古都鎌倉、あやかし喫茶で会いましょう 忍丸

「『心』は味を決める、決定的なスパイスだ」by 詩織

【あらすじ】
舞台は神奈川県三浦半島の付け根にある、古都鎌倉。
「おひとりさま」の詩織は脇道に入り、地元民が通う穴場の店を探していた。
古民家カフェの「青藍」には入口に「あやかしも人間もどうぞ」と書かれている。

詩織が旅に出たのには理由があった。
同棲していた彼が部屋に別の女性を連れ込んだのだ。
詩織は部屋を追い出され、社内恋愛だったので仕事も辞めた。
気分転換のために鎌倉にやって来たのだった。

店でワインを飲みながら鎌倉野菜を食べているうちにお酒が進み酔っぱらった詩織は、これまでのことをイケメン店員で実は鬼の朔之介に吐き出していた。
するとイケメン店員では無い声が聞こえる。
巨大な黒猫に骸骨、落ち武者…。
誰もいない店内と思っていたら、あやかし達で満席だったのだ。

帰ろうとする詩織に黒猫は
「よそ者であやかしが見えるのは『祓い屋』ぐらい、外の奴らが放ってはおかない」
と、物騒なことを言い出した。
かくして詩織は身の安全を守るためにカフェで働くことになった。

常連は骸骨の田中さん、落ち武者の与一さん、化け狸の源五郎さん。
みんな温かく詩織のことを見守ってくれている。
ある日カフェに大首がやってくる。
「私が食べたことのないパンケーキ」を注文する。
いろいろ作るがどれも大首は満足しなかった。
満足するまで帰らないという大首。
なんとかしたい詩織は朔之介を誘ってパンケーキ巡りをする。
二人は大首が納得するパンケーキを作ることができるのだろうか…。

あずみ1204さんによる写真ACからの写真 

【感想】
あぁ、鎌倉に行ってみたい。
読み終わった直後の感想です。

普通のOLだった詩織が鬼の朔之介に恋をします。
少しずつ二人の仲が近くなっていく様子が読み取れ
いつの間にか詩織を応援していました。

パンケーキにけんちん汁と物語には鍵となる食べ物が出てきます。
その食べ物には背景があります。
人と人であったり、あやかし同士であったり…。

作者の忍丸さんはきっと食べることも作ることも、そして人もあやかしも好きなんだろうなぁ。
常連客の骸骨の田中さんや落ち武者の与一さん達のスピンオフも面白そう…。

おススメ度
★★★★

ラノベ好きな人におススメです。

【目次】
プロローグ
一章 初めてのおつかいと、春色ランチ
二章 我儘なお客と、特別なパンケーキ
三章 変わらないもの、変われないもの
四章 心に沁みる珈琲
エピローグ

一二三書房
302ページ
2019年10月5日第1刷発行
本体価格 700円
電子書籍あり

著者 忍丸
青森県生まれ、神奈川県在住
シナリオライターの仕事の傍ら、WEB小説を執筆
「異世界おもてなしご飯」で書籍化デビュー
人情味あふれる人間関係や「食」について書くのを得意とする。

著書
「わが家は幽世の貸本屋さん」など

楽隊のうさぎ 中沢けい

「既に身体は音楽の中に吸い取られていた。大きなものに包まれる感覚だった」

【あらすじ】

主人公の奥田克久は小学生の時に同級生の相田守からいじめられていた。
克久は心を閉じ学校に居る時間をできるだけ短くして自己防衛していた。

晴れて中学生になった克久は吹奏楽部に入る。
花の木中学の吹奏楽部は全国大会まで出るほどの実力がある。
朝練は当たり前、夕方も毎日遅くまで練習。
学校に居る時間をできるだけ短くする予定だったのに…。

パーカッション担当になった克久は毎日メトロノームに合わせてスティックで机を叩く毎日。
同じ1年生の祥子と並んで。
リズムを刻むのは克久の性に合った。
先輩や友人に囲まれ克久の1日は吹奏楽一色になる。
吹奏楽部は県大会を勝ち進み関東大会は銀賞だった。
3年生が引退し次に向かう吹奏楽部。

