不良という矜持 下重暁子

「体制から、他人から離れて自分の頭でちゃんと考えるの。それが不良になるってこと」

80代の下重暁子氏が自らを「不良老年」と呼び、その生き方や考え方を書いた1冊です。
目次には「老年」とありますが、書いてある内容は老年だけでなく
私の様な壮年にもこれからの人生を歩むに至っての指南書ともなります。

高齢になると皆同じような色合いや柄の服を着ていることを指摘している一文がありました。
年をとってからこそ、若い時よりおしゃれに気を使うべきとあります。
私の勤務先の高齢者施設でも、皆さん同じような色合いの服を来ています。
服だけ置いてあると「これはどなたの服だろうか???」と名前を確認しないとわからないくらい皆さん同じなのです。
服は家族の方が用意してくださっているのに…。

自分を振り返ると20代の頃と余り変わらない服装をしていることに気づきました(今は50代です)
シャツとジーンズ、冬になるとハイネックとネルシャツ。
いつまでもこんな恰好で良いのだろうか???
と少し不安に思っていましたが、この本を読んで周りからどう思われるのか、
ではなく自分がどう思うのか、感じるのかの方が大切だということを受け取りました。


また下重氏は幼少の頃に結核に罹り一人闘病生活を病院で過ごします。
自分と向き合い、妄想や想像の中で遊ぶ。
妄想や想像をしてきたからこそ、様々な発想が浮かんでくる。
自分とは何か?
自分が納得できる生き方をする。
人に決められるのではなく自分で決める人生を歩む。
そういったことが自然と身についてきたのではないでしょうか。

自分を大切にし、周りに惑わされず孤高に生きる。

私もそんな老年期を迎えられる様に今から人に合わせず「孤高」に生きるの準備をしていきます。

おススメ度
★★★★

年齢に関係なく自分探しをしている方におススメです。

【目次】
はじめに
第一章 不良老年は、自分に「汲めども尽きせぬ興味」を持つ
第二章 不良老年は、「世間の枠」にはまらない
第三章 不良老年は、「飛ぶ覚悟」を持っている
第四章 不良老年は、自分だけの「秘め事」を持っている
第五章 不良老年は、「本物」をとことん追求する
第六章 不良老年は、自分の最期を楽しんで演出する

自由国民社
208ページ
2019年10月27日第1刷発行
本体価格 1100円

著者 下重暁子
1936年生まれ。
早稲田大学教育学部国語文学科卒業後、NHKに入局。
アナウンサーとして活躍後フリーとなり、民法キャスターを経て文筆活動に入る。
丹念な取材をもとにしたノンフィクションから家事や生き方をテーマにしたエッセイ、評論、小説まで幅広い作品群がある。

著書
「家族という病」
「極上の孤独」
「年齢は捨てなさい」
「天邪鬼のすすめ」など

ナマケモノでいいんだよ ルーシー・クック

「ナマケモノはいわば、穏やかな天然の禅僧です」

動物学者にしてナマケモノ愛好協会代表のルーシー・クック氏がナマケモノの生態を紹介し、写真と共に著名人の一言を紹介している本です。

ナマケモノってどんな動物?

・アリクイ目ナマケモノ科の哺乳類
・エネルギーを節約し天敵から身を守るためにじっとしている
・好物はハイビスカスの華
・野生のナマケモノは中南米のジャングルのみ生息
・ひとりが大好き
・常に笑顔

イソップからイチローまでの名言集

この本はナマケモノの生態が紹介された後は
テーマにわかれて
左ページにナマケモノの写真
右ページに偉人の名言集が載っています。

「ゆっくりでも着実な者が勝利を収める」by イソップ
「いそぐことはないよ。いつかは、つくさ」by A.A.ミルン
「僕は遠回りすることが一番近道だと信じてやってます」by イチロー

「君の機嫌が悪ければ悪いほど、バカなやつに会う」by バンクシー
「笑いと上機嫌の感染力にかなうものはない」by チャールズ・ディケンズ

「どうしてもそれをしなければならないの?」by オードリー・ヘプバーン
「生ぜしもひとりなり、死するも独りなり」by 一遍

「ふだんは退屈していたちっぽけな物事に今すぐ熱狂せよ」by アンディ・ウォーホル
「愚か者であれ」by スティーブ・ジョブズ

【感想】
癒されます。
もうこの一言につきます。

作者のナマケモノへの愛が写真から伝わります。
ナマケモノってこんなに可愛かったんだ!!
この本を読んでナマケモノの虜になりました。

いろいろなモノが「高速化」されていく現代だからこそ
この本のもつ意味が伝わってきます。

そう急がなくてゆっくりでいいんだよ。
あなたはあなたのままでいいんだよ。
そう言われているような気がしました。

カレンダーにしてくれたら絶対買うのになぁ。

疲れている人におススメです。

おススメ度
★★★★★

【目次】
はじめに
ナマケモノってどんな生き物?
1 千里の道も一歩から
2 笑う門には福来る
3 孤独のチカラ
4 いつも好奇心を胸に
5 見方一つで世界は変わる

光文社
160ページ
2019年10月24日第1刷発行
本体価格 1200円

著者 ルーシー・クック
数々の受賞歴のあるブロードキャスター、映画監督。オックスフォード大学で動物学の修士号取得

著書
「子どもには聞かせられない動物のひみつ」

キャラがすべて! メディアを使いこなして、自分自身を売り続ける方法 大内優

「割り切って、演じてしまえ」

この本との出会いは「実践読書会」です。
この読書会での課題本が「キャラがすべて!」でした。
読書会ではワークやダイアログが主体で本を読むことは無かったので、あらためて読んでみました。

おススメ度 ★★★★
起業している人
これから起業しようとしている人
自営業の人
などなど自分を売り出そうとしている人におススメです。

キャラ作りで大切なことは?

◆キャラは演じるもの
・必ずしも自分が100%そうである必要はない
・他人の目は気にしない
・割り切って演じる
◆キャラ説明書を作る
・「名前がどう広まって欲しいか?」を言語化する
・自分のキャラをSNSで主張する
◆とんがってとんがってとんがる
・専門性にとんがることは他を排除することではない
・とんがるにも根拠が必要
◆「自分にはできる」とハッキリ宣言する
・自分でこれをやると決めたら徹底的に主張する
・キャラこうと決めたら貫く

自分のキャラの見つけ方

◆好きなことにこだわって追及する
・人生を棚卸しして、自分のキャラを見つける
・自分で自分をプロデュースする
・好きなモノ✖一貫性
◆ターゲットを絞る
・「誰の」「何を」解決する専門家なのかを表明する
◆起承転結の自己紹介ストーリーをつくる

キャラクター化して売り出す方法

◆ビジネスの設計図を準備する
◆LP(ランディングページ)を作ってSNSと連携させる
◆SNSはメルマガへの導入手段にする
・登録者数より開封率が大事

【感想】
まず決めるということが大切なんだと感じました。
私は「読書の家庭教師」という肩書きで活躍したいと思っていましたが、じゃあどうするか…というところで止まっていました。

友人からのアドバイスとこの本を読んだこともあり、まずは「読書の家庭教師」となることを決めてFacebookのアカウントに「読書の家庭教師」を追記しました。
この一文を入れるだけで、投稿も「読書の家庭教師」を意識することになります。

この本はキャラのつくり方だけではなく、どう売り出していくか?
効果的なプレリリース作りやオンラインサロン運営法まで載っています。

「私には無理だわ~」「何も特技ないし…」と思う人も多いかもしれません。
「自分の好きなことで豊かになる」そんな生活に一歩踏み出すために、まずこの本を読んでみて、自分のキャラを作ってみてはいかがですか?

【目次】
はじめに すべてはあなたが”人を惹きつけるキャラ”を持っているかどうか
第1章 なぜ、いま個人がメディア戦略を考えなければならないか?
第2章 自分をキャラクター化して、影響力を最大化する方法
第3章 メディアへ出ていくうえで、最初に考えるべきこと
第4章 テレビを味方にして、一気に有名になる
第5章 自分にファンクラブをつける、オンラインサロン運営法
おわりに キャラでチャンスをつかみ取れ!


