谷中の街の洋食屋 紅らんたん 濱野京子

「富美さん、夢を失ったかもしれないでしょう」by 千佳

【あらすじ】
奈留美…紅らんたんでアルバイトをしながら就職先を探している。
千佳…紅らんたんのオーナー、コーヒー担当、74歳
真崎…紅らんたんのマスター、コーヒー以外のメニューを作る。千佳とは昔からの知り合い

ふとしたきっかけで「紅らんたん」で働くことになった奈留美。
「紅らんたん」のお客様はご近所の高齢の方がほとんど。
常連客の一人、富美さんの家に千佳と奈留美は訪問する。

富美さんはご主人に先立たれて独り暮らし。
その富美さんに再婚を考える人が現れた。
相手は観葉植物を販売する会社の社長。
亡くなったご主人は生前に「俺か死んだら再婚してもいいんだよ」
と言っていたにも関わらず、富美さんの夢枕に立つのだ。
何度も。
奈留美は寝室へ案内されると気配を感じた。

数日後、富美は相手を連れて「紅らんたん」にやってきた。
食事を終えたころ、店に富美の息子からの電話があった。
富美が先に家に戻ってしばらくしてから再度、電話がかかる。
富美の息子が話をしたいと言っているのだ。
男は二人分の食事代を払って、そのまま行方をくらました。
(三 夢枕にたつ人)

【感想】
連作短編集です。
「紅らんたん」に集まる常連客の人々が皆、個性的です。
話が進むにつれて、千佳と娘の話になります。

いくつになっても恋がしたい。
女学生の様な仲の良い二人の老女。

イケメンで周りの女性にモテモテの征一。
征一の友人でぽっこりお腹の和夫。

人が60年以上生きていると様々な事があり、
今を形成しています。
いつまでも〇〇な自分でありたい…。
そんな人たちの息遣いが聞こえてくる小説です。

自分に正直に生きること。
年齢を重ねた今だから、周りに知人がいることの大切さ。
今は地域の人たちが集う、純喫茶が少なくなっています。
「紅らんたん」の様な喫茶店がこれからは求められるのではないでしょうか。

【目次】
プロローグ
一 古い手紙
二 恋模様
三 夢枕に立つ人
四 母と娘
五 千佳さんの休日
六 怪我の功名
七 汚部屋の住人
八 ワトソンがんばる
エピローグ

ポプラ社
245ページ
2019年10月4日第1刷発行
本体価格 660円

著者 濱野京子
熊本県に生まれ、東京で育つ。
児童文学作家
『フュージョン』で第2回JBBY賞、
『トーキョー・クロスロード』で第25回坪田譲治文学賞を受賞。

著書
『その角を曲がれば』
『レッドシャイン』
『碧空の果てに』
『甘党仙人』
「レガッタ!」シリーズなどがある。

濱野京子 ツイッター

すみれ屋敷の罪人 降田天



今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマ「新刊が出るとつい買ってしまう作家」

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時

試聴はこちらから

https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/09/10-2_honskeyclub_20190918.mp3

テーマ「新刊が出るとつい買ってしまう作家」

ラジオネーム ぶるぼん

新刊が出るとつい買ってしまう作家…降田天(ふるたてん)
① 降田天のオススメどころ
必ず騙されるところです。
そしてその騙され方が「やられたー!」とか「そうきたかー!」と思っちゃうんですよね~。

降田天さんを最初に読んだのは2作目の「匿名交叉」(文庫では「彼女はもどらない」に改題)。
この物語はイヤミスなのですが、してやられた感が半端なかったのです。
展開もうまく、文章も引き込まれていき一気読み。

最新作の「偽りの春 神倉駅前交番 狩野雷太の推理」では、帯に「あなたは5回必ず騙される」と書いてあったので、「騙されないぞ」と気合を入れて読んだのにきっちり5回騙されてしまいました。
なんといえばいいのかしら・・・。
騙されてるのに気持ちいいというか。

普段ミステリーをさほど読まない私ですが、降田さんの作品はしっかり買い続けて読んでます。

② イチ押しの作品
3作目の「すみれ屋敷の罪人」です。
1,2作目はイヤミスだったのですが、3作目は美しくも悲しい物語。それまでの降田天さんのイメージが覆りました。表紙の絵がとても美しい点もオススメです。

③ 今、気になっている作家さんが居れば教えてください。
小林由香さんです。
デビュー作の「ジャッジメント」が衝撃的でした。
小林さんの本はとても重いテーマですが、心に突き刺さります。

降田天 プロフィール
降田 天(ふるた てん)は、日本の小説家・推理作家。
萩野 瑛(はぎの えい)と鮎川 颯(あゆかわ そう)が小説を書くために用いている筆名の1つ。
他に鮎川 はぎの(あゆかわ はぎの)、高瀬 ゆのか(たかせ ゆのか)の名義がある。
「女王はかえらない」で第13回このミステリーがすごい! 大賞を受賞

萩野 瑛
1981年9月生まれ。茨城県常陸大宮市出身。女性。
早稲田大学第一文学部総合人文学科卒業。
辞書の編集プロダクション勤務を経て、小説家に転身。
プロット(ストーリーの要約)を担当している

鮎川 颯
1982年3月生まれ。
香川県三豊市三野町出身。女性。
早稲田大学第一文学部総合人文学科卒業。
法律事務所勤務を経て、小説家に転身。
執筆を担当している。
子どもの頃から本を読んだり文章を書いたりするのが好きだった。
大学時代に自分1人で小説を書いていて、小説の執筆の他にやりたいことはない、と思う一方で、自分で書いた作品が面白いとは感じなかった。
そんな中で、書いた小説を萩野に読んでもらうと、彼女から的確なアドバイスを受け、このことが、一緒に活動しようと思うきっかけとなった

「すみれ屋敷の罪人」

戦前の名家・旧紫峰邸の敷地内から発見された白骨死体。
かつての女中や使用人たちが語る、屋敷の主人と三姉妹たちの華やかな生活と、忍び寄る軍靴の響き、突然起きた不穏な事件。
二転三転する証言と嘘、やがて戦時下に埋もれた真実が明らかになっていく。


小林由香
長野県生まれ。
2006年、「全速力おやじ」で第6回伊参(いさま)スタジオ映画祭シナリオ大賞の審査員奨励賞、スタッフ賞を受賞する。
2008年、第1回富士山・河口湖映画祭シナリオコンクールで審査委員長賞を受賞する。
2011年、「ジャッジメント」で第33回小説推理新人賞を受賞する。
2016年、「サイレン」が第69回日本推理作家協会賞の短編部門の候補作に選ばれる。

デビュー作 「ジャッジメント」
大切な人を殺された者は言う。
「犯罪者に復讐してやりたい」と。
凶悪な事件が起きると人々は言う。
「被害者と同じ目に遭わせてやりたい」と。
20××年、凶悪な犯罪が増加する一方の日本で、新しい法律が生まれた。それが「復讐法」だ。
目には目を歯には歯を。この法律は果たして被害者たちを救えるのだろうか?

キネマの神様 原田マハ

今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマは「私の号泣本」

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時

試聴はこちらから


https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/08/9-4_honsuki-club_20190817.mp3

ラジオネーム しまりす

原田マハ キネマの神様 文春文庫


①この本のおすすめどころ
ズバリ、親子愛。
映画の話ももちろん映画好きとしては非常に嬉しかったですが、
号泣するほど感動したのは、深い親子愛でした。

読み終わったとき、「この本に出会えたことが幸運だった」「日本語が読めて良かった」と思ったものです。
そして、ひとつだけ、しかもこの本の中で最も重要な作品として出てきた映画を私は見逃していたので、急いでDVDを借りて観ました。
本来は、映画館で観るべきだとは思いつつ、もうかなり前の映画なのでそれも叶わず、キネマの神様にお許しを乞うた次第です。
映画のタイトルは『ニューシネマパラダイス』。これにも、あったかい涙が流れました。こうして、『キネマの神様』とこの名画が私のなかでゴタマゼになって、なんだかとっても心地いい記憶となっているのです。

② この本との出会い
テレビで男性のタレントさん(お笑い系、名前はど忘れ、顔は覚えているのですが……)が「号泣した!」と言っていて、どんな本かなと興味をもったのがキッカケでした。
原田マハさんの本としては、『カフーを待ちわびて』の次に読んだのがこの本だったと思います。
もう何年も前のことですが、どうしても「号泣した本」となると、この『キネマの神様』が一番に思い浮かびます。

③ 直近の号泣した出来事
最近は号泣した記憶がないのが正直なところ。
なんだか、寂しい話です。
私は生きているのか!?と自分に問いかけてしまいそうになります。
というわけで、直近でも5年以上前のことですが、初めて自力で一冊(1年かけて)本を翻訳して、最後の一文を書き終えたとき。
朝方5時くらいでしたが、ひとり泣きに泣きました。
いや、本当に若かったです。

