「とんび 」重松清 角川文庫

「子育てなんて自分の思うようにはならない」

ホンスキーズBOOK「オススメの父の本」

オススメ人 埼玉県 ラジオネーム お茶屋のさとし

この本のおススメどころ

昭和イザナギ景気の頃から始まる不器用な父と子の物語です。

まっすぐで博打好きなヤスさん その妻の美佐子さんに子供が宿るところから始まります。

子供の為に好きな酒、博打を断ち、小林旭が好きなことから子供に『アキラ』と名付けます。

ある事からヤスさんは男手ひとつで子育てをします。

人から慕われるヤスさんは周りからも助けられ、不器用ながらもアキラくんと一緒に成長をしていきます。

アキラくんを苦しませないための〈優しい嘘〉思春期の難しい時期の息子との接し方、男2人での暮らし方。

思春期って親がウザかったり、何でもない事で衝突したりなんて日常的な事です。

私も2人の子がいますが、子育てなんて自分の思うようにはならないのが自分でも実感したところです。

そして、やはりそこは 一本気なヤスさん オロオロと戸惑います。

男臭いヤスさん、そしてそこが人間臭くて、読みながらも「うんうん、そうなんだよなあ」と頷く事しきりでした。

 

そして、何よりもこの小説の優しさを感じ取れたのが、三人称で語られる文章が、主人公とその妻を称する時「ヤスさん」「美佐子さん」と柔らかな口調で語られている事でした。

それだけでも全体にふんわりとした暖かさが漂うようです。

 

瀬戸内の街を舞台にしたこの物語、成長したアキラくんの進学問題、揺れるヤスさんの心情は 同世代の息子を持つ私も共感を覚えました。

 

この本との出会い

TVドラマで 第一話を見るも、『ちょっと重たいかな?』と感じ、その回で見るのはやめてしまったのですが、最後まで見た友達から聞くと、何故見続けなかった?  

すごく良かったのに‼︎

との声が多かったので、それなら原作を読むまでよ!  と。

 

お父さんとの想い出

私の父は自営業でしたが、朝から酒を飲んでしまうような人でした。

飲まなきゃ無口で大人しいのが、ご多聞に漏れず ひとたび酔うと、くどく面倒くさいオヤジでした。

当然衝突ばかりでしから、こんなヤスさんのような父親像に憧れつつ、自分が父になったら そんなふうに接しなければ と思っていたものでした。

私自身 父との確執が深まるばかりで、この場で説明すると かなりの時間を要してしまうので割愛しますが、反面教師として学ぶべき所は多かったように思います。

家族との接し方 声のかけ方 気にかける事 支える事 食べさせる事 父として『やってはいけない』事は沢山教わった気がします。

 

……なんて つい偉そうに上から ものを言ってしまいましたが、それでも育ててくれ、決して不幸などではない環境だった事は確かなのです。

それだけでも大いに感謝をしています。

ある事から私たちの前から姿を消してしまった父ですが、今は恨んでなどいません。

 

この本を読んで小さな頃からの父との思い出を噛み締めながら、

ほんのちよっぴり、自分も気持ちが優しくなれる小説でした。

 


RFA協会 リーディングファシリテーター

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenota

https://www.facebook.com/honskiy.guurin

http://instagram.guureenn(インスタグラム)

 

 

 

 

 

 

 

 

マラソン初級講座 第四回 実技「3km歩かず走ろう」

「あれ???足がなんか勝手に動くぞ。」

マラソン初級講座の実技も3回目

宿題の60分間動き続けるをなんとか前日にこなしての参加。

今日の課題は「3kmを歩かずに走る」

軽くアキレス腱を伸ばしてフォームの話

まず正しい姿勢で立つ

・足のつま先が真っ直ぐ前を向いている

・右足と左足は拳一つ分空いている

・くるぶし、骨盤、肩が一直線

・肩の力は抜く

「そのままで足を動かしても重心が真っ直ぐ下にあるので進みません。おへその下を意識しておへその上は縦に伸ばして、そのまま重心をつま先に移動させると自然に足が出ます。それが走り出しです」

何回か重心を前にして走り出しの練習をした後に3kmにチャレンジ

「走る時は重心が前に移動して足がそれについてくる感じです。おへその下から前に引っ張られる様に。腰が引けたフォームにはならない様に」

「自分が走りやすいスピードを掴んでね。人とは比べない。マラソンは考えて走る競技です。最初に飛ばして後で走れなくならない様に自分のペースを知る事が大切です。3kmも18分から27分くらいかかるので幅ができます。人は人です」

「この走りを維持するために腕をふってください」

これまでスロージョギングで3kmを走った事はあるけどタイムは30分。

27分切れるのか???

それより歩かず走り切る事はできるのか???

不安が一杯な中、重心を前に移しての走り出しでスタート。

あれ???足がなんか勝手に動くぞ。

前回、歩き出した所も軽くスルー…これは1kmは走り続けられるかも。

コースは前回と同じで500mでUターンするので3周走ることになる。

1周目でタイムを聞くと「6分20秒」\(◎o◎)/

自己最高です♡

そして2週目…少しきつくなってきたのでペースを落とし腹筋を意識して歩かずに走り続けることだけを目標にして足と腕を動かしまし

2週目のタイム「12分50秒」

「おぉ~、まだ6分台をキープしているではないか」(心の声)

…と言う事は、まだペースを落としても大丈夫なんだ。

3週目はさらにきつくなって息もあがってきたが、後1周だと思うと足はなんとか動かせる。

ラスト500m

自分の影が右横に見えるので、ふと見ると腰が落ちている(*_*;

あらためて腹筋と姿勢に気をむけて少し重心も心がけると、足がスタスタと動くから不思議。

ゴールしてタイムは20分40秒…1km7分を切ってる♬

全員戻ってきたところで「思ったより全員早いペースで走ってます。びっくりしました」

「このペースで10km走ります。だいたい皆さん60分から70分くらいです。90分かかる人はいないです」

そして…

「今から2km走ります」

(心の中で)「ええ~~~っ、終わりじゃないの~~!?

何人かの心の声が伝わったようで、先生は苦笑いしながら

「今のタイムを3で割ったタイムで1周走って下さい。そして、後の1周はそのタイムより1秒でも早く走って下さい」

「余力を持って走るのがマラソンでは大切です。最初に飛ばして30秒の貯金ができても30km過ぎたところでバテると歩きます。歩くと1km12~13分になります。貯金はあっという間に借金になります。その借金は雪だるま式に増えていきます」

例えがリアルで妙に納得。

スタートするも、3kmの疲れが残っているのか走り出してすぐに「うわ~っ、無理かも」

500mでもうバテバテ…1周で終わろうかなぁと思いながら、なんとか1周のゴールが見えてきた。

「6分50秒」

あっ、10秒余力がある。

そして私の足は止まらずに2周目に…「何やってるの私、走っとるやん!?」

3kmの3周目よりきつい2周目

500mのターンの所で「あれ?ひょっとして私最後?みんな1周で終わった??」

この講座は中級の人と一緒に走っています。

初級講座の男性陣は軽く2周走りましたが、女性陣は私以外1周で終わったようでした。

暫く走ると私の後にもう1人は知っている事がわかり、焦りも無くなりました。

2kmを走り終わってタイムは「13分35秒」

1周目よりなんとか早くゴール\(^o^)/

走り終わった後は、ぜーぜー言いながら止まって休憩。

走り切った事もタイムも信じられません。

今までの私なら無理だったと思います。

正しいフォームと一緒に走る仲間がいてこそ達成できました。

 

来週までの宿題

「週末には60分歩いても良いので動き続けて下さい。それと、もう一日。20分でいいので走って下さい。週に一回ここにきて走るだけでは10km走るようにはなりません。練習をして走れる体を作らないといけません」

梅雨入りしたけれど、すぐに中休みになり晴れた日が続く大阪。

いつ走ろうか…。

「晩ごはんを食べて少し休憩した後に走ると、食べた物のカロリーが消化されます。テレビを見る時間を走る。走ってお風呂に入って寝る!!健康になりますよ」

それならできるか

 

