「のび太」という生き方 横山奉行

具体的に描ける夢は叶う

「ドラえもん」に出てくるのび太は
・勉強はクラスの最下位
・スポーツは苦手
・担任の先生やママに怒られる
・ジャイアンやスネ夫にいじめられる
と、なにもかも上手くいっていない子「ダメのび太」

しかしながら
・誰にでも優しい
・動物や植物を心から愛する気持ち
・感情が豊か

そして長編作品では
・友達に信頼され
・ときには集団のリーダーシップを取り
・ジャイアンやスネ夫も遊ぶときは声をかけ
・担任の先生やママも怒っても決して見離すことはない
・困ったことがあると必ず誰かが助けてくれる

そして、念願か叶いマドンナのしずかちゃんと結婚

➡ 夢を叶える「のび太メソッド」を紹介します

ドラえもんの秘密の道具の意味

・最初はあらゆる問題を解決するが最終段階では、道具を使用しても根本的な解決には繋がらない結果に終わる
➡ ひみつ道具に頼らないで、自力で問題の解決に対処することがベスト
  自分の良いところを伸ばし、ちょっと足りないところを後押しする触媒のような存在

道具を使うことでドラえもんに非難されることで、のび太は必ず自分で試行錯誤しながら問題に取り組んでいる

夢を叶えるために必要なこと

◆のび太の夢は具体的
 ・テストで良い点を取りたい
 ・泳げるようになりたい
 ・〇〇へ行きたい
➡ 具体的な夢は叶う
◆計画を立てて準備する
 ・日頃からすきま時間を見つけて実現したいことを口の中で唱える
 ・「ぼくだって…」と小さな夢次々と描き、実践し続ける 
➡ 「人にできて自分にできないことは無い」という気持ちで課題に取り組む
◆「負けん気」という情熱を持つ
 ・負けん気はプラスのベクトル
 ・夢の萌芽を育てるための大切なエネルギー源

のび太メソッド

◆心配なことは考えない
 ・今、やっている事に全力をつくす
 ・先は考えない
◆カッコイイ自分を想像する
 ・自分の特技を縦横に駆使して、夢のなかで活躍する自分をイメージする
 ・現実離れした夢でもOK
◆現実では恰好をつけない
 ・周りに自分の長所や短所を正直に伝える
 ・自分らしさをさらけ出す
 ➡ 適切なサポートを受けることができる
◆やりたいことは絶対やる
 ・周りの人たちを十分に納得させることのできるような目標を提示する
 ・私利私欲のためにやらない
 ➡ 本当にやるべき目標のためには、良い仲間が集まり結果的に良い成果が得られる
◆自分の夢でまわりを感動させる
 ・常にみんなの幸せを願う
 ・感動させる夢だけで終わらせず行動する
 ・「自分の力でやってみよう」と決意し行動する
 ・「失敗してもいい」と思いきる
 ➡ 自分の夢のリーダーは自分

まとめ

1.周りを感動させる具体的な夢を持つ
2.夢だけで終わらせずに行動する
3.カッコイイ自分を想像し、現実には自分らしさをさらけだす
4.失敗したら再チャレンジ

小さな夢であってもこの4つを信じてやっていくと、ドラえもんやジャイアン、スネ夫、しずかちゃんの様に夢に向かってサポートしてくれる仲間ができます。

【感想】
実は私はのび太が大嫌いでした。
困ったらすぐにドラえもんに泣きつき道具を出してもらって物事を解決する。
道具を正しく使わずに調子に乗って使い過ぎてのび太が困ることになる。
そんなのび太を見て「自分で解決せずに道具に頼るからこんなことになるんだ」と斜に構えていました。

そんな私も自分の子どもを育てるなかで、少しずつのび太が受けいられる様になってきたのです。
今回、この本を読んで実はのび太は
・夢はあきらめない
・感情が豊か
・心優しい
・長所も短所も周りに隠さず自分らしさをさらけだしている
・困っている人は放っておけない
・他人の素晴らしい面を素直に認める
よくよく考えてみると、とても子どもらしい子どもだったんですね。

私がのび太が嫌いだったのは実はのび太にはドラえもんの様に困った時にはいつも助けてくれるロボットが居て羨ましい…。
のび太に嫉妬してたんですね(笑)

本には具体的にドラえもんのストーリーの紹介もあり、解説しています。
じっくり読むと漫画のドラえもんが読みたくなってきますよ。


【目次】
はじめに
序章   ドラえもんがいなかったら
第1章 ドラえもん社会は現代の縮図
第2章 失敗して、夢は叶う
第3章 夢の叶え方 まずは、心
第4章 夢の叶え方 のび太メソッド
第5章 叶う夢には、法則がある
第6章 「のび太なり」の努力で十分
第7章 ドラえもんは、あなたにもいる
終章 「ドラえもん」からのメッセージ
あとがき

アスコム
176ページ
2004年12月10日第1刷発行
本体価格 1200円
電子書籍あり

著者 横山奉行
1942年岐阜県生まれ。
1976年東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。
フルブライト交換留学生(ペンシルバニア州立大学)。
富山大学人間発達科学部名誉教授。
生涯スポーツ専攻。教育学博士。
ドラえもんアナリスト。
登場人物が夢や悩みにどのように対応し、解決したかを考え、人生を豊かにする方法を模索する「ドラえもん学」を研究。
1999年、富山大学にて単位認定のない自由参加型ゼミ「ドラえもんの世界」を開講。
ドラえもんの誕生日である同年9月3日には、ホームページ「ドラえもん学コロキアム」を開設し、「ドラえもん学」を宣言。
2004年、「ドラえもん文庫」を開設

著書
『野比家の謎 「ドラえもん学」研究序説』
『ドラえもん学』
『ドラえもんのことば』など

横山奉行 オフィシャルブログ

横山奉行 ツイッター

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。


武田双雲の「書いて」夢をかなえる本 武田双雲

「私の、存在ものものが素晴らしい」

書道家 武田双雲さんのワーク本です。
30のワークがあり、本に書き込めます。
ワークは主に自分自身を知る内容となっています。

正直に書く

ワークの中には「〇〇を10個書く」という形式もありますが、
10個ひねり出せれば良いですが、どうしても書けなければ「書けない」と書きます。
同時に、今どういう気持ちなのか?
何故書けないのか?
それも正直に思ったままに書いてみましょう。
自分の気持ちを吐き出すことでありのままの自分と、一瞬でも向き合うことになります。
それでも書けなかったら…書かなくてもOK。
無理に書くことよりも自分と向き合うことが主です。
書く内容も人に見せるものではないので、格好つけずに正直に書きましょう。

ペンを用意して新しい人生へと一歩踏み出す

ワークのお題に対して、双雲さんのアドバイス、そのワークを何故するのか?
ワークのサンプルが載っています。
各stepの最後には「おさらい」があります。

・普段何気ない日々の行動や習慣に気づき、さらに良い習慣にしていく
・自分をほめるクセをつける
・叶えたい「夢」を「貢献」までイメージして書いてみる。

【感想】
実際にこのワークを全部やってみました。
指定された個数まで書ききれないものもありました。
書き出してみると普段ルーティンで無意識にやっている事が実は「義務」でやっていて気が重くなっていたんだ…と気づきました。

新たに身につけたい習慣では1か月前に書いた内容を振り返ってみると5項目出していたことを全て毎日やっていることに驚きました。
書き出した日に「明日からやるぞ」と思ったわけではありません。
5項目は始めるまでにそれぞれ時差があります。
書き出したことで脳に残っていて、無理が無い設定で始めていました。

冒頭の言葉はラストワークの一つです。
「私の存在そのものが素晴らしい」
この言葉を紙に書くのです。
私は書いて壁に貼っています(*^^*)

