マーダーズ 長浦京

「待ち伏せていたつもりで、待ち伏せられた」by清春

村尾邦宏は元刑事。
在職中に逮捕できなかった未解決事件を追っている。
独自の捜査を行うなかで、警察が気づかない
いくつもの証拠を見つけ出していた。
柚木玲美はそんな村尾から封筒を渡される。


 

 

 

 

玲美は幼い頃に母と姉が行方不明になり、母は死体で発見され
姉は行方不明のまま。
母の死は自殺とされた。
養父母に引き取られて25歳になった玲美は、
真実を知るべく養父母に秘密で村尾と知り合った。

村尾の封筒には2人の人物――会社員の阿久津清春と刑事の則本敦子――
の経歴が入っていた。
経歴を頭に入れた玲美は2人に近づく。
2人は殺人を犯しているが捕まっていない。
村尾は2人の殺人の証拠も掴んでいた。

清春と敦子に自分の姉を捜査をするよう命令する玲美。
従わなければ2人がやったことをすべて公にすると脅す。
仕方なく清春と敦子は捜査を開始する。
調べていくうちに一つの団体が浮かび上がり
それと共に清春と敦子の周りに不審な動きが…。

 

 

 

 

 

【感想】
人物設定に無理があるのでは?
と思われるものの話の展開は面白く、
引き込まれるように読みました。
玲美、清春、敦子。
幼い頃のトラウマを抱え、

孤独と執念が入り混じった3人の過去。
からみあいの中で3人が少しずつ変化していくところも
この小説の魅力です。

一つの事を信じ切る怖さ。
自分が良いと思ったもの以外は受け入れず否定し、
他人を巻き込む力の恐ろしさが玲美の姉を通して描かれています。

題名の「マーダーズ」って何だろう?
と、ずっと気になっていました。
「マーダー・インク」から来ていると思いました。


マーダー・インク Wikipedia

 

 

 

 

 

 

 

講談社
400ページ
1800円(税抜き価格)

著者 長浦京
1967年埼玉県生まれ
法政大学経営学部卒業
2011年『赤刃』で、講談社が主催する第6回小説現代長編新人賞を受賞
2016年『リボルバー・リリー』が第19回大藪春彦賞
著書
「赤刃(せきじん)」
「リボルバー・リリー」

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。
グッドレビュアー

プロフェッショナルな読者

隠れ大阪人の見つけ方 なにわクリエイターズ

「551はごーごーいちと読む」

大阪人の気質や大阪弁とその使い方がイラストと一緒に書いてあります。
私は生まれも今も大阪なので、書いてある内容が
「えっ?これって大阪だけなん?」
と、思ってしまいました(笑)

「551」はなぜ「ごーごーいち」と読んでしまうかというと
「551蓬莱の豚まん」が大阪では有名だからです。

551蓬莱CM YouTube

“隠れ大阪人の見つけ方 なにわクリエイターズ” の続きを読む

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365 デイヴィッド・S・キダー ノア・D・オッペンハイム

「イデアとは抽象的・非物質的なもので、現実世界の事物は、このイデアを模倣しているのだ」by プラトン

1日1ページでまとめられて365日分を
月 歴史
火 文学
水 視覚・芸術
木 科学
金 音楽
土 哲学
日 宗教
と分けてあり読みやすくなっています。

自分の興味のあるところだけを読むのもOK
全部読みましたが、順にページを追っていくと
月~土までは時代も紀元前や中世が続く中
急に科学で「温室効果」と出てきて現代に引き戻されるという
不思議な体験ができます。

文学では西洋の古典文学が紹介されていて
あらためて読んでみたいと思いました。
音楽で作曲家が紹介されると、YouTubeで検索して調べを聞いたり
芸術では画家の名前があるとググって絵画を確認したり
検索しながら読むと面白いですよ。

文学でジョン・ミルトンの叙事詩「失楽園」では、
日本版の「失楽園」を思い出し
「ルネサンス」と出てくれば、
「ルネッサ~ンス」のフレーズが頭で鳴り響き
科学で「超新星」と出てくるとK-POPのグループを
連想するという、かなり日本文化に毒されていることも
自覚できる本です(笑)

全体的に西洋文化が中心にまとめられているので
歴史~宗教まで西洋文化に興味がある人にはおすすめの本です。

 

 

 

 

 

 

 

文響社
384ページ

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。
グッドレビュアー

プロフェッショナルな読者

黄金のアウトプット術 成毛眞

「アウトプットしないでいると才能の発見が遅れる」

色々な所で「インプットしたことをアウトプットすることが大切」
と言われています。
FacebookやTwitter、Instagramなど
気軽にアウトプットできるツールも増えています。

私自身はこのブログやFacebook、Twitter、Instagramも利用しています。
より、興味を持ってもらえるようなアウトプットするのには
どんなコツがあるのか知りたくて読みました。