克久は顧問のベンちゃんに呼び出される。
「ティンパニーをやらないか?」
祥子がティンパニーをやりだかっていたのを知っている克久は悩む。
返事を伸ばしているとチューバ担当の町屋に呼び止められ
「ここはひとつ、きっぱり、決めなはれ」と言われた。

ある日、克久は下足室で靴を履き替えようとしている時にふいに相田から「調子乗んなよ」と言われる。
たったそれだけのことなのに、克久のダメージは大きかった。
また、心を灰色に塗る左官屋がでてきそうになる。

克久はまた心を閉ざしてしまうのか?

【感想】
とても丁寧に一人ひとりの描写がされています。
あらすじでは割愛しましたが、途中で吹奏楽部を辞めてしまう田中。
親に辞めるように言われますが本当は続けたい…でもまだ中学生。
自分の我を通し切れないもどかしさが伝わりました。

克久をいたぶる相田を通して、なぜ人はいじめる標的を探してしまうのか。
その状態がさりげなく書かれています。

中学生って子どもだけど大人への入口にたたずみ、自分でもどうしていいかわからない時期。
一人だと自分の心を閉ざしてしまいがちだけど、部活の人間関係を通して得られるものも多いんですよね。
クラスと家とは違う異年齢が集まる部活動。
思春期の子ども達にとってのサードプレイスの場ではないでしょうか。

時間を忘れて一つの事に集中できる楽しさ。
一人で積み重ねて来たものを合わせ、音を作っていく過程が克久を通して描かれています。
コンクールで演奏する曲があり、YouTubeで検索して聞きながら読むのもいいですよ。

自分の中学時代の部活を思い出しました。
ソフトボールをやってたんです。
大人になってからも縁があってソフトボールチームに加入し
つい4年ほど前まで続けることができたのも部活でやっていたからこそ。
スポーツをするのも観戦するのも好きなのは、自分がソフトをしていたからです。

中学や高校での部活って大人になってもなにがしか影響しますよね。
そんな懐かしいあの頃を思い出させてくれた小説でした。

おススメ度
★★★★
映画化にもなっています。
克久の心の中に居る「うさぎ」が上手く表現されています。


映画 楽隊のうさぎ 予告編

【目次】

第一章 草の中の瞳
第二章 ベンちゃん登場
第三章 ミネルヴァのリズム
第四章 ブラス! ブラス!! ブラス!!!
第五章 丸い大きな月
第六章 マレットはうたう
第七章 うさぎの裃
第八章 シバの女王

新潮文庫
332ページ
2003年1月1日第1刷発行
本体価格 600円
電子書籍あり

著者 中沢けい
1959(昭和34)年生れ。
千葉県館山市に育ち、18歳の高校在学中に書いた「海を感じる時」で群像新人文学賞を受賞、単行本がベストセラーになる。
1985年、『水平線上にて』で野間文芸新人賞を受賞。

著書
『野ぶどうを摘む』
『女ともだち』
『豆畑の昼』
『さくらささくれ』
『うさぎとトランペット』など。 

その企画、もっと面白くできますよ。 中尾孝年

史上最強の解決力を持ったクリエイター、それが広告クリエイター

最近は電子書籍やネットですぐに本が買えるので、街の小さな書店が次々と閉店しています。
音楽はCDを買ったりレンタルするより音源を購入してダウンロードして聞く人が増えました。
映画やドラマはDVDではなく、ネットフリックスやアマゾンプライムビデオなどネットで見る人が増え、レンタルショップも次々と閉店しています。

この本はTSUTAYAが閉店となり、その後にできた焼き立てパンと珈琲の店「リトルマーメイド」に店内で読むように置いてあった本棚にありました。

「面白い」はエネルギー、ポジティブな力の源

「面白いのメリット」
・プロジェクトの内側では、関係者や協力者を動かす時に有効
・プロジェクトの外側では、部外者や一般の人々を動かす時に有効
・周りを巻き込んで推進させる力がある
➡ 面白いには推進力と実現力がある

