不良という矜持 下重暁子

「体制から、他人から離れて自分の頭でちゃんと考えるの。それが不良になるってこと」

80代の下重暁子氏が自らを「不良老年」と呼び、その生き方や考え方を書いた1冊です。
目次には「老年」とありますが、書いてある内容は老年だけでなく
私の様な壮年にもこれからの人生を歩むに至っての指南書ともなります。

高齢になると皆同じような色合いや柄の服を着ていることを指摘している一文がありました。
年をとってからこそ、若い時よりおしゃれに気を使うべきとあります。
私の勤務先の高齢者施設でも、皆さん同じような色合いの服を来ています。
服だけ置いてあると「これはどなたの服だろうか???」と名前を確認しないとわからないくらい皆さん同じなのです。
服は家族の方が用意してくださっているのに…。

自分を振り返ると20代の頃と余り変わらない服装をしていることに気づきました(今は50代です)
シャツとジーンズ、冬になるとハイネックとネルシャツ。
いつまでもこんな恰好で良いのだろうか???
と少し不安に思っていましたが、この本を読んで周りからどう思われるのか、
ではなく自分がどう思うのか、感じるのかの方が大切だということを受け取りました。


また下重氏は幼少の頃に結核に罹り一人闘病生活を病院で過ごします。
自分と向き合い、妄想や想像の中で遊ぶ。
妄想や想像をしてきたからこそ、様々な発想が浮かんでくる。
自分とは何か?
自分が納得できる生き方をする。
人に決められるのではなく自分で決める人生を歩む。
そういったことが自然と身についてきたのではないでしょうか。

自分を大切にし、周りに惑わされず孤高に生きる。

私もそんな老年期を迎えられる様に今から人に合わせず「孤高」に生きるの準備をしていきます。

おススメ度
★★★★

年齢に関係なく自分探しをしている方におススメです。

【目次】
はじめに
第一章 不良老年は、自分に「汲めども尽きせぬ興味」を持つ
第二章 不良老年は、「世間の枠」にはまらない
第三章 不良老年は、「飛ぶ覚悟」を持っている
第四章 不良老年は、自分だけの「秘め事」を持っている
第五章 不良老年は、「本物」をとことん追求する
第六章 不良老年は、自分の最期を楽しんで演出する

自由国民社
208ページ
2019年10月27日第1刷発行
本体価格 1100円

著者 下重暁子
1936年生まれ。
早稲田大学教育学部国語文学科卒業後、NHKに入局。
アナウンサーとして活躍後フリーとなり、民法キャスターを経て文筆活動に入る。
丹念な取材をもとにしたノンフィクションから家事や生き方をテーマにしたエッセイ、評論、小説まで幅広い作品群がある。

著書
「家族という病」
「極上の孤独」
「年齢は捨てなさい」
「天邪鬼のすすめ」など

モリー先生との火曜日 ミッチ・アルボム

今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマは「あなたの号泣本」

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時

試聴はこちらからできます。

https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/07/8-2_honsuki-club_20190711.mp3

ラジオネーム ぶるぼん
ミッチ・アルボム「モリ―先生との火曜日」です。

① この本のオススメどころ
生きていると遭遇する問題を深く掘り下げて考えさせられる点がオススメです。それは愛であったり、許しであったり、家族であったり、結婚であったり、老いることや死ぬことであったり。

舞台はボストンの郊外。
ミッチは大学卒業後疎遠になっていた恩師のモリ―を久々に見たのはなんとテレビ。
モリ―はALS(筋萎縮性そくさく硬化症)を発症し、死につつある状態。
16年ぶりに訪れた恩師のもとで、ミッチはモリ―と毎週火曜日に様々なテーマについて話し合うという内容。

それはモリ―が亡くなるまで続きます。
その内容は多くの人にとって身近な問題なので、読んでいる私にも悩んだことがある問題だったり、恐れている問題だったりすることが多いです。

毎日の生活の中で、日々生きることに一杯いっぱいになってるけど、ふとした時に恐怖が襲ってくることってありませんか?
もし私が死んだら残された家族はどうなるだろう?とか。

