「ステップファザー・ステップ」宮部みゆき 講談社文庫 

「こいつとは長い付き合いだけど、こんな一面持ってたのか〜

ホンスキーズBOOK「オススメの父の本」

オススメ人  東京都 ラジオネーム 雀の仁王立ち

この本のおススメどころ

読んだ後の印象が「カワイイ作品」。

児童文学を連想するような柔らかい雰囲気に、サラサラ読めるテンポの良さ。

それまで読んだ宮部作品が→レベル7・龍は眠る・火車・蒲生邸事件・クロスファイア・模倣犯・理由etc。

ブレイブストーリーやドリームバスターは読んでなかったので、なんか意外な一面を発見したような感じでしたね。

「こいつとは長い付き合いだけど、こんな一面持ってたのか〜」みたいな(笑)

この本のおススメどころ

よくある話で、職場の同僚に貸してもらいました。

 

父との思い出

⑴「はてしない物語」…

小学4年生頃かな?クラスでブームになりましてね。1冊¥3000、高ッ!当時我が家は小遣い制ではなかった為「兎に角なんでも手伝いやるからお駄賃ちょうだい!」と交渉。コツコツ貯めましたよ。昔はタバコの自販機で買った後お釣りを貰える、なんて事も。で、父はチョイ多めにくれたり(笑)。

目標金額になり、いよいよ買いに行く!って日は、小雨が降りしきる日曜日。待ちきれなくて「早く行こうよ!」と、父をせっつき車でgo!が、父はなんとなく乗り気ではなく「?」と思っていた私。ようやくその原因がわかりました。

『お店は10時にならないと開かない』

 …時刻はまだ9時30分過ぎ…だったかな?父よ〜言ってくれよ〜逸る気持ちを抑えられなかった私、阿保みたいじゃ〜ん…お目当ての「はてしない物語」は無事手に入れました!ま、終わり良ければすべて良し

 

⑵ヘミングウェイ先生…

20歳くらいの時、初めてヘミングウェイを読もうと、1番薄い「老人と海」を同僚から借りるも…読むのに難航しました父に電話で「ホンットにつまんないだってたかが釣りの話でしょ⁉︎なんでこんなに大袈裟に書く必要があるのよ」と爆発。すると受話器の向こうで父はゲラゲラ大笑い。「人生もう10年くらい生きてみたら分かる」と言われてそのまま。孤独について書かれていると言っても、二十歳そこそこの小娘には分かるはずもなく。あれから10…いやもっと時は過ぎたな。…またチャレンジしてみようかな?と思う今日この頃です。

⑶早朝のカップ麺…父の早朝散歩に付き合うと、家では食べられない「カップヌードル」にありつける!という特典(?)が

 

地元は田舎で洒落た店なんて無く、大人は流行り物に興味なし。インスタントはおろか、マックやケンタ、ピザなんて積極的に取り入れようという家ではありませんでした。が!大人はそうでも子供は食べてみたいのよッ!

 

そんな気持ちを察してか、よく父が日曜日の早朝、公園に散歩がてら近くにある商店に顔を出し、母に内緒でカップヌードルをその場で食べさせてくれました(笑)(おばあちゃんが1人で切り盛りしてて、日用品なんかも一通り揃ってる昔懐かしのお店)…今思えば「餌付け」か?内緒のカップヌードル、美味かったなぁ〜


RFA協会 リーディングファシリテーター

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenota

https://www.facebook.com/honskiy.guurin

http://instagram.guureenn(インスタグラム)

「マラケシュ心中」中山可穂 講談社文庫

「一生涯、親友でいるより、十日間でいいから、わたしはあなたと恋人同士になりたかった」

ホンスキーズBOOK テーマ「おすすめの恋愛小説」

オススメ人 岐阜県 ラジオネーム てるてる坊主

 

・このほんのオススメどころ

「愛は極めればなりません、極めたら、死なねばなりません」 歌人の絢彦とその恩師の妻・泉との、複雑に絡み合う運命を描く、狂おしく濃厚な恋愛小説。

それも「心中」というテーマをかかえた、熱くて残酷で官能的なお話で、ずるいほど完成されたエンディングには、只々ため息と涙が出るばかりでした。

「恋がいつか必ず終わるものなら、 わたしたちは恋人同士になるのはやめましょう。 何も契らず、何も約束せず、からだに触れ合わず、それゆえに嫉妬もない、 いかなるときも自由で、平明で、対等な関係のまま、 いつまでも離れずに、この世で最も美しい友になりましょう。」

これは泉から絢彦への初期の言葉。

それに対して絢彦は 『永遠に続く片恋よりは、いっそきっぱりと失恋をお与えください。生殺しよりは、即死を。』

『一生涯、親友でいるより、十日間でいいから、わたしはあなたと恋人同士になりたかった。』 と、泉への愛しさと苦しみが伝わってきます。

その他にも美しい言葉がいっぱいありますが、二人共が歌人という背景ですから、その紡ぎ出される言葉の一つ一つが本当に綺麗で胸に沁みます。

もちろんこれは中山可穂さんが作りし言葉なんですけど・・ 友人としてずっといることを望んだ泉。

一瞬でいいから恋人になることを望んだ絢彦。どっちが幸せなんでしょうか。

ただし、物語も佳境に入ってきて泉の心にも変化が現れ、遠くスペインの地のヒマワリ畑で遂に二人の身体が・・結ばれるのですが。

泉・・「わたし、このひとと天国に行けるんだって思った・・ふわって体が浮いて、腰が痺れて、電流が流れて・・そして黄色い海が見えたわ」

絢彦・・「何度でも天国へ連れて行ってあげるよ・・」 ずっと我慢して来ただけに燃えに燃える。

その後舞台は運命の街マラケシュへ移り、そこに辿りついた二人を待っていたものとは・・・先にも書いた、ずるいほどのエンディングへと。

と、まるで普通に不倫な恋愛小説なんですが、歌人の絢彦の本名が「絢子」、つまり、なんと女性なんです。 そう、この作品は中山可穂さんが描く、最高で最強のビアン小説・・なのでした。

 

・この本との出会い

出会いは、知り合いに薦められ初めて「サグラダ・ファミリア」を読んでから、文字通り貪る様に全ての中山作品を読みましたから。

ビアン?気になりません。男女間よりも障害が大きな分気持ちが濃いので、ヒリヒリ感が大きく、満足感もまた大きいです

・初恋の思い出

中1の時ですね、出逢った瞬間、一目惚れ状態。一週間後には告白してました。

結局は彼女に好きな人が出来て失恋しましたが・・ 最近、FBのお陰で、彼女がjazzピアノでライブを演ってる事が分かり、何十年ぶりに再会が出来ました。この歳になると、彼女のライブへ行った時に、お互い周りに堂々と「初恋の人です」って言えるのが面白いです。

 

インターネットラジオゆめのたね放送局

関西チャンネル 日曜朝8時~8時半

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenotane/