「百年の孤独」を代わりに読む 友田とん

「小説を人の代わりに読むことはできないというのは希望である。」友田とん

今回は2月17日に放送した私がパーソナリティを務めるラジオ番組
「ホンスキー倶楽部」でリスナーさんから紹介して頂いた本です。

兵庫県 ラジオネーム 冷麺マン4世

友田とん 「百年の孤独」を代わりに読む

この本のおススメどころ
まず、ラテンアメリカ文学の代表作であり、ノーベル文学賞の世界的な名作『百年の孤独』が登場します。
ああ、聞いたことある。
焼酎でしょ?そっちじゃなくて、小説?
聞いたことはあるけど、読んだことはないんだよなあ。という方。
あるいは、挑戦したものの登場人物の多さに「The 折(挫折)」した方のための本です。
何しろ作者の友田とんさんが、ドリフのコントのような軽快さと、研究者顔負けの探究心で、代わりに読んでくれるのです。
何を?『百年の孤独』を。
もちろん本家の『百年の孤独』と、あわせて読むと楽しさは倍増します。
副読本としても、大笑いエッセイとしてもオススメします。


この本との出会い
作者の友田とんさんは、ガルシア=マルケスが亡くなった2014年の春に、ふと「百年の孤独」を代わりに読もうと思いたった。
もちろん冗談として。
そして2018年に完成。
一方、20年間『百年の孤独』を読めずに「二十年の孤独」をこじらせている、人物がいた。私、「冷麺マン4世」である。
彼は、元町の古本屋「1003(センサン)」で、「『百年の孤独』を代わりに読む」を見つけ、そして、手にしたのでした。

ありがとう、友田とんさん、代わりに読んでくれて。
ありがとう、ガルシア=マルケス、強靭な面白さとしなやかさを持った作品を書いてくれて。

でも、結局は、全部自分で読んだのでした。

本が読めなくなった時の対処法があれば教えてください
読書の素晴らしさは、自分で読めることにあります。
言い換えると、自分が読みたいときに読み、読みたくないときや読めないときには、読まなくて良い、という自由さにあります。
つまり、本が読めなくなった時の対処法は、ズバリ、読まないこと。
(ボクは20年間読めなかった本を、20年後には、運命的な出会いのおかげで読めました)

友田トンさん
「『百年の孤独』を代わりに読む」の本は大手の書店では扱っていません。
ツイッターで「友田とん」さんを検索すると、扱っている書店の一覧があります。
東京なら「双子のライオン堂」「本屋B&B」
関西なら、京都「ホホホ座」奈良「とほん」など

友田とん ツイッター
友田とん note

「百年の孤独」
焼酎…宮崎県高鍋町に本社を置く酒造メーカー 株式会社黒木本店より発売されている麦焼酎銘柄です

 

 

 

 

 

 

 

焼酎は蒸留後にそのまま瓶詰めして出荷されます。
この「百年の孤独」はウイスキーと同様に蒸留した焼酎を熟成させ、3年もの・4年もの・5年ものをブレンドしたものを出荷しています。
なので、色は薄い琥珀色で香りもウイスキーなどの洋酒に近く、味わいは強いアルコールの中にも甘みが感じられ麦の香ばしさが広がります。
名前の由来はガブリエル・ガルシア=マルケスの同名の小説『百年の孤独』からつけられています

店頭販売については特約店のみでの取り扱いです。
生産本数が少なく、高価でありながら地域によっては比較的入手しづらいです。

黒木本店 公式サイト

 

本…ガルシア=マルケスの小説
1967年に発行

 

 

 

 

 

 

 

ガルシア=マルケスの代表作品で、世界各国でベストセラーになり、ラテンアメリカ文学ブームを巻き起こしました。
本作を主に、ガルシア=マルケスは1982年ノーベル文学賞を受賞し、2002年ノルウェイブッククラブによって「世界傑作文学100」に選ばれています。

ゆめのたね放送局関西チャンネル「ホンスキー倶楽部」

インターネットラジオゆめのたね放送局関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時半
毎月テーマを決めて、リスナーからの本の紹介する「ホンスキーズBOOK」
私のおススメ本を紹介する「ぐーりんずBOOK」
第2週・4週は元書店員ブックコーディネーター、かーるさんがおススメする
「かおる文庫のおすすめブックコーナー」
ひたすら本を紹介する番組です。

♬ 聞き方
①下の「ゆめのたね放送局」のサイトに入ります。
②関西チャンネルの ➧ ボタンをクリックすると音声が流れだします。
インターネットラジオゆめのたね放送局

ホンスキー倶楽部 視聴

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。
グッドレビュアー

プロフェッショナルな読者

ひとつむぎの手 知念実希人

「私たちはただ、血管を紡ぎ合わせているんじゃない。患者の人生を、ひいては『人』そのものを紡いでいるんだ」by 赤石

2019年本屋大賞ノミネート作品である
知念実希人さんのひとつむぎの手。
実は知念実希人さんは苦手な作家さんです。
2018年本屋大賞ノミネート作品の「崩れる脳を抱きしめて」も最後まで読めなかったんですよね。
今回はラジオで紹介することもあり
「この本は最後まで読む」と決意しながら読みました(笑)

“ひとつむぎの手 知念実希人” の続きを読む

必修すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。 ドリヤス工場

「呑気と見える人々も心の底を叩いて見るとどこか悲しい音がする」吾輩は猫である

題にある様に、文豪と言われる人たちが書いた本や
古典ものをわかりやすくマンガで、それも10ページほどで描いてあります。

小さい頃に読んだ本は内容がうろ覚えで
今回この本を読んで「えっ、そんな内容やったっけ??」
と思った本もありました。

読んでない本もいくつもあって、このマンガをとっかかりに
読むかどうかを決めるのも良いかと思います。

ただ、10ページほどで収まりにくいものもあり
本によっては説明文がたくさんあって少し読みにくいものもありました。
物語の後には著者のプロフィールが載ってあり
短命な人が多いです。
これらの人たちがもっと長生きだったら、どんな物語を書いたのだろうか…。
と思わずにはいられません。


 

 

 

 

 

 

絵は水木しげる氏の絵ににそっくりで初めて見たときは、
水木氏が生前に少しずつ書いていたのか…と思わせる画風です。
なのでどの話も暗く感じます。

一番印象に残ったのは「吾輩は猫である」で最後まで読んだ記憶がなく
きっと途中で挫折したのだと思うのですが、
最後、猫がビールを飲んで水がめに落ちて死ぬのには驚きました。
そう、どの話もネタバレしています。

古典ものや文豪の書いた話はちょっと苦手という方
ネタバレもOKな方におススメです。

 

 

 

 

 

 

【目次】

蜘蛛の糸/トロッコ 芥川龍之介
学問のすすめ   福沢諭吉
猿飛佐助     織田作之助
瓶詰地獄     夢野久作
吾輩は猫である  夏目漱石
山椒大夫     森鴎外
堕落論      坂口安吾
狂人日記     魯迅
風の又三郎    宮沢賢治
若草物語     オルコット
海底軍艦     押川春浪
セメント樽の中の手紙 葉山嘉樹
春琴抄      谷崎潤一郎
田舎教師     田山花袋
富嶽百景     太宰治
初恋       ツルゲーネフ
共産党宣言    マルクス/エンゲルス
最終戦争論    石原莞爾
父帰る      菊池寛
D坂の殺人事件  江戸川乱歩
クトゥルフの呼び声 ラヴクラフト
夜叉ヶ池     泉鏡花
李陵       中島敦
手袋を買いに   新見南吉
死者の書     坂口信夫

リイド社
277ページ
2018年9月13日第1刷発行
本体価格850円
電子書籍あり

著者 ドリヤス工場
パチモノ作家。昭和生まれ。
初めて買ったガンプラはゾック。

著書
「有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。」
「定番すぎる文学作品をだいたい10ぺーじくらいの漫画で読む。」
「テアトル最終回」
「オモテナシ生徒会」