私はこの本を読むまでそのことがとてもとても怖かったのですが、この本を読み、モリ―の状況や語ることを読むことで自分の考え方、見方、物事の捉え方が変わっていきました。
自分なりに深く考えたからだろうなと今は思っています。

② この本との出会い
好きな舞台俳優さんがこの本の朗読劇に出演することになったのがきっかけです。
観る前に読んでみようと思って手にとりました。

③ 直近の号泣した出来事
まさに見ようとしてたテレビが壊れた時ですね。
結局友人が録画してたので、それを見せてもらったのですが、「なぜ!今!このタイミングで!」って突っ込みながらテレビにむかって号泣してました。


【あらすじ】
スポーツコラムニストとして活躍するミッチ・アルボムは、偶然テレビで大学時代の恩師の姿を見かける。
モリー先生は、難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)に侵されていた。
16年ぶりの再会。モリーは幸せそうだった。
動かなくなった体で人とふれあうことを楽しんでいる。
「憐れむより、君が抱えている問題を話してくれないか」モリーは、ミッチに毎週火曜日をくれた。死の床で行われる授業に教科書はない。
テーマは「人生の意味」について。


著者 アルボム,ミッチ
フィラデルフィア出身。
1970年代後半、ブランダイス大学の学生時代に、社会学教授のモリー・シュワルツと出会う。
卒業後、プロミュージシャンを目指すが、挫折。
コロンビア大学でジャーナリズムの修士号を取得し、デトロイト・フリープレス紙のスポーツコラムニストとして活躍。
鋭い洞察と軽妙なタッチのコラムは高い評価を受け、AP通信によって全米No.1スポーツコラムニストに過去13回選ばれている。
2003年9月に発表した初のフィクション『The Five Poeple You Meet in Heaven』(邦訳『天国の五人』、NHK出版)は全米ベストセラー1位を獲得。現在、妻ジャニーンとミシガン州フランクリンに在住 

メンタルローテーション 回転脳をつくる 池谷裕二

「メンタルローテーションとは視点を変更する能力」

ベストセラー『脳には妙なクセがある』(扶桑社)に続く
池谷裕二氏 の最新刊は、“回転脳”をつくる問題集です。

メンタルローテーションとは…

◆頭の中で物体が回った様子をイメージすること
・物体を上から横から立体的に捉えることができる
・知能指数(IQ)と深い関係がある
・脳にとって本質的な能力
◆メンタルローテーションの実行方法
・相手を動かす → 自己中心
・自分が動く → 対象中心
➡ 優れたスポーツ選手はメンタルローテーションの能力が高い
◆立体思考の基盤
・水平思考…同じ現象を様々な角度から眺めたり、別々の問題に共通項を見つけ出す
      例 探偵の謎解き=様々な角度から問題を解く
・垂直思考…一つの問題を徹底的に深く掘り下げて考えてゆく能力
      例 詰将棋=奥へ奥へと視点を移動させる
◆メンタルローテーションの応用
・他人の視点に立って考える
 「気遣い」や「共感」にも発展する
・自分の特性を客観的に分析できる
 「長所」や「短所」といった自分の姿を正しく捉えることができる
◆メンタルローテーションは努力によって鍛えられる
・本質は「身体運動」

【感想】
メンタルローテーションとは何か?
「はじめに」にあたる部分を読んでも実際にはピンと来ませんでした。
第1章からの問題を解くことで、
「あぁ、こういう事か」と納得できました。

クイズやパズルが好きな人はメンタルローテーションが高いのかも知れません。
応用編として対象をモノから人に変えることで「他人の視点に立って考える」「自分を客観的に見ることができる」とあるのもうなずけます。

実際に問題を全問挑戦しました。
元々パズルが好きなのですが、得意なもの不得意なものがあり、自分の苦手なことがハッキリします。
物体を上から見ると? 横から見ると?
いつもいつも自分は正面から物事を見ていない、一面的だなぁと実感しました。
本書には努力によってメンタルローテーションは鍛えられるので、解けなかった問題には再チャレンジします。

本の殆どが問題なので、先に問題を解いてから後で「メンタルローテーションの解説」を読むのもありです。
パズル好きな人には超おススメ本です。

【目次】
メンタルローテーションとは何か
1章 平面の回転
2章 立体の回転
3章 あたまの回転
4章 こころの回転

扶桑社
301ページ
2019年6月19日第1刷発行
本体価格 1500円
電子書籍あり

著者 池谷裕二
1970年 静岡県藤枝市生まれ。
薬学博士。
東京大学薬学部教授。
2002~2005年にコロンビア大学(米ニューヨーク)に留学をはさみ、2014年より現職。
専門分野は神経生理学で、脳の健康について探究している 。
また、2018年よりERATO脳AI融合プロジェクトの代表を務め、AIチップの脳移植によって新たな知能の開拓を目指している。
文部科学大臣表彰 若手科学者賞(2008年)、日本学術振興会賞(2013年)、日本学士院学術奨励賞(2013年)などを受賞。

 著書
『進化しすぎた脳』
『脳はなにかと言い訳する』
『単純な脳、複雑な「私」』
『脳には妙なクセがある』
『パパは脳研究者』など。 

池谷裕二 ホームページ

池谷裕二 ツイッター

「のび太」という生き方 横山奉行

具体的に描ける夢は叶う

「ドラえもん」に出てくるのび太は
・勉強はクラスの最下位
・スポーツは苦手
・担任の先生やママに怒られる
・ジャイアンやスネ夫にいじめられる
と、なにもかも上手くいっていない子「ダメのび太」

しかしながら
・誰にでも優しい
・動物や植物を心から愛する気持ち
・感情が豊か

そして長編作品では
・友達に信頼され
・ときには集団のリーダーシップを取り
・ジャイアンやスネ夫も遊ぶときは声をかけ
・担任の先生やママも怒っても決して見離すことはない
・困ったことがあると必ず誰かが助けてくれる

そして、念願か叶いマドンナのしずかちゃんと結婚

➡ 夢を叶える「のび太メソッド」を紹介します

ドラえもんの秘密の道具の意味

・最初はあらゆる問題を解決するが最終段階では、道具を使用しても根本的な解決には繋がらない結果に終わる
➡ ひみつ道具に頼らないで、自力で問題の解決に対処することがベスト
  自分の良いところを伸ばし、ちょっと足りないところを後押しする触媒のような存在

道具を使うことでドラえもんに非難されることで、のび太は必ず自分で試行錯誤しながら問題に取り組んでいる

夢を叶えるために必要なこと

◆のび太の夢は具体的
 ・テストで良い点を取りたい
 ・泳げるようになりたい
 ・〇〇へ行きたい
➡ 具体的な夢は叶う
◆計画を立てて準備する
 ・日頃からすきま時間を見つけて実現したいことを口の中で唱える
 ・「ぼくだって…」と小さな夢次々と描き、実践し続ける 
➡ 「人にできて自分にできないことは無い」という気持ちで課題に取り組む
◆「負けん気」という情熱を持つ
 ・負けん気はプラスのベクトル
 ・夢の萌芽を育てるための大切なエネルギー源

のび太メソッド

◆心配なことは考えない
 ・今、やっている事に全力をつくす
 ・先は考えない
◆カッコイイ自分を想像する
 ・自分の特技を縦横に駆使して、夢のなかで活躍する自分をイメージする
 ・現実離れした夢でもOK
◆現実では恰好をつけない
 ・周りに自分の長所や短所を正直に伝える
 ・自分らしさをさらけ出す
 ➡ 適切なサポートを受けることができる
◆やりたいことは絶対やる
 ・周りの人たちを十分に納得させることのできるような目標を提示する
 ・私利私欲のためにやらない
 ➡ 本当にやるべき目標のためには、良い仲間が集まり結果的に良い成果が得られる
◆自分の夢でまわりを感動させる
 ・常にみんなの幸せを願う
 ・感動させる夢だけで終わらせず行動する
 ・「自分の力でやってみよう」と決意し行動する
 ・「失敗してもいい」と思いきる
 ➡ 自分の夢のリーダーは自分

まとめ

1.周りを感動させる具体的な夢を持つ
2.夢だけで終わらせずに行動する
3.カッコイイ自分を想像し、現実には自分らしさをさらけだす
4.失敗したら再チャレンジ

小さな夢であってもこの4つを信じてやっていくと、ドラえもんやジャイアン、スネ夫、しずかちゃんの様に夢に向かってサポートしてくれる仲間ができます。

【感想】
実は私はのび太が大嫌いでした。
困ったらすぐにドラえもんに泣きつき道具を出してもらって物事を解決する。
道具を正しく使わずに調子に乗って使い過ぎてのび太が困ることになる。
そんなのび太を見て「自分で解決せずに道具に頼るからこんなことになるんだ」と斜に構えていました。

そんな私も自分の子どもを育てるなかで、少しずつのび太が受けいられる様になってきたのです。
今回、この本を読んで実はのび太は
・夢はあきらめない
・感情が豊か
・心優しい
・長所も短所も周りに隠さず自分らしさをさらけだしている
・困っている人は放っておけない
・他人の素晴らしい面を素直に認める
よくよく考えてみると、とても子どもらしい子どもだったんですね。

私がのび太が嫌いだったのは実はのび太にはドラえもんの様に困った時にはいつも助けてくれるロボットが居て羨ましい…。
のび太に嫉妬してたんですね(笑)

本には具体的にドラえもんのストーリーの紹介もあり、解説しています。
じっくり読むと漫画のドラえもんが読みたくなってきますよ。


【目次】
はじめに
序章   ドラえもんがいなかったら
第1章 ドラえもん社会は現代の縮図
第2章 失敗して、夢は叶う
第3章 夢の叶え方 まずは、心
第4章 夢の叶え方 のび太メソッド
第5章 叶う夢には、法則がある
第6章 「のび太なり」の努力で十分
第7章 ドラえもんは、あなたにもいる
終章 「ドラえもん」からのメッセージ
あとがき

アスコム
176ページ
2004年12月10日第1刷発行
本体価格 1200円
電子書籍あり

著者 横山奉行
1942年岐阜県生まれ。
1976年東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。
フルブライト交換留学生(ペンシルバニア州立大学)。
富山大学人間発達科学部名誉教授。
生涯スポーツ専攻。教育学博士。
ドラえもんアナリスト。
登場人物が夢や悩みにどのように対応し、解決したかを考え、人生を豊かにする方法を模索する「ドラえもん学」を研究。
1999年、富山大学にて単位認定のない自由参加型ゼミ「ドラえもんの世界」を開講。
ドラえもんの誕生日である同年9月3日には、ホームページ「ドラえもん学コロキアム」を開設し、「ドラえもん学」を宣言。
2004年、「ドラえもん文庫」を開設

著書
『野比家の謎 「ドラえもん学」研究序説』
『ドラえもん学』
『ドラえもんのことば』など

横山奉行 オフィシャルブログ

横山奉行 ツイッター

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。


迷路の外には何がある?  スペンサー・ジョンソン

「僕はどうして一緒に行かなかったんだろう?」by ヘム


日本で400万部、全世界で累計2800万部突破、Amazon史上最大の 大ベストセラー『チーズはどこへ消えた』待望の続編登場 。
二人の小人、ヘムとホー。
チーズが無くなってしまっても次のチーズを探しにいかなかったヘム。
そのヘムの側から書いています。

すべてはぼくしだいだ。

ホーが恋しくなったヘムは「なぜ、一緒にいかなかったんだろう」と悔い、新しいチーズを求めてチーズ・ステーションCから出る。
ホーが残した言葉を見ても、わけがわからないヘム。
疲れて寝てしまい起きると、知らない小人が傍に居た。
その小人はヘムに赤い石を食べる様に勧める。
食べてみると甘くて酸っぱくジューシーだった。

小人の名前はホープ。
近くのフルーツ・ステーションAに住んでいて、赤い石は「リンゴ」だった。
ホープはリンゴが少なくなってきているので、新しい食べ物を探していた。
ヘムに渡したのは最後の1個のリンゴだった。
ヘムとホープは一緒に探しに行くことにするが、なかなか見つからない。
ホーが恋しくなるヘム。

あるかどうかわからなくてもあると信じなければならないときもある

これまでの信念を捨てて新しい信念の元チーズを探そうと気持ちを新たにしたヘム。
ホープはヘムに問いかける。
「迷路の外には何があるの?」
「何もないよ」と言っていたヘムだがしばらく考えてこう言った。
「迷路の外には素晴らしものがある」
今まで迷路の中しか探していなかったヘムは迷路の外に探しに行くことにする。

何度か壁を壊すが何もなかったが、ある時小さな穴を見つける。
ヘムとホープがその穴を潜り抜けると迷路の外に出た。
緑の草原でいたるところにチーズとリンゴを見つけた。
幸せな気分になっていたヘムはホーを探しに行こうとする。
すると、向こうからホーがやってきた。

世界の変化に対応するための「6つの絶対法則」

「チーズ」は、良い仕事、愛情あふれる関係、お金、所有物、健康、または精神的な平和など、あなたが人生で欲しいものを表す例え。
「迷路」は、あなたが自分のチーズを見つけて楽しむことを困難にしている状況の例え。

1.あなたの信念に気づこう
 信念とは、あなたが真実だと信じる考えのことである
2.あなたが考えたこと全てを信じてはいけない
 「事実」はあなたの物の見方にすぎないときもある
3.役に立たないことは捨て去ろう
 古い荷物を持って新しい探索に乗り出すことはできない
4.迷路の外に目をむけよう。
 ありそうにないことも考慮してみる…不可能なことも検討してみる
5.新しい信念を得よう
 あなたが考えても、あなたはあなたである
6.あなたが信じることに限界はない
 あなたは自分が考えているよりずっと多くのことを行い、経験し、楽しむことができる

【感想】
最初、この本を読んだ時にはあまりピンときませんでした。
前作の「チーズはどこへ消えた?」を読まずにこの本から読んだのです。
今回あらためて「チーズはどこへ消えた?」を読みヘムの人となりも理解したうえで読むと自分の行動に後悔し、相棒のホーを恋しく思って次へ踏み出すことができたヘムを応援していました。

この本ではホープというもう一人の小人が現れてヘムをサポートします。
ホーは一人でも進むことができる小人ですがヘムはそうではありません。
ホープが居たからこそ迷路の外に出ようと思うことができたのです。
共に歩むことができるパートナーの存在が大切だと感じました。

お互いを刺激しあい干渉しすぎないパートナーと迷路の外にも目を向けて多くの経験を楽しむこと。
これが世の中の変化に対応するのに大切なことなのではないでしょうか。

この本は前作を読んでから読むと理解も深まります。

【目次】
まえがき
セミナー シカゴにて
もともとの物語「チーズはどこへ消えた?」
新しい物語 その後、起こったことは…
ディスカッション
あとがき

扶桑社
102ページ
2019年2月27日第1刷発行
本体価格 1000円
電子書籍あり

著者 スペンサー・ジョンソン
著者 スペンサー・ジョンソン
医学博士・心理学者
心臓のペースメーカー開発にもたずさわる
さまざまな大学や研究機関の顧問をつとめ
シンクタンクに参加する一方
著者活動を続けている
ハーバードビジネススクールの名誉会員著書
「1分間マネジャー」
「1分間意思決定」
「人生の贈り物」他、多数

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

わいたこら 人生を超ポジティブに生きる僕の方法 新庄剛志

「人から信用されるようになれば、何をやってもうまくいくようになる」

新庄剛志…1990年に阪神タイガースに入団
2001年に米大リーグ、ニューヨークメッツに入団
2004年に北海道日本ハムファイターズに入団
2006年に引退
プロ野球ファンならご存知の方も多いと思います。
懐かしの名場面集では対ジャイアンツ戦で敬遠の球を打ってサヨナラ勝ちをした場面が流れることが多い、あの選手です。

この本は新庄剛志氏のエッセイ。
私は退団後の事は何も知らなかったのですが、20億円の金を信用している人に使いこまれるという経験をしています。
この本はその話から始まっています。

