熱意が人を動かす

「自分は社員稼業の店主である、というように考えてみてはどうか」

 

 

☆熱意が人を動かす

☆何が正しいかということが言える信念

☆真実をお互いに語っていくようにする

☆人の意見、取り分け下の意見を聞く👂

☆適材適所

☆相手の苦労に対して感謝する

 

一代で世界的大企業を築き、現代でもなお“経営の神様”と謳われる松下幸之助氏の講演集。

体が弱かった幸之助氏は、健康の大切さや素直さを講演されています。

やはり、熱意=情熱は大切なんだなぁ…と読んで思いました。
大阪で「松下電器…今はパナソニックですね」「松下幸之助」と言えば知らない人はいません。(今では、若い人は知らないかも…泣)
「いきがい」「熱意」「心意気」「夢」「成功」へとつながる、松下幸之助氏の生のことば。
若者に向けて語るという形をとってはいますが、そのことばには働くことの本質やリーダーとはどうあるべきかが示されています。

 

「社員稼業」仕事のコツ・人生の味
著者 松下幸之助

・目次

一、生きがいをどうつかむか

ニ、熱意が人を動かす

三、心意気をもとう

四、何に精魂を打ち込むのか

五、若き人びとに望む

 

単行本: 282ページ

出版社: PHP研究所; 新装版 (2009/1/20)

 

インターネットラジオゆめのたね放送局

関西チャンネル 日曜朝8時~8時半

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenotane/

日々報い、絶え間なく評価する

「どこへいこうと、なにをしようと知識は常におまえの親友なんだ」

 

 

 

「人間関係を豊かにすれば、リーダーシップを高めることができる」

そのために大切なことは…

☆約束を守る

☆積極的に耳を傾ける

☆絶えず思いやりを示す

☆真実を語る

 

「全てのリーダーシップは内面からはじまる」

☆自己再生の鍛錬

☆豊かな知識の鍛錬

☆身体性の鍛錬

☆早起きの鍛錬

☆臨終の心理の鍛錬

☆学習から行動へ前進する

☆変化が提供する機会にポジティブな態度でのぞむ

 

 

 

 

「日々報い、絶え間なく評価することによって、メンバーは組織に魂を注ぎ込む」

☆良いおこないを捜す

☆進歩を褒め、結果に報いる

文字にすれば簡単ですが、これを全部実行に移すのは並大抵のことではありませんよね。

先ずは早起きから…

今日は3人の人を褒める…

と、少しずつチャレンジしてみるのはいかがでしょうか?

この本は物語の形を取りながら、幸せなリーダーになる習慣を巻末「英知の要約」にまとめてあります。

昨日の自分をのりこえるために…

「幸せなリーダーになる8つの習慣」

ロビン・シャーマ

単行本: 304ページ

出版社: ダイヤモンド社; 1版 (2010/3/12)

ロビン・シャーマ(Robin Sharma)
シャーマ・リーダーシップ・インターナショナル(SLI)の創設者。

肩書きに頼らずに人びとを導くことのできるリーダーを育てる教育訓練を、さまざまな組織に提供している。

『3週間続ければ一生が変わる』『心のカップを空にせよ!』はじめ9冊の世界的ベストセラーがあり、インターネットの調査サイト、leadershipgurus.net. では、世界第2位 のリーダーシップ思想家としてランキングされています。

 

インターネットラジオゆめのたね放送局

関西チャンネル 日曜朝8時~8時半

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenotane/

ポジティブの教科書 武田双雲

魔法の言葉は「ダカラコソデキルコト」

 

「人を動かす」ために先ずは人に動いてもらう様に変わってもらうには、どうすればいいのか… と考えがちです。

しかし、「他人を変えたい」と思ったら「自分を変える」

自分が改善できれば、必ず、相手との関係も改善できている。

実はその方が手っ取り早いんです。

 

 

自分を変える1つの方法に「恩返しスタイル」があります。

どんな時にも、どこに居ても「お陰様」を口癖にする。

「先に感謝してしまう」それは家族であっても。

そうしていくうちに「心から恩返しがしたい」と思う様になった時から、周りから祝福される事が増えて来るのです。

そんな、95の項目のポジティブになるコツを集めたのが写真の

「ポジティブの教科書」

自分も周りの人も幸運体質になる3つの基本と11の法則

著者は書道家の武田双雲さんです。

 

 

実は… 私自身、相手に物事をゆだねる事が苦手で、ついつい自分でやってしまいます。

その方が早いですよね。

 

でも、部下ができたりチームで仕事をする様になると、相手に任せないといけない場面もでてきます。

そこで… 「相手に甘える事ができない、苦手」 と言う思い込みをはずす事が必要になってきます。

相手に甘えて頼んでも断られないように… 「相手にいつも以上の『関心』を持ち、相手に深く共感する」 「感謝」を伝える 。

そのうえで… 「できる理由を集める」

そこから「どうしたらできるのか」 という質問を自分に投げかける。

ここで、魔法の言葉…

「ダカラコソデキルコト」

 

 

この間、お願いするとすぐに返事がきたり、やってもらう事もあったので 「ゆだねること」をもっと味わおうと思います。

 

 

「ポジティブの教科書」

自分も周りの人も幸運体質になる3つの基本と11の法則

著者 武田双雲

書道家・武田双雲 公式ブログ『書の力』

Kanji Artist Souun 書道家 武田 双雲 公式ウェブサイト

320ページ

出版社: 主婦の友社 (2013/11/29)

 

 

インターネットラジオゆめのたね放送局

関西チャンネル 日曜朝8時~8時半

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenotane/