娘役 中山可穂

「おまえは何のために俺のところにやってきたんだい?」

一亀会の片桐は大鰐組の組長ムッシュこと大鰐健太郎の命を狙い
三か月間尾行を続けていた。
片桐にチャンスが巡り、きらびやかな建物に入っていく
ムッシュの後に続くとそこは宝塚大劇場だった。
なんとかムッシュの真後ろの席を手に入れて
その細い首に手をかけようとしたときに
舞台からラインダンスの靴が片桐を目掛けて飛んできた。
ここから片桐の人生が変わっていく。


 

 

 

 

これだけだと単なる極道の話ですよね。
物語はやくざの片桐のパートと雪組娘役のび太こと
野火ほたるのパートで構成されています。
片桐はほたるの靴が縁でほたるを陰ながら応援することにします。
極道もんなので表には迷惑をかけない
ある縁で一瞬、ほたると片桐が言葉を交わす
場面があるのですが、それがまた片桐に負い目となる
出来事も起こり
最後は昔のフランス映画を思い出すような演出でした。
若かりし頃のアランドロンが私の脳内で再生され
本を閉じた時には「FIN」と浮かびました。

私が小学生の頃はちょうど「ベルサイユのばら」が全盛期でした。
安奈淳さんや麻実れいさんの頃です。
祖母に「見たい」とせがんだのですが、チケットは取れませんでしたが
宝塚大劇場までは連れていってもらえました。

それから40年も経ち、とあるご縁で娘と宝塚大劇場に
足を運びました。
初めて生で見る舞台に感動し圧倒され何度か観劇し
宝塚そのものに興味を持ちこの本にたどり着きました。
また、舞台に足を運びたいなぁ。

 

 

 

 

KADOKAWA
211頁

著者 中山可穂
1960年生まれ
早稲田大学教育学部英語英文科卒
1993年「猫背の王子」でデビュー
1995年「天使の骨」で朝日新人文学賞、
2001年「白い薔薇の淵まで」で山本周五郎賞を受賞
著書
「マラケシュ心中」
「男役」
「ケッヘル」など多数

ひやかし 中島 要

「ここの女は我が身を売って、家のため男のために金を作った者ばかり」

吉原に身を売られたおなつ
おなつは元々侍であった。
皆川藩米倉家に仕えていた武士、大下彦十郎の娘。
婚礼を控えた十八の春。
父、彦十郎が花見の最中に考えが全く違う
田坂孫右衛門と口論になり
彦十郎が孫右衛門を切り捨てそのまま逃げてしまった。

おなつの婚礼は消え、大下家は取り潰し。
母は病に倒れ兄は盛り場で借金を作り
おなつを吉原に売ってしまう。

おなつは白妙と名を変え客を引くが、なかなか客がつかない。
ある時から着の身着のままの浪人が
おなつの居る巴屋の前に立ち続ける。
店に入るでもなく女たちに声をかけるでもなく
ただ、おなつの方をじっとみる浪人。
おなつも気になりはじめ、思いを寄せるようになり
それと共におなつ(白妙)が売れっ子になっていく。

ところがある日からばったり浪人を見かけることが無くなった。
気になるおなつ。そこへ浪人の素性を知る三益屋治平と名乗る男がおなつに会いに来る。

表題の「素見(ひやかし)」をはじめ
吉原の女性を書いた短編集

“ひやかし 中島 要” の続きを読む

えんとつ町のプペル にしのあきひろ

「信じぬくんだ。たとえひとりになっても」

「高くて買えない」と言った小学生のために
web無料公開に踏み切り、賛否両論になった一冊です。

【あらすじ】

えんとつ町に住むルビッチはお母さんと二人暮らし。
お父さんは海に出てそのまま亡くなってしまい、
家計を助けるためにルビッチは煙突そうじをしています。

ハロウィンの日、ルビッチはゴミで出来たゴミ人間に出会います。
周りはゴミ人間の事を疎んじていますが、ルビッチはゴミ人間を毎日洗って友達になり
「ハロウィン・プペル」と言う名前をつけます。

ある日のこと、プペルを虐めるアントニオ達に囲まれたルビッチ。
アントニオに詰め寄られルビッチはやプペルに告げました。

「もうキミとは会えないよ。もうキミとはあそばない」
会わなくなって暫くたったあるしずかな夜、ルビッチの窓が鳴ります。
外には体がドスぐろく、片方の腕も無くなり、
変わり果てた姿になったプペルが居ました。

プペルに連れられてやってきた砂浜には風船がついた一隻の船が。
船に乗ったルビッチが知った真実とは…。


無料公開されているwebでこの物語を読みました。
「キングコング西野オフィシャルダイアリー」にアクセスし、
読み終えたときには話に感動して泣いていました。

(なぜ感動したのか・・・ネタバレになってしまうので、気になる方は読んでみてくださいね)

 

“えんとつ町のプペル にしのあきひろ” の続きを読む

「練習ゼロで完走できる非常識フルマラソン完走術」 中村博行

「練習ゼロで完走できる非常識フルマラソン完走術」 中村博行著

この本のどこがうろこでした?

常識で考えたら無理なことだからです。

いつ読みましたか?

去年の3月です。

読んだ後に変化はありましたか?

とりあえずフルマラソンに申し込んだものの、

無理かな~と思っていたのが、この本に書かれていることを読んでいるうちに、

できそうやな~。

と思い、実際にできたこと。

常識を覆す経験をできたことです。

石垣島ウルトラマラソンに参加しただんじろうさん。

スタート 7:00    競技終了 18:00

60kmの部

それまでフルマラソンに登録しても諸事情で参加できず、

練習もさほどすることがないままに当日を迎えたそうです。

そして、見事完走。

一時間で走るペースを決めて、それを崩さずに走り続けたとか。

最初は最後尾だったけど、時間が経つと歩いている人達も出始めて、

少しずつ追い抜かすことに。

著者の中村博行さんは日本テレビのディレクターです。

『24時間テレビ』でマラソンランナー伴走業務につくことになった、

走ることが好きでもなんでもないテレビディレクターが、

100Kmをなんとか完走する経験を10年以上して得てきた、

頭=「理論」と財布=「道具」でフルマラソンを完走する。

まったくもって非常識なマラソン走法の本です。

以下は石垣島ウルトラマラソンのホームページから・・・

第一回石垣島ウルトラマラソン

島はイイ!

