宇宙兄弟 小山宙哉



今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマは「私の号泣本」

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時

試聴はこちらから

https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/08/9-3_honsuki-club_20190817.mp3


ラジオネーム 大乃国のぶお

小山宙哉 宇宙兄弟 講談社コミック

まずは号泣について。
昔から大声をあげて泣くことを指しますが、近年、声を押し殺して涙がこらえ切れずに泣くことも号泣のイメージとなってます。

①この本のおススメどころ
主人公難波ムッタ。
自分も認める超ネガティブ男。
そして弟ヒビト。
兄が羨む超ポジティブ男。
そんな二人を軸に物語は進む。兄弟の幼き頃からの夢に向かって。

夢に向かう話は楽しい。
ただこの作品の良さはそこにだけあるのではない。
言葉にあります。
名言という言葉は使いたくないけど、たくさんあります。
言葉だけ聞いてもわからない、その前の行動とセットで初めてなことも。
だからこそか、その行動に揺さぶられ、次の言葉でごっそり感情を崩されてしまうのです。電車で読んでるのに、周りを憚らず、ドドーっと涙が流れ落ちる、そんな危険な作品です。

ネタバレを一つ。
ある女性が病で体の自由を奪われていく。
できたことができなくなる。
好きだったことも諦めねば。
そんなとき、なんば兄弟はその諦めに寄り添うのではなく、あるプレゼントをする。
そばにいる女性が漏らす。
「この兄弟はすごい。」
宇宙兄弟は私にとって大事な作品です。

②この本との出会い
初読みの漫画家、たまたま書店で見かけて、犬のイラストが可愛かった。
それくらいです。
前評判は聞いてませんでしたね。

③ 直近の号泣したできごと
号泣ではないけど。
会社でご近所さんとの懇親会である焼肉大会。
顔見知りではない方の隣に行ったとき、椅子に杖をかけられているのを見かけました。
持ち手の部分がきれいな模様で、そこにフックがついてるのですが、フックの柄がうさぎのイラストでした。
とっても可愛らしいけど。
見ず知らずの関係、ましてや男な私。
杖を話題にするのもいかがなものか?と思い、そのままにしてたんですけど、終わりかけの頃につい声掛けしてしまいました。
「可愛いがらの杖やね。」と。
するとその方はにっこり笑って、この人のプレゼントなの、と隣の方を示しながら教えてくださる。
プレゼントをされたご婦人は照れくさそうになんだかんだと教えてくださいました。
数年前の小さな好意。
それをベストのタイミングで触れることができたかなぁ、自己満足するのでした。

実は、杖を褒めるエピソードは宇宙兄弟から。
背中を押してくれたのです。

【あらすじ】
兄は、優秀だが自分の能力を信じられず、ネガティブ思考に陥りがちな青年・ムッタ。
ムッタは失業という挫折のさなか、幼い頃に弟と誓い合った夢を取り戻し、「宇宙飛行士になる」という夢をすでに叶えていた弟・ヒビトの後を追い始める。
弟の背を追う形で、数々の困難を乗り越えて、宇宙飛行士になったムッタ。

ヒビトは日本人初のムーンウォーカーになるも、宇宙飛行士になってからはじめての大きな挫折を経験し兄をはじめとする周囲の人に支えられて、必死に乗り越える。

「俺らは生きて、二人で月面に立とうぜ」
兄は先に行く弟に導かれ、弟が立ち止まった時には兄が優しく背中を押し、二人は「夢の続き」に向かって走り続ける。

著者 小山宙哉
1978年京都府生まれ大阪市立デザイン教育研究所卒。
デザイン会社のサラリーマンを経て、『モーニング』に持ち込みをした『ジジジイ』で第14回MANGA OPEN審査委員賞(わたせせいぞう賞)受賞。
『劇団JET’S』で第15回MANGA OPEN大賞受賞。
2007年12月からモーニングで連載している『宇宙兄弟』は初の週刊連載作品。
この作品で2010年(平成22年)の第56回小学館漫画賞一般向け部門、2011年(平成23年)の第35回講談社漫画賞一般部門、2014年(平成26年)の手塚治虫文化賞読者賞を受賞している。

さすらいのキャンパー探偵 降らなきゃ晴れ 香納諒一

「おまえさんにゃ、この世界は向かないよ。足を洗ってよかったのさ」by 高峰

キャンパーとは、英語でキャンピングカーの事。
主人公の辰巳の愛車はフォルクスワーゲンバス。

おススメ度
★★★
主人公の辰巳が関わる3つの事件が掲載されています。
サラッと読めてしまいます。
ミステリー好きな人におすすめ。

【あらすじ】
主人公の辰巳はカメラマン&探偵稼業の二足の草鞋。
愛車のフォルクスワーゲンバスをキャンパーと呼び、家には殆ど帰らずキャンパーで様々な地を巡り写真を撮っている。

仕事で富士山を撮ろうと粘っていると、地元で富士山の写真を撮っている白井が声をかけてきた。
白井はプロのカメラマンに会ったことが嬉しくて辰巳にフルネームを尋ねる。
辰巳は白井と別れ川口湖畔にある道の駅で駐車場の端っこのなじみの店舗に顔を出した。
店が閉まった後も、店の店主である矢崎夫婦や辰巳と同じ車中泊の人たちとで宴会が始まった。
白井もひょっこり現れ一緒に時間を過ごすことになる。

宴会の最中に駐車場の先から怒鳴り声が起きた。
車上荒らしだ。
犯人は捕まらず取られたのは白井のカメラだった。

思った様な富士山の写真が撮れず締め切りが迫った辰巳は白井の写真を代わりに使うことを考える。
矢崎に白井の連絡先を聞き訪ねて行くと白井はアパートの部屋で死んでいた。
アパートで白井の息子と娘に偶然出くわす。
辰巳は名乗り白井の写真を使わせて欲しいことを二人に告げる。

その夜、娘の寿子から辰巳に連絡が入った。
探偵の辰巳に、弟が警察に逮捕されそうなので助けて欲しいという依頼だった。
あらためて白井の部屋に入りパソコンを操作するとこの半年間のデータが消去されていた。
仏壇の写真を尋ねると寿子は「母ではない」という。
白井は家族を捨てて寿子の元へ行ったのだった。

白井を襲ったのは一体誰なのか?
そして動機は?

【感想】
短編が3作品なので長編のミステリー小説と比べると事件や人間関係が綿密には書かれていません。
主人公の辰巳は探偵ですが、探偵で生業を立てているのではなく、カメラマンとしての側面が強く描かれています。
それだけにミステリーが苦手な人も、読みやすい小説となっています。

私は個人的に辰巳の生活スタイルに憧れました。
元々、私もフォルクスワーゲンバスが欲しいと思っていて、その車で写真を撮りながら時間やお金に縛られることがない辰巳がとてもとても羨ましいのです。

私も辰巳のような生活を送る!!
そんなことを決意した一冊でした。

双葉社
280ページ
2019年8月9日第1刷発行
620円

著者 香納諒一
1963年横浜市生まれ。
早稲田大卒。
出版社勤務の傍ら小説を執筆し、1990年に『影の彼方』で第7回織田作之助賞佳作入選。
1991年「ハミングで二番まで」で第13回小説推理新人賞を受賞し小説家としてデビュー。1999年「幻の女」で第52回日本推理作家協会賞を受賞。

著書
「噛む犬 K・S・P」
「虚国」
「熱愛」
「心に雹の降りしきる」など。

滴水古書堂の名状しがたき事件簿 1  黒崎 江治

「血の繋がりより、気持ちの繋がりの方が大事だと思うからよ」by あとり

密林では扱っておらず、神保町でも見つからない。弔堂にも京極堂にも置いていない本が――あります。
 京極夏彦
そんな一文が添えられている本書
ちょっと変わったミステリー小説です。

おすすめ度
★★★
単純なミステリー小説ではありません。
不思議な世界に迷い込みます。
摩訶不思議な世界が好きな人におススメです。

楠田由宇子は大学生。
ある日、後ろから暴漢に襲われ、二段の腕前の空手で反対に息の根を止めそうになったところを、古戸時久に声をかけられた。
気持ちを落ち着けるために古戸が営む「滴水古書堂」で一休みし、そのままアルバイトをすることになった。

古戸の古書の師匠でもある藤から電話があり、由宇子と古戸は藤が営む古書店「薄命堂」へ向かう。
藤からの依頼は「カルナマゴスの遺言」という本が盗まれたから探して欲しいというものだった。
時間と死についての真理がかかれた本「カルナマゴスの遺言」は読むと死ぬと言われている。
本があったところには金属製のオイルライターが落ちていた。

六文字という老人がこの本を購入することになっていたのだ。
二人は六文字を訪ねる。
六文字は以前に「カルナマゴスの遺言」を読んだことを話し始めた。
六文字には知識があったので死ぬことはなく、反対に死と時間を捨てることになった。
そう、六文字は死ぬために「カルナマゴスの遺言」を読もうとしているのだ。

由宇子はオイルライターに刻まれている模様から犯人を割り出そうとしていた。
一方、古戸は幽体離脱を試みていた。
二人は犯人に辿りつけるのか…。

【感想】
ミステリーだけど、魔術やしきたりなどの風習に囚われている人々が巻き込まれる事件が怒る、摩訶不思議な世界に引き込まれました。
日本ならではの「しきたり」「風習」が上手く取り入れられています。
読んでいてテレビドラマの「トリック」を彷彿とさせました。
朴訥な古戸の身体に現れる不思議な現象が気になります。
由宇子と古戸の凸凹コンビの今後の活躍に期待します。
無骨な警察小説が好きなかたは肩透かしをくらいますのでご注意を!!

【目次】
プロローグ 滴水古書堂
エピソード1 愚者が求めし
エピソード2 肉塊
エピソード3 錆に鳴く猫
エピソード4 エリー
エピソード5 鎖に縛られて

講談社
320ページ
2019年8月7日第1刷発行
本体価格 1200円
電子書籍あり

著者 黒崎江治
プロフィール情報が確認されませんでした。

黒崎江治 ツイッター

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。


檸檬 梶井基次郎

「その奇妙なたくらみはむしろ私をぎょっとさせた」

梶井基次郎の代表作品と知られる「檸檬」
今回は青空文庫で読みました。

「青空文庫」…青空文庫は、著作権が消滅した作品や著者が許諾した作品のテキストを公開しているインターネット上の電子図書館である(ウィキペディアより引用)

【あらすじ】
主人公の「私」は京都に住む学生。
友人の下宿を転々として暮らしている。
裏通りを歩いている時に一軒の果物屋で檸檬を見つける。
気持ちが欝々としている時に檸檬を持つだけで
身体中が元気になっていく。

私はある時、京都の丸善により画本を城壁の様に積み上げ
そしてそっと檸檬を置いてみたのだった。

【感想】
主人公の私は梶井基次郎氏本人だと思うので
小説というよりはエッセイの様です。
青年期の欝々とした気分の時に檸檬を持つことで
気持ちが元気になっていく。
そんな一コマを丁寧に描いています。

