武田双雲の「書いて」夢をかなえる本 武田双雲

「私の、存在ものものが素晴らしい」

書道家 武田双雲さんのワーク本です。
30のワークがあり、本に書き込めます。
ワークは主に自分自身を知る内容となっています。

正直に書く

ワークの中には「〇〇を10個書く」という形式もありますが、
10個ひねり出せれば良いですが、どうしても書けなければ「書けない」と書きます。
同時に、今どういう気持ちなのか?
何故書けないのか?
それも正直に思ったままに書いてみましょう。
自分の気持ちを吐き出すことでありのままの自分と、一瞬でも向き合うことになります。
それでも書けなかったら…書かなくてもOK。
無理に書くことよりも自分と向き合うことが主です。
書く内容も人に見せるものではないので、格好つけずに正直に書きましょう。

ペンを用意して新しい人生へと一歩踏み出す

ワークのお題に対して、双雲さんのアドバイス、そのワークを何故するのか?
ワークのサンプルが載っています。
各stepの最後には「おさらい」があります。

・普段何気ない日々の行動や習慣に気づき、さらに良い習慣にしていく
・自分をほめるクセをつける
・叶えたい「夢」を「貢献」までイメージして書いてみる。

【感想】
実際にこのワークを全部やってみました。
指定された個数まで書ききれないものもありました。
書き出してみると普段ルーティンで無意識にやっている事が実は「義務」でやっていて気が重くなっていたんだ…と気づきました。

新たに身につけたい習慣では1か月前に書いた内容を振り返ってみると5項目出していたことを全て毎日やっていることに驚きました。
書き出した日に「明日からやるぞ」と思ったわけではありません。
5項目は始めるまでにそれぞれ時差があります。
書き出したことで脳に残っていて、無理が無い設定で始めていました。

冒頭の言葉はラストワークの一つです。
「私の存在そのものが素晴らしい」
この言葉を紙に書くのです。
私は書いて壁に貼っています(*^^*)

何がしたいかわからない…。
自分が好きになれない…。
そんな人にこそ読んでワークに取り組んでみてください。

【目次】
はじめに
なぜ、「書く」ことで夢がかなうのでしょうか?
まずはとにかく書いてみよう ! この本を100倍楽しむ方法
この本の使い方
step1 気づく
step2 自分を知る
step3 夢を知る
総まとめ
おわりに

小学館
2014年2月4日第1刷発行
本体価格 1200円

著者 武田双雲
1975年、熊本県生まれ。
東京理科大学理工学部卒業。
書道家。
3歳より書家である母・武田双葉に師事し、書の道を歩む。
大学卒業後、NTT入社。約3年間の勤務を経て書道家として独立。
音楽家、彫刻家などさまざまなアーティストとのコラボレーション、 斬新な個展など、独自の創作活動で注目を集める。
映画「春の雪」、「北の零年」、NHK大河ドラマ「天地人」をはじめ、世界遺産「平泉」、 スーパーコンピュータ「京」、「美空ひばり」など、数多くの題字、ロゴを手がける。
世界中から依頼を受け、パフォーマンス書道、書道ワークショップを行っている。 2013年には、文化庁より文化交流使の指名を受け、日本大使館主催の文化事業などに参加し、海外に向けて、日本文化の発信を続けている。
書道教室「ふたばの森」主宰。約300名の門下生に指導を行なっている。

著書
「しあわせになれる『はたらきかた』」
「ポジティブの教科書」
「イヤな気分を捨てる技術」など多数

武田双雲 公式ウエブサイト

武田双雲 公式ブログ

武田双雲 ツイッター

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。


約束のネバーランド 白井カイウ・出水ぽすか

今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマは「子ども」

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時半
「ホンスキー倶楽部」

試聴はこちらから

https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/04/5-3_honsukiclub_20190224.mp3

ラジオネーム オニゲテンコウ

白井カイウ 出水ぽすか「約束のネバーランド」集英社 ジャンプコミックス

① この本のオススメどころ
脱獄です。
ある孤児院からの脱出を描いたお話。
なぜ脱獄をしなければいけなかったのか…それはその孤児院の秘密を知ってしまったから(゜Д゜)
連載3年目!スタートから衰えることのない人気…アニメも大人気で1期終了。

この本の最大のオススメどころは…創刊51年を迎えた少年ジャンプで唯一女性が”主人公”ということ。
もちろんそれ以外にも頭脳戦というのもありますが!

今まで少年ジャンプは少年向けで主人公はすべて男でした。
ちょうど連載が始まった2016年は漫画業界でいえば勝負の年でした。
各漫画雑誌を支え続けた長期連載組が相次いで終わりを迎えて「世代交代か?」と思われていた。
ある意味、少年ジャンプの今後を担うであろう看板作品として始まり、大ヒット。

「ジャンプらしくない」ストーリーと可愛らしい絵柄というギャップが読者のハートを射止めた。
子供の脱獄って今まであるようで無かったです。大人の脱獄はないようである。海外ドラマ”プリズン・ブレイク”を参考に考えているそうで子供版プリズン・ブレイクです。

②この本との出会い
コミックナタリーさんです。コミックスになってから読んだらドハマリ。
「ドラゴンボール」「ONE PIECE」のような名作を初めて読んだときと同じリアクションでした(゜Д゜)

③子どもの頃の思い出
今でも付き合いがある友達と遊ぶことです。
学生時代(小学生~)は何人かではなくて数人と遊んでて家で遊んだり夏だとプールへ行ったりと。
ベタすぎてすいません。

【あらすじ】
母と慕う彼女は親ではない。
共に暮らす彼らは兄弟ではない。
エマ・ノーマン・レイの三人はこの小さな孤児院で幸せな毎日を送っていた。
しかし、彼らの日常はある日突然終わりを告げた。
真実を知った彼らを待つ運命とは…!?

著者 白井 カイウ(しらい カイウ、本名・性別・生年月日非公表)
日本の漫画家、漫画原作者。
大学卒業後、一般企業に就職したが、退職後プロ漫画家を志望し作家活動を始めた。
2015年、ネット漫画サイト『少年ジャンプ+』(集英社)にて読切作品『アシュリー=ゲートの行方』(作画Rickey)の原作者担当としてプロデビューを果たした。
作画担当の出水ぽすかと手を組み2016年2月、同サイトにて二作目の読切作品となる『ポピィの願い』を発表した。
その後アマチュア時代に書き溜めたものを元に連載作品を作り上げ、『約束のネバーランド』(作画出水ぽすか)を『週刊少年ジャンプ』2016年35号より連載中である。

著者 出水ポスカ
1988年東京都出身
職業:漫画家、イラストレーター
連載中作品:約束のネバーランド

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。


ショートショートガーデン プチコン受賞作品集 新生活 田丸雅智(編)

「短くて不思議なショートショートの世界」

この作品は、400字を上限にしたショートショートの投稿サイトで開催されたコンテスト「プチコン3 新生活」の最優秀作、優秀作の15作品を収録した本です。
テーマは「新生活」


「新生活」というテーマからゲーム、AI、恋愛や家庭…。
読後がほんわかするものから、ブラックなものまで
15ある作品のうち似通ったものはありません。

400字なのですぐに読めてしまうのですが
話によってはサラッと読み流すと最後に「?」となり
再度読み直して「そういうことか」と納得する話もいくつかありました。
400字ならではの醍醐味です。
余分な文字をそぎ落としているので、
ゆっくりと文章を脳内で画像に変換して読むことをおススメします。

15作品のうち私が好きなのは「眼窩の空」です。

この本は電子書籍版のみです。
kindleで無料で読むことができます。
pixivノベルでも無料で読むことができます。

pixivノベル 

【目次】
はじめに
ダンボリス
朝ご飯
人間の塔
新社会人
断捨離キャリー
そこは白線につき
ショートショート「内来種」
また、ふたりで
眼窩の空
新生活入荷しました
桜前線の桜庭さん
ハローライフ
随筆「新生活」に寄せて
アパートの花子さん
ニューライフセーバー
おわりに


編者紹介 田丸雅智
1987年愛媛県生まれ
東京大学工学部、同大学院工学系研究科卒
現代ショートショートの旗手として執筆活動に加え、
「ショートショート大賞」を自らが発起人となり設立。
全国各地で創作高座を開催するなど幅広く活動。

著書
「オバペディア」
「夢巻」
「芸能人ショートショート・コレクション」など

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

線は、僕を描く 砥上裕將

「できることが目的じゃないよ。やってみることが目的なんだ」by 湖山

【あらすじ】
 青山霜介は高校生の時に交通事故で両親を亡くす。
両親の死を受け入れられず、魂が抜けたような生活をしている霜介に担任や叔父が大学進学を勧める。
大学に入り一人暮らしを始めた霜介は、唯一の友人古前から頼まれたアルバイト先で水墨画に出会う。

たまたま居合わせた老人から、絵の感想を聞かれた霜介は思うままに口にすると、その感性と観察眼を買われて内弟子にすると言う。
老人は水墨画の第一人者、篠田湖山であった。