何がしたいかわからない…。
自分が好きになれない…。
そんな人にこそ読んでワークに取り組んでみてください。

【目次】
はじめに
なぜ、「書く」ことで夢がかなうのでしょうか?
まずはとにかく書いてみよう ! この本を100倍楽しむ方法
この本の使い方
step1 気づく
step2 自分を知る
step3 夢を知る
総まとめ
おわりに

小学館
2014年2月4日第1刷発行
本体価格 1200円

著者 武田双雲
1975年、熊本県生まれ。
東京理科大学理工学部卒業。
書道家。
3歳より書家である母・武田双葉に師事し、書の道を歩む。
大学卒業後、NTT入社。約3年間の勤務を経て書道家として独立。
音楽家、彫刻家などさまざまなアーティストとのコラボレーション、 斬新な個展など、独自の創作活動で注目を集める。
映画「春の雪」、「北の零年」、NHK大河ドラマ「天地人」をはじめ、世界遺産「平泉」、 スーパーコンピュータ「京」、「美空ひばり」など、数多くの題字、ロゴを手がける。
世界中から依頼を受け、パフォーマンス書道、書道ワークショップを行っている。 2013年には、文化庁より文化交流使の指名を受け、日本大使館主催の文化事業などに参加し、海外に向けて、日本文化の発信を続けている。
書道教室「ふたばの森」主宰。約300名の門下生に指導を行なっている。

著書
「しあわせになれる『はたらきかた』」
「ポジティブの教科書」
「イヤな気分を捨てる技術」など多数

武田双雲 公式ウエブサイト

武田双雲 公式ブログ

武田双雲 ツイッター

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。


チーズはどこへ消えた? スペンサー・ジョンソン

「物事を簡潔に捉え、柔軟な態度で、すばやく動くこと」

アメリカ合衆国の医学博士・心理学者であるスペンサー・ジョンソンが著した童話、ビジネス書。
日本で400万部、全世界で累計2800万部突破した名著を紹介します。

チーズを手に入れれば幸せになる

登場するのは「スニッフ」「スカリー」の二匹のネズミと「ヘム」「ホー」の二人の小人
食糧が欲しい幸せになりたいと願い、ランニングシューズを履きランニングウエアを着て毎日、迷路に出てチーズを探し回っている。

ある日チーズ・ステーションCで好みのチーズを見つけた。
毎朝、急いでステーションCに通うヘムとホー。
しばらくして二人はゆっくりと起きて歩いてチーズ・ステーションCに向かうようになる。
そこにはチーズがあって当たり前、毎日お腹いっぱい食べて家に帰る様になる。
安心しきっていた。

自分のチーズが大事であればあるほどそれにしがみつきたくなる

ある日、チーズ・ステーションCのチーズが無くなっていた。
スニッフとスカリーは、チーズが段々と少なくなっていっているのに気づいていたので、二匹はすぐにチーズを探しに出かけた。
チーズ・ステーションCの状況が変わったので、自分たちも変わることにしたのだ。

ヘムとホーはいつも通りにやってきてチーズが無いことに驚く。
二人はひどい目にあわされたとわめき散らし、憂鬱になった。

翌日もまた次の日も二人はチーズ・ステーションCに向かった。
どうすれば良いか相談している間、スニッフとスカリーはチーズ・ステーションNを見つけた。

そこには、大量の新しいチーズがあった。
ホーは「出かけよう」とヘムに声をかけるがヘムは動こうとはしなかった。

変わらなければ、破滅することになる

ホーは一人で新しいチーズを求めて迷路に出た。

一歩踏み出すことが不安になり恐怖にも感じたが前に進むことにする。

進む中で今までの不安や恐怖が無くなっていることに気づくホー。
恐怖を乗り越えれば楽な気持ちになる。
恐怖に捕らわれていたのだと悟ったのだ。

ホーは新しいチーズを楽しんでいる自分を想像するようにした。
失ったものではなく、手に入れるものの事を考え続けた。
そしてホーはチーズ・ステーションNを見つけた。
スニッフとスカリーに挨拶をするとホーはチーズにかじりついた。
ホーはヘムを呼びに行こうと思ったが思いとどまった。
ヘムも自分で見つけようとしなければならないからだ。
ここにたどり着くまでに壁に印を書いてきた。

