「ステップファザー・ステップ」宮部みゆき 講談社文庫 

「こいつとは長い付き合いだけど、こんな一面持ってたのか〜

ホンスキーズBOOK「オススメの父の本」

オススメ人  東京都 ラジオネーム 雀の仁王立ち

この本のおススメどころ

読んだ後の印象が「カワイイ作品」。

児童文学を連想するような柔らかい雰囲気に、サラサラ読めるテンポの良さ。

それまで読んだ宮部作品が→レベル7・龍は眠る・火車・蒲生邸事件・クロスファイア・模倣犯・理由etc。

ブレイブストーリーやドリームバスターは読んでなかったので、なんか意外な一面を発見したような感じでしたね。

「こいつとは長い付き合いだけど、こんな一面持ってたのか〜」みたいな(笑)

この本のおススメどころ

よくある話で、職場の同僚に貸してもらいました。

 

父との思い出

⑴「はてしない物語」…

小学4年生頃かな?クラスでブームになりましてね。1冊¥3000、高ッ!当時我が家は小遣い制ではなかった為「兎に角なんでも手伝いやるからお駄賃ちょうだい!」と交渉。コツコツ貯めましたよ。昔はタバコの自販機で買った後お釣りを貰える、なんて事も。で、父はチョイ多めにくれたり(笑)。

目標金額になり、いよいよ買いに行く!って日は、小雨が降りしきる日曜日。待ちきれなくて「早く行こうよ!」と、父をせっつき車でgo!が、父はなんとなく乗り気ではなく「?」と思っていた私。ようやくその原因がわかりました。

『お店は10時にならないと開かない』

 …時刻はまだ9時30分過ぎ…だったかな?父よ〜言ってくれよ〜逸る気持ちを抑えられなかった私、阿保みたいじゃ〜ん…お目当ての「はてしない物語」は無事手に入れました!ま、終わり良ければすべて良し

 

⑵ヘミングウェイ先生…

20歳くらいの時、初めてヘミングウェイを読もうと、1番薄い「老人と海」を同僚から借りるも…読むのに難航しました父に電話で「ホンットにつまんないだってたかが釣りの話でしょ⁉︎なんでこんなに大袈裟に書く必要があるのよ」と爆発。すると受話器の向こうで父はゲラゲラ大笑い。「人生もう10年くらい生きてみたら分かる」と言われてそのまま。孤独について書かれていると言っても、二十歳そこそこの小娘には分かるはずもなく。あれから10…いやもっと時は過ぎたな。…またチャレンジしてみようかな?と思う今日この頃です。

⑶早朝のカップ麺…父の早朝散歩に付き合うと、家では食べられない「カップヌードル」にありつける!という特典(?)が

 

地元は田舎で洒落た店なんて無く、大人は流行り物に興味なし。インスタントはおろか、マックやケンタ、ピザなんて積極的に取り入れようという家ではありませんでした。が!大人はそうでも子供は食べてみたいのよッ!

 

そんな気持ちを察してか、よく父が日曜日の早朝、公園に散歩がてら近くにある商店に顔を出し、母に内緒でカップヌードルをその場で食べさせてくれました(笑)(おばあちゃんが1人で切り盛りしてて、日用品なんかも一通り揃ってる昔懐かしのお店)…今思えば「餌付け」か?内緒のカップヌードル、美味かったなぁ〜


RFA協会 リーディングファシリテーター

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenota

https://www.facebook.com/honskiy.guurin

http://instagram.guureenn(インスタグラム)

「フランバーズ屋敷の人々」 K・M・ペイトン

「子どもたちに世界って広くて色んなことがあるんだなぁ」

ホンスキーズBOOK おすすめの児童文学

オススメ人 ラジオネーム 兵庫県 ゆみこさん

 

 

