檸檬 梶井基次郎

「その奇妙なたくらみはむしろ私をぎょっとさせた」

梶井基次郎の代表作品と知られる「檸檬」
今回は青空文庫で読みました。

「青空文庫」…青空文庫は、著作権が消滅した作品や著者が許諾した作品のテキストを公開しているインターネット上の電子図書館である(ウィキペディアより引用)

【あらすじ】
主人公の「私」は京都に住む学生。
友人の下宿を転々として暮らしている。
裏通りを歩いている時に一軒の果物屋で檸檬を見つける。
気持ちが欝々としている時に檸檬を持つだけで
身体中が元気になっていく。

私はある時、京都の丸善により画本を城壁の様に積み上げ
そしてそっと檸檬を置いてみたのだった。

【感想】
主人公の私は梶井基次郎氏本人だと思うので
小説というよりはエッセイの様です。
青年期の欝々とした気分の時に檸檬を持つことで
気持ちが元気になっていく。
そんな一コマを丁寧に描いています。

3年ほど前に京都の丸善に行った時のことを思い出しました。
そこには梶井基次郎の「檸檬」の本が積み重なっていて、
その上に檸檬が置いてありました。

その時は「檸檬」を読んでいなかったので
なんでレモンを置いているんだろう???
と思っていたのですが、今回読んで納得しました。

本がなかなか読めない。
文豪が書いた文章を短時間で読んでみたい。
「青空文庫」は電子書籍ですが、
そんな方にピッタリです。

紙の本では「檸檬」をはじめいくつもの小説が一緒に載っていますが
青空文庫は「檸檬」だけで読み切ることができます。

「檸檬」は朗読をしてYouTubeにアップしています。
20分程度なので興味にある方は聞いてみてください。

YouTube はこちらから 
 ↓  ↓  ↓
入眠リラクゼーション朗読「檸檬」


著者 梶井基次郎
(1901-1932)大阪生れ。
少年時代は三重、東京などに転居を繰り返す。
1919年、エンジニアを目指して三高理科に入学するが次第に文学に惹かれ、1924年、東京帝大英文科に入学。
同人誌「青空」で積極的に活動するが、少年時代からの肺結核が悪化し卒業は叶わなかった。
療養のため訪れた伊豆の湯ケ島温泉で川端康成、広津和郎に親近し創作を続けた。
しかし病は次第に重くなり、初めての創作集『檸檬』刊行の翌年、郷里大阪にて逝去。
享年31。

空席 隠蔽捜査シリーズ (Kindle Single)  今野敏

「原理原則が何より大切。そう考えているのだ。そして実際にそれを実行した」

警察小説のベストセラーシリーズ「隠蔽捜査」のスペシャル版と言っていい中編作品。
Kindleでしか読めない大森署の空白の一日。

【あらすじ】
警視庁大森署の署長、竜崎伸也は神奈川県警刑事部長に異動になる。
大森署から竜崎を見送ったが、次の署長は北海道からの異動で遅れると連絡があった。
副署長の貝沼が自分の席に戻ると無線が流れた。
品川所轄内でひったり事件が発生。
警務課長の斎藤は他の所轄なので、特に気に留めていなかったが第二方面本部から電話が。
野間崎管理官だ。

野間崎は大森署も緊配(緊急手配)をするようにとの事だった。
言われた通りに緊配をしていると、今度は大森署の管轄内でタクシー強盗が起こった。
一つの警察署で二つの緊配は無理である。
どちらかを諦めなければならない。
今、大森署には所長が不在。
貝沼や斎藤は「竜崎署長ならどうしていたか…」と考え、ひったくり事件の緊配を断る決断をし、通信指令本部の管理官に申し入れし、受け入れられた。
タクシー強盗の緊配に切り替えて、20分ほどで野間崎管理官が大森署にやってきた。
「ひったくり事件の緊配を解除していいと指示を出していない」
「元に戻せ」
それだけを告げて野間崎管理官は大森署を去った。

貝沼と斎藤は困り果てる。
新しい署長に相談するのが良いのか、竜崎に相談するのが良いのか。
二人が出した決断は…。

【感想】
これまでの隠蔽捜査シリーズを読んでいない人には、竜崎の人となりや人間関係がわかりづらいので、今一つしっくりこないかもしれません。

私は大の隠蔽捜査ファン、竜崎伸也ファンなので楽しんで読みました。
竜崎伸也のポリシーは冒頭の斎藤のセリフです。
縦社会の警察の中では、変わり者の竜崎。
自分のポリシーは曲げずに事件に率先して関わり解決していく姿を見て、署員達も竜崎を信頼します。

竜崎の後に来る新署長の設定が美貌の女性署長なので、今後スピンオフで大森署のその後も読んでみたいと思いました。

Amazon Publishing
フォーマット: Kindle版

ファイルサイズ: 1563 KB

紙の本の長さ: 49 ページ
2018年11月27日

著者 今野敏
1955年、北海道三笠市生まれ。
上智大学文学部在学中の1978年『怪物が街にやってくる』で問題小説新人賞を受賞。
卒業後、レコード会社勤務を経て執筆に専念。
2006年『隠蔽捜査』で第27回吉川英治文学新人賞を、2008年には『果断 隠蔽捜査2』で山本周五郎賞と日本推理作家協会賞をダブル受賞。
2017年には「隠蔽捜査」シリーズで第2回吉川英治文庫賞を受賞。

著書
「隠蔽捜査」「ST 警視庁科学特捜班」「東京湾臨海署安積班」など人気シリーズ多数。
『道標 東京湾臨海署安積班』
『カットバック 警視庁FCⅡ』
『任俠浴場』
『エムエス 継続捜査ゼミ2』など。

今野敏 ホームページ

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。


科学的「お金」と「幸運」の引き寄せ方 小森圭太

「引き寄せの本質は本当の自分を自覚し、幸せに生きること」

著者の小森圭太氏は「量子論」と「脳科学」をベースにした引き寄せ理論を、セッションや講座、ブログを通じて提供されています。
今回は…
1.脳科学での「引き寄せ」
2.そもそも幸せとは
3.潜在意識を書き換える
に特化して本を紹介します。

脳科学での「引き寄せ」

◆脳は意識していることだけを見る、聞く
 EX・妊婦になったとたん町中で妊婦をよく見かけるようになった(私の経験です)
・ 目をつむって「赤色のものを見つける」と思って目を開けると、今まで気にもならなかった赤色のものが目に入ってくる(実際にやってみてください)
 → 実は見ているのは「目」ではなくて「脳」
 ➡ 目の前で展開されている現実は、自分が何を「意識」しているかで変わる
◆無意識のうちに他人の行動を真似てしまう
 EX・隣のひとがあくびをしたら自分もあくびがでた
   ・怒っている人を見ていたら自分も不機嫌になった
     ・大笑いしている人を見ていたら何故か自分も笑ってしまった
 → 人は無意識のうちに他人の行動をコピーするという傾向がある
   行動だけではなく、表情・姿勢・雰囲気まで自動的に真似てしまう
 ➡ このことを意識すれば自分が本来望んでいる状態にコントロールすることが可能
   望まない連鎖をしないために、自動反応をストップさせる
   (周りに不機嫌な人が居ても自分まで不機嫌にならないように意識する)
◆脳は「想像と現実」「現在と過去」「自分と他人」の区別ができない
 EX・梅干しを思い浮かべると口の中に唾液が出てくる(想像と現実)
  ・過去の楽しかった出来事を思い浮かべると表情が緩む(現在と過去)
    ・他人を罵って「あの人は何をやってもダメ」とずっと考えていると脳の本能は「自分は何をやってもダメ」と認識する=自業自得(自分と他人)
  → 逆に「大丈夫、いける」と思考していれば、実現できる可能性に意識をフォーカスする
 ➡ 喜びや楽しさを感じることに取り組むことが、自分の能力を高める一番の近道