きずな出版
229ページ
2018年10月1日第1刷発行
本体価格 1500円
電子書籍あり

著者 大内優

メディア活用研究所代表。1978年福島県郡山市生まれ。
慶應義塾大学卒業後、福島テレビ株式会社で報道記者として4年間勤務。
取材ネタの選定・番組制作には定評があり、テレビ番組コンクールでの受賞歴もある。
記者時代に目を通したプレスリリースは40,000件以上。その経験から、プレスリリースの良し悪しを3秒で判断することができる。
独立後はメディア活用研究所代表として、テレビを効果的に活用し、ビジネスを拡大するためのノウハウを伝えるセミナーを全国各地で開催。
また、メディア活用に関する活きた情報を手に入れるために、現在もテレビ番組MCやラジオパーソナリティとして活動を続けている。

著書
『小さなお店・会社、フリーランスの「テレビ活用」7つの成功ルール』

大内優 公式ホームページ

大内優 ツイッター

モリー先生との火曜日 ミッチ・アルボム

今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマは「あなたの号泣本」

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時

試聴はこちらからできます。

https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/07/8-2_honsuki-club_20190711.mp3

ラジオネーム ぶるぼん
ミッチ・アルボム「モリ―先生との火曜日」です。

① この本のオススメどころ
生きていると遭遇する問題を深く掘り下げて考えさせられる点がオススメです。それは愛であったり、許しであったり、家族であったり、結婚であったり、老いることや死ぬことであったり。

舞台はボストンの郊外。
ミッチは大学卒業後疎遠になっていた恩師のモリ―を久々に見たのはなんとテレビ。
モリ―はALS(筋萎縮性そくさく硬化症)を発症し、死につつある状態。
16年ぶりに訪れた恩師のもとで、ミッチはモリ―と毎週火曜日に様々なテーマについて話し合うという内容。

それはモリ―が亡くなるまで続きます。
その内容は多くの人にとって身近な問題なので、読んでいる私にも悩んだことがある問題だったり、恐れている問題だったりすることが多いです。

毎日の生活の中で、日々生きることに一杯いっぱいになってるけど、ふとした時に恐怖が襲ってくることってありませんか?
もし私が死んだら残された家族はどうなるだろう?とか。

私はこの本を読むまでそのことがとてもとても怖かったのですが、この本を読み、モリ―の状況や語ることを読むことで自分の考え方、見方、物事の捉え方が変わっていきました。
自分なりに深く考えたからだろうなと今は思っています。

② この本との出会い
好きな舞台俳優さんがこの本の朗読劇に出演することになったのがきっかけです。
観る前に読んでみようと思って手にとりました。

③ 直近の号泣した出来事
まさに見ようとしてたテレビが壊れた時ですね。
結局友人が録画してたので、それを見せてもらったのですが、「なぜ!今!このタイミングで!」って突っ込みながらテレビにむかって号泣してました。


【あらすじ】
スポーツコラムニストとして活躍するミッチ・アルボムは、偶然テレビで大学時代の恩師の姿を見かける。
モリー先生は、難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)に侵されていた。
16年ぶりの再会。モリーは幸せそうだった。
動かなくなった体で人とふれあうことを楽しんでいる。
「憐れむより、君が抱えている問題を話してくれないか」モリーは、ミッチに毎週火曜日をくれた。死の床で行われる授業に教科書はない。
テーマは「人生の意味」について。


著者 アルボム,ミッチ
フィラデルフィア出身。
1970年代後半、ブランダイス大学の学生時代に、社会学教授のモリー・シュワルツと出会う。
卒業後、プロミュージシャンを目指すが、挫折。
コロンビア大学でジャーナリズムの修士号を取得し、デトロイト・フリープレス紙のスポーツコラムニストとして活躍。
鋭い洞察と軽妙なタッチのコラムは高い評価を受け、AP通信によって全米No.1スポーツコラムニストに過去13回選ばれている。
2003年9月に発表した初のフィクション『The Five Poeple You Meet in Heaven』(邦訳『天国の五人』、NHK出版)は全米ベストセラー1位を獲得。現在、妻ジャニーンとミシガン州フランクリンに在住 

