タカラモノ 和田裕美

「あんたな、幸せになりたいんやったら、誰かのせいにしたらあかん」by ママ

【あらすじ】
保美(ほのみ)は、姉と父母との4人家族。
ママは小学校2年生の時から「喫茶&スナック シャレード」を始めて私だけのママじゃなくなった。

ママはちゃんと晩御飯を作ってくれている。
おかずにラップをかけて「今日のごはん」って書いてある。
伝言ノートを作ってママとお姉ちゃんとの交換日記になっている。

ママはいつも真っすぐに生きている。
保美が悩んでいるときもママは励ましてくれる。
「ほのみはママの”タカラモノ”ママは幸せ」

そんなママはモテモテ。
おぎちゃん、りゅうちゃんに宮田。
ママの妹のみっちゃんはママのお店を手伝っていて、ほのみがグレずに真っすぐに育っているのを不思議がる。
ほのみはママの彼氏の宮田が嫌い。

ある日「ママ、しばらくいれへんことになるねん」と言う。
宮田が人に騙されて借金ができて、岡山の知り合いのところに身を寄せることになり、ママもそっちに行く…私は来年高校3年生になるのに。
進路も決まってないのに…。
私はいつしか大学生になっていた。


単行本「ママの人生」の文庫化

【感想】
保美のママはどんなときも正直に生きています。
自分にも家族にもウソは言いません。
全力で物事にぶつかっていきます。
子どもにも彼氏にも。

物語は保美の目線で進んでいきます。
保美の物語の様に見えて実はママの物語となっています。

子どもを置いて彼氏と一緒に家を出るママ。
私の母親と一緒や…。
この物語のママと私の母親との違いは私の母親はそのまま帰ってこなかったこと。
あらすじには書いていませんが、ほなみのママは帰ってきます。
ほなみもお姉ちゃんも泣いて、怒って「勝手すぎるわ」と本音をぶつけ
ママも「ごめんな」と謝ります。
ここのくだりを読んで「よかった」と思う私と「羨ましい」と思う私がいました。

ママの言葉には力があります。
彼氏とご飯代を割り勘にするお姉ちゃんに向かって
「あんたの優しさに甘えている男はあかんようになる。それは同時にあんたがあかんようにしたってことになるねん」
「わざわざむすっとして『あなたが嫌い』という態度をとるのはアホのやること」
「自分の人生は自分だけのもの。世間とか、常識とかまったく及ばないことや」

小説の中に人生の教訓がいくつも隠されています。
前編関西弁で書いているのも親近感を覚えた一つです。
ここに出てくるママは実際に居てそうです。

双葉文庫
280ページ
2019年6月13日第1刷発行
本体価格 620円

著者 和田裕美
作家・ビジネスコンサルタント京都出身。
外資系教育会社での勤務経験から『世界No.2営業ウーマンの「売れる営業」に変わる本』を上梓しデビュー。
著書の累計は 220万部を超え、女性ビジネス書作家の先駆けと呼ばれている。
華々しい経歴の陰にあった家庭環境や自身の 極度な引っ込み思案を背景に書いた絵本『ぼくはちいさくてしろい』は道徳科教科書『いきるちから』に掲載されている。
NHK Eテレ「芸人先生」レギュラー出演などメディアでも活躍中。

著書
『成約率98%の秘訣』
『人に好かれる話し方』
『人生を好転させる新陽転思考』
『和田裕美の営業手帳』など著作多数。

和田裕美オフィシャルブログ

和田裕美ツイッター

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。


南極ではたらく かあちゃん、調理隊員になる 渡貫淳子

「夢は見つけるものではなくて、出会うもの」

南極観測隊と聞いて連想するのは
映画「南極物語」
そう、高倉健さんと犬のタロー、ジローの物語です。
内容もあまり覚えていなくて、
犬たちだけが南極に置いてけぼりになったよな…ぐらい。
題名の「南極ではたらく」ってどんなことだろうと好奇心で読みました。

“南極ではたらく かあちゃん、調理隊員になる 渡貫淳子” の続きを読む

3週間続ければ一生が変わるPart2 ロビン・シャーマ

「最高の人生にたどりつくのは集中力と努力」

ベストセラーとなった「3週間続ければ一生が変わる」の続編です。
好奇心が旺盛でいろんな事を始めてみるものの
なかなか続けることが難しいので
この本から楽しく続けるコツを学びたいと思いました。

