年収200万円からの貯金生活宣言  横山光昭

「『いくら使ったか』より『何につかったか』が大事なのです」

私は貯金が苦手です。
お金はあったらあっただけ使ってしまいます。
そして、毎回「あぁ、残しておけばよかった…」と後悔ばかりしてきました。
若い頃からピンチになっても「なんとかなる」と思っていて
またなんとかなってきました。
少々の貯えも、子どもの進学の準備やら車の車検やらで無くなり
「金は天下のまわりもの」っていうけど、
私のところにはスルーされているのでは?

と思っていました。
苦手なのでお金の本もほとんど読んできませんでしたが
あらためて苦手なことも目を背けずに読もう…
と、一大決心して手に取りました(笑)

貯金を始めるのにまず最初にすることは?

☆貯める目的をハッキリさせる
 「なんとなく老後が不安だから」ではなく
 「家族と旅行に行く」「毎月1万円ためる」など
 目的がハッキリすることで、お金を使いたい気持ちをコントロールし
 自分なりの考え方や価値観を持ち、家計に反映させる必要があります。
 目標が見つからない人は「将来の不安」ではなく
 「未来の自分の可能性」のために貯めるようにします。
 動機がネガティブなものかポジティブなものかで
 貯金力の伸びが全く違うのでポジティブな目的にしましょう。

お金のステージ

☆第1ステージ「お金を管理する」
 家計簿を使ってお金の流れを把握する
 お金と向き合ってコントロールできるようになり
 実生活に関わるお金をマネジメントするのが貯める基礎

☆第2ステージ「お金を学ぶ」
 管理できたお金を今後どう活用するかを学ぶ段階
 例「お金に関する本を読む」「セミナーに参加する」
 この段階ではまだ投資などの実践に走らない

☆第3ステージ「お金を活かす」
 管理して学んだお金を実際に活かす時期
 運用もまずは興味本位で楽しむ学ぶためのアマチュア投資
 次に地容器や分散投資による揺るがない組み立てを意識するもの

大切なのはステージを飛ばさないこと
筋トレと同じで、いきなり50kgのベンチプレスを上げることはできません。
まずは筋肉をつけるところからのスタートになりますよね。
お金のステージも一緒で、お金を管理することができないのに
いきなり投資をしても上手くいきません。
抜け道やマジックはなく地道に一歩ずつ進むことが近道なのです。

“年収200万円からの貯金生活宣言  横山光昭” の続きを読む

新・片づけ術 断捨離 やましたひでこ

「余計な情報も捨ててしまって、自分が行動できることを選んでいくことも必要」

「断捨離」という言葉は、もう浸透していますよね。
この本は「断捨離」を考案された、やましたひでこさんの
言わば「元祖・断捨離」本です。


私は片づけるのが下手です。
片づけてもすぐに色々なモノがあふれてしまいます。
今、見渡しても
机の上
カラーボックスの上
本棚の前
もう、見たくない(笑)

“新・片づけ術 断捨離 やましたひでこ” の続きを読む

燃えつきるまで 唯川恵

 

「愛人でもセカンドでも、何でもいい、愛されるならどんな立場でも忘れられるよりずっとマシ」

ハウジングメーカーに勤める怜子は31歳。
チーフにもなり仕事に充実感を持っていた。
5年間付き合った恋人、耕一郎からは数年前からプロポーズされていたが、
当時はチーフになったばかりで待ってもらっていた。

そろそろ結婚もいいかなと思っていた矢先、
耕一郎から別れを告げられる。
またいつもの喧嘩と同じ、すぐに謝ってくる。
いつも先に謝るのは耕一郎だもの。
そう、たかをくくっていたが、いつまでたっても耕一郎からの連絡はない。
本気の別れだった。
失恋のショックで仕事にも身が入らない怜子。

なんども電話し会ってよりを戻して欲しいと懇願するが受け入れられなかった。
あんなに順調だった仕事も穴をあけてしまう。
そんな怜子に耕一郎と共通の友人から耕一郎に新しい彼女ができたと聞いた怜子は…。


いろいろな女性が登場するけれど、女って怖い…と思いました。
独身の頃や今もそうですが、同性で同世代の友人が少ない私には
なかなか理解しがたい女同士のやり取りが綴られてました(;^ω^)