面白いを生み出す頭の使い方

・〇+〇=100で考える
 分数あり小数点ありマイナスの数字、なんでもありで考える
・面白いことをたくさん見つける
 たくさん見つけた中から一つずつ掘り下げる
・内側から外側へ発想を派生させる
 その後に外側から内側へ無理矢理着地
・ものごとを広くとらえる、都合よくとらえる
・見せる側(自分)の気持ち<見る側(相手)の気持ち

企画を面白くするポイント

・「面白い」をわかりやすく論理的に説明する
 → 本当のことを正直に自分の言葉で話す
・企画を考える時はパソコンを閉じる
 パソコンが開いているとつい「検索」してしまう
 → 企画は新しいアイデアを創造すること
 創造した企画を検証する段階で検索をする
・自分ごと化
 伝えた情報を(相手に)自分に関係のある話として、ちゃんと受け止めてもらう
・見る側の気持ちに立つ
 相手のベネフィット(利益)を考える

【感想】
具体的に中尾氏が手がけたCMやポスターが掲載されてあります。
「あっ、このCM知ってる」
「このポスター見た!!」

この本を読んでの学びはなんといっても
「自分ごと化」
伝えた情報を相手にとって自分に関係のある話として(=自分ごと化して)受け止めてもらう
そのためには相手にとってのベネフィットは何か考える
伝える側の想いと受け取る側の想いが重なる部分を伝える

著者が名古屋・大阪を経て東京で仕事をしていて、それぞれの地域で「面白い」が異なっていることを分析していたのが「なるほど」と感じました。
大阪府警のポスターは実際に著者が作って採用されたものです。
我が子の兄弟げんで泣いているところを写真に撮ったのだとか…。

ちょっとしたワークもあって楽しみながら学べる本です。

おススメ度
★★★★
クリエイティブな事をしている人
面白いことをやろうとしている人
職場を面白くしたい人
ワクワクしたい人
…におすすめです。
 

宣伝会議
277ページ
2017年7月1日第1刷発行
本体価格 1700円

著者 中尾孝年
株式会社電通
CDC クリエーティブ・ディレクター
京都府出身。
1997年電通入社。
主な仕事は江崎グリコ(アイスの実「江口愛実」、ポッキー「デビルニノ」「MC二宮」「YMO」)、サノヤス・ヒシノ明昌(「造船番長シリーズ」)、塩野義製薬(「もしもブラマヨの吉田がもっと早く皮フ科へ行っていたら…」)など。
佐治敬三賞、ACC賞、カンヌ、スパイクスなど国内外で受賞多数。

中尾孝年 ツイッター

ランベルマイユコーヒー店 オクノ修・nakaban



今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマは「あなたの号泣本」

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時

試聴はこちらからできます。

https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/07/8-2_honsuki-club_20190711.mp3



ラジオネーム よんたくん

オクノ修 ランベルマイユコーヒー店 ミシマ社

①この本のおすすめどころ
この絵本ができる原点となった、京都の老舗コ-ヒ-店六曜社のマスターオクノ修さんの歌を聴きながら、nakabanさんの絵を「読んで」みてください。
かけがえのないあなただけの朝が、一冊の絵本から浮かびあがります
自分のお気に入りの、リラックスミュージックで読むのもおすすめです。

オクノ修 ランベルマイユコーヒー店 歌

https://www.youtube.com/watch?v=9Z8TQc8fFQ4

②この本との出会い
大好きな出版社、京都のミシマ社の本なので注目していました。
これも大好きな書店レティシア書店で手に取った時、店主の奥さまがさりげなくかけてくださったレコードの音色と、絵本のなかの風景が溶け合い、とても優しい気持ちになってうっかり涙までこぼしてしまいました。
この本を買わずして、今日は何を買うの?というくらいの気持ちで購入しました。

読読より引用

③ 直近の号泣したできごと
実は私は、号泣することが多いです。
子どもさんに絵本を読みきかせたりもするのですが、声に出して読むと、悲しさや感動でよく感極まってしまいます。
そういうときはギャンギャン号泣しながら練習して、泣かずに読めるまで練習します。

さいきんでは、紙芝居の『ちっちゃいこえ』ア-サ-ビナ-ド 童心社 を一人で練習していて号泣しました。
何回も演じましたがまだちょっと危ない(^^; 練習あるのみです!

