木星買います   アイザック・アシモフ

今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマは「雨」

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時半
「ホンスキー倶楽部」

試聴はこちらから(紹介した本の放送日です)
https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/05/6-3_honsuki-club_20190520mp3.mp3

アイザック・アシモフ「木星買います」に収録「雨、雨、向こうへ行け」ハヤカワ文庫
ラジオネーム 京都のよっしー

① この本のオススメどころ
隣家に引っ越してきた家族は、人づきあいが悪く、そしてなぜか雨を極度に怖れて閉じこもりがちな奇妙な人々だった。

少しでもお近づきになりたい主人公の家族は、互いの子供をダシに、なんとか彼らをピクニックに誘い出すが、そのピクニックの最中にも携帯しているアネロイド気圧計の針を気にしながら、しょっちゅう空を見上げてはソワソワと落ち着かない隣家の家族たち。

運悪く今にも雨が降りそうな空模様になってきたため、恐慌状態で逃げるように家路につき、家の前で挨拶もそこそこに車から飛び出して玄関へと走り出す彼ら。
そこにとうとう雨が降り出して…

ショートショートなので、ここまで話すとあとはオチだけなんですが、手軽に読めるボリュームと「あーーーーっ」となる、おかしみと憐れみと悲しみがないまぜになったようなオチがオススメどころです。
個人的には、「世にも奇妙な物語」の一編として映像化してほしいくらいです。

注:私ごとですが、今住んでいる家が狭いことと、読み終えた本でも売ったり人にあげたりせずに持っておきたい派であることから、ほとんどの蔵書は田舎の実家の本棚に置いており、現在すぐ手元にはありません。
なので、前述のストーリーも記憶をたどって書き連ねており、一部不正確かもしれませんがご容赦ください。

あと、ネットでレビューを読んでると、この話を含む短編集の評判、あまりよくなかったのが、ちとショックでした。

② この本との出会い
「わたしはロボット」をはじめとする一連のロボットSFが好きで、アシモフの作品は何冊か買って読みましたが、そのうちの一冊である「木星買います」という短編集(ショートショート集)に収録されている一編でした。

③ 雨の思い出
ズバリ、初めて付き合った彼女との相合傘です。

付き合い出してすぐくらいのデートの帰り道、どしゃ降りではないけれど小雨と言えるほどでもない雨が降り出して、最初は僕が差した傘の下で、彼女が左、僕が右側で肩を並べて歩いてました。

その時、傘を持ってたのは僕の左手です。わかりますか?
つまり、あたかも、いとはんに傘を差し掛ける丁稚どんの姿です。
ハッキリ言ってよそよそしい。

ここから彼女の肩に手を回したかったら、
①右手に傘を持ち替えて、
②左手をフリーにする、
③フリーになった左手を彼女の肩にまわす、
の3ステップが必要なんですが、この一連のステップをどうやったら「さりげなく」できるか、僕の灰色の脳細胞が目まぐるしく回転し始めました。

とはいえ、どう思い悩んだところで、やったこともないことを「さりげなく」「スマート」にこなすことができるわけもなく、結局は「えいやっ!」の思い切りだけで、かなりぎごちなかっと思いますが、彼女の肩に手を回すことに成功。
それからはずっとそのままの体勢で歩きました(肩に手を回したら回したで、今度は離すタイミングがわからんかった笑)。

著者 アイザック・アシモフ
1920.1.2 – 1992.4.6
米国のSF作家,生化学者。
ロシアのスモレンスクに近いペトロビッチ生まれ。
コロンビア大学[’39年]卒。
別名フレンチ ポール。
1923年渡米し、’28年帰化。
ボストン大学で生化学者として核酸の研究に専念する。
また、「ロボット工学の三原則」を提唱し、ロボット・テーマのSF小説を書く。
世界SF大会でヒューゴー賞受賞。
「アイザック・アシモフズ SFマガジン」を創刊して、精力的な活動を続ける。


「ロボット三原則」
第一法則:ロボットは人間に危害を加えてはならない.またその危険を見過ごすことによって,人間に危害を及ぼしてはならない.

第二法則:ロボットは人間に与えられた命令に服従しなくてはならない.ただし,与えられた命令が第一法則に反する場合はこの限りではない.

第三法則:ロボットは前掲の第一法則,第二法則に反するおそれのない限り,自己を守らなければならない.

この三法則(三原則)は,1950年にアシモフが執筆した『われはロボット』の扉に記されている.後にアシモフは,この三法則に先立つものとして第零法則を提示した.すなわち下記のようなものである.

第零法則:ロボットは人類に危害を加えてはならない.またその危険を看過することによって,人間に危害を及ぼしてはならない.

その結果として,第一法則は下記のように変更を受けた.
新しい第一法則:ロボットは人間に危害を加えてはならない.またその危険を看過することによって,人間に危害を及ぼしてはならない.ただし,第零法則に反する場合はこの限りではない。
(コトバンクより引用) 


ラジオ「ホンスキー倶楽部」にコメントが来たよ

「本や作者の豆知識をたくさんご紹介いただいた上、ぐーりんさんの心の話まで聞けて泣きそうになりました」

2年前にこのブログでインターネットラジオゆめのたね放送局「ホンスキー倶楽部」のパーソナリティを始めた訳を書きました。

パーソナリティを始めて約3年。
どれだけの人に聞いてもらえているのかはわかりませんが、
いつもテーマに沿って投稿してくれる本好き(ここではホンスキーと呼びます)のリスナーさんによって支えられています。

先日以下のようなコメントを頂きました。

ぐーりんさん、こんばんは!

ずっとラジオが聞けなかったけど、久しぶりにホームページを見たら5/26分のラジオ番組が視聴できるようになっていて、感動しました。
ありがとうございます!

ずっと放送が聴けずに悲しい気持ちでした、感謝です
ブログにラジオ視聴を張り付けてお知らせしたら、友人がとても良い番組だと誉めてくれました♪

かおる文庫の紹介でも、本や作者の豆知識をたくさんご紹介いただいた上、ぐーりんさんの心の話まで聞けて泣きそうになりました。

これからも応援してます!
もっと番組紹介もがんばりますね。

このコメントは毎週第2週と第4週におススメ本を紹介する
「かおる文庫のおすすめブックコーナー」のかーるさんです。

彼女は自分のブログで私のラジオの音源を張り付けて宣伝してくれたのです。
その音源はこちら

5月28日放送 ホンスキー倶楽部


このブログもそうですが、「本が好き」
「一人でも多くの人に読書の楽しさを知って欲しい」
「ホンスキーのステキなレビューをいろんな人に知って欲しい」
「小さな町の本屋がつぶれないで欲しい」
そんな思いで続けています。

ラジオでは本の内容から私自身の生い立ちや子育てのことなど、フリートークもしています。
標準語と大阪弁が入り混じり、思い込んでの読み間違えもあり楽しんで頂けると思います。

毎週日曜日午前11時~11時半
インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネルで放送中です。

このブログの固定ページには、過去の放送音源(アーカイブ)のURLを載せています。
クリックすると聴くことができるので、一度聴いてみてください(*^^*)

三本足(トリポッド)シリーズ ジョン・クリストファー

今回は5月5日に放送したラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマは「子ども」

京都府 ラジオネーム 京都のよっしー

ジョン・クリストファー「三本足シリーズ」 ハヤカワ文庫

① この本のオススメどころ
トリポッドと呼ばれる、三本足の巨大な機械兵器を操る異星人の襲来によって地球が征服されてから、100年ほどが経った近未来。
かつて栄華を誇った科学文明は廃れ、人々は中世に戻ったような暮らしを送っていました。

子供たちはある程度の年齢に達すると、「戴帽式(たいぼうしき)」という儀式に参加して「頭の輪(キャップ)」というメッシュ状の金具を頭皮に埋め込まれます。
これにより、何の疑問も抱かず盲目的に異星人に服従するようになってしまうのです。

そんな人類の危機的状況の中、一部の大人たちと、まだ戴帽式を迎えていない少年たちが異星人へのレジスタンスを組織して、人類を救うために立ち上がって戦うというのが大まかなストーリーです。

主人公の少年ウィルとその仲間がレジスタンスとの合流を目指して旅をする、ロードムービー的要素の濃い第一部。

選ばれし少年たちが、異星人が住む巨大なドーム型の都市へ異星人の奴隷として潜入し、過酷な環境の中で異星人の弱点を探ることを主としたスパイ活動をおこなう第二部。

そしてそのスパイ活動によって、また異星人の捕虜から得た情報と、かつての科学文明の遺産である兵器を武器に、人類が異星人との起死回生(きしかいせい)の一大決戦に挑む第三部からなる三部作のジュブナイルSFで、全体を通してはもちろんのこと、一作一作が個別でも面白く、胸を熱くさせてくれるというのがオススメどころです。

初めて読んだ当時は、ウィルと仲間たちとは同い歳とはいかないまでも、そんなに歳が離れていないこともあり、余計に引き込まれ繰り返し繰り返し読み耽りました。

② この本との出会い
小学生の頃に購読していた、学研の「学習」か「科学」のどちらかで、第一部の「鋼鉄の巨人」が紹介されていて、そのあらすじと、トリポッドの触手に捕らえられ逆さ吊りとなった少年を描いたショッキングなカバーイラストに惹かれて、親にねだって三部作を一年ほどかけて買い揃えてもらいました。

当時は学研から「鋼鉄の巨人」、「銀河系の征服者」、「もえる黄金都市」が「三本足シリーズ」として出版されていました。

それが今から15年ほど前に、異星人の襲来当時の状況を描いた新作と、既存の三部作を合わせた「トリポッドシリーズ」四部作として、ハヤカワ文庫から新訳文庫が刊行され、小学生以来20年以上の時を経て、再び買い揃えて読むことができました。
残念ながら、現在では学研版、ハヤカワ文庫版とも絶版となっており、古本屋か図書館で探すしかないようです。

③ 子どもの頃の思い出
小学一年で江戸川乱歩の「怪人二十面相」と出会って以来、今と変わらずミステリーとSFをこよなく愛するホンスキー少年でした。

読み始めた本は途中でやめることができず一気読みする子で、両親からは「あんたは本読んでたら返事もせえへん」、「あんたは、もう人が死ぬ本ばっかり読んで」と半ば呆れられつつも、少し嬉しそうに言われたものです。

スポーツでは、映画「スターウォーズ」のライトセーバーのかっこよさに憧れ、小学三年から中学まで剣道をやってました。
あと野球のリトルリーグはなかったものの、地元に少年ソフトボールのチームがあり、こちらも小学三年から六年まで「4番ファースト(つまりそこそこ打つけど守備はヘタクソ)」でやってました。


著者 ジョン・クリストファー
本名サミュエル・ヨード。
1922年イギリスのランカシャー生まれ。
少年時代は南部ハンプシャーの州都ウィンチェスターですごす。
第二次世界大戦で軍役についたあと、1949年にC・S・ヨード名義で処女長篇を出版。その後、少年時代に熱中していたSFの短篇を、ジョン・クリストファー名義で書きはじめる。
1956年に発表した『草の死』で一躍脚光を浴び、ジョン・ウインダムの後継者と高く評価される。
1960年代の半ばから子ども向けの作品を書きはじめ、カーネギー賞の候補にもなった「トリポッド」シリーズが大評判となり、児童文学作家として第二の名声を得た。
2012年永眠。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。


なずな 堀江敏幸

今回は5月12日放送のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。

兵庫県 ラジオネーム かのんパパ
堀江敏幸「なずな」集英社

① この本のオススメどころ
この育児小説は、四十代独身の新聞記者である男性が、生後二ヶ月の赤ん坊の世話をすることになった体験を綴っています。

ミルクを作り、飲ませ、げっぷを出させ、一瞬いっしゅんの成長に感動し、小さな変化に戸惑う。
赤ちゃんに対するすべての描写が味わい深く愛しかったです。

「小さな子どもがひとり身近にやってきただけで、ものごとを見る心の寸法は変わってしまうのだ」とは、その通りだと思いました。

これから子育てをする人も、かつて子育てに奮闘した人にもオススメです。

② この本との出会い
今は閉店してしまった、Futaba+神戸マルイ店の店主さんが、閉店翌日ささやかな打ち上げと称して冷麺屋に来て下さった際、今から3年半前、一週間後に出産を控えたわが娘の誕生を祝ってプレゼントしてくれました。
ちなみに、その店主さんは、今は京都・一乗寺の恵文社さんで、後継ぎをされています。

③ 子どもの頃の思い出
自分の幼少期の記憶があまりないので、娘のカノンの、生まれる前の記憶についてお話します。半年前、娘が3歳になった時に聞いてみました。

「カノンちゃんは、こうやって飛行機みたいに飛んでたんだよ」
「真っ暗な階段に並んでて、ちょっと怖かったの」
「ママのお腹のなかは、お風呂みたいに温かくて何か赤と黒と黄色だった」

3歳の証言。リアルでも創作でも、ビックリですよね。

【あらすじ】
新聞記者の私はやむない事情から弟夫婦の子、なずなを預かることになった。
四十代半ば独身の私にとっては、生後二ヶ月の赤ん坊を相手にミルクをあげるのもおむつを替えるのも未知の体験。
何気ない仕草や発声に様々な発見をしながら、ジンゴロ先生や友栄さんら周囲の温かい人々に見守られて、私はなずなとの暮らしを始める。
生命の瑞々しさに溢れた育児小説。
第23回伊藤整文学賞受賞作。

集英社文庫
464ページ
2014年11月20日第1刷発行
本体価格 740円


著者 堀江敏幸
1964(昭和39)年、岐阜県生れ。
1999(平成11)年『おぱらばん』で三島由紀夫賞、
2001年「熊の敷石」で芥川賞、
2003年「スタンス・ドット」で川端康成文学賞、
2012年『なずな』で伊藤整文学賞、ほか受賞多数。

著書
『郊外へ』
『いつか王子駅で』
『めぐらし屋』
『バン・マリーへの手紙』など多数

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。


季節風 春  重松清

今回紹介する本は、ラジオ「ホンスキー倶楽部」のコーナー
北海道在住のブックコーディネーター、かーるさんによる選書
「かおる文庫のおすすめブックコーナー」からの1冊です。

季節風 春
重松清

◎あらすじ
美しい四季と移り行く人の心をテーマにした短編集「季節風」シリーズの春の物語。
12編の小さな春が心に温かい風を吹かせます。

◎みどころ
春は様々な形で人生に訪れます。
新しく始まること、否応なく変わること。
そして過ぎ去った季節が思い出となり、美しく今を彩ることもあるのです。
・古いひな人形から思い出す母のやさしい面影と新しい春を描く「めぐりびな」
・土の香りから甦るほろ苦い少年時代とよもぎだんごの思い出を描く
「よもぎ苦いか、しょっぱいか」
・嫁ぐ娘に贈る、夫婦の子育ての葛藤を描いた父の手紙「ツバメ記念日」
など、心ゆさぶる春の記憶を綴った12の短編集です。

思い出から呼び起こされる、香り、色、感触、味わいが感情に結びつき、温かい気持ちでほろりと泣きたくなります。
新しい小説ではありませんが、ぜひシリーズで読んでみてほしいです。


文藝春秋
328ページ
2010年12月3日第1刷発行
本体価格 555円
電子書籍あり

著者 重松清
1963(昭和38)年、岡山県生れ。
出版社勤務を経て執筆活動に入る。
1991(平成3)年『ビフォア・ラン』でデビュー。
1999年『ナイフ』で坪田譲治文学賞、同年『エイジ』で山本周五郎賞を受賞。2001年『ビタミンF』で直木賞、2010年『十字架』で吉川英治文学賞、2014年『ゼツメツ少年』で毎日出版文化賞を受賞。
現代の家族を描くことを大きなテーマとし、話題作を次々に発表している。

著書
『流星ワゴン』
『疾走』
『その日のまえに』
『きみの友だち』』など多数。

春や春 森谷明子

今回紹介するのは、4月14日放送のラジオで紹介した本です。
テーマは「春」

大阪府 ラジオネーム 四十路の働き蜂
森谷明子 「春や春」 光文社文庫

① おすすめどころ

なんといっても 高校生の俳句への情熱と、俳句甲子園の白熱した戦いだと思います。
この物語は、女子高生が俳句同好会を立ち上げ、俳句甲子園で全国大会出場に至るまでの約3ヶ月を描いています。
主な登場人物 は、句作をする俳句初心者の5人のメンバー、作るのは苦手だから…と大会出場の準備や対戦相手の分析をするマネージャー兼策士的存在の女子高生、そして顧問や国語教師などの3人の先生方が出てきます。

メンバー探しの苦労や淡い恋といった、青春モノにありがちなエピソードはありますが、それを超えてしまうくらいの俳句への情熱に溢れているのです。
言葉の響き、リズム感
漢字と仮名のバランス…
17音の日本語に真剣に向き合って作品を作り出す。

俳句甲子園では句作だけでなく
お互いの作品に対してディベート(討論)も
繰り広げなければならない。

高校生が、ですよ。
戦いはチーム戦で、作品自体の点数とディベートでの加点。
芸術(文芸)に点数をつけることに違和感を持つ人もいるかもしれないけどフィギュアスケートと同じで、もはや立派な競技、知的バトルでした。

俳句ってこんなにも面白い!ということをこの小説で知り、去年秋から俳句教室に通っています。

② この本と出会ったきっかけ

昨年、ちょうど100回目の夏の甲子園が開かれているさなか、松山へ一人旅に出ました。
折しも愛媛代表の済美高校(せいびこうこう)が準々決勝で勝ち、ベスト4入りを決めた日。松山はさぞ沸いているだろうと思い、空港に降り立つと、目の前には『歓迎!第21回 俳句甲子園』の大きな文字が!

どうやら 俳句甲子園開催の直前だったようで、街の中は俳句で盛り上がり、至る所で俳句を見かけました。
『さすが正岡子規や高浜虚子のいた、俳句の街だなぁ』と思い帰阪。
その数日後に訪れた大阪の某書店で「甲子園は野球だけじゃない!」と、野球以外の夏の全国大会をテーマにした小説を集めて特設コーナーが作られてあり、そこに平積みされていたのが『春や春』でした。

③ 春の思い出

思い出…というほどではないかもしれませんが、自宅近くに関西では有名な桜の名所があります。
仕事帰りにコンビニでスイーツと缶コーヒーを買って、桜の下で一人プチ花見をするのが至福のとき。
毎年の楽しみです。

光文社文庫
431ページ
2017年5月11日第1刷発行
本体価格 740円
電子書籍あり

著者 森谷明子
1961年神奈川県生まれ。
早稲田大学第一文学部卒業
2003年、紫式部を探偵役にした王朝ミステリ『千年の黙(しじま) 異本源氏物語』で第13回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。
卓越した人物描写とストーリーテリングで高い評価を受ける。

著書
『白の祝宴』
『望月のあと』
『れんげ野原のまんなかで』
『花野に眠る』

ゆめのたね放送局関西チャンネル「ホンスキー倶楽部」

インターネットラジオゆめのたね放送局関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時半
毎月テーマを決めて、リスナーからの本の紹介する「ホンスキーズBOOK」
私のおススメ本を紹介する「ぐーりんずBOOK」
第2週・4週は元書店員ブックコーディネーター、かーるさんがおススメする
「かおる文庫のおすすめブックコーナー」
ひたすら本を紹介する番組です。

♬ 聞き方
①下の「ゆめのたね放送局」のサイトに入ります。
②関西チャンネルの ➧ ボタンをクリックすると音声が流れだします。

インターネットラジオゆめのたね放送局

ホンスキー倶楽部 視聴

http://yumepod3.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/01/2-3_honsuki-ku

rabu_20190111.mp3