【あらすじ】
無職の娘とダメな父。ふたりに奇跡が舞い降りた!
39歳独身の歩は突然会社を辞めるが、折しも趣味は映画とギャンブルという父が倒れ、しかも多額の借金が発覚した。
ある日、父が雑誌「映友」に歩の文章を投稿したのをきっかけに歩は編集部に採用され、ひょんなことから父の映画ブログをスタートさせることになった。
〈ゴウ〉のハンドルネームで父が書くコラムは思いがけず好評を博し、借金とギャンブル依存から抜け出せそうになるが、ある時〈ローズ・バッド〉を名乗る覗の人物に反論されて……。
〝映画の神様〟が壊れかけた家族を救う、奇跡の物語。


著者 原田マハ
1962(昭和37)年、東京都小平市生まれ。
関西学院大学文学部日本文学科および早稲田大学第二文学部美術史科卒業。
馬里邑美術館、伊藤忠商事を経て、森ビル森美術館設立準備室在籍時、ニューヨーク近代美術館に派遣され同館にて勤務。
その後2005(平成17)年『カフーを待ちわびて』で日本ラブストーリー大賞を受賞しデビュー。
2012年に発表したアートミステリ『楽園のカンヴァス』は山本周五郎賞、R-40本屋さん大賞、TBS系「王様のブランチ」BOOKアワードなどを受賞、ベストセラーに。
2016年『暗幕のゲルニカ』がR-40本屋さん大賞、2017年『リーチ先生』が新田次郎文学賞を受賞。

著書
『本日は、お日柄もよく』
『ジヴェルニーの食卓』
『デトロイト美術館の奇跡』
『太陽の棘』など多数

読書は「アウトプット」が99% 藤井孝一

本を読むだけで終わらせるのではなく「使う」という感覚

大きな本屋に行くとビジネス書の「読書術」というコーナーがあります。
私自身「読書の家庭教師」として、読書会を開催しています。
もう一度、初心に帰って「読書」を学ぼうと書店で購入した本の一冊です。

本に付加価値をつける3つのアウトプット

① 話す
◆今日あった出来事を報告するように本の話をする
◆本の内容を思い出し、繰り返し話すことで初めて記憶になる
 ➡ 本の内容は、人に話すことで自分のものになる

② 書く
◆好きなように読書メモを書く
・その本から感じたことや学んだことを書き出していく
・本のエッセンスを感じ取るのに正解も不正解もない。
・自分の感情を基準に考える
・ポイントがどこか自分さえわかっていれば、どんな書き方をしてもよい
◆本のレビューを書く
・アマゾンのレビューを書きこむ
・自分が一読者としてどう感じたか
・「つまらない」と思ったら何がどうつまらなかったのかを書く
・文章を書く練習になる
◆書評を書くポイント
・何が書いてあったか
・そこから何を学んだか
・それをどう活かすか
➡ この3つを柱にしてまとめる

③ 行動する
◆本に書いてあることを一つでもいいので実践する
◆本に載っている「ワーク」を実践する
◆本に載っているサイトやURLにアクセスしてみる

いい本を選ぶコツ

① 目次を見る
・目次を読めば全体像がわかる
・タイトルと内容が合っているか
・章ごとにポイントが明確になっているか
・知りたい情報が書いてあるか

② 著者のプロフィールを見る
・著者の経歴を見る
・どのような成果を残しているのか
・代表作でとんな領域に詳しい人なのかを知る

③ まえがきを見る
・書き手が最も力を入れているのがまえがき
・最初の3行でピンと来るか
・読みてのことを考えて書いているか

【感想】
著者がより伝えたい所は太字で表記してあります。
各章の最後にはまとめが載っているので、この本が勧めている「必要なところを拾い読みする、斜め読み」がしやすくなっています。

書評の書き方や書評のメルマガの書き方が具体的に載っているだけではありません。
おススメの書評メルマガやサイトも載っているので、本選びにも役立つ本です。

人に話すことや文章を書くことが苦手な人は、書いてあることを実践してみる、またはワークをやってみるという所からアウトプットを始めるのもありだなと思いました。
アウトプットの方法を全てやらなやくても、まずは自分ができそうなところから始めて少しずつ広げていく…その具体的な方法が書いてあるので読みやすくわかりやすい本でした。

【こんな人におススメ】
本のアウトプットの仕方がわからない
書評を書いてみたいが書き方がわからない
効率の良い本の読み方を知りたい
本の選び方がわからない

おススメ度
★★★★★

【目次】
はじめに
1章 もっと「本の話」を誰かとしよう
2章 「速読」よりも「乱読」せよ!
3章 読書の最高の「自己投資」にする技術
4章 「お金を稼ぐ人」は、本をこう読む!
5章 私は、こんな本を読んできた