3年ほど前に京都の丸善に行った時のことを思い出しました。
そこには梶井基次郎の「檸檬」の本が積み重なっていて、
その上に檸檬が置いてありました。

その時は「檸檬」を読んでいなかったので
なんでレモンを置いているんだろう???
と思っていたのですが、今回読んで納得しました。

本がなかなか読めない。
文豪が書いた文章を短時間で読んでみたい。
「青空文庫」は電子書籍ですが、
そんな方にピッタリです。

紙の本では「檸檬」をはじめいくつもの小説が一緒に載っていますが
青空文庫は「檸檬」だけで読み切ることができます。

「檸檬」は朗読をしてYouTubeにアップしています。
20分程度なので興味にある方は聞いてみてください。

YouTube はこちらから 
 ↓  ↓  ↓
入眠リラクゼーション朗読「檸檬」


著者 梶井基次郎
(1901-1932)大阪生れ。
少年時代は三重、東京などに転居を繰り返す。
1919年、エンジニアを目指して三高理科に入学するが次第に文学に惹かれ、1924年、東京帝大英文科に入学。
同人誌「青空」で積極的に活動するが、少年時代からの肺結核が悪化し卒業は叶わなかった。
療養のため訪れた伊豆の湯ケ島温泉で川端康成、広津和郎に親近し創作を続けた。
しかし病は次第に重くなり、初めての創作集『檸檬』刊行の翌年、郷里大阪にて逝去。
享年31。

空席 隠蔽捜査シリーズ (Kindle Single)  今野敏

「原理原則が何より大切。そう考えているのだ。そして実際にそれを実行した」

警察小説のベストセラーシリーズ「隠蔽捜査」のスペシャル版と言っていい中編作品。
Kindleでしか読めない大森署の空白の一日。

【あらすじ】
警視庁大森署の署長、竜崎伸也は神奈川県警刑事部長に異動になる。
大森署から竜崎を見送ったが、次の署長は北海道からの異動で遅れると連絡があった。
副署長の貝沼が自分の席に戻ると無線が流れた。
品川所轄内でひったり事件が発生。
警務課長の斎藤は他の所轄なので、特に気に留めていなかったが第二方面本部から電話が。
野間崎管理官だ。

野間崎は大森署も緊配(緊急手配)をするようにとの事だった。
言われた通りに緊配をしていると、今度は大森署の管轄内でタクシー強盗が起こった。
一つの警察署で二つの緊配は無理である。
どちらかを諦めなければならない。
今、大森署には所長が不在。
貝沼や斎藤は「竜崎署長ならどうしていたか…」と考え、ひったくり事件の緊配を断る決断をし、通信指令本部の管理官に申し入れし、受け入れられた。
タクシー強盗の緊配に切り替えて、20分ほどで野間崎管理官が大森署にやってきた。
「ひったくり事件の緊配を解除していいと指示を出していない」
「元に戻せ」
それだけを告げて野間崎管理官は大森署を去った。

貝沼と斎藤は困り果てる。
新しい署長に相談するのが良いのか、竜崎に相談するのが良いのか。
二人が出した決断は…。

【感想】
これまでの隠蔽捜査シリーズを読んでいない人には、竜崎の人となりや人間関係がわかりづらいので、今一つしっくりこないかもしれません。

私は大の隠蔽捜査ファン、竜崎伸也ファンなので楽しんで読みました。
竜崎伸也のポリシーは冒頭の斎藤のセリフです。
縦社会の警察の中では、変わり者の竜崎。
自分のポリシーは曲げずに事件に率先して関わり解決していく姿を見て、署員達も竜崎を信頼します。

竜崎の後に来る新署長の設定が美貌の女性署長なので、今後スピンオフで大森署のその後も読んでみたいと思いました。

Amazon Publishing
フォーマット: Kindle版

ファイルサイズ: 1563 KB

紙の本の長さ: 49 ページ
2018年11月27日

著者 今野敏
1955年、北海道三笠市生まれ。
上智大学文学部在学中の1978年『怪物が街にやってくる』で問題小説新人賞を受賞。
卒業後、レコード会社勤務を経て執筆に専念。
2006年『隠蔽捜査』で第27回吉川英治文学新人賞を、2008年には『果断 隠蔽捜査2』で山本周五郎賞と日本推理作家協会賞をダブル受賞。
2017年には「隠蔽捜査」シリーズで第2回吉川英治文庫賞を受賞。