この本の魅力

両親を亡くし叔父と2人の従兄弟が暮らすフランバーズ屋敷に引き取られた少女クリスチナの青春と愛と人生を描いた全5冊の物語です。

第一次世界大戦前後のイギリスを舞台に、決して幸せな日々ばかりではないけれど、前を向いて懸命に歩いて行くクリスチナの姿に心打たれます。

ロマンスもチラホラ出てくるので、子ども心にドキドキときめきました。

 

この本との出会い

小学生のとき、隣の住んでいた同級生の女の子に貸してもらいました。

当時は全3冊の物語だったと思います。

一度読んだだけでしたが、ずっと心の中に残っていました。

数年前に続きの2冊が出版されていることを知り図書館で借りて再読。

物語の世界にひきこまれて夢中になって読みました。

 

児童文学の魅力

楽しい話、悲しい話、不思議なファンタジー、ワクワクする冒険物語。

色々な児童文学がありますが、すべてに共通して言えるのは、子どもたちに世界って広くて色んなことがあるんだなぁと気づかせてくれる、扉を開けるカギのようなものなんじゃないかなと思います。

 

♬K・M・ペイトン

イギリスの作家で美術家である夫のマイケル・ペイトンと合作していたこともあり、ペンネームにあるMは夫の名前に由来。

また、Kathleen Helaldのペンネームで、ヤングアダルトを対象にした作品を執筆したこともある。

代表作でもある『フランバーズ屋敷の人びと』(Flambards)シリーズの第2作『雲のはて』で、1969年度のカーネギー賞を受賞する。

 

♬カーネギー賞

カーネギー賞は、イギリスの図書館協会から贈られる児童文学賞である。

鋼鉄王といわれたアンドリュー・カーネギーが図書館の発展に寄与した業績をたたえて、1937年に創設された。

ピアソン慈善基金が後援している。

受賞作品 ナルニア国ものがたり・雲のはて フランバーズ屋敷の人びと2

対象作は前年にイギリスで出版された英文の児童書で、1968年まではイギリス国籍の作家のものに限られていたが、現在は海外の作品も最初に出版されてから3ヶ月以内にイギリスで出版されれば対象となる。

同じイギリスの児童文学賞であるガーディアン賞は、対象がフィクションに限られ、一度受賞した作家の作品は対象外としているが、カーネギー賞は伝記などのノンフィクションものも対象とし、再受賞が可能である。

 

『フランバーズ屋敷の人びと』シリーズの第1作から第3作までは、ガーディアン賞を受賞。

RFA協会 リーディングファシリテーター

インターネットラジオゆめのたね放送局 

関西チャンネル「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenota

https://www.facebook.com/honskiy.guurin

「15少年漂流記」 ジュール・ヴェルヌ

「頑張れ!少年(笑)」

ホンスキーズBOOK おすすめの児童文学

オススメ人 神奈川県 ラジオネーム みっちょむ

・この本のオススメどころ  

 児童文学の良いところは、安心して結末が迎えられること(笑)

バッドエンドは滅多にないですもんね?   

漂流してしまった15人の少年たちが、ふりかかる災難や問題をどのように「解決」いくか。   

特に、反目しているブリアンとドニファンに和解のときが訪れるのか?それはいつ?どのように?頑張れ!少年(笑)

 

・その本との出会い   

もちろん学校の図書館です。   

当時はamazonも電子書籍もなかった。   

両親はそれほど子供の行動に頓着していなかった時代ですので、地域の図書館に連れて行くほど親切ではなかった。(笑)   

子供は学校の図書室に本を求めるしかなかったのです。   

熱心な図書室通いは、貸出カードを埋める競争に勝つことが目的だったような気がしないでもないですが(笑)・・・。

でも、そのおかげで本好きっ子になれました。

 

 ・児童文学の魅力   

もちろん安心して迎えられる結末です。   

幸せになる登場人物を見て、自分も幸せになれる!

 

♬ジュール・ヴェルヌ

1828年フランス・ナント生れ。1863年、株式仲買業の傍ら書き上げた『気球に乗って五週間』が大成功を収める。

以後生涯六十余編の空想科学小説を刊行。

〈SF小説〉の生みの親であり、世界中に熱狂的読者を持つだけでなく、多くの文学者にも影響を与えた。

代表作に『海底二万里』『八十日間世界一周』『月世界旅行』『地底旅行』など。1905年没。

「日本ジュール・ヴェルヌ研究会」 

http://julesverne.jpn.org/

設立の辞 (日本ジュール・ヴェルヌ研究会サイトより)

ジュール・ヴェルヌ愛好者の親睦を深め、ジュール・ヴェルヌの栄光を日本と世界にあまねく伝えることを使命とする「日本ジュール・ヴェルヌ研究会」の設立をここに宣言します。

ジュール・ヴェルヌは明治初期という早い時代に日本に紹介された外国人作家の一人であり、今日においても『十五少年漂流記』など、日本の子供たちが最初に手にする本の作者として広く知られております。しかしながら現在、日本語で読むことのできる作品はその膨大な著作の一部に過ぎず、作家の偉大な功績に対し、質、量ともに十分な紹介がなされているとは言えません。また、依然として青少年向けの大衆作家という低い評価に甘んじている現状もあります。こうした状況を打破すべく、作家の没後101年目にあたる2006年2月、われわれは「日本ジュール・ヴェルヌ研究会」の設立を構想し、晴れてここに発足の運びとなりました。各人の専門領域、得意分野の如何を問わず、一般の読者から研究者までヴェルヌを心の糧とする同好の士が集い、作家の実像を探り、作品についての議論や研究の成果を広く世界に向けて発信していく会をめざします。ヴェルヌを読む、知る、最新の情報に触れる、ヴェルヌについて調べる、語り合う、ヴェルヌについて書く、つまりヴェルヌを楽しむ!当会が日本におけるヴェルヌ愛好者の一大拠点となり、活発な交流、活動が末永く行われることを希求するものであります。

2006年2月8日                        

 

誰でも入会ができます(^^♪

 

 

RFA協会 リーディングファシリテーター

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenota

https://www.facebook.com/honskiy.guurin

「やかまし村シリーズ」 アストリッド・リンドグレーン

「子どもの頃に読んだ本たちに、強烈な魅力を感じます」

ホンスキーズBOOK おすすめの児童文学

オススメ人 ラジオネーム 東京都  エルフィー 

・この本の魅力

やかまし村の、たった6人の(後にオッレに妹が生まれて7人になる)子どもたちの生活がうっとりするほど素敵です。

窓越しに手紙をやりとりしたり、ほし草置き場で眠ったり、ソリの競争をしたり、子ヒツジを育てたり、遊び小屋を作ったり。

 真っ暗なほし草置き場で女の子たちがおびえながら眠る様子はとても気持ち良さそうです。

 

 ・この本との出会い

6歳の誕生日に、当時高校生だった若き叔母がプレゼントしてくれました。

初めての姪が可愛かったらしいです。

 

・児童文学の魅力

 子どもの頃に読んだ本たちに、強烈な魅力を感じます。

大人になってから初めて読んだ児童文学では、そこまでのワクワクはありません。

経験が乏しい子どもだからこそ、児童文学からどんどんイメージが拡がり、それが魅力になるのかなと思います。

受け手の感性が未発達な方がいいのかも。

魅力なんて考えたことがないので、とんちんかんなことを言ってるかもしれません。

 

 

作者のアストリッド・リンドグレーンはスウェーデンの作家

「子どものしつけに暴力は不要」

『長くつ下のピッピ』を生んだ作家リンドグレーンは,1978年にドイツ書店協会平和賞授賞式で力強く訴え、その提言は世論を動かし,スウェーデンでは,世界ではじめて子どもへの体罰を禁止する法律を定めるきっかけにもなりました。

子どもとかかわる全てのひとを希望へと導く名演説の「暴力はぜったいだめ」も本となっています

 

 子どもの気持ちをすくいとった児童文学作家で原稿や手紙は、すでに世界記憶遺産に。

 子どもに自分で道を切り開く力を求めながら、敷いたレールに乗せていないか?