童心社より引用

【内容】
コーヒーとともに日々を刻む、すべての人たちへ。
京都の老舗喫茶店「六曜社」のマスター、オクノ修の名曲に触発され、画家のnakabanが10年以上温め続けた作品、ついに完成。

著者 オクノ修
1952年京都生まれ。シンガーソングライターであり、京都の老舗喫茶店「六曜社」のマスター。

挿絵 nakaban(なかばん)
1974年生まれ。画家。
広島市在住。
絵画を中心にイラストレーション、文章、絵本、映像作品を発表している。新潮社『とんぼの本』や本屋『Title』のロゴマークを制作。
著書
『よるのむこう』
『ぼくとたいようのふね』
『窓から見える世界の風』
『ことばの生まれる景色』ほか。
珈琲片手の時間が大好きである。


ぐりとぐら 中川李枝子・山脇百合子



今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマは「おススメの美味しい本」

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時

試聴はこちらからできます。

https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/07/8-2_honsuki-club_20190711.mp3

ラジオネーム 桜

ぐりとぐら 中川李枝子・ 山脇百合子 福音館書店

1 この本のおススメどころ
ぐりとぐらが自分達よりも大きなフライパンを使ってパンケーキを作るところ。
大人になって考えると自分よりも大きな未知なものに挑戦して素晴らしいものを作るって、夢があるな、と改めて感じます

2 この本との出会い
出会いは幼稚園で、再会は息子を生んでからでした

3 食べ物の思い出
大阪の中津にぐりとぐらやスイミーなどの絵本の御飯を再現している絵本カフェがあり、息子に読み聞かせてママ友と子供二人と食べに行きました!
可愛いし、楽しくて良い息抜きの時間になりました!

【あらすじ】
お料理することと食べることが何より好きな野ねずみのぐりとぐらは、森で大きな卵を見つけました。
目玉焼きにしようか卵焼きにしようか考えたすえ、カステラを作ることにしました。
でも、卵があまり大きくて運べません。
そこでフライパンをもってきて、その場で料理することにしました。
カステラを焼くにおいにつられて、森じゅうの動物たちも集まってきます……。

青い帽子と服を着用しているのが「ぐり」、赤い帽子と服を着用しているのが「ぐら」です。

著者 中川李枝子
作家。
1935年札幌生まれ。
東京都立高等保母学院卒業後、「みどり保育園」の主任保母になる。
1972年まで17年間勤めた。
1962年に出版した『いやいやえん』で厚生大臣賞、NHK児童文学奨励賞、サンケイ児童出版文化賞、野間児童文芸賞推奨作品賞を受賞。

翌年『ぐりとぐら』刊行。
『子犬のロクがやってきた』で毎日出版文化賞受賞。
映画「となりのトトロ」の楽曲「さんぽ」の作詞でも知られる。
『ぐりとぐら』は現在まで10カ国語に翻訳されている。

主な著書に
絵本『ぐりとぐら』シリーズ、
『そらいろのたね』
『ももいろのきりん』
童話『かえるのエルタ』
エッセイ『絵本と私』『本・子ども・絵本』。

挿絵 山脇百合子
日本の絵本作家、上智大学外国語学部フランス語科卒。
同校在学中から『いやいやえん』(絵本)の挿絵を手がける。
1967年『ぐりとぐらのおきゃくさま』(福音館書店)で厚生大臣賞受賞。2013年、菊池寛賞受賞。他受賞多数。
『ぐりとぐら』は英訳もされている。中川李枝子は実姉。