そもそも幸せとは何か

◆幸せについて考える
「お金がたくさんあれば本当に幸せなのか?」
「そもそも自分にとって幸せとは何か?」
「幸せな状態のとはどういう状態なのか?」
→ 本能的な欲求を満たすことと、幸福感はまったく別物
➡ 本能的な欲求を満たしても一時的、すぐに不満に変わってしまう
◆幸福な人生の3パターン
「快楽の人生」…楽しさや快楽をできるだけ多く手に入れるために最善を尽くす人生
「充実の人生」…自分の強みや長所を活かして夢中になる事ができる活動が日常にある人生
「意味のある人生」…自分という枠だけでは完結しない何か大きな目的に為に行う活動が日常的にある人生
→ 快楽から充実、充実から意味のある人生に移行すればするほど、幸福感の度合いが高くなり幸福感が持続する
→ 「本当の自分を生きている」と実感することが人間にとって最高に幸福なこと
➡ 引き寄せの本質は「本当の自分を自覚し、幸せに生きること」
◆「お金=がまんして稼ぐ」という潜在意識
・お金を稼ぐために、本当は嫌な仕事もがまんして続けている
・ストレスを解消するためにお金を使う
→ 豊かで楽しく幸せで充実した生活が送れるか?
◆お金は「すぐに」「ラクに」の手段
・お金があった方が、すぐに行きたい場所に行ける
・お金があった方が、好きなものがすぐに買える
・お金があった方が、すぐに安心できる
→お金は「手段」でしかない
◆幸せは「量」ではなく「質」
・幸せは感じるもの
・本当の自分が求めていることに忠実に従い、喜びや楽しさを日々感じている人生が「質の高い人生」=「幸せな人生」
→ 感情的に満足すること
→ 身体がその満足を感じている状態
➡ 最終的に求めていることは「かなり抽象的な感情的に満足した身体の状態」

潜在意識を書き換える

◆潜在意識の状態は身体の状態に現れる
・身体と意識は繋がっている
→ 身体の状態はすぐに作ることができる
➡ 幸せは目指すものでも、たどり着くものでもなく、今ここにあると気付いて感じるもの
EX 自然災害でライフラインが止まった時に、あらためて電気、ガス、水道が使えることに幸せを感じる
◆お金を払うときに笑顔で払う
・コンビニで買い物をすると、コンビニの店員、商品の会社、コンビニに運んでくる流通会社などに貢献していることになる
・「ありがとう」とお金に感謝して払う
◆「面白そう ! 興味深い !」と感じることにフォーカスする
・「ビジネスになりそう」✖
・「こっちが楽できそう」✖
・「こっちのほうが得になりそう」✖
→「自分が素直に面白そうと思う事、興味があること」〇
→「苦手なこと、好きでもないことに頑張ってとりくまない」

幸せなお金持ちが実践していること

◆ワクワクすることをやる
◆Be(存在としてどうあるのか) → Do(何かができる) → Have(何かを持つ)
・何かを持つことにフォーカスするのではなく、自分にとって幸せな状態(Be)を自覚する
◆常に「良い事」を意識する
・毎日「今日の良かった事」を書き出す
◆モノを持ちすぎない
・心の状態に余裕があるとモノに固執しない
◆いつも笑顔
・笑う門には福来る
◆「どうすればもっと楽しくなるか」をいつも考える

まとめ

・「自分にとって何が幸せなのか」「どう在りたいのか」を考える
・「今、目の前にある幸せを実感する」
・お金は「ラク」「すぐに」の手段である
・自分に正直に生きる→本当にやりたいことをやる
・良い事を意識する習慣をつける
・周りの負の感情に振り回されずに自分をコントロールし笑顔でいる