大人が描く理想の子ども像を押しつけそうになったら、スウェーデンの児童文学作家アストリッド・リンドグレーンの物語をお勧めします。

 作家デビューは懸賞小説で、パートで働く37歳の主婦だったリンドグレーン。

その後生み出された数々の作品は90以上の言語に翻訳され、発行部数は1億5千万部にのぼります。

いたずらっ子のエーミル、プチ家出を決行するロッタちゃん……。

幼い主人公たちは理屈や思いをはっきり口にし、行動に移します。

頭でっかちな大人が立ちはだかる一方で、とことん味方する大人もそばにいます。

 「よい文学は子どもに世界での居場所を与え、子どもの心の中に世界を創造する」という本人の言葉通り、切手集めを趣味にするような目立たない子にも光が当てられました。

 

代表作となった「長くつ下のピッピ」は1945年、世に出ます。

船長の父は行方不明で、ピッピは9歳にして一人暮らし。

馬を持ち上げるほどの力持ちで、学校にも行かず、大人と対等に渡り合います。

 「こんなことができたら」という憧れを体現するピッピは、たちまち子どもたちの心をつかむ一方で、教育学の学者は新聞紙上で「まったく不自然な女の子は、読者の精神を引っかく不快な感覚以外のなにものでもない」と批判。

これに「すべての限界やしきたりを破るむこうみずな天才」と擁護する学者も現れて、教育論争に発展しました。

弾むような物語の背景には、「安心と自由が私の子ども時代を幸いなものにした」という自身の経験があります。

 お話が上手な父親と働き者の母親のもと、畑の手伝いをしながら、農場を遊び場に育つリンドグレーン。

「遊んで遊んで“遊び死に”しなかったのが不思議なくらい」

 

牧場に咲く野バラの香り、子牛の舌の感触。

五感が覚えていたことを作品に投影しています。

「私は私自身のなかにいる子どもを喜ばせるためだけに書いてきた」

そんな一冊を子ども時代に戻って読んでみませんか。

 

 

 関西チャンネル 日曜朝8時~8時半

 「ホンスキー倶楽部」

 パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenota

https://www.facebook.com/honskiy.guurin

「コロボックル物語」 佐藤さとる

「生きるって素晴らしいと思えること」

ホンスキーズBOOK おすすめの児童文学

オススメ人 ラジオネーム 兵庫県 けろさん

・この本の魅力

小学生の頃はまだ近所に自然がたくさん残っていました。

だんだんと田んぼもなくなり、近所の撮影所も縮小され住宅が増えましたが、少し足をのばせば嵐山がありました。

本当に小さな人がいそうなところがいっぱいあったんです。

物語は本の中から飛び出し、現実の世界に想像を広げていたんですね。

明日は会えるかしらと、いつもワクワクしてました。

 

・この本との出会い

小学校の図書室へ行く片隅に大きな花壇のようなものがありました。

大小さまざまな草木が植えてありました。

よく見ると、ダムや小川や小さな水車小屋などなどが。。。

これはきっと小人がいるに違いないと思いました。

入学当時、コロボックル物語に出会う前の話です。

そこから離れの木造の図書室へ向かう道が、小学校で一番好きな場所でした。

数年後、村上勉の表紙を見つけたときは、やっぱり!って思いました。

・児童文学の魅力

まず挿絵。

随分大きくなるまで、挿絵のある本以外読まないっていうか、パラパラとめくって挿絵が好みだったら読んでました。

そして希望。

たとえ主人公がつらい立場にあったとしても、生まれてきてよかったんだと思える。

生きるって素晴らしいと思えること。

 

♬コロボックル物語 (講談社文庫 コロボックル特設ページより)