“黄金のアウトプット術 成毛眞” の続きを読む

怪しい炎のクリスマス 那須正幹

「つまり、火事が大きくならないように気をつけているってことですか」by啓子

コロッケこと衣川啓次郎は小学5年生。
中学2年生の姉の啓子、高校2年生の兄の啓一郎と母の4人暮らし。
母は衣川工務店を経営している。

コロッケの住む町の駅前には大きなもみの木があり12月になると
クリスマスツリーの点灯式が行われる。
実は先月から市内で不審火が続いている。
コロッケの同級生の陽子の父親は新聞記者。
同一犯の可能性が高いらしい。

そんなおりコロッケの母の会社の倉庫からボヤが出た。
大火にはならなかったが、兄の啓一郎は友達とバイクで
夜中に見回りを始める。
それまでボヤしか起こらなかった放火がある日
アパートが全焼する。
そのアパートにはコロッケの親友の勝彦が住んでいた。

一体誰が火をつけているのか…。
犯人が捕まった後にも放火は続く。
衣川きょうだいは真情報を掴んだ。



 

 

 

 

 

「ズッコケ3人組」で有名な那須正幹さんのシリーズものです。
クリスマスの日に読みました。
「ズッコケ3人組」は本で読むよりNHKのドラマで観ていました。
この「コロッケ探偵団」シリーズも子どもが活躍します。

コロッケのお兄ちゃんは高校生なのにタバコを吸うし
暴走族にも入っている、昔でいう「不良」です。
でもきょうだいの仲は良いし、母ちゃんのいう事も聞くイイ奴。
放火魔にも火をつける理由があって、
よくない事だけど大人の小説に出てくるような「悪人」は出てきません。
そういう意味では事件は起こるけど安心して読める本でした。

他の話も気になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

【目次】

1.放火魔出没
2.兄ちゃんのアルバイト
3.高町倉庫の火事
4.兄ちゃん張りきる
5.アパート炎上
6.目撃証言
7.親友との別れ
8.捕まった放火魔
9.ツリー炎上
10.真犯人
11.真夜中の追跡
12.コロッケ一家の大みそか

小峰書店
143ページ

著者 那須正幹
1942年、広島県生まれ
島根農科大学林学科卒業後文筆活動に入る。

著書
「ズッコケ3人組」シリーズ
「お江戸の百太郎」シリーズ
「ねんどの神様」など多数

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。
グッドレビュアー

プロフェッショナルな読者

新世界 西野亮廣

「人間は、汚い言葉よりも美しい言葉を優先的に選ぶ生き物である」

これからの時代は「お金」ではなく「信用」の時代。
お金がなくても信用があれば
クラウドファンディングの様にお金を作ることができる。
じゃあ信用を稼ぐためにはどうすればいいのか?
「嘘をつかない」
それは「空気を読まない」ことにもつながる。

信用がお金になるもう一つの方法
それはオンラインサロン。
オンラインサロンはファンクラブの様なもの。
ファンが会費を払って特別なサービスを受け取っている。
オンラインサロンを立ち上げるために必要なことも具体的に書いてある。
プラットフォームのサポート内容や手数料など。
西野氏が主宰するオンラインサロン
「西野亮廣エンタメ研究所」についても具体的に書いてある。

そしてこれからは「言葉でまわる世界」
具体的には「レターポット」というサービス。
1文字5円「一緒に頑張りましょう」というレターを送ることで
間接的にお金を送ることができるシステムを作った。



 

 

 

 

 

 

参考になることがたくさん詰まった本でした。
「しるし本」
しるし本の存在は知っていて、購入してみたい作ってみたいと思っていたところ。
「クラウドファンディング」
今、「感謝で思考は現実になる」という本を元に毎日感謝する
感謝グループに所属し、そこで感謝手帳を作ろうという事になり
私はその中でクラウドファンディングの担当。
「オンラインサロン」
読書だけで豊かな生活がしたいと思っていて、その一つに
オンラインサロンを作ってみようか…と思っていた矢先に読んだ本。

西野亮廣エンタメ研究所にも入りました。
この本を読んで「声の小さい人を徹底的に守る」
という一言にしびれました。

これ以上ないというタイミングで出会った本です。
読み込んで、
「しるし本」
「クラウドファンディング」
「オンラインサロン」
どれも始めていきます。
このブログを縁があって読んでくださっているあなたが応援してくれたら嬉しいです。

この本はネットで無料公開されています。
気になった方は読んでみてください。

西野亮廣 ブログ

 

 

 

 

 

【目次】

はじめに
第1章 貯信時代
第2章 オンラインサロン
第3章 新世界
おわりに

著者 西野亮廣
1980年兵庫県生まれ
芸人
国内最大級のオンラインサロン
「西野亮廣エンタメ研究所」を運営。

著書
「えんとつ町のプペル」
「オルゴールワールド」
「魔法のコンパス」
「革命のファンファーレ」など多数

西野亮廣ブログ

西野亮廣エンタメ研究所

西野亮廣ツイッター

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。
グッドレビュアー

プロフェッショナルな読者