シンクロちゃん 一瞬で人生を変える「10秒スイッチ」の法則 佐藤由美子

「私、よくやってるね、OK」

シンクロニシティ…ユングが提唱した「偶然の一致」という概念。
心で思っていることを放つと同じ周波数のものがやってくること。
シンクロニシティがおこりやすくするために必要なことが書かれている本です。

「いま」自分が何を望んでいるのか明確にする

◆「いま」何を感じているのか、何を考えたのか「意識して言葉にする」
・「〇〇しないといけない」「〇〇すべき」など世間の常識や他人の基準に縛られない
・「〇〇したい」ことを書き出す
・10秒を目安に感じてみる
・あるがままの自分にOKをだす
◆「できなかった事実」より「やろうとした気持ち」のほうが偉大
EX 「ダイエットに失敗した」→「ダイエットをしようとした私、エライ!!」
➡ 自分を受け入れる
・自分が自分の最大の味方であり大親友である

「いま」自分が何を感じているのかを認める

◆シンクロニシティはリセットした「いま」の状態に応して起きる
・嫌なことがあったら「あ~〇〇が嫌だ嫌だ嫌だ」と集中して声を出して唱える
→ ネガティブな感覚をリセットする

◆大きなシンクロスイッチは「絶対に認めたくないこと」の奥にある
・嫌なことそのものを認める
・気持ちがモヤモヤしているときは「私はいつもベストな選択をしている」と唱える

過去の自分に感謝し「ありがとう」と伝える

◆「いま」の自分は「過去」の自分に応援されている
・生まれた自分にOKを出す
→ ご先祖様全員にOKを出すことになる
→ 一人で頑張る必要はない
・時間軸の長さ✖人数=シンクロニシティが起きる大きさ

【感想】
「今の自分にOKを出す」
できているようで実はできていなかった事でした。
本にはQRコードがついていて、著者の佐藤由美子さんの解説音声ファイルがあります。
そこに「いま自分が感じていることを書き出す」「自分がやりたいことを書き出す」と言うワークがありやってみました。
特に「イヤ」と思っているネガティブなことを書き出すのは少し抵抗がありましたが、やってみてOKをつけると心が軽くなりました。

自分にシンクロニシティが起きるかはわかりませんが、自分のネガティブな感情の対策にはなります。
自分の嫌な部分を見ないふりをしてフタをすると、積もり積もってストレスとなっていきます。
アナログで書き出すだけで、気持ちが軽くなりますよ。
「いま」の自分が何を感じているのか…習慣化にします。

【目次】
プロローグ シンクロちゃん、地球へやってくる
Lesson1  いまの自分の気持ちに気づく
Lesson2  自分に自信が持てないとき
Lesson3  行動できなくて責めてしまうとき
Lesson4  なかなか直らないクセで責めてしまうとき
Lesson5  失敗した自分をダメだと思うとき
Lesson6  悩んでグルグルしてしまうとき
Lesson7  本当はどうしたいの?
Lesson8  未来がうまくいくと信じられないとき
Lesson9  相手に不満があるとき
Lesson10   一人で頑張ろうとしてしまうとき
エピローグ シンクロちゃん、シンクロ星を救う
おわりに

フォレスト出版
238ページ
2019年6月3日第1刷発行
本体価格 1300円
電子書籍あり

著者 佐藤由美子
4,000人の人生を変えた行動変革コンサルタント

35歳のとき、法律家になるという目標を見失い、無職、無収入、貯金数万円、人脈なしの状態からブログを始める。
その直後に「7日間かけて書いたある言葉」がきっかけで、仕事・収入・人間関係などあらゆる面で思いもよらない体験をする。著書
『うまくいきそうでいかない理由』
『世界に1つあなただけの「魔法の言葉」』
佐藤由美子ホームページ

