警視庁特殺 使徒の刻印 吉田恭教

「なぁ、頼むよ。お前にしか頼めないんだ」by 有働

【あらすじ】
主人公の佐倉智孝は捜査一課第四強行犯捜査第八係の来生班、特殊殺人捜査班、略して「特殺」に所属している刑事。
通常刑事は二人一組で行動するが、佐倉は単独行動の常習犯。
これまで何度も手柄をたてるが処分もされている。

早朝に班長の来生から電話がかかる。
現場に行くと真っ黒になった焼死体があった。
左手首に手錠がはめられ、左手はセメントで固められていた。
右手のそばには鋸。

検死の結果、上下の唇は針金で縫い合わされ、口の中には布が押し込められているこ
とがわかった。
犯人は被害者が完全に声が出ないようにしていたのだ。

一匹狼の佐倉は元同僚で犯罪ジャーナリストの有働と連絡を取り合い、事件の詳細を伝えていた。

事件から約2週間後。
火事現場から火だるまになった男が出てきた。
左手首が無く口を針金で縫い合わされていた。
現場にはセメントで固められた左手と手錠、鋸が発見される。
被害者は自分で左手首を鋸で切り落とし出てきたのだ。
背中には「APOSTLE」の文字が刻印されていた。

二人目の被害者のDNAが10年前に行方不明になった佐倉の妹の車から検出された体液と一致する。
この時点で佐倉は捜査から外され資料室への出勤となった。
ここから佐倉と有働とで捜査が始まる。

【感想】
プロローグに佐倉の妹がライフセーバーとして一人の少年を助ける場面があります。
読み始めると、このプロローグは何?
と、思うのですが実はこの一件が事件と大きく関わっていることが徐々に明らかになります。

実際には刑事の単独行動プラス元刑事でジャーナリストとのコンビはあり得ないのですが、そのあり得なさがストーリーを面白く引き立てています。
あらすじには書いていませんが、もう一人元刑事の木下が出てきます。
木下の甥っ子でパチンコ(ワンピースのウソップ愛用)が得意な優斗。
この4人で「サイコパス課シリーズ」になるのでは???

佐倉の妹の件はちょっとこじつけてるなぁ…といった感がぬぐえませんでした。

おススメ度
★★★

KADOKAWA
346ページ
2019年5月25日第1刷発行
本体価格 680円
電子書籍あり

著者 吉田恭教
1960年佐賀県生まれ
作家。
島根県在住。
漁師のかたわら執筆活動を行う。
2011年 「変若水」で島田荘司選第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞優秀作を受賞しデビュー。

著書
「背律」
「可視える」
「ネメシスの契約」
「堕天使の秤」など

吉田恭教 ツイッター

白い犬とワルツを テリー・ケイ



今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマは「あなたの号泣本」

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時

試聴はこちらから

https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/08/9-2_honsuki-kurabuheyokoso_20190807.mp3

かおる文庫のおすすめブックコーナー

北海道在住、ブックコーディネーターのかーるさんが
おススメする本を紹介します。

白い犬とワルツを
テリー・ケイ
新潮社

◎あらすじ
長年つれそった妻に先立たれたサム。
独り暮らしを始めたとき、どこからかやってきた白い犬。
サム以外の目に見えない犬は彼の暮らしに寄り添っていく。
実直な老人の晩年と愛の形を描く美しい小説。


◎みどころ
物語は主人公サムの妻が亡くなるところから始まります。
愛する人をなくす悲しみにくれながらも、子どもたちが父を心配してくれるさまに感謝を覚えるサム。

それでもできる限り自分の力でやっていこうと決めてぎこちない一人暮らしを始めます。
そしてどこからか現れた白い犬がいつのまにか加わり、一人と一匹は淡々と寄り添います。

足腰を痛めて歩行器なしでは歩けないサム。
子どもたちや知人は、そこに不安を感じますが、本人は今できることに淡々とチャレンジしていきます。

歩行器に寄りかかる白い犬とダンスを踊るさまは、年齢や体の限界に縛られる固定概念を壊してくれます。
年取ることや連れ合いを失くすことの寂しさと、人生で作り上げたもの、今あるものへの感謝を感じさせる名作です。

何よりも素晴らしいのは、サムが亡き妻を愛し、子どもや孫たち、周りの人々に愛されていることです。
いつかくる老後、愛に満たされて良かったと思える人生を過ごしたいですね。

2001年のミリオンセラー作品。
東映で映画化
出演: 仲代達矢, 若村麻由美, 南果歩, 藤村志保



著者 テリー・ケイ 81歳
1938年、米国ジョージア州生れ。ウエスト・ジョージア大学からラグレインジュ大学卒。
地元の雑誌に映画や演劇の批評を寄稿したりしたあと、処女作『明りがついた年』を発表し、『白い犬とワルツを』で全米に知られる作家となった。
エモリー大学で創作の指導も行う。現在ジョージア州アセンズに愛妻と住んでいる。

カシコギ  チョ・チャンイン

今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマは「あなたの号泣本」

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時

試聴はこちらから

https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/08/9-2_honsuki-kurabuheyokoso_20190807.mp3

ラジオネーム 冷麺マン4世

チョ・チャンイン「カシコギ」

① この本のオススメどころ

変わった習性を持った、カシコギという魚がいます。
母カシコギは子どもを産むと家族を去り、残った、父カシコギが、食べず眠らずで外敵から子どもを守ります。
やがて子どもが成長すると、父は岩に頭を打ち付け死んでしまうのだそうです。

本書は、それを人間の家族に当てはめた小説です。
作中に出てくる言葉は、折に触れ思い出しては、自分を戒めています。
「あなたが虚しく過ごした今日は
昨日、死んでいったものたちが
あんなにも生きたいと願った明日」

② この本との出会い

大学時代に、「文章演習」の恩師が、この作者の二作目(灯台守)を翻訳した際に、紹介してくださったのが、出会いのきっかけです。

まず、一読して、涙が止まらないどころか、嗚咽からの号泣コース。
告白すれば、映画でも小説でも泣いたことがなかったので、せっかくの涙が勿体ないと思い、もう一度、ラスト付近を読み直し、もう一度、号泣しちゃいました。
ちなみに、再読でも、やはり泣けました。きちんと、泣いたのは、この、1冊だけです。

③ 直近の号泣した出来事

そんなわけで直近というには、あまりに昔の20年前で、「カシコギ」を読んだとき、となりますかね(笑)
普段、泣くことがないので?!
あ。夫婦喧嘩のあとの、仲直りかな。なんちゃって?
号泣する準備ができたら、ハンカチとカシコギを手に、ぜひお試し下さい。

【あらすじ】
白血病で入院中の息子、タウムを必死で看病する詩人のチョン。
彼は幼い時、母親は出奔、その後父親から心中を持ちかけられるという悲惨な過去をもつ。

それだけに家庭と息子への思いは強かったが、妻は現実に目覚め、自らの望みをかなえるために大学の恩師のもとに走り、フランスに発ってしまう。

世間とうまく折り合えず、不況で仕事も失い、それでもひとり、息子のために必死に尽くすチョン。
終わりのない過酷な闘病のなかで、タウムは言う。

「パパ、あとどのくらい苦しめば死ねるの。こんなに苦しんだんだから、もう死んでもいいじゃない」

だが、奇跡的にタウムに適合する骨髄ドナーが見つかった。
絶望に沈む父と子に一筋の光が差す。しかし……


著者 チョ・チャンイン
韓国の中央大学及び同大学院で文学を専攻。
雑誌社、新聞社の記者として勤務した後、作家に転身。
2000年父と息子の愛情をテーマとした「カシコギ」を発表。
200万部のベストセラーとなり、テレビドラマ化され、劇場でもロングラン上演を果たすなど“カシコギ・シンドローム”を巻き起こした。
2011年同作は日本で「グッドライフ」としてテレビドラマ化される。

読書は「アウトプット」が99% 藤井孝一

本を読むだけで終わらせるのではなく「使う」という感覚

大きな本屋に行くとビジネス書の「読書術」というコーナーがあります。
私自身「読書の家庭教師」として、読書会を開催しています。
もう一度、初心に帰って「読書」を学ぼうと書店で購入した本の一冊です。

本に付加価値をつける3つのアウトプット

① 話す
◆今日あった出来事を報告するように本の話をする
◆本の内容を思い出し、繰り返し話すことで初めて記憶になる
 ➡ 本の内容は、人に話すことで自分のものになる

② 書く
◆好きなように読書メモを書く
・その本から感じたことや学んだことを書き出していく
・本のエッセンスを感じ取るのに正解も不正解もない。
・自分の感情を基準に考える
・ポイントがどこか自分さえわかっていれば、どんな書き方をしてもよい
◆本のレビューを書く
・アマゾンのレビューを書きこむ
・自分が一読者としてどう感じたか
・「つまらない」と思ったら何がどうつまらなかったのかを書く
・文章を書く練習になる
◆書評を書くポイント
・何が書いてあったか
・そこから何を学んだか
・それをどう活かすか
➡ この3つを柱にしてまとめる

③ 行動する
◆本に書いてあることを一つでもいいので実践する
◆本に載っている「ワーク」を実践する
◆本に載っているサイトやURLにアクセスしてみる

いい本を選ぶコツ

① 目次を見る
・目次を読めば全体像がわかる
・タイトルと内容が合っているか
・章ごとにポイントが明確になっているか
・知りたい情報が書いてあるか

② 著者のプロフィールを見る
・著者の経歴を見る
・どのような成果を残しているのか
・代表作でとんな領域に詳しい人なのかを知る

③ まえがきを見る
・書き手が最も力を入れているのがまえがき
・最初の3行でピンと来るか
・読みてのことを考えて書いているか

【感想】
著者がより伝えたい所は太字で表記してあります。
各章の最後にはまとめが載っているので、この本が勧めている「必要なところを拾い読みする、斜め読み」がしやすくなっています。

書評の書き方や書評のメルマガの書き方が具体的に載っているだけではありません。
おススメの書評メルマガやサイトも載っているので、本選びにも役立つ本です。

人に話すことや文章を書くことが苦手な人は、書いてあることを実践してみる、またはワークをやってみるという所からアウトプットを始めるのもありだなと思いました。
アウトプットの方法を全てやらなやくても、まずは自分ができそうなところから始めて少しずつ広げていく…その具体的な方法が書いてあるので読みやすくわかりやすい本でした。

【こんな人におススメ】
本のアウトプットの仕方がわからない
書評を書いてみたいが書き方がわからない
効率の良い本の読み方を知りたい
本の選び方がわからない

おススメ度
★★★★★

【目次】
はじめに
1章 もっと「本の話」を誰かとしよう
2章 「速読」よりも「乱読」せよ!
3章 読書の最高の「自己投資」にする技術
4章 「お金を稼ぐ人」は、本をこう読む!
5章 私は、こんな本を読んできた

知的生きかた文庫
221ページ
2014年1月10日第1刷発行
本体価格 571円

著者 藤井孝一
1966年生まれ。慶応義塾大学文学部卒業。
・経営コンサルタント(中小企業診断士)
・株式会社アンテレクト取締役会長
独立・起業を目指すビジネスパーソンに対し、ノウハウ提供やアドバイスなど、実践的なサポートを行う。
特に、かつて「副業」と呼ばれていた「在職中から起業する」スタイルを「週末起業」と名付け、その普及に東奔西走する。
この活動を加速させるため、2003年に「週末起業フォーラム」を創設、1万人を超えるビジネスパーソンが学び、独立・開業を果たす。
さらに、ビジネスパーソンの自立を、教育コンテンツ、パートナーシップ、インフラの面からも支援するために、株式会社アンテレクトを創設、経営を行っている。

著書
『週末起業』
『ビジネススキル大全』
『お金を稼ぐ勉強法』など多数

藤井孝一 オフィシャルサイト

食堂メッシタ 山口恵以子

「正確に言うとね『イタリア料理』というのはないの」by 薫

「食堂のおばちゃん」シリーズの著者、山口恵以子さんが書いた、イタリアンに人生をかけた料理人とそれを愛する人々のお話です。
少し調べてみると「メッシタ」という店は本当にあり閉店していました。

シェフのプロフィールを見ると小説のお話がそのままです。
ノンフィクションとしても楽しめる作品です。

おススメ度
★★★★

女性が頑張る話が好き
料理が出てくる話が好き
連作短編集が好き
ノンフィクションが好き
な人におススメです。

【あらすじ】
ライターの笙子は目黒の元競馬場前のバス停から少し離れたところにある、イタリア料理店「メッシタ」にオープン当時から通い今は週に二回は晩御飯代わりに店を愛用している。
そのメッシタが閉店することを知り、店のことをオーナー兼シェフの満希のことを書き残したいと申し出る。

話は満希が大学生の頃に遡る。
中学からの友人の父親が経営するチェーン店のレストラン「ロマーノ」でバイトをすることになった。
この店で募集をしていたのは厨房スタッフ。
洗い場には専属スタッフがいるので、満希は初日からサラダ用の下ごしらえから始まった。
この日に満希は調理人になる決意をする。

折しもオーナーと話す機会があり大学を卒業したら正式に店に来て欲しいと言われた満希はある疑問を口にする。
「お店に出している料理は、イタリアの人が普通に食べているんですか?」
答えの代わりに満希は「ロマーノ」の名誉顧問の柳瀬薫を紹介される。
薫は満希にイタリアにある外国人のための料理学校「ICIF」に入学することを勧める。
費用は全部薫が持つという条件で。
満希は大学を辞めて本場イタリアの料理を習う為に旅だった。

食べログ、メッシタから引用

【感想】
読んでいてイタリアでの修行やお店での様子がリアルだなぁと感じていました。
この文章を書くために「メッシタ」で調べると本当に目黒区にもう閉店したお店「メッシタ」が紹介されていました。

紹介文はこの小説の内容通りで驚きです。
著者の山口さんは「メッシタ」に通っていた笙子さんでした(予想です)
イタリアから戻ってきて、日本のイタリア料理店で働き、またイタリアに修行にに行く。
どこまでも真摯にイタリアの料理に向かう瑞希さんが書かれています。

日本人の口に合わせたイタリア料理ではなく、本場のイタリア料理がどんなものなのか。
この小説を読むと食べたくなります。
今は「メッシタ」は閉店し、新たにお店は出しているそうですが、電話・住所はオープンにせず、紹介だけのお客さんにしているそうです。

【目次】
第一章 すっぴん料理
第二章 初めてのアルデンテ
第三章 クチーナ・イタリアーナ
第四章 注文の多い料理店
第五章 アモーレ・マンジャーレ
第六章 再戦
第七章 また逢う日まで

ハルキ文庫
222ページ
2019年4月18日第1刷発行
本体価格 600円

著者 山口恵以子
1958年東京生まれ。
早稲田大学卒。
会社勤めのかたわらドラマ脚本のプロット作成を手掛ける。
2007年『邪剣始末』で作家デビュー。
2013年『月下上海』で第20回松本清張賞受賞。
丸の内新聞事業協同組合の社員食堂に勤めながら執筆したことから「食堂のおばちゃんが受賞」と話題になる。
2017年10月現在は専業作家。

