「孤高の人」新田次郎

「山へ登るならその前にコレだけは読んでおけ!」

ホンスキーズBOOK「オススメの山の本」

オススメ人 岐阜県 ラジオネーム てるてる坊主

この本のおススメどころ

先ずは、この作品が新田次郎作のフィクションでありながら、殆どが史実に基づいていて、各人物のモデルも実在していた事。

1930年代前半、高峰の冬期登山が一般的ではなかった時代にたったひとりで厳寒の北アルプスを駆け抜け、「不死身の加藤」との異名をとった加藤文太郎(本名)。

風雪の槍ヶ岳北鎌尾根に消えたその生涯を描きながら、人は何故山に登るのか?の問いに答えようとした作品です。

 

この本との出会い

高校時代に先輩から登山部に誘われて「山へ登るならその前にコレだけは読んでおけ!」と言われ渡されました。

 

「山」に関する思い出

やはり高校時代に槍ヶ岳(北アルプス)に登った時の事ですかね、そこから延びる北鎌尾根を、ああ、ここで「孤高の人」の加藤文太郎が遭難した所かと、感慨深く眺めたのを覚えてます。

あと上高地でテントを張って寝ていたら、川が増水して流されかけた。(笑)

 

 

♫山岳小説 ノンフィクション

(サイト NAVER より)

https://matome.naver.jp/odai/2138365976595926101

 

・加藤文太郎「新編 単独行」

1930年代前半、国内高峰の冬期登山が一般的ではなかった時代に、たったひとりで厳寒の北アルプスを駆け抜け、「不死身の加藤」との異名をとった加藤文太郎。

風雪の槍ヶ岳・北鎌尾根に消えたその生涯は、新田次郎の小説『孤高の人』(新潮社)でも知られ、谷甲州の『単独行者』(山と溪谷社)にも描かれているが、彼の真実は残された著作にある。

 

・沢木耕太郎「凍」

最強のクライマーとの呼び声も高い山野井泰史。

世界的名声を得ながら、ストイックなほど厳しい登山を続けている彼が選んだのは、ヒマラヤの難峰ギャチュンカンだった。

だが彼は、妻とともにその美しい氷壁に挑み始めたとき、二人を待ち受ける壮絶な闘いの結末を知るはずもなかった――。

絶望的状況下、究極の選択。鮮かに浮かび上がる奇跡の登山行と人間の絆、ノンフィクションの極北。

 

・山野井泰史 「垂直の記憶」

2002年秋、山野井泰史は、ヒマラヤの難峰ギャチュン・カンに単独登頂後、下降中嵐につかまり、妻・妙子とともに決死の脱出を試みて奇跡的に生還した。

この衝撃的な生還を機に、自らのクライミングの半生を振り返り、難ルートから挑んだ高峰への思いを綴る。

すさまじい登攀への思いと「日常」の生活も著わした、氏の再起への物語でもある。

 

・新田次郎「銀嶺の人」新潮文庫 上下

仕事を持ちながら岩壁登攀に青春を賭け、女性では世界で初めてマッターホルン北壁完登を成しとげた二人の実在人物をモデルに描く。

 

・上村直己「青春を山に賭けて」文春文庫

型破りの青春を語り尽くした巨篇
大学時代、ドングリとあだ名された著者が、無一文で日本を脱出し、五大陸最高峰に初登頂し、アマゾン筏下りに成功するまでの青春記

帯に野口健の「高校の停学中、この本と出合った。そして僕は山に登り始めた」とあります

RFA協会 リーディングファシリテーター

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenota

https://www.facebook.com/honskiy.guurin

http://instagram.guureenn(インスタグラム)

八重山諸島旅行記 4日目  石垣島ウルトラマラソン前日

「もうニ度とあんたたちとは旅行に行かない」

旅行の4日目。

この日は次の日がウルトラマラソンで、そもそもこの旅行は石垣島ウルトラマラソンに出場するためのもの。

なので前日はゆっくりカフェ巡りでもしよう…と旅行前から話をしていた。

日の出前に浜に行ってみるが、この日も雲がかかっていて水平線からの日の出を見る事は難しかった。

Nさんは明日のマラソンのウォーミングアップも兼ねてジョギングに。

「朝ごはんはいりませんから~」と軽やかに走っていく後ろ姿を見届けて、宿舎の「白保フレンドハウス」に戻り朝食作り。

白保フレンドハウス

http://okinawa-ishigaki.jp/shiraho-friends-house/

ポークと卵を炒めて、レンジでチンするだけのご飯とサラダ。

Dさんとシェアハウスの前でオープンカフェの様に朝ごはんを頂く。

食べていると、おじさんが子猫を2匹抱えて2階から降りてきた。

おじさんは「子猫のミルクの場所が分からないんだ」と子猫ちゃんを離した。

そう、まだ生まれて間もない子猫でゲストハウスのみんなで交代でミルクをあげている。

私達も場所はわからなくて、おじさんといろいろ話をしていると子猫ちゃん達は朝ごはんの臭いを嗅ぎつけて、私達の足からあがってきて皿の方へ…。

お腹を壊すといけないので、心を鬼にして子猫ちゃん達が食べない様に防戦。

暫くすると、おじさんがミルクをみつけたようで、子猫ちゃん達も無事に朝ごはんを食べる事ができた。

ジョギングに行ったNさんも戻ってきて、さて今日はどうするかな?と思っていたら

「海に行きましょう」

あれ?ゆっくりするんじゃなかったの???

まぁ、午前中に短時間ならいいか…と水着に着替えて海に行く準備。

そうして車を走らせていると、雷と滝の様な雨。

そのうえ、近くに来たものの浜への道がわからない。

もう、私の海への気持ちは萎え「この雨…そのうえ雷もなっているのに海に行くのか…できれば海には行きたくない」と思ったが、言いだせずシェアハウスのオーナーヒロさんに道を聞いて浜へ到着(ちなみに白保は雨は降っていなくて晴れてたとか)

浜はプライベトービーチ(そりゃそうだ)干潮が始まっているために、かなり遠浅。

二人はシュノーケリングの準備をして海に。

私は浜辺で読書でも…と思っていたら小さい虫が飛んでいて、落ち着いて座っていることができず仕方なく浅瀬を散歩。

良く見ると、小さい魚達やヒトデが居る。

暫くは浅瀬も楽しかったけど飽きてきた…それに一体何時までここに居るんだろう??

車に戻ろうかと思ったが来た道とよく似た道がいくつもあり、わからない(*_*;

2時間以上経ってようやく海から上がってきた2人を迎えて車へ。

またまた雷雨で土砂降り。

カフェに向かうも殆どの店が閉まっていて、ようやく空いている店を見つけて「開いているよ」と言っても車はそのまま止まらず走っていく。

あれ?カフェに行くんじゃないの??

暫く車を走らせると島田伸助の人形が。

そう言えば石垣島にカフェを作ったって言ってたっけ。

駐車場に車を停めてからNさんが一言

「ここに入ります?」

いや、空いているカフェを言ってもスルーしたやん!!もう駐車場に停めてるやん(;一_一)

その時の私は、浜ではつまらなかったし聞きながらも行くカフェ決めてるし…とかなりムッとした状態。

旅行の4日目で体も疲れていた。

コーヒーだけを注文して待っている間に言われたのは

「なんで、そんなに不機嫌なんですか?」

その言葉で、今日はゆっくりするはずだった事、海からいつ上がってくるかわからず見通しが持てなかった事、初めからこのカフェに行きたかったのならそう伝えて欲しい、相談・連絡をして欲しい…大人げないとは思いつつも不満をぶつけた。

 

珈琲も飲み終わっていたので、先に車に戻って後ろのシートで横になる。

その後は私はシェアハウスに戻って体を休めることにし、2人は出掛けて行った。

ひと眠りして体もスッキリし時間を見ると18時。

今日の晩ごはんはうどんを作る予定だった。

何時に帰ってくるのか電話をすると

「今、米原海岸に居るんです。帰るのは9時過ぎるから、ご飯は食べてて下さい」

えぇ~~っ マジで~~~!!(>_<)

明日はウルトラマラソンで一日が終わり、疲れ果てて晩ごはんも食べるかどうかわからない。

その次の日の朝には石垣空港に行く。

それなのにご飯は別々に食べるのか。いや、それより明日は朝の7時からマラソンなのにまだ海に居るって…。

そして2人が車を使っていて、近くのコンビニで買い物がしたかったけど車が無いと行けない距離。

半べそをかきながら「晩ごはんは一緒に食べたい」と伝えると、8時前に戻ってきた。

そこからコンビニへ。

昼間の出来ごとが会ってのこの事で、私は怒りマックス。

「浜に行きたくて行くのは構わない。でも、何時に帰るとか連絡も何も無かった。昼間の話はなんやったん???」

「言いたい事はそれだけですか?」

この一言が私の中の地雷のスイッチを押した。

「もうニ度とあんたたちとは旅行に行かない」

シェアハウスに戻って晩ごはんを作り食べる。

私は言いたい事を怒りにまかせてぶちまけたので、後を引かず何事も無かったかの様に振舞う。

対応に困ったのは2人だろう。

あんなに怒って「ニ度と一緒に行かない」と言っていたのに、今は普通にご飯を作って笑顔で食べている。

大人な2人は私に合わせてご飯を食べ、明日のウルトラマラソンに向けてのミーティングを3人で始めた。

実は1人でシェアハウスに居る時はマラソンへの参加をどうしようか迷っていた。

「気が乗らない…」

ミーティングが終わる時には、気持ちはウルトラマラソンへ。

余りにも単純すぎる自分の構造に少々呆れながらも蒲団に入り直ぐに眠りに着いた。

 

ウルトラマラソンについては「第三回ウルトラマラソンに出た」を読んで下さいませ<(_ _)>

RFA協会 リーディングファシリテーター

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenota

https://www.facebook.com/honskiy.guurin

http://instagram.guureenn(インスタグラム)

「山なんて嫌いだった」市毛良枝 ヤマケイ文庫

「山での失敗の数々がとても素直に綴られています」

ホンスキーズBOOK「オススメの山の本」

オススメ人 宮城県 ラジオネーム ささけん

 

この本のおススメどころ

市毛良枝 この本を見かけた時「市毛良枝って、あの市毛良枝?」と思い表紙を見たら、やっぱりあの市毛良枝さんだった。

 漠然と「お母さん役」というイメージしかなかった彼女だが、本書を読んでビックリ!

日本の名だたる山はもちろんのこと、なんとあのキリマンジャロ(5,895m)にも登っている。

そんな市毛さんも、山登りを始める前は大の運動嫌いで、体育の授業は仮病まで使ってサボっていたそう。

しかし、初めて登った燕岳(つばくろだけ)と常念岳(じょうねんだけ)の縦走で一気に山のトリコになった。

わかるなぁ~その気持ち。本書では「女優」が登山をすることの難しさや、山が彼女人生を大きく変えたこと。

山での失敗の数々がとても素直に綴られています。

 

この本との出会い

この本は2014年12月なので、私が44歳の時ですかね。

出会いは特に覚えていませんが、あの頃は山にハマっていたので、書店の山岳書コーナーで見つけた記憶があります

 

山のおもいで

そういえば私も冬場の下山中、あまりの気持ち良さに、ちょっとわき道に逸れて瞑想なんぞしてみようかな・・・などと思い、人目につかない藪に座り込むも、あまりの寒さに「このままでは悟りをひらく前に、瞳孔がひらいてしまう・・・」と思い、数分で諦めてしまった。

 

♬石毛良枝さん

父親の担当医に『誰でも登れるから』と半ば騙され最初に登った山がなんと燕岳! 

それ以来山の楽しさにどっぷりはまり、現在では日本トレッキング協会の理事を務め、松本市の山岳フォーラムで講演を行うまでになっています。

 

♫ 女優さんで登山をしている人

NEVERまとめより

https://matome.naver.jp/odai/2143099188153112301

・堀ちえみさん

 「堀ちえみと三人の山男」山と渓谷社

『関西ハイキング』で連載した「堀ちえみの子連れ山旅レポート」に加筆しまとめた本です。

15歳で歌手デビューし20歳で引退、結婚。その後離婚し波乱の半生の中で、わんぱく盛りの3人の息子たちを自然の中でたくましく育て、山登りを通して成長を見守るさまが本人の言葉で綴られています。

子連れ登山に使えるミニガイド付き。

・小島聖さん

『タスマニア物語』『NIGHT HEAD』『ナースのお仕事』等、映画・テレビドラマ・CMに多数出演。

名前の「聖」は登山好きの父親が南アルプス・聖岳からとったという生まれついての山ガール。
BS日テレの「登る女」初代パーソナリティーを務めた際にはいきなり馬返し(一合目)から富士山に登ったそうです。
ヒマラヤにも何度か訪れていて、6000m峰の登頂経験もあるという芸能界でも最強クラス。

 

・杏さん

数いる女性タレントの中でも若手のガチ勢筆頭が『ごちそうさん』で大ブレイクした杏さん。 

「成人になるまで親の許可が出なかった」一般ルート最難関として知られる奥穂高岳~ジャンダルム~西穂高岳の縦走ルートを二十歳になると同時に父親の知人の登山家に同行してもらい踏破したという筋金入り。 

女優以外にもトレッキング番組などのアウトドア系の仕事が意外と多い。

 

RFA協会 リーディングファシリテーター

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenota

https://www.facebook.com/honskiy.guurin

http://instagram.guureenn(インスタグラム)

 

「神の雫」原作 亜樹直/作画 オキモト・シュウ  モーニングKC

「ワインの本場フランスでも大絶賛」

ホンスキーズBOOK「オススメの山の本」

オススメ人 大阪府 ラジオネーム 桜

この本のおすすめどころ

ワインの神様のような父親を持つ知識のない天才と、世間からは天才と言われている努力のソムリエが使徒と言われる12本のワインを探し求めて、父であるワインの神様の人生を考え、その過程でワインとは、人生とは、ということに気づいていく物語なのですが、その途中、マッターホルンまで登ってしまうのです!

雪山の中で方向を失いながらも、ワインへの情熱が尽きない姿は、感じるものがありましたー!

 

この本との出会い

ワインの本場フランスでも大絶賛という帯を見てビビビっときて買いました!

 

山に関する思い出

私の山に対する思い出は、小学校の林間学校と、大学の時に富士山でドライブして、車スリップさせた位しか思い出ないのですが、このマッターホルンに登ってまで見つけたワインは一度飲んでみたいなーなんて思ってます!

 

「スリップしてこわくなかった??」

 

死ぬかと思いましたが、若さで、わー!死ぬかと思ったねーで、終わらしてしまいました( ̄▽ ̄;)今思うと、なしです!

山の上の方のドライブは本当に気をつけてください!との力説も一緒に(´・ω・`)

 

RFA協会 リーディングファシリテーター

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenota

https://www.facebook.com/honskiy.guurin

http://instagram.guureenn(インスタグラム)

「クライマーズ・ハイ」 横山秀夫 文春文庫

「クライマーズ・ハイ」ならぬ「リーダーズ・ハイ(Readers high)」でした。

ホンスキーズBOOK「オススメの山の本」

オススメ人 兵庫県 ラジオネーム かのんパパ

この本のおすすめどころ

随所で、元記者である横山秀夫のただならぬ作品に対する意気込みが感じられます。

果たして彼はこの会心の力作を書くために作家になったのではないか、と想像したほど。

ジャーナリズムの現状をリアルに描き上げる、元記者だからこその、無駄のない、しっかりした構成も見事です。

読み終えて唸るまで、頁をめくる手を止めることが出来ませんでした。

「クライマーズ・ハイ」ならぬ「リーダーズ・ハイ(Readers high)」でした。

 

この本との出会い

8年前に古本屋でたまたま手にしたのですが、当時大学生だった妹が、当時教員をしていた私に、簡単な書評を依頼してきたので、これにしようと思い、読んだのでした。

ちなみに妹は現在、教員としてたくさんの本を学生たちに紹介しています。

 

山に関する思い出

大学2年の時に、同じクラスの親友が長野の常念岳という山に篭ってしまい、彼を呼び戻す説得をするために、クラスの仲間や先生と半日かけて、その山を登ったこと。

登山経験のない僕たちはジャージやジーンズという姿で、Tシャツには「祭」とプリントされていたり。。

登山口で、本格的な登山服を着ている人たちを横目に「えっ、どうする?大丈夫かな、俺たち、、、」と不安を隠しきれない仲間たちを励まそうと、

「あそこにあるスローガンでも元気に読み上げて、気合いれようぜ!」と、僕は言ったのでした。 そこに書かれてあったのは「引き返すのも一つの勇気」(汗)

頂上で飲んだビールとメンマの味。

「山籠りの彼」と仲間たちと、常念小屋の屋根に登って眺めた星空は、これからも忘れることはないでしょう。

 

「その後彼は??」

 

そのあと1ヶ月山に残り、大学へは戻らずノルウェイに留学しました。

その後、同志社大学へ編入しますが、今でもたまに会う親友です^ ^

 

 

RFA協会 リーディングファシリテーター

インターネットラジオゆめのたね放送局 

関西チャンネル「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenota

https://www.facebook.com/honskiy.guurin

八重山諸島旅行記 3日目 西表島~石垣島

「時間が止まってしまったのかの様な錯覚さえ感じるひと時」

旅行3日目

日の出を見ようと6時前に起きるものの、雲がかかっていて水平線から昇る朝日は残念ながら見えなかった。

涼しくて気持ちがよく、星見台で朝日を浴びながらヨガを30分。

朝から非日常を味わい、まるで海外に来た様。

友人達も起きてきたので、昨日買い込んだ食材と無料で飲めるインスタントコーヒーをデッキにて朝ごはん。

私は、シナモンロールパンとコーヒー。

そして今日の予定を確認。

 

・宿をチェックアウト

・浦内川でカヌー

・浦内川ジャングルクルーズ

・亜熱帯の森トレッキング

・石垣島へ戻る

・宿で晩ごはん

私は石垣島から来る時の荷物になんと水着を持ってこなかったんです(>_<)

カヌーは実は水着必須

そのうえ、川は深い

そして私は泳げなくて水が怖い

カヌーは二人乗りもあり、そっちに乗る事も考えた結果・・・

乗らずに荷物番も兼ねて友人達を待つことに。

その間に外国人観光客の人達をはじめ、多くの人がカヌーやジャングルクルーズに。

1時間過ぎてカヌーから2人が帰ってくる姿をみると、疲れて手の皮もむけて痛そう…。

風が川上から川下に向かって吹いていたので、カヌーはなかなか進まなかったとか。

少し休憩してジャングルクルーズに。

マングローブの群生を見たのは初めて。

それも海水と川の水が両方混じっていなければ育たない為、生えている所も限られているんですね。

30分程上流にクルージングして船着き場に到着。

ここからトレッキング開始。

最短だと2時間コースですが、船の最終便まで自然を楽しむことに。

船の人には「4時が最終だから遅れない様に。遅れたら別便だすけど1万円かかるよ」

森の中を入って行くと、地面を掘っている人が…。

「何をしてるんですか?」と聞くと

「雨水が溜まって流れないので、流れる様に掘ってます。ここに溜まってるのは5日前の雨の水なんですよ」

5日前!?

こうした地道な作業をすることによって事故が起こらないんだなぁ…と感謝感謝。

登り道を45分ほど上がっていくと、展望台の矢印が。

登るとはるか前方にマリユドゥの滝。

↓ 滝の動画

https://www.facebook.com/honskiy.guurin/videos/807471182744842/

鳥の鳴き声、風の音、木々の音を聴きながら、ここで昼食タイム。

食べた後はベンチに寝転がって休憩。

しばらく休憩した後に、さらに奥地へ。

すると大きな川が見えてきて、さらに進むと神々の聖地カンビレーの滝に。

水着の2人は川に入り、滝にも打たれてとっても気持ちよさそう。

羨ましい…(;一_一

しばらく川や滝で癒された後、来た道を戻ることに。

途中で天然記念物のセマルハコガメを発見。

カメも私達に見つかったのを察知し甲羅の中に隠れてしまいました(^_^;)

無事に船着き場に着くと、1組のご夫婦が先に待っていました。

いろいろ話をすると、大阪の方でウルトラマラソンにも参加する…と言う事で共通点が多くて話は盛り上がりました。

川が干潮で行きに比べて帰りの船はゆっくり。

石垣の海でも思ったけど、満潮と干潮の差がこんなにあるのか…と改めて実感。

普段海や川が近くに無いので驚きです。

港へのバスの時間まで30分以上あったので、近くの展望台へ。

車もほとんど通らず周りはマングローブの群生。

時間が止まってしまったのかの様な錯覚さえ感じるひと時。

バスに乗って上原港へ、そこから小一時間はウトウトして気がつけば石垣島。

宿に戻って晩ごはんの支度。

ゴーヤチャンプルー、味噌汁、サラダ

食後は近くの白保海岸へ散歩

自然を体に感じた1日でした。

 

RFA協会 リーディングファシリテーター

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenota

https://www.facebook.com/honskiy.guurin

http://instagram.guureenn(インスタグラム)