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

なぜかまわりに助けられる人の心理術  メンタリストDaiGo

「目指すところは、この人のためにやってあげたい」

私は人に頼るのが苦手です。
一人っ子で家は自営。
小さい頃から自分の事は自分でやらなければならない状況でした。
すぐに抱え込んでしまい、人にお願いすることができずに自滅する…。
そんなパターンが続いていて、なんとか脱却したいと思って手にした本です。

「やってもらえる人」の3つのルール

◆「つくさない」
 ・たまにやってあげる
 ・まわりに惜しみなく与えていた親分肌をちょっとだけやめてみる
◆「つよがらない」
 ・持ちつ持たれつ=支えさせてあげる(弱くみせる)
 ・少しダメなところを見せることで憧れの対象ではなく共感して「好き」になる
◆「頼まない」
 ・「お願い」と言わずに相手が望むビジョンを暗示しイメージさせる
 → 相手に「やってあげたい」という気持ちにさせる

やってあげたいと思わせる7つのトラップ

◆「先手を打つ」
 ・どんなに小さな先手でも見つけて行うと「お返しをしなくちゃいけない」と思う
◆「相談する」
 ・相談を持ち掛けて相手のアドバイスを引き出す。
 ・実行した後は、報告&感謝をする
◆お世辞を言い切る
 ・人はお世辞を言い切られると、内容そのものを否定するより自分の方を変えていく
 ・お世辞に感謝の言葉を入れる
◆自分の分担をアピールする
 ・相手を思うなら何か分担させるべき
 → 学校生活で全員が役割を平等に分担することで、自分に分担があるのが通常と感じる
 ・相手の動きに対して感謝の気持ちを伝える
◆曖昧にお願いする
 ・条件の部分はある程度、曖昧にしておいて「やります」と言わせてから詳しい条件を明かす
◆過去を引き合いに出す
 ・「あなたにしてもらったことを忘れずに今でも感謝しています」というアピールをする
 → 意図的ではなく「素」で!!
 → やってもらったことをメモしておく
◆急に黙る、目をそらす
 ・相手からこちらの欲しい情報を引き出す一番の方法は黙る

【感想】
3つのルールを読んで「あ~、私は正反対の事してる。だから自分でやってしまうんだ」と原因がハッキリしました(笑)
3つのルールも7つのトラップもざっくりと書きましたが、本書では具体的な事例も載っています。
とてもわかりやすく且つ重要な所は太字、ラインがあり、図解での解説もあるので、読みやすい本でした。

全部読まなくても目次を読み、自分の興味を持ったところを読むだけでもタメになります。
私はこの本を読んで、まず目の前にいる友人をホメました。
この手の本は読んだ後にベイビーステップ、今日中にできる小さなステップを決めて行うことが大切です。
本書のおわりにでも、「あとは行動あるのみです」と記されています。

私の様に「人に頼れない」「自分で抱え込んでしまいがち」な人におススメです。

【目次】
はじめに
PART1 あなたが頑張るのをやめればみんなが幸せになる
PART2 「やってもらえる人」の3つのルール
PART3 やってあげたいと思わせる7つのトラップ
PART4 やってもらってばかりでも好かれる5つの習慣
おわりに

宝島社新書
223ページ
2019年4月10日第1刷発行
本体価格 780円

著者 メンタリストDaiGo
ジェネシスヘルスケア株式会社 
顧問新潟リハビリテーション大学 特任教授
慶応義塾大学理工学部物理情報工学科卒
人の心を作ることに興味を持ち、人工知能記憶材料系マテリアルサイエンスを研究
英国発祥のメンタリズムを日本のメディアに初めて紹介し、日本唯一のメンタリストとしてTV番組に出演
その後、活動をビジネスやアカデミックな方向へ転換、企業のビジネスアドバイザーやプロダクト開発、作家、大学教授として活動
ビジネスや話術から、恋愛や子育てまで幅広いジャンルで人間心理をテーマにした著書は累計270万部

趣味は1日10~20冊程度の読書、猫と遊ぶこと、ニコニコ動画、ジム通い

著書
『「好き」を「お金」に変える心理術』
『トークいらずの営業術』
『直感力』など多数

メンタリストDaiGo オフィシャルブログ

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。