知的生きかた文庫
221ページ
2014年1月10日第1刷発行
本体価格 571円

著者 藤井孝一
1966年生まれ。慶応義塾大学文学部卒業。
・経営コンサルタント(中小企業診断士)
・株式会社アンテレクト取締役会長
独立・起業を目指すビジネスパーソンに対し、ノウハウ提供やアドバイスなど、実践的なサポートを行う。
特に、かつて「副業」と呼ばれていた「在職中から起業する」スタイルを「週末起業」と名付け、その普及に東奔西走する。
この活動を加速させるため、2003年に「週末起業フォーラム」を創設、1万人を超えるビジネスパーソンが学び、独立・開業を果たす。
さらに、ビジネスパーソンの自立を、教育コンテンツ、パートナーシップ、インフラの面からも支援するために、株式会社アンテレクトを創設、経営を行っている。

著書
『週末起業』
『ビジネススキル大全』
『お金を稼ぐ勉強法』など多数

藤井孝一 オフィシャルサイト

テロリストのパラソル 藤原伊織

「破壊だけを目的とする道具は弱者のためにある」by 桑野

この小説は私が大好きな作家、塩田武士・伊兼源太郎、両氏が人生が変わった小説として挙げていました。
史上初、江戸川乱歩賞と直木賞を受賞した作品です。 

おススメ度
★★★★★
ミステリーの中では、前半にばらまいた伏線を回収しきれないままに終わってしまう話があるのですが、この小説は見事です。
題名に入っているパラソルは???と思っていたら、ちゃんとありました。
ミステリー好き、ハードボイルド好きな人におススメです。

【あらすじ】
小さなバーの雇われバーテンの島村は、朝10時に目覚めると近くにある公園に行き、ウイスキーを飲むのが日課。
ある日、いつもの様に公園でウイスキーをあおっていると、小さな女の子が話しかけて来た。
将来バイオリニストになるのだと言う。
女の子が父親と去り、布教活動で話しかけてきた青年も去って、ウトウトとしかけたその時だった。
地響きが伝わってきた。
続いて悲鳴が…。
爆薬が炸裂したのだった。
周りは死者と死者の破片が散らばっている。
その中で島村は見つける、バイオリニストになりたい女の子を。
女の子の後に話しかけてきた青年に女の子を託し、その場を離れる島村。
この爆発で大学時代の友人、桑野の腕も見つかり新聞で死亡と伝えられていた。

島村は大学自体に全共闘に参加しており、桑野と共に車で爆発事故を起こしていた。
桑野が爆弾を作り、車で移動中に事故を起こして爆発したのだった。
この時から桑野と島村はテロリストとして指名手配される。
時効にはなっているが島村は警察と関わることは極力避けてきた。

島村は単独で今回の爆発を起こした張本人を突き止めようと動く。
そこにやくざの浅井、大学時代の彼女だった園堂の娘が絡んでくる。
店の周りには警察が張り込み、やくざにボコボコにされ、馴染みだった者が一人、また一人と死体で見つかる。

公園の爆発は一体なんのために?
島村は狙われたのか??

【感想】
爆弾の犯人は意外な人でした。
数々の伏線がひとつ残らず活かされています。
出てくる登場人物にもすべてに意味があり、そこがそう繋がるのか…と後半は途中で読むのを中断することに後ろ髪をひかれました。
何故、題名にパラソルなのか…。
あ、そこからなのか(ネタバレになるので書きませんが)
読んでいて、あれはどうなったんだろう?
と思っていたモヤモヤがすべて解決されます。

大学時代、多感な年ごろを全共闘で、それも安田講堂事件の真っただ中で、一つの時代を共有した人たちは、その後の人生にも少なからず影響を与えるのだろうか…。
少なくとも、島村・桑野・園堂の3人は引きずったまま、それぞれの人生を歩んでいたように感じます。

