楽隊のうさぎ 中沢けい

「既に身体は音楽の中に吸い取られていた。大きなものに包まれる感覚だった」

【あらすじ】

主人公の奥田克久は小学生の時に同級生の相田守からいじめられていた。
克久は心を閉じ学校に居る時間をできるだけ短くして自己防衛していた。

晴れて中学生になった克久は吹奏楽部に入る。
花の木中学の吹奏楽部は全国大会まで出るほどの実力がある。
朝練は当たり前、夕方も毎日遅くまで練習。
学校に居る時間をできるだけ短くする予定だったのに…。

パーカッション担当になった克久は毎日メトロノームに合わせてスティックで机を叩く毎日。
同じ1年生の祥子と並んで。
リズムを刻むのは克久の性に合った。
先輩や友人に囲まれ克久の1日は吹奏楽一色になる。
吹奏楽部は県大会を勝ち進み関東大会は銀賞だった。
3年生が引退し次に向かう吹奏楽部。

克久は顧問のベンちゃんに呼び出される。
「ティンパニーをやらないか?」
祥子がティンパニーをやりだかっていたのを知っている克久は悩む。
返事を伸ばしているとチューバ担当の町屋に呼び止められ
「ここはひとつ、きっぱり、決めなはれ」と言われた。

ある日、克久は下足室で靴を履き替えようとしている時にふいに相田から「調子乗んなよ」と言われる。
たったそれだけのことなのに、克久のダメージは大きかった。
また、心を灰色に塗る左官屋がでてきそうになる。

克久はまた心を閉ざしてしまうのか?

【感想】
とても丁寧に一人ひとりの描写がされています。
あらすじでは割愛しましたが、途中で吹奏楽部を辞めてしまう田中。
親に辞めるように言われますが本当は続けたい…でもまだ中学生。
自分の我を通し切れないもどかしさが伝わりました。

克久をいたぶる相田を通して、なぜ人はいじめる標的を探してしまうのか。
その状態がさりげなく書かれています。

中学生って子どもだけど大人への入口にたたずみ、自分でもどうしていいかわからない時期。
一人だと自分の心を閉ざしてしまいがちだけど、部活の人間関係を通して得られるものも多いんですよね。
クラスと家とは違う異年齢が集まる部活動。
思春期の子ども達にとってのサードプレイスの場ではないでしょうか。

時間を忘れて一つの事に集中できる楽しさ。
一人で積み重ねて来たものを合わせ、音を作っていく過程が克久を通して描かれています。
コンクールで演奏する曲があり、YouTubeで検索して聞きながら読むのもいいですよ。

自分の中学時代の部活を思い出しました。
ソフトボールをやってたんです。
大人になってからも縁があってソフトボールチームに加入し
つい4年ほど前まで続けることができたのも部活でやっていたからこそ。
スポーツをするのも観戦するのも好きなのは、自分がソフトをしていたからです。

中学や高校での部活って大人になってもなにがしか影響しますよね。
そんな懐かしいあの頃を思い出させてくれた小説でした。

おススメ度
★★★★
映画化にもなっています。
克久の心の中に居る「うさぎ」が上手く表現されています。


映画 楽隊のうさぎ 予告編

【目次】

第一章 草の中の瞳
第二章 ベンちゃん登場
第三章 ミネルヴァのリズム
第四章 ブラス! ブラス!! ブラス!!!
第五章 丸い大きな月
第六章 マレットはうたう
第七章 うさぎの裃
第八章 シバの女王

新潮文庫
332ページ
2003年1月1日第1刷発行
本体価格 600円
電子書籍あり

著者 中沢けい
1959(昭和34)年生れ。
千葉県館山市に育ち、18歳の高校在学中に書いた「海を感じる時」で群像新人文学賞を受賞、単行本がベストセラーになる。
1985年、『水平線上にて』で野間文芸新人賞を受賞。

著書
『野ぶどうを摘む』
『女ともだち』
『豆畑の昼』
『さくらささくれ』
『うさぎとトランペット』など。 

宇宙兄弟 小山宙哉

今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマは「私の号泣本」

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時

試聴はこちらから

https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/08/9-3_honsuki-club_20190817.mp3


ラジオネーム 大乃国のぶお

小山宙哉 宇宙兄弟 講談社コミック

まずは号泣について。
昔から大声をあげて泣くことを指しますが、近年、声を押し殺して涙がこらえ切れずに泣くことも号泣のイメージとなってます。

①この本のおススメどころ
主人公難波ムッタ。
自分も認める超ネガティブ男。
そして弟ヒビト。
兄が羨む超ポジティブ男。
そんな二人を軸に物語は進む。兄弟の幼き頃からの夢に向かって。