【感想】
書いてあることは素直に入り、その通りだと思いました。
それは、これまでに色々な自己啓発書を読んできて、それらの良いところのエッセンスがまとめられてある内容だったからです。

頭で「わかった」のと身体で「行動する」とは違います。
わかった内容を日々の行動にまで繋げることが一番重要だと感じました。

まずは「自分にとって幸せとは何なのか?」
「幸せな状態とはどういう状態なのか?」
を言語化します。
日々の生活が実はとても幸せなことなんだと気付かせてくれる本です。

【目次】
はじめに
第1章 「引き寄せ」は科学的に説明できる
    不思議で面白い量子の世界
第2章 「幸せ」について知っておきたい三つのこと
    無意識に「幸せ」を遠ざけている!?
第3章 潜在意識を書きかえる法
    潜在意識を書きかえて、引き寄せを加速させる
第4章 幸せなお金持ちが実践していること
おわりに

PHP研究所
208ページ
2019年3月20日第1刷発行
本体価格 1400円
電子書籍あり

著者 小森圭太
インセティック株式会社代表取締役。
京セラ本社広報宣伝部、仏系大手製薬会社などで長く国内外の広報、宣伝業務を担当していた。
独立後、コーチングを学び、独自に量子論や脳科学の勉強を始める。
現在は量子論と脳科学の解釈をベースにした、独自の「量子論的引き寄せ理論」を構築し、セッションや講座で提供している

小森圭太 ブログ

小森圭太 ツイッター

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。


デジタル・タトゥー 河瀬季

ネット上の風評被害対策に強い弁護士

「デジタル・タトゥー」とは…
一旦インターネット上で公開された書き込みや個人情報などが、一度拡散してしまうと、完全に削除するのが不可能であることを、「入れ墨を完全に消すことが不可能」であることに例えた比喩表現 (ウィキペディアより引用)

著者の川瀬弁護士は元々IT企業で働いていて、後に弁護士になっています。
ITの案件が年々増えているのも関わらず、詳しい弁護士はまだまだ少ないことが、この本を読んで分かります。

この本の目的

1.「弁護士の仕事の内容と範囲」を知ってもらう
2.「現代の若い弁護士」の姿を知ってもらう
3.「法律職」というものの面白さをしってもらう

誹謗中傷対策は、ITと法律の組み合わせ

ある人物から紹介されたのは元国会議員の柏田氏。
任務中に秘書が新潟のホテルで変死した。
SNSでは柏田氏が新潟空港で待ち構えていた、柏田氏が雇ったヒットマンに殺されたなどと書き込まれていた。
この事件のために柏田氏は前回の選挙で落選。
事件があった当時柏田氏は新潟に居ないことが証明されている。
それでもこういった書き込みが消えることはない。

柏田氏は自身の公式サイトや公式ブログ、公式ツイッターを持っている。
フルネームで検索すると柏田氏の公式サイトよりも上位に表示されるサイトがある。
【新潟ゼネコン事業の闇と柏田議員秘書変死事件の真相ーGod’s Eye】
「God’s Eye」の管理者を特定する必要がある。
匿名のドメインを使用し、その運営会社はアメリカの業者だった。
柏田氏のお抱え弁護士はこの時点で運営者の特定は不可能であると結論を出した。

川瀬弁護士はアフィリエイト広告業者から当たることにした。
ここで必要なのが「弁護士会照会」という仕組みである。
普通の一般人ならアフィリエイト広告業者に対して「照会」はできない。
弁護士でなおかつ依頼を受けたからこそできることなのである。
数週間後には人物の名前、住所、口座情報が届き、削除申請書を送り記事は削除された。

【感想】
この本には元代議士、モデル、過去に罪を犯した人…それぞれのケースとその対応が小説の形を取って書かれています。
いわれもない誹謗中傷の書き込みに対応できる弁護士が少ないこと、法の力を借りることで迅速に解決できることを読み取ることができます。
私自身も有料ブログを運営しドメインを取得しているので書いてあることがわかりましたが、アメブロの様に無料のブログを活用している人なら、少し解釈するのに難しいのではないかと感じました。