倒れてもまた走り出せばいい

プロ野球選手になる前から応援してくれていたA氏にお金の管理を全部任せていた新庄氏。
阪神タイガースで活躍するようになってからもお金の管理はまかせっきり。
ATMでお金をおろす方法もわからず、後輩におろさせていた。
通帳には億単位のお金が入っていた。

使いこみがわかったのは引退してから。
バリ島を本拠地にするためにA氏からお金を受け取ろうとして残額を聞くと「2200万円」
その後、A氏は自己破産をしたためお金は8000万円しか戻ってこなかった。
新庄氏はそのままバリ島で過ごしている。

新庄氏はすぐに人を信用するタイプなのかと思えばそうではない。
新しいスタッフを雇う時には100万円を銀行に振り込みをお願いする。
封筒の中にはわざと1万円を多く入れて渡す。
戻ってきたスタッフが多かった1万円の事を正直に言うかどうかを試す為に。
しかし、一度信用してしまうととことん信じてしまう。

バリ島では新庄氏の事を知っている人は居ないので、自由に楽しく過ごせる。
「これからは毎日楽しく生きるだけ。とにかく楽しく生きることだけを考える」
と決めて自分の人生を自分のために使うことを決意する。

できないことはやらない。できることに集中する。
できないことは笑いに変えてしまえばいい。

 この本で新庄氏は文字が読めないことをオープンにしている。
教科書だけでなく漫画もみんなと同じ様には読めなかった。
読める部分をつなぎ合わせて自分なりに解釈をしていたので、友達とも話が合わなかった。
ここで文字が読みやすいように工夫するのではなく彼は決意する。
「漢字とかカタカナとかもういらない」
「勉強しなくても、野球だけやっていればいいや」

それだけではなく、自分にあるものに目をむけた…とある。

プロになってからも練習には人一倍時間をかけている。
それも人目につかないところで。
練習なんか全然してないふりをして、試合になったらホームランを打つ。
みんなから「天才だ」と言われる。
新庄氏の理想のスターの姿であり、そうなるために努力はしていた。

大事にする3つのこと

1.いつも明るく生きる
2.いつも未来のことを考える
3.自分の人生は、自分で舵を取る

【感想】
 波乱万丈とはこのことだ…と読み終えての感想です。
でも憎めない。
現役当時から知っていましたが、かっこよかった。
ファンからそう思われるための努力をしていたことが綴られています。

本当かな?と思っていた、使っていたグローブはプロ野球選手になってもらった給料で買った7500円で、引退するまで使い続けていた…というエピソードもそのまま載っていて、本当だったんだとびっくりしました。

そこに居るだけで場の雰囲気を明るく変えてしまう。
それは決して天性のものではなく、家族や本人の努力によるものなんだと感じました。
ハンディがあってもそこに捉われず、自分のできることを突き詰めていく。
読んで元気をもらいました。

プロ野球ファンでなくても、自己啓発書として読める本です。

【目次】
プロローグ 僕は見事に、しくじった
第1章 人生のどん底で、僕はこんなことを考えた
第2章 「スター・新庄」ができるまで
第3章 僕が持っていた運と、不思議な力
第4章 家族のこと
第5章 そして、今の僕のこと
エピローグ これからの、僕のサクセスストーリー

学研プラス
265ページ
2018年10月2日第1刷発行
本体価格 1300円
電子書籍あり

著者 新庄剛志
1972年生まれ、福岡県出身。
元プロ野球選手。
1990年阪神タイガースに入団しチーム低迷期を支えた後、2001年メジャーリーグに挑戦。ニューヨークメッツ、サンフランシスコジャイアンツで活躍。
日本人初のメジャー4番、日本人初の満塁本塁打、日本人初のワールドシリーズ出場など、数々の記憶に残るプレーで米国のファンをも魅了した。
2004年に日本球界に復帰、北海道日本ハムファイターズに入団し優勝にも貢献。
プロ野球引退後は数々の話題を振りまきつつ、バラエティー番組やCM等にも多数出演している。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。