世界一簡単 ! 「ストレス」と上手に付き合う方法 堀北裕司

「楽しいから笑うのではなく笑うという行動をするから楽しくなる」

著者の堀北さんは大手家電メーカーの「お客様相談室」
の責任者を11年されていました。
オペレーターが対応しきれないトラブル案件の対応
「クレーム対応」を1万件以上扱ったそうです。

怒鳴られる、理不尽な八つ当たりの毎日で
「心が折れる」経験をした堀北さんがたどりついた
「ストレス対処法」63個が具体的に書いてあります。

“世界一簡単 ! 「ストレス」と上手に付き合う方法 堀北裕司” の続きを読む

お金に愛される魔法のお財布 はづき虹映

「お金は『ペイフォワード(先送り)』が原則」

ちょうど財布を買い替えたいなぁと思っていたときに
知人から勧められたのがこの本です。
この本に書いてあることを(少し)参考にしながら
今使っているお財布はネットや店舗で探して巡り合えました。

“お金に愛される魔法のお財布 はづき虹映” の続きを読む

「ユダヤ人大富豪の教え2」 本田 健

🎶大阪府 キーボーさん

「ユダヤ人大富豪の教え2」 本田 健 著

「どこが目からうろこでしたか?」

人生で最も時間を効率よく使いたければ

自分の一番得意で好きなこと以外はやってもらう、任せる天才になる。

ということが印象的です。

ノウハウではなく、幸せに生きる心構えを学べる本です。

「いつ頃読みましたか?」

本を読んだのは1年前ぐらいです。

「本を読んで変わった事はありますか?」

お金の本質を知り、感謝で受け取り払えるように心がけるようになりました。

「任せる天才になる」

なかなかできません。

人に任せるより自分でやった方が早い…。

私自身の大きな課題でもあるんです。

本田健さんと言えば、お金に関する著書が多い。

きーぼーさんからこの本をお借りしました。

「あとがき」より

税理士の父をもった私は、小さい頃から、

何かとお金のことを考える機会がありました。

(中略)

私は、感情的にも経済的にもお金から自由になっていく過程で、

自分を癒すことの大切さを痛感しました。

どれだけお金を稼いでも、感情的に癒されていなければ、不幸なままです。

感情的にお金から自由になるためには、お金にまつわるドラマを思い出し、

1つずつ癒していく必要があります。

お金に関して、あなたが小さい頃、どういうドラマがありましたか?

そのドラマが、あなたのお金観を決めています。

無意識のうちにあなたが感じたお金に対してのイメージです。

それを癒していくことによって、少しずつお金から自由になることができます。

このあとがきを読んだだけでも「お金」に関するイメージが随分と変わりました。

そして、小さい頃の「お金に関するドラマ」…私は小さい頃は貧乏。

毎日、キャベツの味噌汁だけの日々が続いた時がありました。

でも自営業だったので、日銭はあるし食べ物を扱っていたので「なんとかなる」

そして今も「なんとかなっています」

まとまったお金が必要な時に、どうしようと思っていたら臨時収入があったりします。

ある友人はそれは、「へび年生まれだから」とも言われましたが、

「へび年」だからか、なんとかなっていた「お金のドラマ」のせいなのか…。

「表情分析入門」ー表情に隠された意味を探るーポール・エクマン著

大阪府 たけさん

相手の感情を知る、という点では

「表情分析入門」ー表情に隠された意味を探るーポール・エクマン著

が目からウロコでした。

「表情分析入門」のどこが目からウロコでしたか?

人類に共通した表情があるということ、

また「本音の感情」は0.2秒しか表出しないということです。

怒り、嫌悪、悲しみ、恐怖、軽蔑、幸福、驚き。

その時まで、「空気を読む」ということが実感を持って理解できませんでした。

この本を読んだことできっかけができ、

「空気」とは表情、しぐさ、声色、会話の文脈のことだと気づかされました。

その本を読んだのはいつですか?

8年ほど前だったと思います。

ちょうどアメリカドラマにはまっていた時で、

「Lie to me」というドラマがその本を知るきっかけでした。

「Lie to me」は表情分析学をテーマにした作品で、

表情研究の第一人者が警察に協力し難事件を解決していくという物語です。

作中では嘘を見破る場面で表情分析学が使われていました。

相手の心を読むことが空想の中だけの話だと思っていたので、

それに近い方法が実際にあると知って興味を持ちました。

読む前と読んだ後とで、変化はありましたか?

実際に表情を読む練習や自分で基本の表情を練習した時期もありました。

だからといって自分の中で特に変わったという印象はありませんが。

ただ、以前に比べて相手の感情はわかるようになったかもしれません。

喫茶店などで他の人が話している姿をじっと見てしまうときがあり、

目があうと気まずいです(笑)

非言語のコミュニケーション

ノンバーバルコミュニケーション

声のトーンや仕草、ちょっとした表情に感情がでますよね。

言葉で伝えている事が、全て真実ではないので、

相手の気持ちを汲み取る上では有効かもしれませんが、

一歩間違えると気味悪がられるかもしれないので、ほどほどに…。

紹介されていた海外ドラマ「Lie to me」は

レンタルされています。

興味はあるけど、本で読むのは…と言う方、

ミステリー好きの方は、一度ご覧になってはいかかでしょうか?

「サンタのおばさん」東野圭吾・著 杉田比呂美・画

目からウロコの本

「サンタのおばさん」東野圭吾・著 杉田比呂美・画

目からウロコの理由は2つあります。

「東野圭吾さんの本を図書館の子どものコーナーで見つけた」

「女性のサンタクロース」

サンタクロースは男の人という固定観念があった事に自分自身が驚きました。

お話は…

12月上旬にフィンランドで開催されるサンタクロース会議。

アメリカ支部のサンタクロースが公認のサンタを連れてくる…それはジェシカという女性。

各国のサンタクロース達がその意外性に驚き「女性」と言う事で難色を示す。

そして、其々が持論を展開する

「何故、サンタクロースは男性なのか」

議論が白熱し収拾がつかなくなって…。

その時とったジェシカの行動は?

この本には「男女の違いについての議論もそうですが、

各国代表のサンタが各国の事情もふまえながら意見を言う状況で、

国の違いを面白可笑しく垣間見る事ができます」

・アフリカサンタの衣装は緑色

⇒ 赤いケープつけてプレゼントを配っていたらライオンが襲いかかって来た

緑色なのは、猛獣から身を守るために自然にとけこむため。

・オセアニアサンタの衣装はアロハ

そう南半球は夏

そして会議の進行でも、国民性が出ています。

・規則に忠実な発言をするドイツサンタ

・女性に優しいイタリアサンタ

大人の絵本とでも言う一冊ではないでしょうか?

今回、図書館でこの本を探すと「子どもの本」にはなくて、

「大人の本」「東野圭吾コーナー」にありました。

ミステリーが多い東野圭吾さんのこの一冊。

少し早いですが、クリスマスに向けて読んでみませんか?

最後にはプレゼントを配り終わった後のサンタの過ごし方が描かれていて、

これまた国民性があらわれていますラブラブ

畠山恵「しゃばけシリーズ」

広島市のれいぞう子さん

畠山恵さんの「しゃばけシリーズ」

「しゃばけしりーずとの出会い」

もう10年近く前だと思うのですが…本屋さんで文庫本が平積みになっているのを見て手に取ったのがきっかけです。

いろいろな妖(あやかし)が少しコミカルに描かれていて、

また「しゃばけ」というタイトルがわかるようでわからない不思議な感じに惹かれました。

「しゃばけシリーズの魅力」

登場人物、登場妖(あやかし)がとにかく面白い。

病弱で月に一度は死にかけ過保護な両親や兄や(実は妖)達に見当違いの心配をされながらも、

持ち前の勇気と知恵で頑張る若旦那一太郎。

一太郎が幼い頃から、兄やとして傍にいる仁吉と佐助、

実は妖で、普段は有能な店の手代でありながら、若旦那がすべてに最優先、

人とはずれた思考で、時に一太郎をあせらせる。

その他鳴家(やなり)、付喪神、猫又、河童と、いろんな妖が登場、

若旦那は妖の力を借りて、身近で起きた事件を名推理で解決します。

♫ 「しゃばけシリーズ」

・時代物で題名が「しゃばけ」「すえずえ」「なりたい」「うそうそ」「ころころころ」

とそれだけだと物語の内容がわからないのと、ひらがな表記

手をとってしまうのは、柴田ゆうさのイラストがかわいくてほのぼのしているのもあるかも。

・しゃばけ倶楽部~バーチャル長崎屋~ ホームページ

シリーズ紹介、登場人物紹介、長崎屋見取り図、オンライングッズ販売も

♫ 畠中恵 著 「まんまことシリーズ」

『まんまこと』というタイトルです。

意味は「真実。ほんとうのこと」。

江戸は神田の古名主の玄関先に持ち込まれる騒動(いまでいう民事の範疇)を、

やや頼りない跡とり息子・麻之助とふたりの悪友—-男前でモテモテの清十郎、

堅物の吉五郎が活躍し、絵解きします。

この彼らがとても魅力的なのです。

ついついお話の向こう側まで想像してしまうような強力なキャラクターたちです。

女性陣も負けてはおりません。

芯が強く、可憐な眦を決し、こうと決めたら動かない意気地のある女たちが生き生きと描かれています。

お腹の子の父は誰なのか?

万年青争いの真相は? —-切ない恋物語も織り交ぜられ、読者をつつみこむような畠中ワールド

が存分に楽しめる一冊です。

ふうわりと温かな読後感をぜひ味わってみてください。