コロボックル物語は1959年に第一巻『だれも知らない小さな国』刊行

その後1987年に『コロボックルむかしむかし』まで6巻

そして2014年作者が佐藤さとるさんから有川浩さんに変わって「有川版コロボックル」が始まりました。

何故、有川浩さんなのかと言うと…

そもそもコロボックル物語の成り立ちからのお話になります。

「コロボックル物語」は、
第1巻の『だれも知らない小さな国』が1959年に私家版として刊行されました。
その私家版は同年講談社から、若菜珪さんの挿画によって刊行され、
1965年に刊行された3巻目から村上勉さんとのタッグに代わります。
こうして佐藤さとるさん作、村上勉さん絵による、このシリーズは、大人気となり、
1987年までに6冊の作品を刊行して、児童書の単行本、青い鳥文庫、
そして講談社文庫の3種類となりました。
しかし、いつの間にか、大人向けといえる、講談社文庫版は絶版になっていました。
年を経て、2010年の秋。
名作が絶版になっているなんて! と、講談社文庫版の復刊が始まります。
第1巻の解説を書いてくださったのが梨木香歩さん。
そして2巻目『豆つぶほどの小さないぬ』の解説を書いてくださったのが、有川浩さんでした。

小さいころからコロボックル物語の大ファンで、「佐藤さとるさんがいたから作家になった」
と公言していた有川さん。
片や佐藤さとるさんは、有川さんの作品を読んでファンになっていました。
そこで、てファン同士の対談が実現したのです。
2011年7月6日。暑い夏の日のことでした。
椿の木の陰に、フキの葉が青々と茂り、まるでコロボックル小国そのもののような、
佐藤さとるさんの自宅に、有川さんが訪れます。
そこで佐藤さとるさんは、有川さんにこんな言葉をかけられました。
「ぼくはこの物語の続きを誰でも禁則さえ守れば書けるようにオープンエンドにした。

でも誰も書いてくれない。有川さん、書いてみたら?」
それは、コロボックルたちが見守る中で手渡された、バトンのようでした。
1987年から27年を経て、いま、「コロボックル物語」の新刊が発売されます。
それは、名作を読み継ぎ、書き継ぐという
奇跡の瞬間──。
そして、奇跡のスタートなのです。

「コロボックル絵物語」 有川浩 絵・村上勉 

 

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenota

https://www.facebook.com/honskiy.guurin

 

 

 

 

 

 

 

 

「ムーミンシリーズ」トーベ・ヤンソン 青い鳥文庫

「子供の頃には気付かなかった大人の視点もあったんだ」

ホンスキーズBOOK おすすめの児童文学

滋賀県 ラジオネーム とろろこんぶ

・ムーミンシリーズのおススメどころ

「ムーミンシリーズの魅力」は、多くの児童文学に共通すると思いますが、人生の過程によって、その時期その時期に様々な味わいがあること。

子供の頃はムーミンとスナフキンの冒険にドキドキしたし、

思春期はミィの性別や体格を全く問題にしない自由さに惹かれたし、

父親に反発してた時期には、戦争で父親を亡くして、父親像を身近に思い描けなくて、

理想化された父親像を振りかざす父と、

孤児でやはり理想的な父親であろうと空回りするパパに共通点を見出し、

自分が母親になってからは、孤独と母親である不自由さに現実逃避したり、

成長して自立しつつある息子に寂しさを感じるママに自分を重ね合わせたりしました。

・ムーミンシリーズとの出会い

やはりテレビアニメかな?

それから、原作に出会って、ず~っと一緒です(*´ω`*)

 

・児童文学の魅力

ムーミンシリーズでも書きましたが、子供だけではなく、

思春期にも大人になってからも、作品の中に、子供の頃には気付かなかった大人の視点もあったんだと気付いて、また新しい読み方ができるところ。

何度も何度も新しい発見があります。

 

「ホンスキー倶楽部」

 パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenota

https://www.facebook.com/honskiy.guurin