事故調 伊兼源太郎

「問題は、向かい会わねばならない事柄から逃げるかどうかだ」by 阿南

事故調…事故調査にあたる組織の略称。事故調査委員会としての組織形態をとることがある。(ウィキペディアより引用)
おススメ度
★★★★
著者が元新聞記者なので話の展開がリアルです。
警察小説やミステリーが好きな方にはおススメです。

【あらすじ】
志村市の人工海岸で陥没事故が起き9歳の少年が意識不明の重体となる。
志村市の広報課に再就職した元刑事の黒木は被害者の長田家を訪問するが水をかけられる。
なぜ、市長がこないのか?
なぜ、すぐにすぐに来ないのか?
なぜ、謝罪はないのか?

黒木は上司から「謝罪はするな」と言われていた。
市長じきじきから黒木は事故原因と県警の動きを探るように命じられる。
それは事故の責任が市にならない様にと含められていた。

当時の資料を見直していると、1冊ファイルが見当たらない。
と、同時に黒木の家のポストに内部告発の様な内容の封書が入る。
当時工事に携わった関係者に会い話を聞いていくと、市の責任を感じる黒木。

正式の事故調が立ち上がることになった。
委員長は志村大学工学部の佐藤教授。
佐藤教授の一言で決まると言っても過言ではない。
黒木は刑事時代の情報屋、椎名の店を訪れる。
佐藤教授の弱みを握れば、こちらの思い通りになることを想定しての動きだった。

市が行う記者会見の前に黒木が事故現場に行くと、県警の同僚阿南と後輩の山際が声をかけてきた。
今の段階ではまだ県警は動かない。
下見だと言う阿南の言葉を額面通りには受け取らなかった。

紛失したファイルを工事をしたゼネコン会社に取りに行き、更に市に提出義務のないファイルも手にした黒木は、ある内容にひっかかった。
「特殊布袋を購入」調べれば調べるほど、陥没事故は予想できていたと確信する黒木。
市の責任を覆い隠すことが本当に市を守ることになるのか?
市の職員として市を守る仕事をするのか?
真実を明らかにすることが本当の市を守ることではないのか?
椎名と調べるうちに陥没事故とはまた別の市の闇の部分が明らかになる。
揺れる黒木…。

己の判断に確信が持てない理由の一つには刑事を辞めるきっかけとなった事件があった。

【感想】
この小説は実際に2001年に起きた明石の海岸の陥没事故やそれに関する報道に着想を得て執筆されたそうです。
当時、著者は神戸で新聞記者だったので事故が起きた原因であると思われる事柄にもリアリティがあります。

少しずつ市の暗部に迫っていき黒木は自分の判断に迷い、過去の自分を引きずったまま市の歯車のなろうとします。
そこで登場するのが、元の同僚であり、事故の被害者の父親であり、名も知らぬ毎日電話をかけてくるおじいさん。
「人の再生は人の支えがあってこそできるのだ」とかんじました。

そもそも、元敏腕刑事が市の職員という設定が面白い!!
読みながら、黒木さん県警に復帰しないのかなぁ、なんて思ってしまいました。

KADOKAWA
372ページ
2014年5月30日第1刷発行
本体価格 1600円
電子書籍あり

著者 伊兼源太郎
著者 伊兼源太郎
1978年東京都生まれ。
上智大学法学部卒業。
新聞社勤務を経て、2013年に『見えざる網』で第33回横溝正史ミステリ大賞を受賞しデビュー著書
「金庫番の娘」
「外道たちの餞別」
「密告はうたう」など

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

滴水古書堂の名状しがたき事件簿 1  黒崎 江治

「血の繋がりより、気持ちの繋がりの方が大事だと思うからよ」by あとり

密林では扱っておらず、神保町でも見つからない。弔堂にも京極堂にも置いていない本が――あります。
 京極夏彦
そんな一文が添えられている本書
ちょっと変わったミステリー小説です。

おすすめ度
★★★
単純なミステリー小説ではありません。
不思議な世界に迷い込みます。
摩訶不思議な世界が好きな人におススメです。

楠田由宇子は大学生。
ある日、後ろから暴漢に襲われ、二段の腕前の空手で反対に息の根を止めそうになったところを、古戸時久に声をかけられた。
気持ちを落ち着けるために古戸が営む「滴水古書堂」で一休みし、そのままアルバイトをすることになった。

古戸の古書の師匠でもある藤から電話があり、由宇子と古戸は藤が営む古書店「薄命堂」へ向かう。
藤からの依頼は「カルナマゴスの遺言」という本が盗まれたから探して欲しいというものだった。
時間と死についての真理がかかれた本「カルナマゴスの遺言」は読むと死ぬと言われている。
本があったところには金属製のオイルライターが落ちていた。

六文字という老人がこの本を購入することになっていたのだ。
二人は六文字を訪ねる。
六文字は以前に「カルナマゴスの遺言」を読んだことを話し始めた。
六文字には知識があったので死ぬことはなく、反対に死と時間を捨てることになった。
そう、六文字は死ぬために「カルナマゴスの遺言」を読もうとしているのだ。

由宇子はオイルライターに刻まれている模様から犯人を割り出そうとしていた。
一方、古戸は幽体離脱を試みていた。
二人は犯人に辿りつけるのか…。

【感想】
ミステリーだけど、魔術やしきたりなどの風習に囚われている人々が巻き込まれる事件が怒る、摩訶不思議な世界に引き込まれました。
日本ならではの「しきたり」「風習」が上手く取り入れられています。
読んでいてテレビドラマの「トリック」を彷彿とさせました。
朴訥な古戸の身体に現れる不思議な現象が気になります。
由宇子と古戸の凸凹コンビの今後の活躍に期待します。
無骨な警察小説が好きなかたは肩透かしをくらいますのでご注意を!!

【目次】
プロローグ 滴水古書堂
エピソード1 愚者が求めし
エピソード2 肉塊
エピソード3 錆に鳴く猫
エピソード4 エリー
エピソード5 鎖に縛られて

講談社
320ページ
2019年8月7日第1刷発行
本体価格 1200円
電子書籍あり

著者 黒崎江治
プロフィール情報が確認されませんでした。

黒崎江治 ツイッター

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。


レギュラーの介護のこと知ってはります? レギュラー

「行動をやめさせるのではなく、安全に続ける方法を考えることが大事」

お笑い芸人の「レギュラー」を知っていますか?
♬あるある探検隊♬で一躍有名になったコンビです。

レギュラー あるある探検隊

今では、介護芸人として高齢者施設などで活躍されています。
そのレギュラーのお二人が介護について書いた本です。

おススメ度
★★★★★
家で介護をしている、これから介護に携わろうとしている
今、介護の仕事をしているなど介護に関係がある、または興味がある人にはおススメです。

松本さんのおばあちゃんの介護体験談をきっかけに介護職員初任者研修の試験を受けます。
仕事をしながら介護スクールに通い所属する吉本から介護イベントの仕事も入り、忙しい中、試験は一発合格。

勉強する中で「身体のしくみ」や「自立支援」を学び、実際に二人一組で介護される側と介護する側になって介護体験も楽しみながら学んでいることが文章から伝わります。
そして二人はそこでとどまらず、介護レクリエーションの資格も取るのです。

第三章では「認知症って?」で具体的な説明や高齢者夫婦の介護のケースが一週間のスケジュールと具体的に自己負担額も書いてあり、これから介護保険を使うひとにもわかりやすく書いてあります。

第四章では具体的に介護するさいの身体の使い方が写真つきでわかりやすく載っています。
車いすの押し方
ベッドから車いすへの移乗
ベッドから起き上がる

第五章では具体的なレクリエーションが写真付きで説明があり、QRコードでレギュラーの動画での説明をみることができます。

【感想】
私は介護福祉士の資格を持っていて普段、特別養護老人ホームでスタッフとして働いています。
基本的な事は分かっているつもりで読みましたが「介護レクリエーション」という資格があることは知りませんでした。
また、ついつい日常の介護もマンネリというか、慣れるにしたがって自己流になっていることに気が付きました。

これから介護を始める人も今、介護に携わっているひとにもおススメです。
そして、「介護レクリエーション2級」の資格をとる決意をしました。
この本に出会えて良かったです。

【目次】
まえがき
第一章 僕らが介護芸人になったわけ
第二章 認知症介護は「助ける」わけではない
第三章 レギュラーがシュミレーション
    ドクター笹岡監修「介護の手順&ケーススタディ」
第四章 レギュラーが体験するしーの先生監
    「介護 これができたら♥Happy♥」
第五章 レギュラーオリジナル認知症予防体操
あとがきにかえて~「魔法の言葉」竹書房
159ページ
2019年7月31日第1刷発行
本体価格 1700円 

著者 レギュラー
レギュラーは西川晃啓、松本康太の吉本興業東京本部所属のお笑いコンビ
「あるある探検隊」の持ちネタでブレイクした。
baseよしもとのトップ組として活躍していたが、2006年10月いっぱいでbaseを卒業し、本格的に東京進出を果たした。
共に大阪NSC21期生。いずれも京都府出身である。
(ウィキペディアより引用)

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

きのう、何食べた? よしながふみ



今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマは「おススメの美味しい本」

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時

試聴はこちらからできます。

テーマ「おススメの美味しい本」

ラジオネーム エルフィー

よしながふみ 「きのう、何食べた?」講談社

① この本のオススメどころ

ゲイカップルの話なのに、よしながふみらしくもなくそういうシーンが一切ない。
キャラクターの個性のおもしろさ。

ゲイとしては外見も好みもマイノリティーなシロさん。
わかりやすく甘えん坊でヤキモチ焼きだけどおさえるべき所はおさえるケンジ。シロさんの主婦友達の富永家の人々。
弁護士事務所の人々。
美容室の人々。
何よりインパクト強いのは、小日向さんとジルベールのカップル。
ジルベールが登場して以来、この漫画は一段とおもしろくなった。

② この本との出会い
元々よしながふみが好きなので、単行本を見たら買って読む。
ただ、こんなにおもしろいとは思わなかった。
繰り返し繰り返し読んでいます。

③ 食べ物に関する思い出
料理嫌いですが、この漫画を読んでいるといろいろ作ってみたくなる。
シロさんのレシピで、いくつか作りました。
シロさんの野球観戦弁当やお花見弁当は、母の作ってくれた運動会のお弁当を思い出します。

【あらすじ】
几帳面な弁護士・筧史朗と、人当たりの良い美容師・矢吹賢二の2人が2LDKのアパートで暮らす毎日を、食生活メインに展開する物語。
主人公2人はゲイのカップルであり、メインの食生活以外にも、ゲイが抱える諸事情や、筧家を舞台にしてゲイの息子とその両親がどう向き合うかも描かれている。
基本的に毎回一話読み切り。
登場人物たちは実際の年月の進みに合わせて年をとっていく。
キャッチフレーズは「2LDK男2人暮らし 食費、月3万円也。-ちょっと増えました-[」。

ストーリー内に於いて毎回かなりのページを史朗の調理のシーンに費やしており、それが話の本筋と密接に関わっているのが特徴。
料理のシーンもほとんどレシピ本同然の詳細な描写があり、食材や調味料の代用は何がいいかなどのアドバイスなども折り込まれている。
単行本には作品内に登場した料理のレシピも掲載されている。

ドラマも終わりました。
最終回ではお正月、シロさんの家にケンジが行き1日を過ごします。
コミックでは15巻が最新ですが、15巻の最後ではケンジのお母さんがシロさんを家に連れて来るように…というところで終わっています。
あぁ、早く16巻出ないかなぁ。

著者 よしながふみ(よしながふみ)

東京都生まれ。
代表作の『西洋骨董洋菓子店』は2002年、第26回(平成14年度)講談社漫画賞少女部門受賞。
現在、白泉社「月刊メロディ」で『大奥』を連載中。
2006年、第5回(2005年度)センス・オブ・ジェンダー賞特別賞、第10回(平成18年度)文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。

著書
『フラワー・オブ・ライフ』
『愛がなくても喰ってゆけます』
『愛すべき娘たち』
『こどもの体温』など。

青森ドロップキッカーズ 森沢明夫

「休みたいときは休んで、またやりたくなったらやればいいの。人生は行雲流水。自由なんだよ」by 桃子

カーラーは、不当に勝なら、むしろ負けを選ぶ
カーラーは、ルール違反をしたとき、自ら申告をする
カーラーは、思いやりを持ち、常に高潔である

カーラー…カーリングをやる選手

おススメ度
★★★★
スポーツ好き、エンタメ小説が好きな人におススメです。

【あらすじ】
青森市スポーツ会館の多目的運動場は冬の間、カーリング専用のホールになる。
沢井柚香と妹の陽香は青森の女子カーリング界のホープ。
長野県から日本のトップレベルの選手を二人招き入れて強いチームを作ろうと青森県カーリング協会が計画している。
その白羽の矢が立ったのが沢井姉妹だったのだ。

今、コンビを組んでいる先輩の選手とは決裂してしまい、新しく組んだ金城と金田とはスパルタでしごかれ、上手くコミュニケーションが取れずにチームはギクシャクしている。
気持ちが凹んでいる中、姉妹は初心者向けのカーリング体験の指導員をすることになった。

そこに参加している一人の中学生、苗場宏海はカーリング体験で組んだチームで優勝した。
宏海は学校ではいじめられていて、クラスの皆も誰も話しかけてこなかった。
そんな時に参加したカーリング体験でハマって毎日の様にスポーツ会館に通うようになった。
進学をカーリング部がある高校に決め、ブラシも柚香からお古(と言ってもメーカー品)をもらい受け、学校での日々は変わらずとも宏海は目標ができ日々、カーリングの事を考えていた。
ある日、もらったブラシを持って自主練をしようと近くの公園に行くと、いじめている奴らとバッタリ会ってしまい、ボコボコにされた上、カーリングのブラシを折られてしまう。
その上、財布を取られそうになり、幼なじみだった雄大がいじめのリーダー格の猪瀬に反撃をしたのだ。
雄大と宏海は猪瀬達に反撃したものの二人ともボコボコになったが財布は死守した。
昔の関係に戻った二人。
そして雄大もカーリングを始めたのだ。

一方、沢井姉妹は練習の成果もあり、カーリングの技術が上達していき、少しずつではあるがスパルタゴールデンコンビの二人ともコミュニケーションが取れてきた。
「みちのくカーリング選手権大会」にエントリーし、決勝戦までやってきた。
最終エンド、柚香達のチームの攻撃。
この一打で2点入れ投げれば負けてしまう。
金城の正確なショットが放たれるが金田の指示は「イエス(スイーピング…ブラシで氷をこすってストーンの速度を上げる)」柚香はこのままで十分だと反応して、スイーピングしなかった。
金田が必死で「イエーーーース」と絶叫する。
スイーピングしない柚香。
スピードがありすぎると自分たちのストーンをはじき出してしまう。
どちらの判断が正しいのか…。
試合の結末は???

【感想】
スポーツエンタメ小説です。
カーリングという競技に魅せられた、沢井姉妹に中学生の宏海が主役です。
宏海を通して、学校と家以外の自分が夢中になれる場所があること。
そこには人と関わることができること。
カーリングと出会って宏海は学校での立ち位置も変わってきます。

柚香と陽香の姉妹は試合に勝つ競技としてカーリングをしているので、楽しいことばかりではありません。
辛いことや不甲斐ない自分を責めることもあります。
カーリングという競技を通して葛藤と成長が描かれています。

試合展開では「えっ、そこは…」などついつい感情移入して読んでしまいました。

小学館文庫
309ページ
2010年2月6日第1刷発行
本体価格 620円
電子書籍あり

【目次】
コイントス  苗場多恵
第1エンド 岡島新平
第2エンド 苗場宏海
第3エンド 沢井柚香
第4エンド 苗場宏海
第5エンド 沢井柚香
第6エンド 苗場宏海
第7エンド 沢井柚香
第8エンド 苗場宏海
第9エンド 沢井柚香
第10エンド  苗場宏海
エキストラエンド 沢井柚香
あとがき

著者 森沢明夫
小説家。1969年、千葉県生まれ。
早稲田大学卒業。
日韓でベストセラーとなった『虹の岬の喫茶店』が吉永小百合主演「ふしぎな岬の物語」として映画化された他、有村架純主演「夏美のホタル」、高倉健主演「あなたへ」など、話題の映画やテレビドラマの原作を多く手がけている。
著書
『水曜日の手紙』
『雨上がりの川』
『キッチン風見鶏』など

森沢明夫 ツイッター

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

モモ ミヒャエル・エンデ

今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマは「上半期に読んだ、私のおススメ本」

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時

試聴はこちらからできます。

https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/06/7-4_honsuki-club_20190619.mp3

ラジオネーム ナンさん

ミヒャエル・エンデ「モモ」
岩波少年文庫
409ページ
2005年6月16日
本体価格 800円
電子書籍あり

① この本のおすすめどころ
原作は知らなくても時間泥棒と言うのは皆さんが知っている程、時間をテーマにしている本作。

時間の大切さや無駄な時間と思っていた事でも過去を振り返ってみると、とても貴重な宝石の煌めきを持った時間だと言う事が分かります。
大人になって読むと時間をお金と言い換えると時間泥棒が如何に貴重なお金を奪って行ってしまったのか考えさせられます。

また、主人公モモの生い立ちが浮浪児で傾聴の達人であるって言った設定が、どんなに不幸な生い立ちでも。
人間は特技の一つだけでも持っている事と差別せずに他人から聞く姿勢と歩みを止めなければ、一時的に苦しくても人は素晴らしい人生を歩めると言う事を言っているのかなと。

② この本との出会い
自分が小学生の頃に虐めに遭っていた頃に出会い。
この作品と同じ作者のネバーエンディングストーリー共々勇気と希望を与えてくれました。
それと例え異世界に飛ばされ無くても現実にたった1人の友達しか居なくても世界は広くて素晴らしく。
必ず受け入れてくれる世界や仲間がいる事を教えてくれたのもモモやネバーエンディングストーリーでした。

③ 今年一番の出来事
30年ぶりに幼馴染達と外タレのコンサートに行く事になった事でしょうかね。
苦しい時や悲しい時、嬉しい時も共にいた事を感謝していますよ。
人生の所々に彼等が居てくれた事でまだ生きていられるから。

【あらすじ】
とある街に現れた「時間貯蓄銀行」と称する灰色の男たちによって人々から時間が盗まれてしまい、皆の心から余裕が消えてしまう。
しかし貧しくとも友人の話に耳を傾け、その人に自信をとりもどさせてくれる不思議な力を持つ少女モモが、冒険のなかで、奪われた時間を取り戻すというストーリー。

著者 ミヒャエル・エンデ,

1929‐1995。
南ドイツのガルミッシュに生まれる。
父は、画家のエトガー・エンデ。
高等学校で演劇を学んだのち、ミュンヘンの劇場で舞台監督をつとめ、映画評論なども執筆する。
1960年に『ジム・ボタンの機関車大旅行』を出版、翌年、ドイツ児童図書賞を受賞。
1970年にイタリアへ移住し、『モモ』『はてしない物語』などの作品を発表。