夢に向かう話は楽しい。
ただこの作品の良さはそこにだけあるのではない。
言葉にあります。
名言という言葉は使いたくないけど、たくさんあります。
言葉だけ聞いてもわからない、その前の行動とセットで初めてなことも。
だからこそか、その行動に揺さぶられ、次の言葉でごっそり感情を崩されてしまうのです。電車で読んでるのに、周りを憚らず、ドドーっと涙が流れ落ちる、そんな危険な作品です。

ネタバレを一つ。
ある女性が病で体の自由を奪われていく。
できたことができなくなる。
好きだったことも諦めねば。
そんなとき、なんば兄弟はその諦めに寄り添うのではなく、あるプレゼントをする。
そばにいる女性が漏らす。
「この兄弟はすごい。」
宇宙兄弟は私にとって大事な作品です。

②この本との出会い
初読みの漫画家、たまたま書店で見かけて、犬のイラストが可愛かった。
それくらいです。
前評判は聞いてませんでしたね。

③ 直近の号泣したできごと
号泣ではないけど。
会社でご近所さんとの懇親会である焼肉大会。
顔見知りではない方の隣に行ったとき、椅子に杖をかけられているのを見かけました。
持ち手の部分がきれいな模様で、そこにフックがついてるのですが、フックの柄がうさぎのイラストでした。
とっても可愛らしいけど。
見ず知らずの関係、ましてや男な私。
杖を話題にするのもいかがなものか?と思い、そのままにしてたんですけど、終わりかけの頃につい声掛けしてしまいました。
「可愛いがらの杖やね。」と。
するとその方はにっこり笑って、この人のプレゼントなの、と隣の方を示しながら教えてくださる。
プレゼントをされたご婦人は照れくさそうになんだかんだと教えてくださいました。
数年前の小さな好意。
それをベストのタイミングで触れることができたかなぁ、自己満足するのでした。

実は、杖を褒めるエピソードは宇宙兄弟から。
背中を押してくれたのです。

【あらすじ】
兄は、優秀だが自分の能力を信じられず、ネガティブ思考に陥りがちな青年・ムッタ。
ムッタは失業という挫折のさなか、幼い頃に弟と誓い合った夢を取り戻し、「宇宙飛行士になる」という夢をすでに叶えていた弟・ヒビトの後を追い始める。
弟の背を追う形で、数々の困難を乗り越えて、宇宙飛行士になったムッタ。

ヒビトは日本人初のムーンウォーカーになるも、宇宙飛行士になってからはじめての大きな挫折を経験し兄をはじめとする周囲の人に支えられて、必死に乗り越える。

「俺らは生きて、二人で月面に立とうぜ」
兄は先に行く弟に導かれ、弟が立ち止まった時には兄が優しく背中を押し、二人は「夢の続き」に向かって走り続ける。

著者 小山宙哉
1978年京都府生まれ大阪市立デザイン教育研究所卒。
デザイン会社のサラリーマンを経て、『モーニング』に持ち込みをした『ジジジイ』で第14回MANGA OPEN審査委員賞(わたせせいぞう賞)受賞。
『劇団JET’S』で第15回MANGA OPEN大賞受賞。
2007年12月からモーニングで連載している『宇宙兄弟』は初の週刊連載作品。
この作品で2010年(平成22年)の第56回小学館漫画賞一般向け部門、2011年(平成23年)の第35回講談社漫画賞一般部門、2014年(平成26年)の手塚治虫文化賞読者賞を受賞している。

白い犬とワルツを テリー・ケイ



今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマは「あなたの号泣本」

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時

試聴はこちらから

https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/08/9-2_honsuki-kurabuheyokoso_20190807.mp3

かおる文庫のおすすめブックコーナー

北海道在住、ブックコーディネーターのかーるさんが
おススメする本を紹介します。

白い犬とワルツを
テリー・ケイ
新潮社

◎あらすじ
長年つれそった妻に先立たれたサム。
独り暮らしを始めたとき、どこからかやってきた白い犬。
サム以外の目に見えない犬は彼の暮らしに寄り添っていく。
実直な老人の晩年と愛の形を描く美しい小説。


◎みどころ
物語は主人公サムの妻が亡くなるところから始まります。
愛する人をなくす悲しみにくれながらも、子どもたちが父を心配してくれるさまに感謝を覚えるサム。

それでもできる限り自分の力でやっていこうと決めてぎこちない一人暮らしを始めます。
そしてどこからか現れた白い犬がいつのまにか加わり、一人と一匹は淡々と寄り添います。

足腰を痛めて歩行器なしでは歩けないサム。
子どもたちや知人は、そこに不安を感じますが、本人は今できることに淡々とチャレンジしていきます。

歩行器に寄りかかる白い犬とダンスを踊るさまは、年齢や体の限界に縛られる固定概念を壊してくれます。
年取ることや連れ合いを失くすことの寂しさと、人生で作り上げたもの、今あるものへの感謝を感じさせる名作です。

何よりも素晴らしいのは、サムが亡き妻を愛し、子どもや孫たち、周りの人々に愛されていることです。
いつかくる老後、愛に満たされて良かったと思える人生を過ごしたいですね。

2001年のミリオンセラー作品。
東映で映画化
出演: 仲代達矢, 若村麻由美, 南果歩, 藤村志保



著者 テリー・ケイ 81歳
1938年、米国ジョージア州生れ。ウエスト・ジョージア大学からラグレインジュ大学卒。
地元の雑誌に映画や演劇の批評を寄稿したりしたあと、処女作『明りがついた年』を発表し、『白い犬とワルツを』で全米に知られる作家となった。
エモリー大学で創作の指導も行う。現在ジョージア州アセンズに愛妻と住んでいる。

「星守る犬」「続・星守る犬」 村上たかし

今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマは「あなたの号泣本」

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時

試聴はこちらからできます。

https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/08/9-1_honsuki-kurabuheyokoso_20190807.mp3


ラジオネーム deki
村上たかし 「星守る犬」「続・星守る犬」双葉社 

① この本のおススメどころ
「星守る犬」だけ読むと救われないんですよ。
ぜひ「続・星守る犬」まで読んでいただきたいです。
この本を読むと思います。
犬は飼い主を裏切らないということを。

犬を飼ってるひと。
今まで犬を飼ってたひと。
これから犬を飼いたいひと。
現在過去未来全ての犬に関わる人に読んでもらいたいです。

②この本との出会い
出会いは偶然です。
村上たかしさんの本を勧めてる方のFacebookを見てこの本のことを知りました。

③最近、号泣したできこと
僕は涙腺ゆるいんでテレビでも号泣するんですが…
やっぱりこのマンガを読んで号泣ですね。

【補足】
漫画アクションにて連載されていたマンガです。
2011年には西田敏行主演で映画化されました。

映画「星守る犬」予告編
https://www.youtube.com/watch?v=yhPgojcOd1M

平成20年度第12回文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査委員会推薦作品です。
他に雑誌『ダ・ヴィンチ』における「ダ・ヴィンチ ブック・オブ・ザ・イヤー(BOOK OF THE YEAR)2009」の「泣ける本ランキング」と「読者が選ぶプラチナ本」の二部門で共に第1位を受賞しました。

【あらすじ】
小学生の女の子「みくちゃん」によって拾われ、「おとうさん」の家の飼い犬となった「ハッピー」の視点で描かれている物語です。

「続・星守る犬」は『星守る犬』の正統続編。
「泣けた本第1位」など多数受賞しヒット、2011年6月には映画が公開される同作の続編となる本作は、漫画アクション掲載の続編2本を大幅加筆・修正、そして単行本のための新たな描き下ろし続編一本を収録です。
第1作と対を成す“生”そして“救い”をテーマにしたもうひとつの『星守る犬』

著者 村上たかし
1965年大阪府生まれ。京都大学経済学部中退。代表作に『ナマケモノが見てた』『ぱじ』『はりもぐハーリー』『ぎんなん』『ほんまでっせお客さん』他多数。

日日是好日 森下典子

今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で6月23日放送で紹介した本です。
毎月第二週と第四週にお送りするコーナー。
北海道在住のブックコーディネーター、かーるさんがおススメする本を紹介します。

ホンスキー倶楽部試聴はこちらから(6月23日放送分)

https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/05/6-4_honsuki-club_20190520.mp3

かおる文庫のおすすめブックコーナー

日々是好日
「お茶」が教えてくれた15のしあわせ
著者:森下典子

内容
お茶のお稽古を25年以上続けてきた著者のお茶にまつわる幸せの記憶を描くエッセイ。
2018年黒木華、樹木希林の出演で映画化。

感想
茶道具、掛け軸、和菓子などの美しい写真からこの本は始まります。
季節の和菓子も芸術的な茶道具も茶道の楽しみの一つです。

なぜお茶を続けるのか?何が面白いのか?
そんな疑問をもつ方に。

余分なものをそぎおとし、自分では見えない自分の成長を実感させてくれるもの。
すぐにはわからない代わりに、ある日を境に突然、視野が広がるその醍醐味を何度も味わうことができるもの。
それがお茶だと森下さんは言います。

その例えとしての雨の話が印象的でした。
まえがきの中に、
『20歳のときには分からなかった季節の移ろいが、毎年お茶をを繰り返すうちに肌で感じられるようになる描写があります。
あるとき、ふと五感が研ぎ澄まされて土の香りや雨の音がダイレクトに感じられるようになるさまは、驚きと喜びに溢れています』

お茶を通しながら四季を感じられるようになった日々のしあわせ。
これを15の観点から伝えてくれます。
特に第13章「雨の日は、雨を聴くこと」は作者の心の揺れと気づきの素晴らしさに心を打たれます。

静かな動きの一つ一つが人生の記憶として積み重なり、ただ今ここにいる喜びに繋がっていくのです。
茶道の奥深さと人生の深みを伝えてくれる美しい描写の一冊。

著者 森下典子
1956年、神奈川県横浜市生まれ
日本女子大学文学部国文科卒業
大学時代から「週刊朝日」連載の人気コラム
「デキゴトロジー」の取材記者として活躍。

著書
「典奴どすえ」
「典奴ペルシャ湾を往く」
「ひとり旅の途中」など  

言の葉の庭 新海誠

今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマは「雨」

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時半
「ホンスキー倶楽部」


試聴はこちらから

https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/05/5-4_honsuki-kurabu_20190513.mp3

ラジオネーム 雀の額

新海誠 『言の葉の庭』角川文庫

①オススメどころ
1人1人の内面を本人視点でしっかりと描かれています。
アニメ映画はどちらかというとスッキリとした印象ですが、原作は嘘の繰り返し、嫉妬、弱さ、エゴetc…人間の持つ「負の感情」がしっかりと。

東屋にしっとりと漂う、お互いの想い。
そこだけが2人にとって別世界。
時が止まって、強張った心がほぐれて。
ありのままの自分に戻れる場所。
ガッツリなラブストーリーでは無いですが、お互いの淡い想いが滲み出ていて良いですね。

② この本の出会い
去年の古本市で。

③ 雨の思い出
小学4年生だったかな?
ミヒャエル・エンデの「はてしない物語」がどうしても欲しくて。
コツコツお駄賃貯めて(当時小遣いは無く)。
やっっっと目標金額達成し、買いに行った日曜日(当時は週休2日じゃなかったなぁ…)、朝から小雨でしたねぇ。でも嬉しかった!

父と一緒に車で出発。比較的小さな本屋さんでお目当ての本を見つけたあの時の喜び両手で抱えてレジに並んで。
飛び跳ねたい気持ちを抑えながら自分の番が来るのを待ってました。
袋に入れてもらったけど、それでも雨に濡れないようギュ〜ッと抱えて車まで走って行ったの覚えてます。

今思えば、本スキー(本好き)になったキッカケは「はてしない物語」だったかもしれません。
それ以降、祖母が毎年誕生日に本を贈ってくれたり図書券くれたり。
クローゼットの奥の奥にしまってある「はてしない物語」が気になりだした今日この頃です。


【あらすじ】
また会うかもね。もしかしたら。雨が降ったら―。
雨の朝、静かな庭で2人は出会った。
靴職人を志す高校生の孝雄と、謎めいた年上の女性・雪野。
迷いながらも前に進もうとする2人は、どこへ足を踏み出すのか。
圧倒的な支持を受けた劇場アニメーション『言の葉の庭』を、新海誠監督みずから小説化。アニメでは描かれなかった人物やエピソードを多数織り込み、小説版ならではの新たなる作品世界を作り上げた傑作。

角川文庫
396ページ
2016年2月25日第1刷発行
本体価格 680円
電子書籍あり 


著者 新海誠
1973年生まれ、長野県出身。
日本のアニメーション作家・映画監督、小説家2002年、個人で制作した短編作品「ほしのこえ」でデビュー。
2013年に公開の『言の葉の庭』では、ドイツのシュトゥットガルト国際アニメーション映画祭にて長編アニメーション部門のグランプリを受賞。
2016年『君の名は。』公開、次世代の監督として国内外で高い評価と支持を受けている。

著書
「秒速5センチメートル 」

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。