「具体的な石垣島ウルトラマラソンの特徴」

コンセプトは、一年の疲れをウルトラで癒す。

3月4月くらいまでが、ランナーのみなさんはフルマラソンのシーズン

レースシーズンを終えて、頑張ってきた脚も気持ちも一度リセット

ランナーなら、レース疲れも走って癒したい。

抜群のロケーションです。わき目もふらず走るのはもったいない。

タイムなんか気にしないで、おしゃべりしながら、写真撮りながら時には、

海で足をつけてみたり、気になるお店でアイスを買い食いしたり

旅するように走りませんか。

「なぜ100キロじゃないの?」

ウルトラマラソンが大好きで走っていた私も、唯一ウルトラがツライことがあり。

それは、5時スタートなど早朝のスタートのために朝が極端に早いこと・・・

2時朝食、3時ホテル出発など、これは朝というより夜中。

もうちょっと寝たいなぁ、が本音でした。

そして、夜の8時9時まで走って、

くたくたになってホテルへ戻ると外に食事にも出れない時間になっている。

「癒すウルトラ」としては、日がな一日走るけれど、

夜中から夜遅くまでかかるような距離にせず、

心地よい疲れで終れる距離に設定しました。

特別、100キロ走り通すトレーニングをしなくても、

フルマラソンの延長で気負わず参加していただけるウルトラマラソンです。

夕暮れが近づく頃には、

シャワーも済ませて芝生の上でビール片手に

島唄のライブ後夜祭まで楽しんでいただけるのが、石垣流。

第2回石垣ウルトラマラソンは2016/5/15ですよ。

Facebookぺーじもあり、第一回の写真を見ていると参加したくなりますよ。

そして、本を紹介してくれた、だんじろうさんも写っていました。

「エコーという名のイルカ」中島将行

ラジオネーム みっささん

「エコーという名のイルカ」という本です。

小学生の頃、読書感想文を書く授業中に

クラスみんなで、図書館へ本を探しに行った時、

偶然手に取った本でした。

驚いたり、ドキドキしたりしたことを覚えています。

んー国語の時間か、夏休みの宿題で感想文というのだったと思いますが、どちらだったかはっきりしないです。

ただ、学校内の図書館で 表題から そのイルカがどうしたんだろう?と思ったので選んだのでした。

内容は小学校にある本ですから難しいものではなく。

エコーが死んでしまうまでな飼育日記みたいなものでした。

貸出期間もあったので、返却はしましたが、返した後も何故か気になって2度借りて読みました。

エコーが、とても身近に感じたのです。

その当時はイルカが飼育されているとは思いもしなかったですし、広い海にしかいないと思い込んでいた子供でした。

実家は秋田の海際ですが、こちらには居ませんし。

人間の捨てたゴミが原因だったと思うのですが、あー人間ってなんて悪いんだろうと思ったような…。

手に入るなら手に入れたいと思う本なのですが、とても古い本らしく図書館にもありませんでした。

今となっては楽しい思い出ですね。

「子どもの頃は、どんなお子さんでしたか。」

子供の頃の私は、暗い子でしたね。

忘れられない出来事なのですが、小学校に入学した年に同じクラスに再従姉妹がいて、声をかけたのです。

秋田ですから当然訛りがありました。

すると、その再従姉妹は「 遊ぶでー じゃなくて 遊びましょうでしょ。イヤね、下品。 」そう言って向こうへ行ってしまいました。

それ以来、他人とうまく関われずに 情けないことに 今も付き合い下手です。

性格もあったのでしょう、周囲の子供には 真面目で肩苦しくて嫌だと思われていたようです。

好きな人同士でグループを組むと必ず余るような子供でした。

ただ、小さな地域ですしクラスも2クラスしかなく全員が同級生と言っても過言ではないですからイジメはありませんでした。

話しかければ答えてもらえますし、話しかけられることもありました。なので、嫌われていたかもは 言い過ぎかな。

主人は本を読まない人ですが、何時間も本屋さんや図書館に付き合ってくれ、本を読むことを良しとしてくれるので、感謝しています。

西野あきひろ 「革命のファンファーレ」

「2017年マイベスト本」

大阪府 ラジオネーム deki0958

月並みで申し訳ありませんが
西野あきひろ 革命のファンファーレ
①この本のおすすめどころ

何をするか考えさせられる本です
②この本との出会い

もともとキングコングの漫才が好きで応援してました。
最近あまり見ることがなかったのですがネットでプペルのプロジェクトを見て記事を読むようになって感化されました(笑)

③今年読みたい本

ナポレオンヒルの本で何冊か積ん読になってるので読み切りたいと思ってますσ^_^;

♪西野あきひろ

西野亮廣エンタメ研究所

ニシノ アキヒロ

西野亮廣エンタメ研究所は、西野が考えるエンタメの未来や、現在とりかかっているプロジェクトを、ただただ野次馬的に見届けたり、場合によってはクリエイターとして強引に参加させられたりする会員制のコミュニケーションサロンです。

月額 1000円 FBにて

 

ブログでも「お金」に関することや自分がやりたいことなどを自由に書いていて、そこにはビジネスに関するヒントや生き方を示唆する内容もあり興味深い

会員制のコミュニケーションサロンは気になる~

 