湖山を探しに来た孫娘の千瑛から、湖山に近づき内弟子にしてもらおうと思っていると勘違いされ罵倒される霜介。
その場の勢いで来年の湖山賞で霜介と勝負をし、負けたら会派を去ると言い出した千瑛。
素質があるからと受けて立つ湖山。
霜介と関係が無いところで、勝負は始まった。

霜介は湖山の家に行き水墨画を習い始める。
まず習ったのは墨をすることだった。
そして最初のお題は「春蘭」
来る日も来る日も春蘭を描き続ける霜介。

霜介が水墨画を始めた事を知った古前は大学祭で千瑛の水墨画の展示をすることを思いつく。
大学内で水墨画サークルも発足させ、千瑛を講師とするなかで霜介と千瑛の距離も少しずつ近くなっていく。
大学祭当日、準備も全て整った会場で霜介は改めて自分が両親の事故から解放されて、前に向かって歩いていることに気づいた。

湖山賞の締め切りが近づき、師の湖山からは「菊」のお題を与えられるが、思うように書けない霜介。
ありようの形しか描けないのだ。
菊を見つづける霜介。
そんな折、師の湖山が倒れて入院したとの連絡が入る。
見舞いに現れた霜介に湖山は「形ではなく命を見なさい」と告げる。

霜介は思うような菊を描くことができるのか?
湖山賞の行方は?

【感想】
 この本の作者はとても心が繊細な人ではないだろうかと読んでいて感じた。
霜介の心の動きだけでなく、親友の古前の変化が丁寧に描写されている。

本の最後に水墨画で扱う道具とご本人が描かれた水墨画が載っていました。
著者の砥上さんは水墨画家と知り納得。

霜介が水墨画を始めることによって自分自身と向き合うことができ、両親との別れを少しずつ受け止めていく様子に好感が持てました。
それは著者の砥上さん自身と重ね合わせているのではないか…そんなことを思いました。

とても静かな小説ですが、引き込まれて一気に読みました。
春蘭の画像も読み終わった後に調べ
「ああ、こんな絵なんだ」と確認までしてしまいました。

私は時折、筆ペンで文字を書くのですが、次は墨をすって筆で書いてみます。
読んでいて無性に墨がすりたくなりました。

講談社
320ページ
2019年6月25日第1刷発行
本体価格 1500円

著者 砥上裕將
1984年生まれ。水墨画家。本作で第59回メフィスト賞を受賞しデビュー。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。







悪の五輪 月村了衛

「金、権力、名声、色、そしてまた金。オリンピックの五つの輪は、そのまま五つの欲を示している」

【あらすじ】
 時は1963年、日本は翌年に開催されるオリンピックに湧いていた。
人見稀郎は白壁一家に属するヤクザ。
時間があれば映画を観に行くちょっと風変わりなヤクザである。
そんな人見は親分の広岡に呼び出された。
とある筋からの口利きで映画監督の鎌田欣明が白壁組に泣きついてきたという。
黒澤明が降りた東京オリンピックの映画監督にどうしてもやりたいという内容だった。
広岡は映画好きな人見に一任する。

鎌田はベテランではあるものの一流ではないためにかなり難しい。
人見は東京オリンピックの映画に関わる人物を調べ上げる。
発言力があるのは、元衆議院議員の桑井、日東体育大学教授の山畑、菱伴物産常務取締役の南沢の三人。
この三人を徹底的に調べて隙を見つけた人見は行動に移る。

一方鎌田には現場からの信頼を得るようにこと細かく指示を出していた。
低予算で作っている作品が思いのほか当たり、2週間で打ち切らるはずが4週間上映され評判も良かった。

人見は現場にも顔を出し大道具や照明などの裏方にも声をかけ一目置かれるようになる。
人見エージェンシーという表看板を作り人脈を介して大物人物に会い、少しずつ足場を固めていく。
東京では知らぬものがいない、暴れだしたら止まらないヤクザの花形、大映の永田雅一、人見の仕事は順調に進んでいるようにみえた。
しかし、一向にオリンピックの映画監督の話に鎌田の名前が上がってこない。

そんな折、鎌田が監督をする現場でトラブルが発生した。
ロケ現場に手配ミスで人数分の弁当が届かなかった。
弁当は偉い順に配られる。
ここで弁当を配る助監督がわざと在日朝鮮人や部落出身者を後回しにしたのだ。
キャメラマン助手の差別的な一言で現場は乱闘となった。

人見はこの場を納めることができるのか?
鎌田の監督生命は??

