なずな 堀江敏幸

今回は5月12日放送のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。

兵庫県 ラジオネーム かのんパパ
堀江敏幸「なずな」集英社

① この本のオススメどころ
この育児小説は、四十代独身の新聞記者である男性が、生後二ヶ月の赤ん坊の世話をすることになった体験を綴っています。

ミルクを作り、飲ませ、げっぷを出させ、一瞬いっしゅんの成長に感動し、小さな変化に戸惑う。
赤ちゃんに対するすべての描写が味わい深く愛しかったです。

「小さな子どもがひとり身近にやってきただけで、ものごとを見る心の寸法は変わってしまうのだ」とは、その通りだと思いました。

これから子育てをする人も、かつて子育てに奮闘した人にもオススメです。

② この本との出会い
今は閉店してしまった、Futaba+神戸マルイ店の店主さんが、閉店翌日ささやかな打ち上げと称して冷麺屋に来て下さった際、今から3年半前、一週間後に出産を控えたわが娘の誕生を祝ってプレゼントしてくれました。
ちなみに、その店主さんは、今は京都・一乗寺の恵文社さんで、後継ぎをされています。

③ 子どもの頃の思い出
自分の幼少期の記憶があまりないので、娘のカノンの、生まれる前の記憶についてお話します。半年前、娘が3歳になった時に聞いてみました。

「カノンちゃんは、こうやって飛行機みたいに飛んでたんだよ」
「真っ暗な階段に並んでて、ちょっと怖かったの」
「ママのお腹のなかは、お風呂みたいに温かくて何か赤と黒と黄色だった」

3歳の証言。リアルでも創作でも、ビックリですよね。

【あらすじ】
新聞記者の私はやむない事情から弟夫婦の子、なずなを預かることになった。
四十代半ば独身の私にとっては、生後二ヶ月の赤ん坊を相手にミルクをあげるのもおむつを替えるのも未知の体験。
何気ない仕草や発声に様々な発見をしながら、ジンゴロ先生や友栄さんら周囲の温かい人々に見守られて、私はなずなとの暮らしを始める。
生命の瑞々しさに溢れた育児小説。
第23回伊藤整文学賞受賞作。

集英社文庫
464ページ
2014年11月20日第1刷発行
本体価格 740円


著者 堀江敏幸
1964(昭和39)年、岐阜県生れ。
1999(平成11)年『おぱらばん』で三島由紀夫賞、
2001年「熊の敷石」で芥川賞、
2003年「スタンス・ドット」で川端康成文学賞、
2012年『なずな』で伊藤整文学賞、ほか受賞多数。

著書
『郊外へ』
『いつか王子駅で』
『めぐらし屋』
『バン・マリーへの手紙』など多数

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。


「とんび 」重松清 角川文庫

「子育てなんて自分の思うようにはならない」

ホンスキーズBOOK「オススメの父の本」

オススメ人 埼玉県 ラジオネーム お茶屋のさとし

この本のおススメどころ

昭和イザナギ景気の頃から始まる不器用な父と子の物語です。

まっすぐで博打好きなヤスさん その妻の美佐子さんに子供が宿るところから始まります。

子供の為に好きな酒、博打を断ち、小林旭が好きなことから子供に『アキラ』と名付けます。

ある事からヤスさんは男手ひとつで子育てをします。

人から慕われるヤスさんは周りからも助けられ、不器用ながらもアキラくんと一緒に成長をしていきます。

アキラくんを苦しませないための〈優しい嘘〉思春期の難しい時期の息子との接し方、男2人での暮らし方。

思春期って親がウザかったり、何でもない事で衝突したりなんて日常的な事です。

私も2人の子がいますが、子育てなんて自分の思うようにはならないのが自分でも実感したところです。

そして、やはりそこは 一本気なヤスさん オロオロと戸惑います。

男臭いヤスさん、そしてそこが人間臭くて、読みながらも「うんうん、そうなんだよなあ」と頷く事しきりでした。

 

そして、何よりもこの小説の優しさを感じ取れたのが、三人称で語られる文章が、主人公とその妻を称する時「ヤスさん」「美佐子さん」と柔らかな口調で語られている事でした。

それだけでも全体にふんわりとした暖かさが漂うようです。

 

瀬戸内の街を舞台にしたこの物語、成長したアキラくんの進学問題、揺れるヤスさんの心情は 同世代の息子を持つ私も共感を覚えました。

 

この本との出会い

TVドラマで 第一話を見るも、『ちょっと重たいかな?』と感じ、その回で見るのはやめてしまったのですが、最後まで見た友達から聞くと、何故見続けなかった?  

すごく良かったのに‼︎

との声が多かったので、それなら原作を読むまでよ!  と。

 

お父さんとの想い出

私の父は自営業でしたが、朝から酒を飲んでしまうような人でした。

飲まなきゃ無口で大人しいのが、ご多聞に漏れず ひとたび酔うと、くどく面倒くさいオヤジでした。

当然衝突ばかりでしから、こんなヤスさんのような父親像に憧れつつ、自分が父になったら そんなふうに接しなければ と思っていたものでした。

私自身 父との確執が深まるばかりで、この場で説明すると かなりの時間を要してしまうので割愛しますが、反面教師として学ぶべき所は多かったように思います。

家族との接し方 声のかけ方 気にかける事 支える事 食べさせる事 父として『やってはいけない』事は沢山教わった気がします。

 

……なんて つい偉そうに上から ものを言ってしまいましたが、それでも育ててくれ、決して不幸などではない環境だった事は確かなのです。

それだけでも大いに感謝をしています。

ある事から私たちの前から姿を消してしまった父ですが、今は恨んでなどいません。

 

この本を読んで小さな頃からの父との思い出を噛み締めながら、

ほんのちよっぴり、自分も気持ちが優しくなれる小説でした。

 


RFA協会 リーディングファシリテーター

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenota

https://www.facebook.com/honskiy.guurin

http://instagram.guureenn(インスタグラム)