友人はそれをたどってやって来ると信じて…。

【感想】
短い寓話の中にとても興味深いたくさんの人生教訓が書かれていました。
話の中では「チーズ」を見つけてそれがある日無くなります。
この「チーズ」を「パートナー」「仕事」「お金」と置き換えると自分の事として捉えることができます。

自分が見つけた大切なもの(者・物)を失った時にいつまでも、そのものに固執するのか。
それとも次にむけて迷路に進んでいくのか。
あらすじのところでは割愛しましたが、ホーはチーズ・ステーションNで新しいチーズを見つけたときに、これまでのことを思い返します。
一歩進むことができたのはなぜか?
餓死するという恐怖だと気づき、自分自身を笑います。

自分が変わるには、自分の愚かさをあざ笑うこと。
そうすれば見切りをつけて前進できる…とあります。
私はなかなか自分自身を笑うことができません。
この本を読んで、次に進むためには過去に恐怖だと思っていることを笑い飛ばすことが必要なんだと知りました。

登場する二匹と二人はそれぞれの特性があります。
スニッフ…においをかぐ、~をかぎつける
スカリー…急いでいく、素早く動く
ヘム…閉じ込める、取り囲む
ホー…口ごもる、笑う
私はどちらかと言えばホーかな?
新しい提案には直ぐには乗れないけど、しばらく時間が経つと進むことができるから。

ぜひこの本を読んでみて自分は登場人物のどれにあてはまるか考えてみてください。

【目次】
ケネス・ブランチャード博士による裏話
ある集まり シカゴで
物語  チーズはどこへ消えた?
ディスカッション その夜
訳者 あとがき

扶桑社
94ページ
2000年11月30日第1刷発行
本体価格 838円
電子書籍あり

著者 スペンサー・ジョンソン
医学博士・心理学者
心臓のペースメーカー開発にもたずさわる
さまざまな大学や研究機関の顧問をつとめ
シンクタンクに参加する一方
著者活動を続けている
ハーバードビジネススクールの名誉会員著書
「1分間マネジャー」
「1分間意思決定」
「人生の贈り物」他、多数

金運革命CDブック 無限にお金が舞い込む「神の資本論」 清水義久

「お金は豊かさのエネルギーの象徴」

お金に関する本はたくさん出ています。
今回紹介する本は、私のメンターがおススメしていた本です。
私自身、家のローンが残っていてそのために働いています。
少しでもお金からの不安を解消するために読んでみました。

“金運革命CDブック 無限にお金が舞い込む「神の資本論」 清水義久” の続きを読む

オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より 岡田斗司夫、FREEex

「『複数の問題がこんがらがった状態』これが “悩み”です」

我が家は朝日新聞を取っています。
毎週土曜日の朝刊に人生相談が掲載されています。
私はこのページが好きで毎週楽しみにしています。
回答者の物事の見方や考え方が学べるので興味があるのです。
上野千鶴子さん、美輪明宏さん、姜尚中さん、岡田斗司夫さんの4人が回答者です。
この本は岡田斗司夫さんが回答者として答えた内容と知り手に取りました。

“オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より 岡田斗司夫、FREEex” の続きを読む

生きづらいでしたか? 細川貂々

「てんてんさんのネガティブ大事にしてくださいね」

この本の紹介文に「当事者研究」という言葉がありました。
「当事者研究って何だろう?」
単純にこの言葉に惹かれたのと、コミックなのでわかりやすいのでは?
と思い読み始めました。

“生きづらいでしたか? 細川貂々” の続きを読む