♪ナポレオン・ヒル

1908年、新聞記者として世界の鉄鋼王アンドリュー・カーネギーにインタビューをした事をきっかけに、「20年間無償で500名以上の成功者の研究をして、成功哲学を体系化してくれないか」と頼まれた。ヒルは「やらせてください」と即答、それから20年間苦悩の末、約束通り1928年に『頭を使って豊かになれ(思考は現実化する)』(Think and Grow Rich)を執筆した。

「思考は現実になる」

ナポレオンヒル財団 アジア太平洋本部 サイト

あらゆる人が願いをかなえ、成功するために必要なノウハウ

成功するために必要な17のノウハウ

人は誰でも成功を願っています。

しかし実現させるのはそう簡単ではありません。いつしか成功への道からはずれてしまいます。

願望を実現させるには、成功への道をまっすぐ歩むためには、いったい何が必要なのでしょうか。

その答えが、この『ナポレオン・ヒル・プログラム』の成功哲学です。

あらゆる人にとって、願いをかなえ、成功するために必要なノウハウのすべてがこの「17のゴールデンルール」の中にあります。

このゴールデンルールを実践したなら、あなたの成功はもう約束されたのも同然。

さあ、17のゴールデンルールを読み、いますぐ成功へ向かって歩き出しましょう。

 

1.明確な目標

2.マスターマインド

3.信念の実現

4.プラスアルファの努力

5.優れたパーソナリティ

6.パーソナルイニシアティブ

7.積極的な心構え

8.エンスージアズム 熱意

9.セルフコントロール

10.的確な思考の力

11.集中力の偉大な力

12.チームワーク

13.逆境と挫折からの利益

14.クリエイティブ・ビジョン

15.ヘルスコントロール

16.資金と時間の活用

17.習慣形成とその活用

 

15.ヘルスコントロール

あなたは心身ともに健康だと胸を張れますか?

心と身体の健康なきところに、真の成功や幸福は訪れない

私たちは、自然の法則がすべてを支配している世界に生きています。

そこには、木と山と月光の空があり、あらゆる形の生物が生息しています。

そのことを理解すると、生命の流れにしたがって泳げばよいことを知ります。

逆らってエネルギーを消耗することがなくなるでしょう。

大海の波、移りゆく季節の流れ、そして月の満ち欠けは、私たちに生命があることを示しています。

人間の誕生、幼児期、青年期、成熟期、老年期、そして最後は新しい世代の再誕生へと流れます。

生命には一定の波のようなリズミカルなパターンがあるようです。

あなた自身の生活を見直してみるといいでしょう。

あなたはリズムのある生活をしているでしょうか。

仕事の後に遊び、精神的努力の後に身体的努力、満腹の後に空腹、真面目の後にユーモアといった具合に、リズムのある生活をしているでしょうか。

生命のリズムと調和した、健康な心がなくては、健康な体をもつことはできません。

同様に体が不健康なら、健康な心をもつことも物事を正確に考えることもできないのです。

成功へのノウハウを活用するには、あなたの心の受け入れ準備をしておかなければなりません。

不安というモンスターがあなたにとりついていないかを、注意深く分析していただきたいのです。心の中が不安に満ちてしまうと、すべての知的行動が破壊されてしまいます。

そして周りの人にも伝染し、その人たちの人生まで破壊してしまうでしょう。

また、不安のほかに人々を苦しめるもう一つの悪魔、「伝染性否定思考」を紹介しておきます。

「伝染性否定思考」は、あらゆる経験の中に混じり込んで、形を変えて侵入してきたり、心の中に自然発生することもある毒薬のように危険なものです。

人間は誰でも、自分の弱点を改善しようとすることについて、本質的に怠け者であり、その認識を持って不安や伝染性否定思考と戦わなければなりません。

すべての破壊的な思考を心の中から追い出すには、あなたの思考に良い影響や独立心を与えてくれるような人たちを探し出し、仲間になることです。