【感想】
本編に永田雅一氏、児玉富士夫氏など実在した人物が出てくるので、鎌田欣明の事は事実なのではないか?と思うほどのリアリティがある話でした。
欣の一文字でこの人物は深作欣二監督のことか??
など邪推したほどです。

オリンピック開催に向けての工事、映画、いろいろな所で利権を求め暴力団、政治家、財界が絡んできます。

私は前回の東京オリンピックには生まれていませんが、昭和生まれかつ映画好きなので、どうなるんだろうとワクワクしながら一気に読みました。
来年に東京オリンピックを控えた今、どこかで同じようなことが起こっているのでは?
とも思わせる話でした。

昭和生まれで映画好きの人におススメのハードボイルドエンタメ小説です。

講談社
260ページ
2019年5月14日第1版印刷
本体価格 1600円
電子書籍あり

著者 月村了衛
1963(昭和38)年、大阪府生れ。
早稲田大学第一文学部卒。
2010(平成22)年、『機龍警察』で小説家としてデビュー。
冒険小説の新たな旗手として高く評価される。
2012年『機龍警察 自爆条項』で日本SF大賞を受賞。
2013年『機龍警察 暗黒市場』で吉川英治文学新人賞を受賞。
2015年、『コルトM1851残月』で大藪春彦賞を、
『土漠の花』で日本推理作家協会賞を受賞している。

著書
『槐(エンジュ)』
『ガンルージュ』
『追想の探偵』
『機龍警察 狼眼殺手』
『コルトM1847羽衣』など多数。

月村了衛 公式ブログ

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

すきっていわなきゃだめ? 辻村深月・今日マチ子

「いわなくても、この きもちを だいじに おもっちゃだめなの?」

辻村深月さんというと、「かがみの孤城」で2018年本屋大賞を受賞し、ドラえもん映画の脚本も手掛ける人気作家さんです。
その辻村深月さんが書いた絵本、それもテーマは「恋」
読まずにはいられませんでした。

「すき」っていうのが はやってる

主人公が通う小学校のクラスでは
好きな人に「好き」っていうのが流行っている。

のんちゃんがたっくんに
あーちゃんがかずくんに
「すき」って言った。

あっちゃんに好きな人に好きって言わないのか聞かれた。
「わかんない」と答えたら
「じゃあ、それは本当の好きじゃないんだよ」って言われた。

本当はこうくんが好き。
でも「好き」っていって拒絶されたらどうしよう。
いろいろ考えていたら、りなちゃんがこうくんに「好き」っていった。

こうくんもりなちゃんが好きななったらどうしよう…。

【感想】
絵本の中で相手に「好き」って言うのは女の子です。
小学校の高学年は、男の子より女の子の方が大人っぽいですよね。

あっちゃんに言われて自分の気持ちは本当に「好き」なのか?
好きを相手に伝えないと本当の好きではないのか?
思うだけはだめなのか?
主人公の気持ちが痛いほど伝わってきます。

主人公が悩んでしまうのには、ある理由があるからなんですが…。

人は恋をします。
相手を「好き」と思う気持ちはとても大切で
気持ちが募ると相手に伝えたくもなります。

不思議と自分の気持ちを伝えるだけでは満足できません。
相手が自分のことをどう思っているのか、が気になります。

「好き」って伝えることでせっかく雰囲気が良い今の関係が壊れたらどうしよう。
嫌われたらどうしよう。
そんな切ない気持ちが伝わってくる絵本です。

恋をしている人もこれから恋をする人も
かつて恋をしていた人にも
読んで欲しい絵本です。

下記の特設サイトには辻村深月さんがこの絵本に込めた想いが掲載されています。

恋の絵本 特設サイト

岩崎書店
32ページ
2019年5月21日第1刷発行
本体価格 1500円

著者 辻村深月
1980年山梨県出身。
2004年『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。
2011年『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞、
2012年『鍵のない夢を見る』で第147回直木三十五賞、
2018年『かがみの孤城』で第15回本屋大賞を受賞。

著書
「家族シアター」
「ツナグ」
「朝が来る」など多数絵 今日マチ子
漫画家。
1P漫画ブログ「今日マチ子のセンネン画報」の書籍化が話題に。
4度文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品に選出。
戦争を描いた『cocoon』は「マームとジプシー」によって舞台化。
2014年に手塚治虫文化賞新生賞、
2015年に日本漫画家協会賞大賞カーツーン部門を受賞。
短編アニメ化された『みつあみの神様』は海外で23部門賞受賞。

著書
『センネン画報 +10years』
『もものききかじり』
『ときめきさがし』など。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。