著書
「隠蔽捜査」「ST 警視庁科学特捜班」「東京湾臨海署安積班」など人気シリーズ多数。
『道標 東京湾臨海署安積班』
『カットバック 警視庁FCⅡ』
『任俠浴場』
『エムエス 継続捜査ゼミ2』など。

今野敏 ホームページ

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。


科学的「お金」と「幸運」の引き寄せ方 小森圭太

「引き寄せの本質は本当の自分を自覚し、幸せに生きること」

著者の小森圭太氏は「量子論」と「脳科学」をベースにした引き寄せ理論を、セッションや講座、ブログを通じて提供されています。
今回は…
1.脳科学での「引き寄せ」
2.そもそも幸せとは
3.潜在意識を書き換える
に特化して本を紹介します。

脳科学での「引き寄せ」

◆脳は意識していることだけを見る、聞く
 EX・妊婦になったとたん町中で妊婦をよく見かけるようになった(私の経験です)
・ 目をつむって「赤色のものを見つける」と思って目を開けると、今まで気にもならなかった赤色のものが目に入ってくる(実際にやってみてください)
 → 実は見ているのは「目」ではなくて「脳」
 ➡ 目の前で展開されている現実は、自分が何を「意識」しているかで変わる
◆無意識のうちに他人の行動を真似てしまう
 EX・隣のひとがあくびをしたら自分もあくびがでた
   ・怒っている人を見ていたら自分も不機嫌になった
     ・大笑いしている人を見ていたら何故か自分も笑ってしまった
 → 人は無意識のうちに他人の行動をコピーするという傾向がある
   行動だけではなく、表情・姿勢・雰囲気まで自動的に真似てしまう
 ➡ このことを意識すれば自分が本来望んでいる状態にコントロールすることが可能
   望まない連鎖をしないために、自動反応をストップさせる
   (周りに不機嫌な人が居ても自分まで不機嫌にならないように意識する)
◆脳は「想像と現実」「現在と過去」「自分と他人」の区別ができない
 EX・梅干しを思い浮かべると口の中に唾液が出てくる(想像と現実)
  ・過去の楽しかった出来事を思い浮かべると表情が緩む(現在と過去)
    ・他人を罵って「あの人は何をやってもダメ」とずっと考えていると脳の本能は「自分は何をやってもダメ」と認識する=自業自得(自分と他人)
  → 逆に「大丈夫、いける」と思考していれば、実現できる可能性に意識をフォーカスする
 ➡ 喜びや楽しさを感じることに取り組むことが、自分の能力を高める一番の近道

そもそも幸せとは何か

◆幸せについて考える
「お金がたくさんあれば本当に幸せなのか?」
「そもそも自分にとって幸せとは何か?」
「幸せな状態のとはどういう状態なのか?」
→ 本能的な欲求を満たすことと、幸福感はまったく別物
➡ 本能的な欲求を満たしても一時的、すぐに不満に変わってしまう
◆幸福な人生の3パターン
「快楽の人生」…楽しさや快楽をできるだけ多く手に入れるために最善を尽くす人生
「充実の人生」…自分の強みや長所を活かして夢中になる事ができる活動が日常にある人生
「意味のある人生」…自分という枠だけでは完結しない何か大きな目的に為に行う活動が日常的にある人生
→ 快楽から充実、充実から意味のある人生に移行すればするほど、幸福感の度合いが高くなり幸福感が持続する
→ 「本当の自分を生きている」と実感することが人間にとって最高に幸福なこと
➡ 引き寄せの本質は「本当の自分を自覚し、幸せに生きること」
◆「お金=がまんして稼ぐ」という潜在意識
・お金を稼ぐために、本当は嫌な仕事もがまんして続けている
・ストレスを解消するためにお金を使う
→ 豊かで楽しく幸せで充実した生活が送れるか?
◆お金は「すぐに」「ラクに」の手段
・お金があった方が、すぐに行きたい場所に行ける
・お金があった方が、好きなものがすぐに買える
・お金があった方が、すぐに安心できる
→お金は「手段」でしかない
◆幸せは「量」ではなく「質」
・幸せは感じるもの
・本当の自分が求めていることに忠実に従い、喜びや楽しさを日々感じている人生が「質の高い人生」=「幸せな人生」
→ 感情的に満足すること
→ 身体がその満足を感じている状態
➡ 最終的に求めていることは「かなり抽象的な感情的に満足した身体の状態」