著書
『あなたも眠れない』
『恋形見』
『あしたの朝子』
『風待心中』
『トコとミコ』
「食堂のおばちゃん」シリーズなどがある。

山口恵以子 ツイッター

育てて、紡ぐ。暮らしの根っこ 小川糸

「自然であること、無理をしないこと」

「食堂かたつむり」や「ツバキ文具店」などの小説を世に送り出している小川糸さんのエッセイです。

彼女の暮らしぶりは、そのまま作品に繋がるような気がしました。
豊かさとは何か?
ドイツと日本に住居を持つ著者だからこそのスローライフを知ることができる一冊です。

おススメ度
★★★★
小川糸さんの作品が好きな人
スローライフに興味がある人
エッセイ好きな人
におススメです。

消費と幸せは直結していないのだと実感でき、どんどん物欲が消えていく

著者の小川糸さんはドイツを旅行して魅せられ、友人の部屋が空くことを知って部屋を借ります。
この本ではドイツでの様子も語られています。

ベルリンの人々にとって、人生最大のテーマは「いかにお金をかけずに、幸せになれるか」と目に映ったようです。
日曜日は殆どのお店が休みになり、日本のお正月の様なのどかな空気に包まれるとか…。
ドイツでは日曜日は家族と過ごす日なのです。
公園や湖でお弁当を持って家族で出かける。

家の前に不要になったモノを箱に入れて、出しておく習慣があります。
「欲しい人はご自由にどうぞ」
使わなくなったモノは人にあげたり、別の使い道を探したり…。
ゴミとして処分するのは本当の最終手段。

小川さんも一つのモノを複数の使い方をしています。
そして、ドイツでは手に入りにくい食べ物を手作り。
味噌、ぬか床は手作りです。
野菜や果物が沢山ある時は、乾燥させたり、はちみつやお酒に漬けたりと工夫して保存食にしています。

ドイツの国民性に触発されてのスローライフ。
お茶の時間を大切にしていて、仕事の前のお茶、午後のひと時のとっておきのお茶など。
お茶で時間の区切りを付け一息ついています。

照明も間接照明を使い、食事時にはたまにキャンドルだけにすることも。
すると薄暗さから他の五感が敏感になり、より料理を美味しく頂けるそうです。
そして料理を食べ終わる頃には、キャンドルの灯りがまぶしく感じられるとありました。

【感想】
時間の使い方やモノ、人との付き合い方も大切にしている小川さんのエッセイは元々、日本人もそんな風に暮らしていたことを思い出させてくれます。
便利すぎることや消費をすることだけが、幸せではない。
そんなことを教えてくれる一冊です。

この本を読んでドイツを訪れてみたくなりました。
スローライフに憧れるだけでなく、一つでも自分の暮らしに取り入れることができることはやってみようと思います。

まずは、キャンドルの灯りだけで過ごす時間を作ります。

【目次】
はじめに
第一章 心のあり方
第二章 体との付き合い方
第三章 私らしい暮らし方
第四章 ドイツに魅せられて
第五章 育て続けるわが家の味
第六章 自分式の着こなし
第七章 人とのつながり
おわりに

扶桑社
159ページ
2019年9月1日第1刷発行
本体価格 1400円
電子書籍あり

著者 小川糸
1973年生まれ。 
デビュー作 『食堂かたつむり』(2008年)以来30冊以上の本を出版。 
作品は英語、韓国語、中国語、フランス語、スペイン語、そしてイタリア語など様々な言語に翻訳され、様々な国で出版されている。 
『食堂かたつむり』は、2011年にイタリアのバンカレッラ賞、2013年にフランスのウジェニー・ブラジエ賞を受賞した。 
またこの作品は、2010年に映画化され、2012年には『つるかめ助産院』が、2017年には『ツバキ文具店』がNHKでテレビドラマ化された。 
『ツバキ文具店』と、その続編となる『キラキラ共和国』は、日本全国の書店員が主催する「本屋大賞」候補となった。

著書 
『ミ・ト・ン』
『キラキラ共和国』
『サーカスの夜に』他多数

小川糸 ホームページ

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。