ドリヤス工場 ツイッター

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。
グッドレビュアー

プロフェッショナルな読者

幸福の「資本」論  橘玲

「『ほんとうの自分』とは幼い頃に友だちグループのなかで選び取った『役割=キャラ』の別の名前」

橘玲氏と言えば「言ってはいけない 残酷すぎる真実」をはじめ数々の著書を出されています。
私は以前「お金持ちになれる黄金の羽の拾い方」を友人に勧められて
読んでみたのですが、内容が私には難しくて挫折しました。
今回、この本の副題「あなたの未来を決める『3つの資本』と『8つの人生パターン』に惹かれて橘氏に再チャレンジしました。

“幸福の「資本」論  橘玲” の続きを読む

群れない 塚本亮

「傷を舐め合う関係ではなく、傷に塩を塗り込む、それくらいの関係がいい

日本は村社会が今も続いていて、周りと合わせる、空気を読むことを求められます。
学校や会社など組織に属していると空気を読むことができなければ
排除されてしまうこともあります。

群れずに快適に過ごすためにはどうすればいいのか。
自分を保つためにはどうすればいいのか。
そんな思いもあってページを開けてみました。

“群れない 塚本亮” の続きを読む

書評キャンパスat読書人2017 大学生と「週刊読書人」編集部

「未読の読者に向けて、勧める本がどのような作品なのかを伝えることを念頭に置いて書いてみてください」

週刊読書人は1958年のに創刊された「毎週優れた本を発掘し、書評し、さらに思想、学術、文学、芸術、読物、文化とさまざまなジャンルにわたって論評や報道を行なっている」(社長あいさつより)書評専門の新聞です。

この本は週刊読書人の中の「大学生に本を読んでもらい、読書感想文ではなく【書評】を書いてもらう」(「書評キャンパス」書籍化にあたってより)というコンセプトでスタートした連載記事です。

2017年4月7日号から2018年3月30日号までの書評が載っています。
古典ありラノベありエッセイありと幅広い書評です。
選んだ本を読んで何故そう思ったのか。
印象に残ったフレーズ。
青年ならではの感想もあり、読んでいてどの本も読んでみたくなりました。


 

 

 

 

第2部には添削例があります。
ブログを書く私としては、読んでいて編集者の添削内容が
耳が痛くなるものばかりでした。
「文章が唐突すぎる」
「表現がおかしな印象を与える」
「同じ言葉を連発しすぎ」

この第2部の添削を読むだけでも
書評に必要なこと、誰にむけて書いているのか
など書評だけでなく文章を書く人にとっては参考になります。
またこの書評は1200文字という縛りがあり
1200文字の中で「大まかなあらすじと自分が何を読み取ったのか」
をまとめるのは自分の思考をまとめるのにも効果があります。
私自身はこのブログに文字制限はしていませんが
「制限がある中で書く」のも今後は意識したいと思いました。

この書評キャンパスに投稿している学生達が
社会人になっても本を読み続けて欲しいと願うばかりです。

 

 

 

 

 

 

 

読書人
143ページ

週刊読書人
わたしたち読書人は、書評専門紙「週刊読書人」を発行している小さな出版社です。
東京タワーが完成した1958年、一般社団法人日本書籍出版協会(通称、書協)の機関紙として誕生し、まもなく創刊60周年を迎えます。
日本全国に約3000社ある出版社からは、年間約8万点もの新刊が日々出されています。
そんな本の大海原で迷っている人にとっての道しるべとなるよう、選りすぐりの良書をお届けすること。
また、世に出た本のひとつひとつには多くの人の汗と涙と想いが詰まっています。そんな努力の結集として生み出された本をより広く多くの人に知ってもらうこと。
これが、今も昔も変わらないわたしたちの使命です。
「本の作り手と読み手をつなぐ!」
そんな存在を目指して社員一同、日々がんばっています。
(週刊読書人ウエブ、読書人とはから引用)

 

週刊読書人オンラインストア

週刊読書人ウエブ

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。
グッドレビュアー

プロフェッショナルな読者