“3週間続ければ一生が変わるPart2 ロビン・シャーマ” の続きを読む

「村上海賊の娘」 和田 竜

東京都 府中市 ピロシキ亭のマスター

「村上海賊の娘」 和田 竜

「村上海賊の娘」の魅力

こんにちは 「村上海賊の娘」が取り上げられて嬉しいです。

早速ですが

この本が時代小説のオススメ本というのは盲点だったと思うんです。

読んだ人ならわかるでしょう。

いわゆるオサムライも合戦も出ては来ますが、

読んでいる読者は最初の数十ページを過ぎると意識は

完全に鷲掴みされ瀬戸内の激潮に放り込まれてしまうのです。

ドラマの脚本の様な主役達の台詞や演技を描写する

和田さんの練り上げられた筆力がその秘密です。

眼前に生き生きとライブ演劇の様にキャラがむくむくと立ち上がり、動き出す。

刀が弾かれ合う音とフルオケのサントラミュージックが脳内に響き渡り、

海風や血飛沫の臭いまでも感覚されてしまいます。

だから時代劇?とは露とも考えもしないまま

特上の大活劇の読書体験として記憶してしまうのです。

だから盲点なのです。

黒澤の七人の侍が時代劇を越えているように

村上海賊の娘は時代小説を越えてしまっています。

面白いですよマジで。

この本との出会い

図書館で入庫をてぐすねひいて待って速攻ネット予約しました。

それでも八十人待ちでしたね。

時代小説の魅力

基本的に勝敗や運命が決まっているという制約を、

逆にスポーツのルールのように上手く生かして

色んな切り口で同じ人物を料理してゆくというのは面白いですね。

バットマンやホームズが色々作られるように

信長や龍馬が作品によって次々と取り上げられる。

思いもしなかった切り口で料理されるとヤラレタ、と悔しがるのも時代小説の醍醐味です。

隆慶一朗 「影武者徳川家康」

滋賀県 コーヒーバカさん

隆 慶一朗 「影武者徳川家康」
「影武者徳川家康」の魅力

確か上巻の巻末に書かれていたと記憶しているのですが、

『徳川実紀』に宴の最中に家康本人が本来の幼少期とは異なる話をした。

という記録があるそうです。

それはあまりにも史実とかけ離れた内容で、

身売りをされてある肝心坊主の奴隷になっていたというものだそうです。

それと共に、家康の人柄が関ヶ原以前と以降では、まるで違っている。

ほとんど別人ではないのか?という見識から、

隆慶一朗先生がイメージを膨らませていかれた、稀代の歴史小説です。

実はこの小説の素案を作る際に、徳川家に徳川実紀を見せて欲しいと願い出たら、

断られたという裏話があるほどなのです。

元々は「信長を撃った男」として名を馳せた、

世良田二郎三郎が家康の親友でもあり家臣でもあった

本多正信と一向一揆衆として出会ったことから、二郎三郎の数奇な運命は始まります。

関ヶ原の合戦で、たった一つ二郎三郎が真似なかった家康のクセを

暗殺者に見破られたことで、家康本人を殺されてしまう。

そして関ヶ原で家康が居なくなれば、

協力している豊臣恩顧の武将達が東軍を見限ることを理解していた二郎三郎は、

影武者ではなく家康本人としてその後の生を生きることになるのです。

ですが、家康として生きることになっても、二郎三郎の生き方は変わりません。

封建社会の頂点に立ちながら、【道々の輩(ともがら)】として、

世の中の一切のしがらみから解き放たれた、

『自由人』として今持っているものをいつでも捨てられる者の強さ、

そして危うさと儚さ。そのギャップの面白さが活き活きと描かれている小説です。

ラストシーンの桜を見ながら、共に戦い抜いた仲間達と酒を酌み交わすシーンは、

そこに居るだけで、居られるだけでどれほど幸せだろうか?

と思わせるほどであり、散りゆく桜の花を愛でる度に思い出すシーンでもあります。

その小説を読み終えた者だけが味わえる、生きるということの意味を教えてくれるシーン

だと私自身は感じています。

 
この本との出会いを話す前に、一つだけお話ししておかねばならないことがあります。

私は「天海僧正」=「明智光秀」説を信じる者です。

明智光秀は、山崎の合戦で死んではおらず(事実、光秀の首は見つかっていない!)