一人ひとりの人生が交錯する中で起こるすれ違い…。
ミステリーでハードボイルドなのに昭和の青春も感じさせ、ちょっとノスタルジックな小説でした。

角川文庫
374ページ
2007年5月25日第1刷発行
電子書籍あり

著者 藤原伊織
1948年大阪生まれ。
東京大学文学部フランス文学科卒業。
電通に勤務する。1977年、「踊りつかれて」で野性時代新人文学賞佳作を受賞。1985年、『ダックスフントのワープ』で第9回すばる文学賞受賞する。
その後、原稿依頼を断っているうちに注文が来なくなり、発表が途絶える。
1995年『テロリストのパラソル』を江戸川乱歩賞に応募し、受賞する。
翌年、同作で直木三十五賞も受賞した。
それまでに乱歩賞受賞作が直木賞の候補になったことや、乱歩賞受賞作家が直木賞を受賞した例はあったが、同一の作品で二賞を受賞したのは史上初であった。2002年、電通退社。

2007年5月17日、食道癌のため東京都品川区の病院で死去。
享年59歳。著書
『ひまわりの祝祭』
『雪が降る』
『てのひらの闇』など

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

キャラがすべて! メディアを使いこなして、自分自身を売り続ける方法 大内優

「割り切って、演じてしまえ」

この本との出会いは「実践読書会」です。
この読書会での課題本が「キャラがすべて!」でした。
読書会ではワークやダイアログが主体で本を読むことは無かったので、あらためて読んでみました。

おススメ度 ★★★★
起業している人
これから起業しようとしている人
自営業の人
などなど自分を売り出そうとしている人におススメです。

キャラ作りで大切なことは?

◆キャラは演じるもの
・必ずしも自分が100%そうである必要はない
・他人の目は気にしない
・割り切って演じる
◆キャラ説明書を作る
・「名前がどう広まって欲しいか?」を言語化する
・自分のキャラをSNSで主張する
◆とんがってとんがってとんがる
・専門性にとんがることは他を排除することではない
・とんがるにも根拠が必要
◆「自分にはできる」とハッキリ宣言する
・自分でこれをやると決めたら徹底的に主張する
・キャラこうと決めたら貫く

自分のキャラの見つけ方

◆好きなことにこだわって追及する
・人生を棚卸しして、自分のキャラを見つける
・自分で自分をプロデュースする
・好きなモノ✖一貫性
◆ターゲットを絞る
・「誰の」「何を」解決する専門家なのかを表明する
◆起承転結の自己紹介ストーリーをつくる

キャラクター化して売り出す方法

◆ビジネスの設計図を準備する
◆LP(ランディングページ)を作ってSNSと連携させる
◆SNSはメルマガへの導入手段にする
・登録者数より開封率が大事

【感想】
まず決めるということが大切なんだと感じました。
私は「読書の家庭教師」という肩書きで活躍したいと思っていましたが、じゃあどうするか…というところで止まっていました。

友人からのアドバイスとこの本を読んだこともあり、まずは「読書の家庭教師」となることを決めてFacebookのアカウントに「読書の家庭教師」を追記しました。
この一文を入れるだけで、投稿も「読書の家庭教師」を意識することになります。

この本はキャラのつくり方だけではなく、どう売り出していくか?
効果的なプレリリース作りやオンラインサロン運営法まで載っています。

「私には無理だわ~」「何も特技ないし…」と思う人も多いかもしれません。
「自分の好きなことで豊かになる」そんな生活に一歩踏み出すために、まずこの本を読んでみて、自分のキャラを作ってみてはいかがですか?

【目次】
はじめに すべてはあなたが”人を惹きつけるキャラ”を持っているかどうか
第1章 なぜ、いま個人がメディア戦略を考えなければならないか?
第2章 自分をキャラクター化して、影響力を最大化する方法
第3章 メディアへ出ていくうえで、最初に考えるべきこと
第4章 テレビを味方にして、一気に有名になる
第5章 自分にファンクラブをつける、オンラインサロン運営法
おわりに キャラでチャンスをつかみ取れ!


きずな出版
229ページ
2018年10月1日第1刷発行
本体価格 1500円
電子書籍あり

著者 大内優

メディア活用研究所代表。1978年福島県郡山市生まれ。
慶應義塾大学卒業後、福島テレビ株式会社で報道記者として4年間勤務。
取材ネタの選定・番組制作には定評があり、テレビ番組コンクールでの受賞歴もある。
記者時代に目を通したプレスリリースは40,000件以上。その経験から、プレスリリースの良し悪しを3秒で判断することができる。
独立後はメディア活用研究所代表として、テレビを効果的に活用し、ビジネスを拡大するためのノウハウを伝えるセミナーを全国各地で開催。
また、メディア活用に関する活きた情報を手に入れるために、現在もテレビ番組MCやラジオパーソナリティとして活動を続けている。

著書
『小さなお店・会社、フリーランスの「テレビ活用」7つの成功ルール』

大内優 公式ホームページ

大内優 ツイッター