潜在意識を書き換える

◆潜在意識の状態は身体の状態に現れる
・身体と意識は繋がっている
→ 身体の状態はすぐに作ることができる
➡ 幸せは目指すものでも、たどり着くものでもなく、今ここにあると気付いて感じるもの
EX 自然災害でライフラインが止まった時に、あらためて電気、ガス、水道が使えることに幸せを感じる
◆お金を払うときに笑顔で払う
・コンビニで買い物をすると、コンビニの店員、商品の会社、コンビニに運んでくる流通会社などに貢献していることになる
・「ありがとう」とお金に感謝して払う
◆「面白そう ! 興味深い !」と感じることにフォーカスする
・「ビジネスになりそう」✖
・「こっちが楽できそう」✖
・「こっちのほうが得になりそう」✖
→「自分が素直に面白そうと思う事、興味があること」〇
→「苦手なこと、好きでもないことに頑張ってとりくまない」

幸せなお金持ちが実践していること

◆ワクワクすることをやる
◆Be(存在としてどうあるのか) → Do(何かができる) → Have(何かを持つ)
・何かを持つことにフォーカスするのではなく、自分にとって幸せな状態(Be)を自覚する
◆常に「良い事」を意識する
・毎日「今日の良かった事」を書き出す
◆モノを持ちすぎない
・心の状態に余裕があるとモノに固執しない
◆いつも笑顔
・笑う門には福来る
◆「どうすればもっと楽しくなるか」をいつも考える

まとめ

・「自分にとって何が幸せなのか」「どう在りたいのか」を考える
・「今、目の前にある幸せを実感する」
・お金は「ラク」「すぐに」の手段である
・自分に正直に生きる→本当にやりたいことをやる
・良い事を意識する習慣をつける
・周りの負の感情に振り回されずに自分をコントロールし笑顔でいる

【感想】
書いてあることは素直に入り、その通りだと思いました。
それは、これまでに色々な自己啓発書を読んできて、それらの良いところのエッセンスがまとめられてある内容だったからです。

頭で「わかった」のと身体で「行動する」とは違います。
わかった内容を日々の行動にまで繋げることが一番重要だと感じました。

まずは「自分にとって幸せとは何なのか?」
「幸せな状態とはどういう状態なのか?」
を言語化します。
日々の生活が実はとても幸せなことなんだと気付かせてくれる本です。

【目次】
はじめに
第1章 「引き寄せ」は科学的に説明できる
    不思議で面白い量子の世界
第2章 「幸せ」について知っておきたい三つのこと
    無意識に「幸せ」を遠ざけている!?
第3章 潜在意識を書きかえる法
    潜在意識を書きかえて、引き寄せを加速させる
第4章 幸せなお金持ちが実践していること
おわりに

PHP研究所
208ページ
2019年3月20日第1刷発行
本体価格 1400円
電子書籍あり

著者 小森圭太
インセティック株式会社代表取締役。
京セラ本社広報宣伝部、仏系大手製薬会社などで長く国内外の広報、宣伝業務を担当していた。
独立後、コーチングを学び、独自に量子論や脳科学の勉強を始める。
現在は量子論と脳科学の解釈をベースにした、独自の「量子論的引き寄せ理論」を構築し、セッションや講座で提供している

小森圭太 ブログ

小森圭太 ツイッター

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。