「チャンスを広げる思考トレーニング」 ロザモンド・ストーン・サンダー/ベンジャン・サンダー 日経BP

「ビジョンを実現するリーダーは並はずれた勇気の持ち主にみえることが多い」

著者 ロザモンド・ストーン・サンダー

カウンセラー、家族療法士。

リーダーシップ、人間関係、効果的行動のモデルを開発、創造性を高める能力開発論を提唱する。

企業や政府機関の人材教育にも携わっている。

アメリカ、マサチューセッツ州出身。

ベンジャン・サンダー

ボストン・フィルハーモニー管弦楽団創設以来の指揮者。

その他にも、世界各地の楽団で指揮棒を振る。

作曲はブリテン、チェロはカサドに師事。

音楽生の指導に力を注ぐ。

近年はリーダーシップと創造性について多くの講演を手掛ける。

イギリス出身。

 

ベンジャン・サンダー TED「音楽と情熱」

https://www.ted.com/talks/benjamin_zander_on_music_and_passion/transcript?language=ja

さて今回、私がこの本に尋ねた質問は…

① 自分の可能性を広げるために必要なことは?

♬ 可能性が開ける枠組みを作りだし維持する

違いが受け入れられる枠組みを作る。

本文より…

小学2年生の女の子が白血病の化学療法を受けて学校に戻った時、髪が全て抜けた事を隠すためにスカーフをつけていた。

しかし、スカーフを取った子がいて、子どもたちは興奮して笑い、女の子をからかった。

屈辱を感じた女の子はその日の午後、学校へ行きたくないと母親に行った。

(中略)翌朝、教師が教室へ入ってきた時、教師はいつものあたたかい笑顔で挨拶した。

そして上着とスカーフを取った。

頭はすっかり剃ってあった。

それから、子どもたちはみんな、髪を切らせてと親にせがんだ。

(中略)教師は女の子の見慣れない姿の意味をとらえなおし、その子を怖いよそ者の立場から解放することで、クラスで起こっていた分断を食い止めた。

髪の毛がないことを可能性としてとらえた。

 

♬ 必要だと思えばすべてを投げ出して急場を救う

ビジョンを実現するリーダーは並はずれた勇気の持ち主にみえることが多い

 

 

② 夢を実現させるための思考トレーニングとは?

♬ 自分がしり込みしている部分を知り、それを解き放つ

自分をへだて抑えている自分のなかの枷を取り除き、自分と言う枠を超えて全てのものと結びつく。

♬ 情熱に身をゆだねてのめり込む

情熱の流れを使って世界に新しい表現を生み出す媒体になる

可能性を捉えるためのコンセント、変化するためのエネルギーの源泉がどこにあるのか探す。

見つけたら自分という枠を捨てて飛び込む。

 

 

感想

12の思考トレーニング法では、概要とその例が書かれてあります。

概要だけでは理解するのが難しくて投げだしそうになりましたが、例を読むと「なるほどそういうことか」と納得できます。

気になったトレーニング法の所だけを読むのもありだと思います。

 

 

目次

はじめに

12の思考トレーニング法

第1の手法 世の中全部作りもの

第2の手法 枠の外は可能性の宇宙

第3の手法 みんなに「A」をつける

第4の手法 競争ではなく貢献を

第5の手法 だれでもリーダーになれる

第5の手法 だれでもリーダーになれる

第6の手法 規則その六

第7の手法 ありのままを受け入れる

第8の手法 情熱に身を任せる

第9の手法 相手を引き込む

第10の手法 「ゲーム盤」になる

第11の手法 可能性が開く枠組みを作る

第12の手法 「わたしたち」の視点で見る

コーダ

RFA協会 リーディングファシリテーター

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenota

https://www.facebook.com/honskiy.guurin

http://instagram.guureenn(インスタグラム)

「ビジネスで一番大切なしつもん」松田充弘 日経BP社

「ダメな人ほど、起業に向いている」

著者 松田充弘(まつだ・みひろ)

 

 

