ひとつむぎの手 知念実希人

「私たちはただ、血管を紡ぎ合わせているんじゃない。患者の人生を、ひいては『人』そのものを紡いでいるんだ」by 赤石

2019年本屋大賞ノミネート作品である
知念実希人さんのひとつむぎの手。
実は知念実希人さんは苦手な作家さんです。
2018年本屋大賞ノミネート作品の「崩れる脳を抱きしめて」も最後まで読めなかったんですよね。
今回はラジオで紹介することもあり
「この本は最後まで読む」と決意しながら読みました(笑)

“ひとつむぎの手 知念実希人” の続きを読む