桜さんが行った絵本カフェ ペンネンネネム
大阪と神戸にお店があります。

http://nenemu.com/

ペンネンネネムは座席入替制となります。
9時半~16:45
1回105分で7回

お好きな時間帯を指定できますが、
チケットがなくなり次第受付は終了しますので早めにお店に行くことをおススメします。。
チケットの配布は開店時間の9:30からになります。
(チケットの配布の際、ご利用人数をお伺いしますので、受け取りは代表者の方のみで大丈夫です。)

メニュー
「ぐりぐらのホットケーキ」
はらぺああおむしの「はらぺこプレート」
スイミーの「スイミーインクリームソーダ」
「かいじゅうたちのいるごはん」

店内は絵本に絵本に関する雑貨が一杯
可愛い物好き、絵本好きなジョシにはたまりませんよ。

神様のカルテ 夏川草介



今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマは「上半期に読んだ、私のおススメ本」

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時

試聴はこちらからできます。

https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/06/7-3_honsuki-club_20190619.mp3

ラジオネーム なつかん

夏川草介「神様のカルテ」小学館文庫

① この本のおススメどころ

主人公の栗原一止(くりはら いちと)の人となりです。
彼は田舎の病院に勤める内科医。
本庄病院というその病院は24時間365日対応の看板を掲げていて、理念は素晴らしいがそこで働く医者には当然激務が課されているという環境の職場なのです。
徹夜続きなんてザラ。
そんな中で一止は患者に、病気に、ひたすら真摯に向き合う。
マニュアルとか型だけの言葉や対応ではなく、本当に相手のことを思って悩み、考え、行動し、話す。その姿が、すごくいいんです。

ところで、一止は夏目漱石の草枕を愛読しすぎて全文を暗唱できます。
そのため、と言っていいのか、話ぶりがやや古めかしい文語体なのです。
この語り口がまた、いいです。
一止の人となりがすごくよく表れている気がします。

そしてアクセントになっているのが奥さんとのエピソード。
どれだけ心が通い合っているかこれもまたよく描かれていて、恋愛小説でもあるのです。

② この本との出会い

本が好き倶楽部のイベントである、みんなで10000冊読めるかな、に友達が投稿していたのを見て読みたい、と思いました。

表紙絵が有川浩さんの植物図鑑の表紙絵と同じ人が描いていて良さそうに見えたのと、その投稿していた人は結構辛口レビューを書く人なのに、その人をして嗚咽本と言わしめたところが気になって購入しました。

③ 今年(上半期)1番の出来事

大阪ハーフマラソンを完走出来たこと、でしょうか。
ハーフの距離を2時間以内で走れるとは思わなかったので完走のタオルを渡された事を一番信じられなかったのは僕自身でしょう。

【あらすじ】
栗原一止(いちと)は信州にある「24時間、365日対応」の病院で働く、29歳の内科医である。
ここでは常に医師が不足している。
専門ではない分野の診療をするのも日常茶飯事なら、睡眠を3日取れないことも日常茶飯事だ。
妻・ハルに献身的に支えられ、経験豊富な看護師と、変わり者だが優秀な外科医の友人と助け合いながら、日々の診療をなんとかこなしている。

そんな栗原に、母校の医局から誘いの声がかかる。
大学に戻れば、休みも増え愛する妻と過ごす時間が増える。
最先端の医療を学ぶこともできる。
だが、大学病院や大病院に「手遅れ」と見放された患者たちと、精一杯向き合う医者がいてもいいのではないか。
悩む一止の背中を押してくれたのは、死を目前に控えた高齢の癌患者・安曇(あづみ)さんからの思いがけない贈り物だった。

著者 夏川草介
1978年大阪府生まれ。
信州大学医学部卒。
長野県にて地域医療に従事。
2009年『神様のカルテ』で第十回小学館文庫小説賞を受賞しデビュー。
同書は2010年本屋大賞第2位となり、映画化された

著書
『本を守ろうとする猫の話』

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。