深田久弥 「日本の百名山」

「おススメの山の本」

岐阜県 ラジオネーム 海無し県に住む爺さん(鷲見さん)

深田久弥 「日本の百名山」

①この本のオススメどころ
特に山登りのための、特別な装備(ザイルとかの登山用品)やテクニックが 必要というわけでなく 常識的な山歩きが出来る人ならば、大丈夫な所が紹介されているのがオススメです。

②この本との出会い
うるおぼえですが、最初はこの本を紹介していたドキュメンタリー番組で、知ったんだと 思います。 自宅近くの山も紹介されていて、面白そうだなと入手したのが最初の出会いでしょうか

③「山」に関する思い出
生まれて育った所が山の中なので、ずっと側にあったので若い頃は特に感じることもなく 過ごして来ました。
山を含めて育ってきた環境を、「あー良い環境の所で育って来たんだな」と 今つくづく思っている所です。

♫山岳小説おすすめランキング
・読書メーター
読書メーターは読んだページ数や冊数などの読書量をグラフにして読書記録をしたり
日本中の読書家さんたちとコミュニケーションができるサービスです。
登録数の多い山岳小説を紹介します。

・笹本稜平 「天空への回廊」 (光文社文庫)
エベレスト山頂近くにアメリカの人工衛星が墜落!
雪崩に襲われた登山家の真木は九死に一生を得るが、親友のフランス人が行方不明に。
真木は、親友の捜索を兼ねて衛星回収作戦に参加する。
ところが、そこには全世界を震撼させかねない、とんでもない秘密が隠されていた。
八千メートルを超える高地で繰り広げられる壮絶な死闘! 大藪賞作家、渾身の超大作!!

・樋口明雄 「天空の犬: 南アルプス山岳救助隊K-9 」(徳間文庫)
南アルプス山岳救助隊の夏実は救助犬メイとともに、北岳の警備派出所に着任した。
過酷な訓練と相次ぐ山岳事故、そして仕事への情熱と誇り。
そんな苦楽を分かち合う仲間にも打ち明けられない深い心の疵が、今もなお越えられぬ岩壁のように夏実の前に立ちはだかっていた。
やがて立て続けに起こり始める不審な出来事。招かれざるひとりの登山者に迫る陰謀と危難を察知した夏実は、猛り狂う暴風雨の中、メイとともに命をかえりみず救助に向かった……。
・夢枕獏 「呼ぶ山 夢枕獏山岳短篇集」メディアファクトリー
『神々の山嶺』のスピンオフ作品を単行本初収録(表題作「呼ぶ山」)。
山を愛し、山をモチーフとした数々の作品を著わしてきた著者の、傑作山岳小説を集めたアンソロジー。
山の持つ不可思議で大いなる力をひしひしと感じられる全8篇。

・下村敦史 「生還者」講談社
ヒマラヤ山脈東部のカンチェンジュンガで大規模な雪崩が発生、4年前に登山をやめたはずの兄が34歳の若さで命を落とした。
同じ山岳部出身の増田は、兄の遺品のザイルが何者かによって切断されていたことに気付く。兄は事故死ではなく何者かによって殺されたのか―?
相次いで二人の男が奇跡の生還を果たすが、全く逆の証言をする。
どちらの生還者が真実を語っているのか?
兄の死の真相を突き止めるため、増田は高峰に隠された謎に挑む!新乱歩賞作家、3作目の山岳ミステリー!

・新田次郎 「槍ヶ岳開山」 (文春文庫)
文化10年、富山の百姓一揆にまきこまれ、過って妻のおはまを刺殺してしまった岩松は、国を捨てて出家した。
罪の償いに厳しい修行をみずから求めた彼を絶え間なく襲うのは、おはまへの未練と煩悩であった。妻殺しの呵責(かしゃく)に苦しみつつ、未踏の岩峰・槍ヶ岳初登攀(はつとうはん)に成功した修行僧・播隆(ばんりゅう)の生きざまを雄渾(ゆうこん)に描く、長篇伝記小説。

W・チャン・キムとレネ・モボルニュ「ブルーオーシャン戦略」

神奈川県 まくらさん
W・チャン・キムとレネ・モボルニュ「ブルーオーシャン戦略」

この本のオススメどころ
マーケティングについてかかれていますが、自分の会社での立ち位置などの分析に使用すれば、
自分ブランディングもできてしまうという、優れものです。

この本との出会い
知り合いに薦められて読みました。
海好きの私には「ブルーオーシャン戦略」という言葉がとてもキャッチーで、
すぐに飛びついて読みました。
読んでみたら内容も興味深く面白かったので、特に印象に残っています。

まくらさんの「青」に関する思い出
「青」といえば、真っ先に海を連想します。
実家が湘南の海の近くで、子供の頃から海好きなのです。
若い頃はスキューバダイビングにはまっていました。
今でも毎年夏には伊豆でシュノーケリングを楽しみます。

「ブルーオーシャン戦略」ビジネス書
競争のない未開拓市場である「ブルー・オーシャン(青い海、競合相手のいない領域)」を
切り開くべきだと説く。
そのためには、自分の業界における一般的な機能のうち、何かを「減らす」「取り除く」、
その上で特定の機能を「増やす」、あるいは新たに「付け加える」ことにより、
それまでなかった企業と顧客の両方に対する価値を向上させる
「バリューイノベーション」が必要だとしている。
そのための具体的な分析ツールとして、「戦略キャンバス」などを提示している。

書籍では、
例として旧態依然のサーカスから脱却したシルク・ドゥ・ソレイユ、
・出演料が高いスターを雇わず、テーマ性で集客した
・ゾウなどの動物を使わず、人間だけでショーを行った
・子ども向けではなく、大人向けのサーカスにした

日本の10分1000円のカット店(QBハウス)、
10分1000円(税抜)で散髪ができるQBハウスをご存知でしょうか?
47都道府県のうち、半分ほどに出店している床屋チェーンです。
この床屋の特徴は、カットしかできないこと。
普通の床屋や美容院は、カラーリングやシャンプー、パーマなどができますよね?
ですが、QBハウスは、洗面台もドライヤーも「存在しない」ので、それらができないのです。
QBハウスは、お客さんが席につくと、髪を洗うことなくいきなり切り始めます。
切り終わったら、洗面台で頭を洗わず、掃除機のような機械で切った髪を吸い取るだけ。
なのでたった10分で切り終えることができるのです。

その他には…
ワインを飲まない層を開拓したオーストラリアワインのイエローテイル、
機能を絞り携帯電話とネットサービスを結びつけ独占的なサービスに成功したNTTドコモのiモード、などの事例などが紹介されている。

ゲーム業界において、ソニー・コンピュータエンタテインメント(PlayStation 3)やマイクロソフト(Xbox 360)が仕掛けた高性能化競争に埋没しかけていた任天堂が、Wiiの開発にブルー・オーシャン戦略を応用したといわれている。比較的低い性能のハードウエアながら、「Wiiリモコン」などの新機軸で、ゲーム慣れしていない層にとって付加価値を提供することに成功した。

 

長岡弘樹 「教場 2」

「青い本」

北海道 ラジオネーム いさなみ みう

長岡弘樹 「教場 2」

1;お薦め所 風間教官の鋭い洞察力。
そして警察官になる為にする勉強の内容(普段知る機会は無い)。

2;この本との出会い 普通に図書館で。
シリーズ2冊目が出た事は同じホンスキーのタケちゃんの投稿で知りました‼

3;青に関する思い出
海の青さを直ぐに思い浮かべましたが、小学生の頃、
女子では私だけが青いジャージを着てた事を思い出しました‼ 個性的なガキでした(^^;

「教場2」は大ヒット警察学校小説、待望の続編! 表紙が青い
長岡弘樹氏は、2008年に第61回日本推理作家協会賞(短編部門)を選考委員満場一致で受賞、
「歴代受賞作の中でも最高レベルの出来」と評された短編「傍聞き」(かたえぎき)で知られる
ミステリー作家です。
「教場」は長岡氏初の本格的連作長編にして、好事家をもうならせる、警察学校小説。
2013年ミステリーナンバーワンを射程に入れた勝負作です。

君には、警察学校をやめてもらう。
「こんな爽快な読後の悪さは始めてだ! 警察学校が担う役割とはなんだろうか。篩にかけられた友もまた、警察官を育成するために必要なものだったのだろうか。校庭のすみに育てられている百日草が示すものが、警察組織を守るための絆ではなく、市民を守るための絆であることをただただ願いたい」
――さわや書店フェザン店・田口幹人さん
「復興を続ける警察小説ジャンルから飛び出した、突然変異(ミュータント)。警察学校が舞台の学園小説でもあり、本格ミステリーでもあり、なにより、教師モノ小説の傑作だ。白髪の教師・風間は、さまざまな動機で集まってきた学生それぞれに応じた修羅場を準備し、挫折を演出する。その『教育』に触れた者はみな――覚醒する。もしかしたら。この本を手に取った、あなたも。」
–ライター・吉田大助さん

 

道尾秀介「水の棺」

「青い本」

東京都 がぶりえる
道尾秀介「水の棺」

この本のオススメどころ
切なくなるほどの美しい情景描写と繊細な心理描写です。

②この本との出会い
直木賞作品、「月と蟹」を読んでの以来の道尾ファンなので、必然的に水の柩も読みました。
もちろん、青く美しい表紙に惹かれて。

③青に関する思い出
独り暮らしを始めた学生の頃、部屋のカーペット、カーテン、布団カバー、シーツ、全てを深い青で揃えていたのを思い出します。
寒々しかったけど、好きな色だから落ち着きました。

著者 道尾秀介さんのコメント(講談社BOOK倶楽部より引用)
晴れた空から降ってくる不思議な雨に、昔の人は素敵な名前をつけました。
天泣と書いて「てんきゅう」と読みます。
物語の冒頭、この天泣が町に降りかかります。
主人公である逸夫の暮らす温泉旅館を、そしてもう一人の主人公である敦子の痩せた肩を濡らします。
この冒頭のシーンを書いたあと、僕は取材旅行に出かけました。
小説の舞台となるのは架空の温泉街ですが、モデルは奥秩父です。
取材二日目、驚くべきことが起きました。
晴れた空の下、現地の空気を感じたくてあちこち歩き回っていたところ、突然天泣が降ってきたのです。
そのとき僕が歩いていたのは、まさに物語の中で逸夫が天泣を見る場所――
そして敦子が天泣に身体を濡らす場所である、旅館の裏手の河原でした。
明るい空と川面のあいだで、雨は金色に光っていました。
半開きの口でそれ見上げながら僕は、まだタイトルも決まっていないこの小説が、絶対に素晴らしいものになると確信できました。
信じることで、人は実力以上の力を出すことができます。
でもそれは自分一人の力ではできません。
僕に力を貸してくれたのが何なのか、神様なのか、気圧の具合だったのかわかりませんが、
『水の柩』を書き終えたいま、あの確信が現実になったと自信を持って言えます。
いい作品が書けました。
読んでいただければ幸いです

「天泣」上空に雲がないにも かかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が 移動したり消えたりする場合などに起こる。

「霖雨」りんう の用語解説 – 何日も降りつづく雨。ながあめ

外待雨(ほまち あめ), 局地的な、限られた人だけを潤す雨

かいう【怪雨】とは。意味や解説、類語。つむじ風で巻き上げられた土砂や魚・虫などが、 雨にまじって降ってくるもの

卯の花腐しの用語解説 – 《卯の花を腐らす意から。「うのはなくだし」 とも》卯の花の咲いているころに降りつづく長雨。五月雨(さみだれ) 4月から6月ごろに降りつづく長雨

「雨」でも降り方や季節で名前がついている
日本語っていいなぁと思います
「やばい」の三文字で多方面の使い方ができるのも便利かもしれませんが、「日本語の言葉」の持つわびさびや奥深さや繊細さを使える「粋」な日本人になりたいなぁと思います。

 

山梨将典 「ニッポンの星、月、夜の絶景」

「青い本」

神奈川県 いおりさん
山梨将典 「ニッポンの星、月、夜の絶景」

この本のおススメどころ
この本の写真家 山梨将典さんの日本全国の夜景であったり朝日であったり、いろんな風景が感じられるんじゃないかと思います。

この本との出会い
高校生の時、帰り道で天気のいい日の写真とか夕方の空の写真を撮ってた事もあり、デジカメを購入して撮ったりしてた時に本屋で偶然見つけた感じです。

「青」に関する想い出
小さい時から青が好きで、アニメも青系のキャラが好きです。
セーラームーンで言ったらマーキュリーですね。今も好きですが 笑

♬青系のキャラ
ディズニーでは…モンスターズインクのサリー、アラジンのジーニー、スティッチ、
戦隊ものだとクールなイメージのキャラクターが多いですよね
新世紀エヴァンゲリオン 綾波レイ
青峰大輝(黒子のバスケ)
クッキーモンスター(セサミストリート)
カメックス(ポケットモンスター)
コンドルのジョー ガッチャマン
アオレンジャー ゴレンジャー

 

村上龍 「限りなく透明に近いブルー」

「青い本」

和歌山県 ラジオネーム だいぽんさん
村上龍 「限りなく透明に近いブルー」

オススメどころ
暴力とドラッグが蔓延する時代を映し出していて、映画的、絵画的な描写が多く、色彩も豊かに描写されているところです。
一度読むだけではなく、二度、三度と繰りかえして読むことをオススメします。
間はあけておくのがいいかもしれません。
高校時代に初めて読んだ後、30代にもう一度読んだ時は、タイトルの「限りなく透明に近いブルー」は、早朝の空の青さだと記憶していました。
最近読み返したら、ガラスの破片に映る、早朝の空の青さでした。
「ガラスに映る」、というのが抜けていたのに気づけて良かったです。

②この本との出会い
高校時代に村上龍という小説家にハマり、どの本から読んだかは忘れてしまいましたが、著者のデビュー作ということもあり、思い入れのある一冊です。

③「青」に関する思い出
サッカーが好きなので、サッカー日本代表のユニフォームが青に変わってから、特に力を入れて応援するようになりました。
サッカー日本代表がワールドカップに出る前は、イタリア代表が青いユニフォームだったので、イタリア代表を応援していました。
村上龍さんも、サッカー好きです。

♬村上龍
『限りなく透明に近いブルー』は、第19回群像新人文学賞受賞を受けて、『群像』1976年6月号に掲載された。同年7月5日、第75回芥川賞を受賞。7月9日、講談社より単行本化された。

♬「13歳のハローワーク」
タイトルの通り、514(改訂版では593)の職業を紹介している本である。
さまざまな職業を「○○が好き」という好奇心に応じて探せるように分類がされており[4]、自分の好きな分野のページを開くとその分野に関連する職業がそれぞれ紹介されている。
世間であまり知られていない職業についても触れられている。
本文は大きめの文字サイズと多数のイラストが採用されており、読書慣れしていない子供にも読みやすくなっている。
各職業の項目では、仕事内容の概要や、その職に就くために求められる能力や経験などが、常体の文章で解説されている。著者である村上龍本人の職業観を語るエッセイも掲載されており、職業は生きるための手段ではなく、生きる目的そのものであるなどと述べられている。なお、村上自身の職業である作家は、「最後の職業」と評され、他者に伝える価値のある情報を持っているならいつでも誰にでもなる資格はあるが、作家から他の仕事に転身することはできないので、他の職業を体験してからでも遅くない、という趣旨のことが書かれている[5]。

13歳からのハローワーク公式サイト
もっと教えて!フォーラムってなに?
子どもと大人の『仕事・職業』や『働くこと』をテーマにした、Q&Aコーナーです。
質問するためには、13歳のハローワーク公式サイトに登録することが必要です。
回答するためには、『仕事白書』に登録することが必要です。

職業調べ
「好き」「分野」「職業名」「マップ」

介護ヘルパー どんな仕事か
<< 編集部の職業解説 >>
高齢者や心身障害者など、介護を必要とする人たちの生活を支援するのが介護ヘルパーの仕事。
食事・入浴・トイレの世話はもちろん、在宅者に関しては、洗濯、掃除や買い物など、要介護者が日常生活でできないことや、困難なことを代行する。
また独り暮らしで寂しい思いをしている高齢者の話し相手になったり、要介護者を持つ家族の相談を受けたりといった精神面のサポートも行うため、細かい気遣いやテキパキとした作業が求められる。
必須資格ではないが厚生労働省が認定するホームヘルパー資格を取得したほうが就職活動には有利だ。

思い出からみるタイプ診断
「思い出からみるタイプ診断」は、誰もが持っている原体験である小学生時代の思い出から、あなたのタイプを診断する、大人も子どもも参加できるタイプ診断です。30の質問にYes・Noで答えるだけで、あなたの考え方の傾向や、歴史上の偉人に例えたタイプ解説を読むことができます。
また、社会人のみなさんには、職業とタイプを同時に登録していただきますので、タイプ別に、どんな分野で働いている人が多いのかも、同時にわかります。