横山秀夫「動機」

横山秀夫さんの「動機」

横山さんが書く刑事は「無骨」と言う二文字が似合う男達です。

靴底をすり減らしながら、聞きこみに行き

容疑者の部屋の前に何日も張り込む…。

そんな雰囲気が本から漂ってきます。

この「動機」は4つの話が収録されています。

署内で一括保管される三十冊の警察手帳が紛失。

犯人は内部か外部か。

私が小さい時は、刑事ドラマが多く夢中になって見ました。

桜木健一さん主演の「刑事くん」

丹波哲郎さんや和製ブルースリーと言われた倉田保昭さんが出ていた「Gメン75」

歩いていて横一列になると「あっ、Gメン75みたいやなぁ」と言ってました(笑)

天地茂さんの「非情のライセンス」

まだまだありますが、その中でも好きだったのは

「太陽にほえろ」

ショーケンさん演じるマカロニ刑事

松田優作さん演じるジーパン刑事

でも、私が好きだったのは、チョーさんに山さんでした。

昔ながらの聞きこみを靴底をすり減らしながら地道に行う刑事。

そう、横山秀夫さんの警察小説に出てくるのは

「太陽にほえろ」のチョーさんや山さんなんです。

興味を持たれた方は、一度手に取って読んでみて下さい<(_ _)

吉行淳之介「砂の上の植物群」

岐阜県にお住まいのてるてる坊主さん

課題図書買うって言って親からお金貰って、他の本ばっかり買ってたかな(笑)

中3で吉行淳之介の「砂の上の植物群」を読む様なマセガキでした(笑)

「課題図書を買うと言って違う本を買い始めたのは、いつからですか?

真似する人が増えたら大変ですから止めた方が(笑)

中学生になってからかな、課題図書は人に借りて感想文書いたっけ(笑)

プラモデル作りに凝っていて戦記モノや資料に代わりました。(笑)

「中学生の頃は、どんなお子さんでしたか?読んでいた本は、やっぱり吉行淳之介が多かったですか」

吉行淳之介は「砂の上の植物群」だけ(笑)

青春の蹉跌、青春の門、など、やっぱりマセてた(笑)

部活はバスケ、

戦時中の飛行機のプラモデル作り、

ギター始める(フォークソング)、

最初に買ったレコードは吉田拓郎の旅の宿(笑)

「ギターで一番最初に弾けるようになった曲はなんですか?」

うーむ、確か、結婚しようよ、だったかな。

音譜僕の髪が肩まで伸びて」(笑)ラブラブ

沢山本を読む様になったきっかけが美人な新卒の国語の女教師が「青春の蹉跌」を貸してくれた

事ですから・・話をする為ドンドン借りてましたね~(笑)

横溝正史「獄門島」

☆ 愛知県のたけちゃん

中学生の時、横溝正史の「獄門島」で金田一耕助シリーズにドップリはまりました。
よく学校を休んで一日中小説を読んで過ごしてました。
当事は気がつかなかったのですが金田一の関わる事件は孤島や山奥の村など閉鎖的で古い因習に縛られた場所が多かったと思います。
僕は中学校に同じ印象を抱いていたのだと。
その世界で自由に動き回る金田一耕助に憧れていたんですね。

僕は小学生の頃はわりと目立つ優等生ぽいタイプでした。
クラス委員をしたり女の子に人気があったり…。 それで意識してはいなかったのですが調子に乗っていたのかも知れません。
クラスの男子から無視されるようになりました。
ほんの2~3週間のことでしたがショックでした。
自分は簡単に無視される存在だったということ。
無視されることに恐怖した弱さ。
自信を無くしました。
中学生になって目立たないようになりました。
自分を出さずに人に合わせるようになりました。
でも段々それも疲れるようになりました。
本はスポーツ系の雑種ばかり読んでましたが、ある日、いつもの本屋に行くとふと「残酷な物語を読みたい」と思いました。
頭の中にあったのは数年前、映画のCMで観た『八つ墓村』でした。
作者も分からずタイトルだけを見て探していると横溝正史という作家の作品でした。
数冊表紙をみるとすべておどろおどろしい。
一番妖艶でおどろおどろしい作品が「獄門島」でした。
読み始めると殺人の残酷さよりもトリックに驚かされ、風変わりな小男 金田一耕助に心を奪われていました。
孤島という閉鎖的な世界。 古い因習に囚われた人間関係。
その中で不思議な存在感と明晰な頭脳で事件を解決する金田一耕助は僕のヒーローになりました。
それから横溝正史の金田一耕助シリーズを読み耽りました。
本の面白さに気がついたのはこの頃です。
その後、僕の生き方が変わったわけではありません。
ですが、自分がいる世界が決して世界のすべてではないと気づいたのです。
思いを馳せれば色々な世界に行けるのです。 色々な人の考え方を知ることが出来るのです。
それだけで世界は素晴らしく思えました。