 「魔法の質問」主宰。質問家。ライフトラベラー。

時間と場所にとらわれないビジネススタイルで世界を旅しながら、各国で 「自分らしく生きる」講演・セミナー活動を行う。

著書は国内外で35冊を超える。 1年のうち300日は海外に滞在。

カウンセリングやコーチングの理論をベースに、自分自身と人に日々問いかけるプロセスを集約し、独自のメソッドを開発。質問するだけで、魔法にかかったようにやる気と能力が引き出され、行動が起こせるようになることから、「魔法の質問」と名づける。
そのメルマガの読者は5万人を超える。

NHKでもとりあげられた「魔法の質問学校プロジェクト」では、ロンドン、プラハ、シンガポールなどボランティアで各国の学校へ行き、子供たちに魔法の質問を体験してもらっている。 ニューヨークの国連の学校(UNIS)でも授業を行う。

ANA国際線で講演が放送されるなどメディアにも多く取り上げられている。
2015年に始めたラジオ番組「ライフトラベラーズカフェ」(Podcast)は、Appleの2015年のベスト番組に選ばれ開始2ヶ月で7万人を超す視聴者がいる。

自分らしく働き、自分らしく生き、大切な人たちと豊かな時間を過ごすことを大事にしている。

『賢人たちからの運命を変える質問』(かんき出版)ほか著書多数。

マツダミヒロ事務所株式会社 公式サイトより

http://mahoq.jp/

 

 

さて今回、私がこの本に尋ねた質問は…

① ファンが増えていくしつもんとは?

♬ 相手のためのしつもんをする

相手の思いや行動を引き出す

しつもんの答えは相手の中にある…相手がそれに気付くきっかけをつくるつもりでしつもんする

♬ 相手から「しつもんされたい人」になる

聴き上手になる

まずは話を受け止め、否定しない

「できないを克服」ではなく「できるを伸ばす」

どんな時も応援する

こまめにねぎらう

自分自身を満たすことを忘れない

♬ 可能性にフォーカスする

人の悪い部分に焦点を当てるのではなく、可能性にフォーカスしてしつもんを作る

EX 「最近上手くいっていることは何ですか?」

 

② しつもんの質をあげるには?

♬ 聴く技術

☆話のテンポ・リズムをつくる

相手に合わせて「相づち」をうつ

話のテンポに合わせて頷く

相手の言葉を繰り返す…自分の話を聴いてもらっているという「安心感」を相手に与える

☆沈黙を活用する

引き出す沈黙…相手の話を引き出すための沈黙

抑える沈黙…自分が言いたいことを我慢するための沈黙

まとめて言い換える…話が整理されて、さらに一歩先の深い話に進むことができる

♬ その先の「本当の答え」を見つける

しつもんの答えのその先に本当の答えがある

相手の答えがなぜ出てきたのか。最初の答えだけを聞いて判断するのではなく、その答えの背景に何があるのかを意識してしつもんすることが大切

自分自身へのしつもんも同様に「なぜ」を繰り返して、本当はどうなりたいのか掘り下げる

♬ 視点を変える技術

自分に影響力のある人になりきって今の自分を見つめ直してみる

自分を客観視する

新たな気づきや発見がある

感想

著者の松田充弘さんは「質問」をあえて「しつもん」としています。

それは「いい質問=しつもん(ひらがな表記)」と定義し、その他の質問と区別して使うと書いています。

相手のために質問しているつもりが実は尋問・疑問になっている…これは私にとっては大きな気づきでした。

特に子どもに対して「なんで出来ないの?」…まさに尋問です(笑)

本書でも「WHY」を「HOW」「WHAT」に変えるとありました。

「どうすればできるかなあ?」と普段の会話から変えていかなっくちゃ(^_^;)

そして、この本は「しつもんドリル」や例もたくさん載っているのでわかりやすく、特に「マンダラチャート」は自分で応用もできそうです。

目次

序章

第1章 しつもん力基礎講座

第2章 しつもん力を上げる「技術」

第3章 効果的なしつもんの作り方

第4章 実践編 しつもん営業術

営業力を劇的にアップさせる「七つの法則」

第5章 ビジネスを成功に導く「魔法の質問マンダラチャート」

「気づき」と「行動」を呼び起こす「104のしつもん」

あとがき

 

RFA協会 リーディングファシリテーター

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenota

https://www.facebook.com/honskiy.guurin

http://instagram.guureenn(インスタグラム)