それぞれの話に解決するためにどのような道筋で解決したかが小説とは別に詳細にありますが、ITに詳しくなく読みにくいと感じた人は小説の部分だけでも内容は伝わります。

NHKのドラマにもなっており、興味を持って読むことができる本です。

【目次】
はじめに
第1話 自殺? 変死した政治家秘書と闇サイト
第2話 5年前の痴漢で再就職できない元教員
第3話 ヴィジュアル系ファンの女の闘い
第4話 ブラック企業? 外食経営者の憂鬱
第5話 自業自得? 虚偽投稿で炎上した大学生
第6話 デマに「なりすまし」。モデルの卵の危機
第7話 ランキングで最下位にされたことにもの申す
第8話 増え続ける匿名サイト ! 投資家を狙う闇の正体
あとがき

自由国民社
248ページ
2018年1月12日第1刷発行
本体価格 1300円

著者 河瀬季(かわせとき)
1981年東京生まれ
JAPAN MENSA会員。
元エンジニアの弁護士。
筑波大学駒場中学、高校卒業。東京大学法科大学院を卒業後、司法試験合格。
第二東京弁護士会所属。モノリス法律事務所の代表弁護士。
ITベンチャー等の企業法務から東証一部上場企業まで、約40社の顧問弁護士、執行役員、役員として活動。
10代よりIT関連のフリーランサーとして、ソフトバンククリエイティブ社(当時)をメインクライアントとし、多数のPC関連雑誌への寄稿、書籍執筆を行う

河瀬季 ツイッター

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。


ななつのこ 加納朋子

今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で5月19日に放送した本を紹介します。

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時半放送
「ホンスキー倶楽部」

インターネットラジオゆめのたね放送局

https://www.yumenotane.jp/

ラジオネーム きりえ

加納朋子 ななつのこ 創元推理文庫


① この本のオススメどころ
女子大生の駒子が「ななつのこ」と言う表紙の素敵な本と出会い、その本の著者と文通を始めることで絵本の中の謎と日常生活の謎をひとつずつ解いていく話です。
主人公の駒子のちょっと天然で真面目で可愛いところが好きです。
本好きなところにも共感しながら読みました。

② この本との出会い
駒子が表紙にひかれて「ななつのこ」に出会ったように、私もこの本の表紙にひかれて購入しました。
夏休みの子どもをイメージした素敵なイラストが描かれています。

③ 子どもの頃の思い出
絵を描くのが好きだったので絵ばかり描いてました。
マンガ家になりたかったので、マンガもたくさん描きました。
子供の頃は好きなことをやる時間があって良かったと大人になると思いますね。
今はなかなか時間が取れませんが、久しぶりに好きな絵でも描いてみたいなと思います。「ななつのこ」の表紙みたいに素敵な絵は書けませんが、、、。

【あらすじ】

短大生の入江駒子は『ななつのこ』という本に出逢い、ファンレターを書こうと思い立つ。身辺を騒がせた〈スイカジュース事件〉をまじえて長い手紙を綴ったところ、事件の“解決編”ともいうべき返事が舞い込んだ……! 
こうして始まる駒子と作家のやりとりが鮮やかにミステリを描き出す、清新な連作長編。

第3回鮎川哲也賞受賞作

一番最初の話「すいかお化け」では、「はやて」という男の子と「あやめさん」という女性が出てきます。
その小説の中の小説が絵本になっています。

「ななつのこものがたり」
表紙は「ななつのこ」と一緒
 本書の主人公は、ある村に住む「はやて」という男の子と、はやてが「あやめさん」と呼ぶきれいな女の人です。
あやめさんは体が弱く、出歩くこともままなりません。
訪う人もない寂しい毎日を送っているので、はやてのことを歓迎してくれます。
村の出来事をあれこれ話すと、あやめさんは熱心に耳を傾け、はやてが「ふしぎでしょ?」と言ったことには、「こういうことじゃないかしら」と謎解きをしてくれるのでした。
心やさしく、そしてせつなくもなる、はやてとあやめさんのふれあいを描いています。