RFA協会 リーディングファシリテーター

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenota

https://www.facebook.com/honskiy.guurin

http://instagram.guureenn(インスタグラム)

 

 

 

 

マラソン初級講座 第三回 実技「60分間動き続けよう」

「歩いてもいいんだ」

第三回目の目的は「60分間ラン&ウォーキングで動き続けましょう」

まずはストレッチと先週習った正しい姿勢でのウォーキングでウォーミングアップ

ここで佐田先生から

「筋肉痛になりましたか?脛や太ももの内側が筋肉痛になった人?」

私を含め何人かが手を挙げました。

「それは、いい筋肉痛です。普段、脛や太ももの内側が筋肉痛になることはありません。踵から着地して親指の付け根で蹴りあげる正しいウォーキングをしたから出る筋肉痛です」

そして、いよいよ60分間のラン&ウォーキング

「走っていて疲れたら歩いて下さい。もうあかん…と言うところまで頑張らない様に。その前にウォーキングに変えて、走れそうになったら走って下さい。60分間動き続ける事が目的です。周りの速度にあわさなくていいです。」

先週と同じように500m地点でUターンし、1kmをぐるぐる回り1周毎にタイムを告げられます。

私は1kmも走り続ける事ができずUターンして暫くして歩き、また走りだすの繰り返し。

しかし、1kmの所で聞いたタイムは8分10秒台\(◎o◎)/

まさか…途中歩いたのに。

結果7.24kmで平均して1kmを8分18秒で走った事になりました(信じられない)(^_^;)

早い人は10km走っていました。

最後にストレッチをしながら宿題が出ました。

「次の講座までに60分動き続けること」

「今の季節のあいだに汗をかく体質になっておきましょう。温かい飲み物を飲む、シャワーだけで終わらせず湯船につかる…体の芯から温めて汗をかく様になれば夏バテしません。汗をかかずに熱が体内にこもると夏バテします」

 

さて、前回の講座から1週間…。

なんとか60分動いたものの、1人では直ぐに気持ちが折れてラン1割のウォーキング9割と言う結果。

7kmも走ったのが嘘の様です。

講座でたとえ走っている間は1人でも一緒に走る仲間が居る事は、走り続けるモチベーションになるんだと実感しました。

第四回目の講座の内容は明日に…続く。

 

 

RFA協会 リーディングファシリテーター

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenota

https://www.facebook.com/honskiy.guurin

http://instagram.guureenn(インスタグラム)

 

 

「孤高の人」新田次郎

「山へ登るならその前にコレだけは読んでおけ!」

ホンスキーズBOOK「オススメの山の本」

オススメ人 岐阜県 ラジオネーム てるてる坊主

この本のおススメどころ

先ずは、この作品が新田次郎作のフィクションでありながら、殆どが史実に基づいていて、各人物のモデルも実在していた事。

1930年代前半、高峰の冬期登山が一般的ではなかった時代にたったひとりで厳寒の北アルプスを駆け抜け、「不死身の加藤」との異名をとった加藤文太郎(本名)。

風雪の槍ヶ岳北鎌尾根に消えたその生涯を描きながら、人は何故山に登るのか?の問いに答えようとした作品です。

 

この本との出会い

高校時代に先輩から登山部に誘われて「山へ登るならその前にコレだけは読んでおけ!」と言われ渡されました。

 

「山」に関する思い出

やはり高校時代に槍ヶ岳(北アルプス)に登った時の事ですかね、そこから延びる北鎌尾根を、ああ、ここで「孤高の人」の加藤文太郎が遭難した所かと、感慨深く眺めたのを覚えてます。

あと上高地でテントを張って寝ていたら、川が増水して流されかけた。(笑)

 

 

♫山岳小説 ノンフィクション

(サイト NAVER より)

https://matome.naver.jp/odai/2138365976595926101

 

・加藤文太郎「新編 単独行」

1930年代前半、国内高峰の冬期登山が一般的ではなかった時代に、たったひとりで厳寒の北アルプスを駆け抜け、「不死身の加藤」との異名をとった加藤文太郎。

風雪の槍ヶ岳・北鎌尾根に消えたその生涯は、新田次郎の小説『孤高の人』(新潮社)でも知られ、谷甲州の『単独行者』(山と溪谷社)にも描かれているが、彼の真実は残された著作にある。

 

・沢木耕太郎「凍」

最強のクライマーとの呼び声も高い山野井泰史。

世界的名声を得ながら、ストイックなほど厳しい登山を続けている彼が選んだのは、ヒマラヤの難峰ギャチュンカンだった。

だが彼は、妻とともにその美しい氷壁に挑み始めたとき、二人を待ち受ける壮絶な闘いの結末を知るはずもなかった――。

絶望的状況下、究極の選択。鮮かに浮かび上がる奇跡の登山行と人間の絆、ノンフィクションの極北。

 

・山野井泰史 「垂直の記憶」

2002年秋、山野井泰史は、ヒマラヤの難峰ギャチュン・カンに単独登頂後、下降中嵐につかまり、妻・妙子とともに決死の脱出を試みて奇跡的に生還した。

この衝撃的な生還を機に、自らのクライミングの半生を振り返り、難ルートから挑んだ高峰への思いを綴る。

すさまじい登攀への思いと「日常」の生活も著わした、氏の再起への物語でもある。

 

・新田次郎「銀嶺の人」新潮文庫 上下

仕事を持ちながら岩壁登攀に青春を賭け、女性では世界で初めてマッターホルン北壁完登を成しとげた二人の実在人物をモデルに描く。

 

・上村直己「青春を山に賭けて」文春文庫

型破りの青春を語り尽くした巨篇
大学時代、ドングリとあだ名された著者が、無一文で日本を脱出し、五大陸最高峰に初登頂し、アマゾン筏下りに成功するまでの青春記

帯に野口健の「高校の停学中、この本と出合った。そして僕は山に登り始めた」とあります

RFA協会 リーディングファシリテーター

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenota

https://www.facebook.com/honskiy.guurin

http://instagram.guureenn(インスタグラム)

八重山諸島旅行記 4日目  石垣島ウルトラマラソン前日

「もうニ度とあんたたちとは旅行に行かない」

旅行の4日目。

この日は次の日がウルトラマラソンで、そもそもこの旅行は石垣島ウルトラマラソンに出場するためのもの。

なので前日はゆっくりカフェ巡りでもしよう…と旅行前から話をしていた。

日の出前に浜に行ってみるが、この日も雲がかかっていて水平線からの日の出を見る事は難しかった。

Nさんは明日のマラソンのウォーミングアップも兼ねてジョギングに。

「朝ごはんはいりませんから~」と軽やかに走っていく後ろ姿を見届けて、宿舎の「白保フレンドハウス」に戻り朝食作り。

白保フレンドハウス

http://okinawa-ishigaki.jp/shiraho-friends-house/

ポークと卵を炒めて、レンジでチンするだけのご飯とサラダ。

Dさんとシェアハウスの前でオープンカフェの様に朝ごはんを頂く。

食べていると、おじさんが子猫を2匹抱えて2階から降りてきた。

おじさんは「子猫のミルクの場所が分からないんだ」と子猫ちゃんを離した。

そう、まだ生まれて間もない子猫でゲストハウスのみんなで交代でミルクをあげている。

私達も場所はわからなくて、おじさんといろいろ話をしていると子猫ちゃん達は朝ごはんの臭いを嗅ぎつけて、私達の足からあがってきて皿の方へ…。

お腹を壊すといけないので、心を鬼にして子猫ちゃん達が食べない様に防戦。

暫くすると、おじさんがミルクをみつけたようで、子猫ちゃん達も無事に朝ごはんを食べる事ができた。

ジョギングに行ったNさんも戻ってきて、さて今日はどうするかな?と思っていたら

「海に行きましょう」

あれ?ゆっくりするんじゃなかったの???

まぁ、午前中に短時間ならいいか…と水着に着替えて海に行く準備。

そうして車を走らせていると、雷と滝の様な雨。

そのうえ、近くに来たものの浜への道がわからない。

もう、私の海への気持ちは萎え「この雨…そのうえ雷もなっているのに海に行くのか…できれば海には行きたくない」と思ったが、言いだせずシェアハウスのオーナーヒロさんに道を聞いて浜へ到着(ちなみに白保は雨は降っていなくて晴れてたとか)

浜はプライベトービーチ(そりゃそうだ)干潮が始まっているために、かなり遠浅。

二人はシュノーケリングの準備をして海に。

私は浜辺で読書でも…と思っていたら小さい虫が飛んでいて、落ち着いて座っていることができず仕方なく浅瀬を散歩。

良く見ると、小さい魚達やヒトデが居る。

暫くは浅瀬も楽しかったけど飽きてきた…それに一体何時までここに居るんだろう??

車に戻ろうかと思ったが来た道とよく似た道がいくつもあり、わからない(*_*;

2時間以上経ってようやく海から上がってきた2人を迎えて車へ。

またまた雷雨で土砂降り。

カフェに向かうも殆どの店が閉まっていて、ようやく空いている店を見つけて「開いているよ」と言っても車はそのまま止まらず走っていく。

あれ?カフェに行くんじゃないの??

暫く車を走らせると島田伸助の人形が。

そう言えば石垣島にカフェを作ったって言ってたっけ。

駐車場に車を停めてからNさんが一言

「ここに入ります?」

いや、空いているカフェを言ってもスルーしたやん!!もう駐車場に停めてるやん(;一_一)

その時の私は、浜ではつまらなかったし聞きながらも行くカフェ決めてるし…とかなりムッとした状態。

旅行の4日目で体も疲れていた。

コーヒーだけを注文して待っている間に言われたのは

「なんで、そんなに不機嫌なんですか?」

その言葉で、今日はゆっくりするはずだった事、海からいつ上がってくるかわからず見通しが持てなかった事、初めからこのカフェに行きたかったのならそう伝えて欲しい、相談・連絡をして欲しい…大人げないとは思いつつも不満をぶつけた。

 

珈琲も飲み終わっていたので、先に車に戻って後ろのシートで横になる。

その後は私はシェアハウスに戻って体を休めることにし、2人は出掛けて行った。

ひと眠りして体もスッキリし時間を見ると18時。

今日の晩ごはんはうどんを作る予定だった。

何時に帰ってくるのか電話をすると

「今、米原海岸に居るんです。帰るのは9時過ぎるから、ご飯は食べてて下さい」

えぇ~~っ マジで~~~!!(>_<)

明日はウルトラマラソンで一日が終わり、疲れ果てて晩ごはんも食べるかどうかわからない。

その次の日の朝には石垣空港に行く。

それなのにご飯は別々に食べるのか。いや、それより明日は朝の7時からマラソンなのにまだ海に居るって…。

そして2人が車を使っていて、近くのコンビニで買い物がしたかったけど車が無いと行けない距離。

半べそをかきながら「晩ごはんは一緒に食べたい」と伝えると、8時前に戻ってきた。

そこからコンビニへ。

昼間の出来ごとが会ってのこの事で、私は怒りマックス。

「浜に行きたくて行くのは構わない。でも、何時に帰るとか連絡も何も無かった。昼間の話はなんやったん???」

「言いたい事はそれだけですか?」

この一言が私の中の地雷のスイッチを押した。

「もうニ度とあんたたちとは旅行に行かない」

シェアハウスに戻って晩ごはんを作り食べる。

私は言いたい事を怒りにまかせてぶちまけたので、後を引かず何事も無かったかの様に振舞う。

対応に困ったのは2人だろう。

あんなに怒って「ニ度と一緒に行かない」と言っていたのに、今は普通にご飯を作って笑顔で食べている。

大人な2人は私に合わせてご飯を食べ、明日のウルトラマラソンに向けてのミーティングを3人で始めた。

実は1人でシェアハウスに居る時はマラソンへの参加をどうしようか迷っていた。

「気が乗らない…」

ミーティングが終わる時には、気持ちはウルトラマラソンへ。

余りにも単純すぎる自分の構造に少々呆れながらも蒲団に入り直ぐに眠りに着いた。

 

ウルトラマラソンについては「第三回ウルトラマラソンに出た」を読んで下さいませ<(_ _)>

RFA協会 リーディングファシリテーター

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenota

https://www.facebook.com/honskiy.guurin

http://instagram.guureenn(インスタグラム)

「山なんて嫌いだった」市毛良枝 ヤマケイ文庫

「山での失敗の数々がとても素直に綴られています」

ホンスキーズBOOK「オススメの山の本」

オススメ人 宮城県 ラジオネーム ささけん

 

この本のおススメどころ

市毛良枝 この本を見かけた時「市毛良枝って、あの市毛良枝?」と思い表紙を見たら、やっぱりあの市毛良枝さんだった。

 漠然と「お母さん役」というイメージしかなかった彼女だが、本書を読んでビックリ!

日本の名だたる山はもちろんのこと、なんとあのキリマンジャロ(5,895m)にも登っている。

そんな市毛さんも、山登りを始める前は大の運動嫌いで、体育の授業は仮病まで使ってサボっていたそう。

しかし、初めて登った燕岳(つばくろだけ)と常念岳(じょうねんだけ)の縦走で一気に山のトリコになった。

わかるなぁ~その気持ち。本書では「女優」が登山をすることの難しさや、山が彼女人生を大きく変えたこと。

山での失敗の数々がとても素直に綴られています。

 

この本との出会い

この本は2014年12月なので、私が44歳の時ですかね。

出会いは特に覚えていませんが、あの頃は山にハマっていたので、書店の山岳書コーナーで見つけた記憶があります

 

山のおもいで

そういえば私も冬場の下山中、あまりの気持ち良さに、ちょっとわき道に逸れて瞑想なんぞしてみようかな・・・などと思い、人目につかない藪に座り込むも、あまりの寒さに「このままでは悟りをひらく前に、瞳孔がひらいてしまう・・・」と思い、数分で諦めてしまった。

 

♬石毛良枝さん

父親の担当医に『誰でも登れるから』と半ば騙され最初に登った山がなんと燕岳! 

それ以来山の楽しさにどっぷりはまり、現在では日本トレッキング協会の理事を務め、松本市の山岳フォーラムで講演を行うまでになっています。

 

♫ 女優さんで登山をしている人

NEVERまとめより

https://matome.naver.jp/odai/2143099188153112301

・堀ちえみさん

 「堀ちえみと三人の山男」山と渓谷社

『関西ハイキング』で連載した「堀ちえみの子連れ山旅レポート」に加筆しまとめた本です。

15歳で歌手デビューし20歳で引退、結婚。その後離婚し波乱の半生の中で、わんぱく盛りの3人の息子たちを自然の中でたくましく育て、山登りを通して成長を見守るさまが本人の言葉で綴られています。

子連れ登山に使えるミニガイド付き。

・小島聖さん

『タスマニア物語』『NIGHT HEAD』『ナースのお仕事』等、映画・テレビドラマ・CMに多数出演。

名前の「聖」は登山好きの父親が南アルプス・聖岳からとったという生まれついての山ガール。
BS日テレの「登る女」初代パーソナリティーを務めた際にはいきなり馬返し(一合目)から富士山に登ったそうです。
ヒマラヤにも何度か訪れていて、6000m峰の登頂経験もあるという芸能界でも最強クラス。

 

・杏さん

数いる女性タレントの中でも若手のガチ勢筆頭が『ごちそうさん』で大ブレイクした杏さん。 

「成人になるまで親の許可が出なかった」一般ルート最難関として知られる奥穂高岳~ジャンダルム~西穂高岳の縦走ルートを二十歳になると同時に父親の知人の登山家に同行してもらい踏破したという筋金入り。 

女優以外にもトレッキング番組などのアウトドア系の仕事が意外と多い。

 

RFA協会 リーディングファシリテーター

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenota

https://www.facebook.com/honskiy.guurin

http://instagram.guureenn(インスタグラム)