に思いやる人の温もりを描いた、江戸版“ドリトル先生”物語!

おススメ度
★★★
連作短編集
すきま時間に読むことができます。
ちょっとした息抜きに読むのに適した本です。

【あらすじ】
吉田凌雲は妻の美津、犬の白太郎、茶太郎、黒太郎、猫のマネキとで暮らしている。
凌雲は元は小石川養生所で名医と知られていたが、今は養生所を辞めて毛玉堂という動物を診察している。

凌雲と美津は幼い頃に親同士が結婚を決めた間柄だった。
凌雲が小石川養生所を辞めて戻ってきたときは、小さな家にこもって腑抜けた状態だった。
そこに美津が押しかけて凌雲の世話をし、ようやく二人は夫婦になったのだった。

ある日、美津の幼なじみで水茶屋の娘、お仙が一人の男の子を連れて毛玉堂にやってきた。
男の子の名は善次。
お仙の恋人、政之助から頼まれて善次を預かることになり、凌雲と美津の所に頼みにきたのだった。
善次が犬や猫が好きとわかり、毛玉堂の見習いにする凌雲。

そんな毛玉堂に飼い犬のコタロウが何も食べないと一人の女がやってきた。
コタロウは十二年生きているという。
女はコタロウが心配でいつもは土間で寝ているが今は自分の寝床で一緒に寝ていると言う。それを聞いて凌雲は「コタロウのために何かしてやりたいのなら、あんたがコタロウに合わせて一緒に土間に寝てやってはどうだ」
そして、元気だった頃と同じ様に接して見送ることを勧める。
女は凌雲を睨みつけて毛玉堂を去って行った。

何日かして女が凌雲にお礼を言いに来た。
コタロウは安らかに永遠の眠りについたと…。
そして凌雲に言われた通りに土間で一緒に寝ると、子どもの頃にいつも土間で一緒に遊んでいたときのことを思い出し、最後には自分の手から焼き芋を一口食べて、そのまま動かなくなった事を伝えた。
凌雲は動物にも名医であった。

美津はとあるところで凌雲が他の女性と結婚する予定だったと聞き心がざわつく。
凌雲に真相を聞くことができない美津は…。

【感想】
この物語は美津の目線で書かれています。
凌雲と美津は夫婦であってもまだまだぎこちなく、お互いを思いやる余りに遠慮してしまうところがあり、読んでいてこちらがやきもきしてしまいました。
善次の出生の秘密やお仙の恋の行方も織り交ぜていて、次はどうなるのか???
と楽しみながら読みました。
凌雲の相手が動物でも人と同じ様に、相手の立場に立って接する場面はとても好感を持ちます。

【目次】
第一章 捨て子
第二章 そろばん馬
第三章 婿さま猫
第四章 禿げ兎
第五章 手放す

講談社
258ページ
2019年7月24日第1刷発行
本体価格 1450円
電子書籍あり

著者 泉ゆたか

1982年神奈川県逗子市生まれ。
早稲田大学、同大学院修士課程卒。
2016年に『お師匠さま、整いました!』で第11回小説現代長編新人賞を受賞しデビュー。軽妙な筆致と、立体的な人物造形が注目の若手女性作家。著書
『髪結百花』

滴水古書堂の名状しがたき事件簿 1  黒崎 江治

「血の繋がりより、気持ちの繋がりの方が大事だと思うからよ」by あとり

密林では扱っておらず、神保町でも見つからない。弔堂にも京極堂にも置いていない本が――あります。
 京極夏彦
そんな一文が添えられている本書
ちょっと変わったミステリー小説です。

おすすめ度
★★★
単純なミステリー小説ではありません。
不思議な世界に迷い込みます。
摩訶不思議な世界が好きな人におススメです。

楠田由宇子は大学生。
ある日、後ろから暴漢に襲われ、二段の腕前の空手で反対に息の根を止めそうになったところを、古戸時久に声をかけられた。
気持ちを落ち着けるために古戸が営む「滴水古書堂」で一休みし、そのままアルバイトをすることになった。

古戸の古書の師匠でもある藤から電話があり、由宇子と古戸は藤が営む古書店「薄命堂」へ向かう。
藤からの依頼は「カルナマゴスの遺言」という本が盗まれたから探して欲しいというものだった。
時間と死についての真理がかかれた本「カルナマゴスの遺言」は読むと死ぬと言われている。
本があったところには金属製のオイルライターが落ちていた。

六文字という老人がこの本を購入することになっていたのだ。
二人は六文字を訪ねる。
六文字は以前に「カルナマゴスの遺言」を読んだことを話し始めた。
六文字には知識があったので死ぬことはなく、反対に死と時間を捨てることになった。
そう、六文字は死ぬために「カルナマゴスの遺言」を読もうとしているのだ。

由宇子はオイルライターに刻まれている模様から犯人を割り出そうとしていた。
一方、古戸は幽体離脱を試みていた。
二人は犯人に辿りつけるのか…。

【感想】
ミステリーだけど、魔術やしきたりなどの風習に囚われている人々が巻き込まれる事件が怒る、摩訶不思議な世界に引き込まれました。
日本ならではの「しきたり」「風習」が上手く取り入れられています。
読んでいてテレビドラマの「トリック」を彷彿とさせました。
朴訥な古戸の身体に現れる不思議な現象が気になります。
由宇子と古戸の凸凹コンビの今後の活躍に期待します。
無骨な警察小説が好きなかたは肩透かしをくらいますのでご注意を!!

【目次】
プロローグ 滴水古書堂
エピソード1 愚者が求めし
エピソード2 肉塊
エピソード3 錆に鳴く猫
エピソード4 エリー
エピソード5 鎖に縛られて

講談社
320ページ
2019年8月7日第1刷発行
本体価格 1200円
電子書籍あり

著者 黒崎江治
プロフィール情報が確認されませんでした。

黒崎江治 ツイッター

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。