熱意が人を動かす

「自分は社員稼業の店主である、というように考えてみてはどうか」

 

 

☆熱意が人を動かす

☆何が正しいかということが言える信念

☆真実をお互いに語っていくようにする

☆人の意見、取り分け下の意見を聞く👂

☆適材適所

☆相手の苦労に対して感謝する

 

一代で世界的大企業を築き、現代でもなお“経営の神様”と謳われる松下幸之助氏の講演集。

体が弱かった幸之助氏は、健康の大切さや素直さを講演されています。

やはり、熱意=情熱は大切なんだなぁ…と読んで思いました。
大阪で「松下電器…今はパナソニックですね」「松下幸之助」と言えば知らない人はいません。(今では、若い人は知らないかも…泣)
「いきがい」「熱意」「心意気」「夢」「成功」へとつながる、松下幸之助氏の生のことば。
若者に向けて語るという形をとってはいますが、そのことばには働くことの本質やリーダーとはどうあるべきかが示されています。

 

「社員稼業」仕事のコツ・人生の味
著者 松下幸之助

・目次

一、生きがいをどうつかむか

ニ、熱意が人を動かす

三、心意気をもとう

四、何に精魂を打ち込むのか

五、若き人びとに望む

 

単行本: 282ページ

出版社: PHP研究所; 新装版 (2009/1/20)

 

インターネットラジオゆめのたね放送局

関西チャンネル 日曜朝8時~8時半

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenotane/