「家庭教師は知っている」 青柳碧人

「子どもが守られるのは、運によってではいけない」by 原田

休みの日に「面白い本があるかなぁ」と思って
入った書店で出会った本です。
著者の青柳碧人さんは「むかしむかしあるところに死体がありました」
を読んで、発想が面白いと思ったので購入しました。
大好きなミステリー小説だったこともあります。

主な登場人物

原田保典…(株)SCIデュケーション 家庭教師派遣会社主任
沼尻室長…原田の上司
清遠初美…原田の後輩、新人職員
リサ…女子高生、原田の部屋に入り浸っている

気になる家庭を訪れる原田

原田は家庭教師派遣会社の主任。
家庭教師の大学生の面談を行い、気になる家庭を訪問。
虐待の可能性がないか調査する。

以前に虐待の現場を発見し通報した社員の働きをきっかけに
児童相談所から協力を要請される。
会社の上層部は会社のイメージアップもあり
協力を惜しまず、各教室に「訪問担当」を設置する。
原田もその一人。

現場の多くの職員は、この決定に否定的。
原田の上司、沼尻もその一人。
「子どもの勉強以外のプライベートに立ち入られて
嬉しい保護者なんていない。顧客を失う」が自論。

高校生リサの存在

原田の家に入り浸っているリサ。
リサが酔っ払いに絡まれている所を原田に助けられる。
それ以来、原田の家に入り食事を作っている。
原田は家庭訪問先の話をなんとなくリサにし、
リサの何気ない一言でその家の闇に気付くのだった。

原田のトラウマ

大学4回生で卒論を自宅で書いていた時の事。
マンションの2階に原田の部屋から、向かいの家が見える。
昼の3時頃になると男性の怒号が聞こえてくるのだ。

ある日いつもより大きな声が向かいの家から聞こえてくるので
窓を開けると、向かいの家も窓が開いていた。
あざだらけの女の子と目が合う原田。
女の子は父親に引きずられて見えなくなってしまった。
その家には手作り雪だるまの人形があった。
紺色のシルクハットに黄色いマフラー
尖りすぎたニンジンの鼻に赤い二つの目。

原田は次の日から卒論を大学で書くようになった。
少女を助けられなかった負い目が
原田の心を縛り付けていた。

新人職員 清遠初美

以前原田が虐待されている子どもを保護した記事を読み
原田に憧れてSCIデュケーションに就職した初美。
原田に家庭訪問の同行を願いで、食事にも誘う。
単なる憧れだけではなく、原田に好意がある素振りを見せる。

あのぬいぐるみが…

大学生、日比野照之が原田に面談を申し込んできた。
小学年生の博を担当している。
日比野が博の家を訪ねると、女装した博が居た。
自分がトランスジェンダーであることをカミングアウトする。

勉強を見ている時に博の足首に輪をはめた様に赤くなり
所々、かさぶたになっているのに気付く。
傷の事を聞くと博は「いい子じゃなかったから…」
日比野は博が父親から虐待されているのではないかと疑い
原田に打ち明けたのだった。

原田が博の家を訪問すると父親の丈一郎が迎えた。
博の両親は離婚しており、父親との二人暮らし。
丈一郎は博の部屋に案内し、寝相が悪くてベッドから落ちるのを
防ぐために足に手錠をしていると説明される。
その後、丈一郎はスクールカウンセラーで息子の話より
自分の仕事の話を延々と続ける。

原田がふと部屋の飾り暖炉に目を向けると
そこには、あの忌まわしい雪だるまの人形があった。
何故、この家にあの人形が…。
原田の頭は混乱する。

【感想】

本のカバーに大まかなあらすじが載っています。
最後に「驚愕のラストが待ち受ける」の一文があり
どこが驚愕のラストなのか…と予想しながら読みました。

女子高生リサは予想通りでしたが、ラストは本当に
「そこか!? マジか~~~~っ」
青柳さんにやられました。
さすが早稲田大学クイズ研究会OB !!

本書は連作短編集となっています。
4つの家を訪問していくなかで
原田の抱えるトラウマ
女子高生リサとの出会い
新人職員、清遠初美との距離感
などが書かれていて長編としても楽しめます。

この本を書くにあたって、どのような取材をしたのかはわかりませんが
大人のフラストレーションのはけ口が我が子に向かう。
人に知られてはならないこと…悪い事と自覚しているので隠す。
子どもは親を庇う。

ふと思ったのですが、虐待をしている親は他人が家に入られることを
拒むのではないだろうか??
家庭教師を頼むのだろうか??
そんな素朴な疑問が湧きました。

【目次】
鳥籠のある家
逆さ面の家
祖母の多い家
蠅の飛ぶ家
雪だるまのあった家
エピローグ

284ページ
2019年3月25日第1刷発行
集英社文庫
本体価格 620円

著者 青柳碧人
1980(昭和55)年、千葉県生れ。
早稲田大学教育学部卒業。
早稲田大学クイズ研究会OB。
2009(平成21)年、「浜村渚の計算ノート」で「講談社 Birth」小説部門を受賞し、デビュー。
小説執筆だけでなく漫画原作も手がけている。

著書
「浜村渚の計算ノート」シリーズ
「ヘンたて」シリーズ
「朧月市役所妖怪課」シリーズ
「西川麻子は地理が好き。」シリーズ
「ブタカン!」シリーズ
「彩菊あやかし算法帖」シリーズ
「猫河原家の人びと」シリーズ
『むかしむかしあるところに、死体がありました。』など

ショパンの心臓 青谷真未

「あの絵は、俺にとって“ショパンの心臓”なのだ」by 村山

【あらすじ】

羽山健太は大学を卒業したばかり。
在学中に就職が決まらず、母親に叱られ再び就職活動を始める。
会社面接に行った帰りにふと目に留まった木彫りの仮面。
看板には「よろず美術探偵」とある。

「何か気になるものでもあったかな?」
店主の南雲に声をかけられ、従業員も募集していると聞き
とりあえず健太はバイトとして働き始める。

健太がこれまで就職出来なかった理由の一つに
面接前に会社の概要を一切読まなかったことにもある。
文章を読むことが苦手なのだ。

「よろず美術探偵」に一人の客が来る。
美術館に勤務している立花貴和子。
用件は画家の村山光雄が生前に「ショパンの心臓」と称していた絵を探して欲しいとのことだった。
南雲はこの案件を健太に任せると公言する。

貴和子自身が集めた資料を持ち帰った健太。
しかし資料を読めず「ショパンの心臓」をネット検索するとヒットした。
ショパンはパリで亡くなったが心臓だけは遺言で故郷のポーランド、ワルシャワの教会にある。
そこから村山が言う「ショパンの心臓」はある絵の一部ではないかと仮説を立てる。

仮説は立てたもののどこから手をつけて良いかわからず健太は、とりあえず貴和子の勤める美術館に行き村山光雄の絵を見せてもらおうと思いつき美術館まで行く。
アポイントも取らずいきなり現れた健太にあきれながらも数点の絵を見ることができた。

あらためて資料を読み始めると村山の絵がデパートの美術画廊に出展することになり、そこで絵が無断で切断されてしまい、激怒した村山は以後どの画廊にも絵を貸すことはなかったという記述を見つける。

健太は藤橘屋デパートの本店が山形にあることを調べ、現地に調査に行くことを決める。
店長の南雲からも承認を得、意気揚々と山形に向かう健太。
藤橘屋デパートで画廊コーナーは無くフロアマネージャーに村山の絵の事を聞くが、今は一枚も無く、何の情報も得られなかった。

南雲からはきちんとした報告書でなければ、出張費は自費になると言われ慌てる健太。
「ショパンの心臓」の絵は見つかるのか???

【感想】
この小説では読んでいて不甲斐ない健太の成長記の様で実は、一枚の絵を通して3組の親子が描かれています。
村山光雄と父親
立花貴和子と父親
羽山健太と両親
親が子に向ける愛情が額面通りに子に受け取られることは無いことをあらためて感じさせられます。
親が子を思う気持ちがありながらも、表現方法を間違えると誤解が生じてしまいます。

もう一つのキーワードは「出自」
このことで人の一生が左右されることが語られています。

最初の書き出しと書かれているテーマとのギャップがこの作品の面白さです。

ポプラ文庫
285ページ
2019年1月4日第1刷発行
本体価格 660円
電子書籍あり

著者 青谷真未
東京都出身。
『鹿乃江さんの左手』で第二回ポプラ社小説新人賞・特別賞を受賞し、銅座区でデビュー。
『ショパンの心臓』(ポプラ社)や『君の嘘と、やさしい死神』(ポプラ文庫ピュアフル)など、ミステリから青春者まで多彩な表現力で注目を集めている。

著書
「となりのもののけさん」
「神のきまぐれ珈琲店」
「夏の桜の満開の下」など

キリングクラブ 石川智健

「社会を支配するサイコパスになるか、自滅するサイコパスになるかは、簡単に言えばコントロールできるか否かにかかっている」

【あらすじ】
フリーライターの藍子は友人の千沙から、アルバイトの話を持ちかけられる。
千代田区にある秘密のクラブの給仕。
時給二万円。
危ない仕事だと思いつつ、フリーライターの性かその仕事に興味を持つ。

翌日、待ち合わせの場所に行くと千沙とダブルスーツを来た男が立っていた。
クラブの名前は「キリングクラブ」
キリングには、人殺しという意味と大儲けという意味がある。
このクラブは選ばれた成功者が集うサロン。
世の中を動かす側の人間が…それも成功したサイコパスがあらゆる甘美を享受し金を落としていくところなのだ。

彼らは怖いもの知らずで自信家で、カリスマ性と非情性を持ち合わせて、一点に集中できる存在である。
自身がサイコパスであることを僥倖だとさえ考えているのだ。
キリングクラブの会員が一人、また一人と死体となっていく。

一人目はジャーナリストの青柳祐介。
二人目は仮想通貨の取引所を経営する高瀬和彦。
三人目は弁護士の中里真吾。
どの死体も開頭され扁桃体が切除されていた。

キリングクラブで面倒なことが起こると始末をする黒服の辻町は現職の刑事だ。
辻町がキリングクラブで黒服を勤めていることは警察の上層部も知っている。
藍子と辻町は会員の死について調べ始める。
容疑者の選定をする…それはキリングクラブが決めたことだった。
猟奇殺人の犯人は一体誰なのか!?

【感想】
えっ???
そうなん???
犯人は…だったの???
後半急展開になります。
あまり伏線はありません。
あったのかもしれませんが、読み取れなくて急転直下でした(笑)

リアルな殺人の描写は無いので、グロいのが苦手な方も安心して(?)読めます。
章ごとに主人公は被害者になるので、連作短編集を読んでいる感じがあります。
千代田区の地下にあるキリングクラブ。
実在しているかもしれません。

小説に出てくるキリングクラブに通うのは男性達。
接待するいわゆるホステスは女性達。
成功した男性ってこういう秘密めいたクラブに所属することがステータスなんだろうか??
なんだか設定は昭和でレトロ感があります。

おススメ度
★★★ 

【目次】
第一章 キリングクラブ
第二章 経営者
第三章 弁護士
第四章 脳外科医
第五章 フリーライター
第六章 刑事
最終章 蛾

幻冬舎
389ページ
2019年2月5日第1刷発行
本体価格 1600円
電子書籍あり

著者 石川智健
1985年神奈川県生まれ。
兼業作家。
大学時代にアレクサンドル・デュマの作品と出会い作家を志す。
2011年、『グレイメン』で第2回ゴールデン・エレファント賞大賞を受賞。
2012年、同作で小説家デビュー。

著書
「法廷外弁護士・相楽圭 はじまりはモヒートで」
「小鳥冬馬の心像」
「ため息に溺れる」
「20 誤判対策室」など石川智健 ツイッター

死神刑事 大倉崇裕

「逃げ得は許さない。それが私のモットーでして」by 儀藤

【あらすじ】
 警視庁の離れ小島と噂される奥多摩の第三駐在所に勤務する榎田悟は警察学校を2年前に卒業した警察官。
毎日事件もなく住人の大半は高齢者。
荷物を持って駐在所の前を通る高齢者が居れば、自宅まで荷物を運ぶのが榎田の仕事である。

上司の小野寺は後2年で定年のベテラン巡査部長。
小野寺は身長187cm体重95kgの榎田に向かって「宝の持ち腐れだよ」と言い放つ。
榎田は練習では無敵だが試合になると勝てない、ガラスのハートの持ち主だった。

前任の所轄で痴漢をした被疑者・正岡を交番にまで連れて行った。
正岡は起訴されたが最後まで否認。
つい最近、再審で無罪が確定した。

ある日、「警視庁の方からきた儀藤堅忍警部補」が榎田を訪ねてくる。
儀藤は警察署員から「死神」と呼ばれる所属が無く、無罪が確定すると真犯人を求めて単独で再捜査を始める。
相棒には事件に関わった警察官を指名するのだ。
「死神」と呼ばれる所以は、警察にとっての黒星である無罪判決の再捜査に協力した警官は組織の中で信頼を失い生きていけない…。
そんな噂がまことしやかに流れているのだ。

儀藤は榎田を連れて、痴漢事件の関係者一人ひとりにあって話を聞いていく。
被害者の由希子、周りに居た小田氏、桶島氏、女性の菅氏と栗林氏。
被害者の弁護士の東氏、由希子の義父。
調べていくうちに他にも小柄な男がいたことが判明する。
あらゆる可能性を考える榎田は自分自身に吐き気がしそうだった。
そんな榎田に儀藤は耐えて正面から向き合うことを伝える。
それができない榎田に欠けているものは「怒り」でという事も。

真相に近づき事態は動き出す。
真犯人は一体誰なのか?
榎田は死神儀藤によって警察を追われるのか?

【感想】
儀藤はどこにも属さない「警視庁の方から」きた警部補です。
いざとなれば「そんな奴はウチには居ない」と一笑される存在。
そのあたりが「死神」と呼ばれる所以なのかもしれません。

地味で小太りで頭髪は薄く、黒縁の丸メガネ―銀行員か保険の外交員の様な風貌で死神らしくありません。
ところが手がけた事件は必ず真犯人を突き止め、相棒に指名した警察官を再生させます。

組織を重んじる警察組織において、珍しい主人公です。
少し「相棒」の右京さんを意識しているのかな?
と思わせる言い回しなどもありました。

重厚な刑事ものやハードボイルド系が好きな方にはちょっと物足りないかもしれません。
短編なので読みやすく、推理の部分が多いので警察小説が初めての人や軽めの推理ものが好きな人にはおススメです。
表紙と内容にはギャップがあります(笑)
著者の紹介を読んで、名探偵コナンの「から紅の恋歌」の脚本を担当と知り納得しました。

【目次】
死神の目
死神の手
死神の顔
死神の背中

幻冬舎
285ページ
2018年9月18日第1刷発行
本体価格 1700円
電子書籍あり

著者 大倉崇裕
1968年、京都府生まれ。
学習院大学法学部卒業。
1997年、「三人目の幽霊」で第4回創元推理短編賞佳作。
1998年、「ツール&ストール」で第20回小説推理新人賞を受賞。
本格ミステリを主戦場に活躍し、「福家警部補」シリーズ、「警視庁いきもの係」シリーズは映像化され人気を博している。
自らも映像に関わり2017年公開の劇場版「名探偵コナン から紅の恋歌」では脚本を執筆、映画は同年の邦画でナンバーワンの興行収入を達成した。

著書
「福家警部補の挨拶」
「やさしい死神」
「オチケン !」など多数