自らが焼き払った比叡山に逃げ込み、そこで僧天海としての第2の人生を歩んでおり、

戦国の世を見守っていました。

その後家康と再会した光秀は、秀吉亡き後に再び戦乱の世を起こさぬために、

家康と共に知略・謀略を張り巡らせ、豊臣家を滅ぼし、戦国の時代を終わらせる。

という歴史の裏舞台説があるのです。

実は『影武者徳川家康』もこの説に基づいているのです。

でもこの『影武者徳川家康』にも天海僧正は登場はしますが、

明智光秀としては登場しません。

ですがこの『影武者』以外のこの時代を描いた「吉原御免状」や「かくれ里苦界行」

をはじめとする小説群はこの内容を踏襲しているのです。

ただきっかけとなったのは、先に読んでいた傾奇者「前田慶次郎」を主人公にした

「一夢庵風流記」でした。

関ヶ原の合戦の後、上杉家の和平役として

慶次郎が家康のいる京都に赴くシーンがあるのですが、

そのシーンの家康が何か違う。

と違和感を感じさせたのです。

それと共に、家臣団の中での本多正信の行動が妙に引っかかった。

何かあるな!と思い、隆先生の小説群を読んでみたら、何と私が信じていた

「天海僧正」=「明智光秀」説に準じた作品が数多く見られ、

最終的に『影武者徳川家康』に行き当たった。という訳です。
時代小説の魅力

時代小説の面白さは、何と言ってもその時代を生きた人たちの生き生きとした

姿そのものを知ることができるからでしょう。

学校で習う歴史の時間、覚えることは年表と出来事だけですが、

なぜその出来事が起こったのか?

どうしてその人物は、その出来事を生んだのか?

そういったことが、時代小説には様々な角度からの切り口で書かれています。

そしてそれを知らないことは非常に勿体無いことだと私は思うのです。

例えば、司馬遼太郎先生の大作『竜馬がゆく』では、

坂本龍馬が一人の人間として書かれています。

高知に行くと坂本龍馬はまさに英雄で、

その英雄像として語られることが多いのですが、

私はそれが好きではありません。

坂本龍馬が日本を変えたのは、日本を洗濯しようとしたのは、

アメリカと商売がしたかったから。

その一点のみが坂本龍馬が目指したことだった。

それが「竜馬がゆく」からは読み取れます。

このように一個の英雄としてではなく、一人の人間として生きたドラマが見たい。

何よりその時代を生き抜いた、その人の人生そのものが見たい!と常に思っています。

その時代、その背景の中でこそ、その人が生きた証がある。

それを知りたい!それが時代小説の魅力だと私は信じています。

だから様々な切り口があっていいと思っていますし、

それぞれ違う角度で見ていいと思っています。

それに自分の好きな作者を選べばいいと思います。

その辺りはやはり歴史小説も一つの嗜好品だと思うのです。

渡辺浩弐「1999年のゲーム・キッズ 「「1999年のゲーム・キッズⅡ」

「高校生の時にハマった本」

静岡県 ラジオネーム motograph(モトグラフ)

渡辺浩弐(わたなべこうじ)

1999年のゲーム・キッズ
1999年のゲーム・キッズⅡ マザー・ハッカー
デジタルな神様
2000年のゲーム・キッズ      幻冬舎文庫

①オススメどころ
ショートショートで1話が5ページくらいなので読書初心者でも読みやすいです。
内容もショートショートらしく、短い中で最後のオチ(大どんでん返し)がパンチ力があり、いちいち驚かされます。
取り扱われている題材が難しいわりに読みやすいのが魅力だと思います。

20年近く前の本ですが、題材にVRや電子書籍や音声認識等(題材は他にもいろいろあります)今では当たり前になってることもたくさんあり、当時は「そんなのあり得ない」とか「あー、あり得るな」とか思いながら読んでいましたが、今読んでも「予想当たってるじゃん」って楽しめる作品なのかなと思います。
クローン人間を題材にした話の『1999年のゲーム・キッズⅡ マザー・ハッカー』の中の”牧場にて”は分かりやすく、人にこの本をオススメするときに話の内容を紹介したりします。

全体的に話の内容は『世にも奇妙な物語』みたいな感じだと思います。

②この本との出会い
当時、読書家でなかったんですが、友達が本を読んでいたのが気になって「何読んでるの?」と聞いてオススメされたのがキッカケです。
本格的に読書するようになったのは最近ですが、20代前半で読んだ石田衣良さんの『4teen』とこのゲーム・キッズシリーズは確実に本好きになるキッカケの作品です。

③高校時代の思い出
今より20キロくらい痩せててカッコよかったです笑
当時、地元は雑誌に取り上げられるくらいヒップホップの街って感じで、ヒップホップが流行ってました。
学生でお金がなかったけどなんとか工夫してB-BOYの格好をしてました。
洋楽のラップ聴いてダンスをかじったりなんかして笑
今では日本語のラップの方が文学的だと思いますし、J-POPも聴きます。
高校時代の思い出といえば宇多田ヒカルさんのデビューが衝撃的で、友達たちの間で話題になりました。

渡辺浩弐(わたなべこうじ)

週刊ファミ通』(エンターブレイン)に連載した小説『1999年のゲーム・キッズ』で本格的に作家活動を開始。星新一の影響を受けたショートショートSFで、いくつかの作品はテレビドラマ化(『世にも奇妙な物語』など)や映画化された。また、『1999年のゲーム・キッズ』は1995年のドラマ『BLACK OUT』(「原案」クレジット、ノベライズも著述している)と1997年のドラマ『いとしの未来ちゃん』(「資料提供」クレジット)のアイデアソースとして映像化されている。『アンドロメディア』も、1998年に映画化された。