創元推理文庫
310ページ
1999年8月20日第1刷発行
本体価格 600苑
電子書籍あり

著者 加納朋子
北九州市生まれ。
文教大学女子短期大学部文芸科卒業。
「ななつのこ」で第3回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。
95年、「ガラスの麒麟」で第48回日本推理作家協会賞受賞。

著書
「魔法飛行」
「沙羅は和子の名を呼ぶ」等がある。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。


「いづみさん」 今日マチ子(マンガ)・青柳いづみ(文)

「秘密を守れない=嘘をつくのが下手な私」

本の最初には女優青柳いづみさんのポートレート。
そのあとに「声」「口紅」「窓」など24のエッセイが綴られたている。

ページの下には青柳いづみさんのエッセイ。
その上にはエッセイの文章に絡めて、今日マチ子さんのマンガが描かれている。
時にはエッセイの補足であったり、全く別の話であったり…。

本番が近づくとご飯が食べられなくなり、お風呂や本を読むことや音楽を聴くことさえもできなくなる。
本能の赴くままに行動をするので、白い衣装を着たままミネストローネを食べたり、片づけもしなくなり思考停止の状態に陥って、たくさんの人に迷惑をかける…と綴ってある。
それぐらい本番に向けて精神が集中していく様をサラッと書いているが、舞台にかける集中力が研ぎ澄まされていくのを感じる。

舞台女優、青柳いづみを知る1冊。


【感想】
今日マチ子さんのマンガが青柳いづみさんのエッセイをよりミステリアスにしています。
1ページの上段がマンガ、下段がエッセイになっていますが、マンガだけを読み後でじっくりエッセイを読むのもいいかもしれません。

私は同時並行で読みました。
実はいづみさんの心のうちをマンガで表現しているのかも…。
普通ならエッセイにまつわる写真で構成しそうですが、あえてストーリーのあるマンガにすることで、違う世界に連れて行ってくれます。

演劇を見ることが無いので、青柳いづみさんのことはこの本で知りました。
ポートレートを見る限りでは、少女の様でもあり大人の女性でもあり、いくつもの表情を持っている人…という印象です。
どんな女優さんなのか舞台上でのいづみさんを知りたいと思いました。

筑摩書房
146ページ
2019年5月14日第1刷発行
本体価格 1800円


著者 今日マチ子(マンガ)
漫画家。
1P漫画ブログ「今日マチ子のセンネン画報」の書籍化が話題に。
4度文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品に選出。
戦争を描いた『cocoon』は「マームとジプシー」によって舞台化。
2014年に手塚治虫文化賞新生賞、
2015年に日本漫画家協会賞大賞カーツーン部門を受賞。
短編アニメ化された『みつあみの神様』は海外で23部門賞受賞。

著書
『センネン画報 +10years』
『もものききかじり』
『ときめきさがし』など。

著者 青柳いづみ(文)
1986年生まれ。
桜美林大学総合文化学群にて演劇を専攻。
2007年、藤田貴大率いるマームとジプシーの旗揚げに参加。
翌年、チェルフィッチュに『三月の5日間』ザルツブルグ公演から参加。
以降、両劇団を平行して活動。
2013年3月、演出家の飴屋法水と共同で短編作品『キッチンタイマー』を発表。
8月、漫画家・今日マチ子の代表作をマームとジプシーが舞台化した『cocoon』に主演。2014年3月から5月にかけて、小説家・川上未映子の書き下ろしテキストを藤田貴大演出で一人芝居として7都市8会場で発表。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。