ランドルトの環 八幡橙

「難しいですね。大事なもとの適切な距離というのは」by 那知

表題の「ランドルトの環」は視力検査の時に用いる「C」の黒色の円環です。
年の差の恋愛小説に興味を持って読みました。

【あらすじ】
白砂瞬は父が数店舗経営する眼鏡屋の息子。
母は読書モデルで表紙を飾るほど人気が出てきた。
瞬には妹の愛子が居る。
父が瞬に店番を任せて他の店に行っている間に、一人の女性が入ってきた。

眼鏡を作りに来た女性は眼鏡を作った後に、
従業員募集のポスターを見て「働かせて欲しい」と唐突に言い出す。
女性の名は一村那知 38歳。

父が他店の新店長のフォローに行くため
那知に仕事を教えるのは瞬の役割となった。
那知は瞬のことを「店長代理」と呼ぶ。

瞬の妹、愛子に彼氏ができた。
相手は瞬と同じ学年の畠山。
ある日畠山が瞬に声をかけてきた。
「母が、白砂君家でお世話になっているみたいで」
那知は畠山の生みの母だった。

瞬には昔に流行った漫画にハマっていた。
「マカロニほうれん荘」「コロネ学園ねぎミソ組」
勿論、同年代とは話が合わない。
しかし、那知は漫画家のアシスタントをしていたとあって
マカロニほうれん荘の話で盛り上がるどころか
幻の本まで貸してくれたのだ。

瞬はようやく自分が興味を持っていることに
通じ合えている人に出会ったのだ。
急速に那知に惹かれる瞬。
瞬は那知にある提案をする…。

【感想】
自分の好きなものが周りには通じなくて、
ようやく通じた相手が20歳上の女性だった。
その設定はわかりますが、その内容が「マカロニほうれん荘」って。
「えっ??」と意外過ぎて、引いてしまいました。

瞬と那知が通じ合えたのが「マカロニほうれん荘」ではなく、もっとどの世代でも通じる内容の方が、ぐっとのめり込んで話に入れると感じました。
果たして最初から息子の同級生とわかっていて、それも職場の社長の息子と一線を超えることってありえるのかな?
最後までモヤモヤした小説でした。

おススメ度
★★

【目次】
第一章 〇.〇八、〇.〇六
第二章 〇もしくはC
第三章 遥かなる道程(DT)
第四章 真夏の夜の「弱」→「強」
第五章 眼鏡✖眼鏡=〇.〇三
第六章 水底の藻のごとく
最終章 Cの向く先へ

双葉社
234ページ
2019年3月24日第1刷発行
本体価格 1400円
電子書籍あり著者 八幡橙(やはたとう)
1967年東京都生まれ
早稲田大学第一文学部卒業。
出版社に勤め、教科書や雑誌の編集に携わった後、
25年間フリーライターとして活躍
本作が初の小説

ランベルマイユコーヒー店 オクノ修・nakaban



今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマは「あなたの号泣本」

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時

試聴はこちらからできます。

https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/07/8-2_honsuki-club_20190711.mp3



ラジオネーム よんたくん

オクノ修 ランベルマイユコーヒー店 ミシマ社

①この本のおすすめどころ
この絵本ができる原点となった、京都の老舗コ-ヒ-店六曜社のマスターオクノ修さんの歌を聴きながら、nakabanさんの絵を「読んで」みてください。
かけがえのないあなただけの朝が、一冊の絵本から浮かびあがります
自分のお気に入りの、リラックスミュージックで読むのもおすすめです。

オクノ修 ランベルマイユコーヒー店 歌

https://www.youtube.com/watch?v=9Z8TQc8fFQ4

②この本との出会い
大好きな出版社、京都のミシマ社の本なので注目していました。
これも大好きな書店レティシア書店で手に取った時、店主の奥さまがさりげなくかけてくださったレコードの音色と、絵本のなかの風景が溶け合い、とても優しい気持ちになってうっかり涙までこぼしてしまいました。
この本を買わずして、今日は何を買うの?というくらいの気持ちで購入しました。

読読より引用

③ 直近の号泣したできごと
実は私は、号泣することが多いです。
子どもさんに絵本を読みきかせたりもするのですが、声に出して読むと、悲しさや感動でよく感極まってしまいます。
そういうときはギャンギャン号泣しながら練習して、泣かずに読めるまで練習します。

さいきんでは、紙芝居の『ちっちゃいこえ』ア-サ-ビナ-ド 童心社 を一人で練習していて号泣しました。
何回も演じましたがまだちょっと危ない(^^; 練習あるのみです!

童心社より引用

【内容】
コーヒーとともに日々を刻む、すべての人たちへ。
京都の老舗喫茶店「六曜社」のマスター、オクノ修の名曲に触発され、画家のnakabanが10年以上温め続けた作品、ついに完成。

著者 オクノ修
1952年京都生まれ。シンガーソングライターであり、京都の老舗喫茶店「六曜社」のマスター。

挿絵 nakaban(なかばん)
1974年生まれ。画家。
広島市在住。
絵画を中心にイラストレーション、文章、絵本、映像作品を発表している。新潮社『とんぼの本』や本屋『Title』のロゴマークを制作。
著書
『よるのむこう』
『ぼくとたいようのふね』
『窓から見える世界の風』
『ことばの生まれる景色』ほか。
珈琲片手の時間が大好きである。


レギュラーの介護のこと知ってはります? レギュラー

「行動をやめさせるのではなく、安全に続ける方法を考えることが大事」

お笑い芸人の「レギュラー」を知っていますか?
♬あるある探検隊♬で一躍有名になったコンビです。

レギュラー あるある探検隊

今では、介護芸人として高齢者施設などで活躍されています。
そのレギュラーのお二人が介護について書いた本です。

おススメ度
★★★★★
家で介護をしている、これから介護に携わろうとしている
今、介護の仕事をしているなど介護に関係がある、または興味がある人にはおススメです。

松本さんのおばあちゃんの介護体験談をきっかけに介護職員初任者研修の試験を受けます。
仕事をしながら介護スクールに通い所属する吉本から介護イベントの仕事も入り、忙しい中、試験は一発合格。

勉強する中で「身体のしくみ」や「自立支援」を学び、実際に二人一組で介護される側と介護する側になって介護体験も楽しみながら学んでいることが文章から伝わります。
そして二人はそこでとどまらず、介護レクリエーションの資格も取るのです。

第三章では「認知症って?」で具体的な説明や高齢者夫婦の介護のケースが一週間のスケジュールと具体的に自己負担額も書いてあり、これから介護保険を使うひとにもわかりやすく書いてあります。

第四章では具体的に介護するさいの身体の使い方が写真つきでわかりやすく載っています。
車いすの押し方
ベッドから車いすへの移乗
ベッドから起き上がる

第五章では具体的なレクリエーションが写真付きで説明があり、QRコードでレギュラーの動画での説明をみることができます。

【感想】
私は介護福祉士の資格を持っていて普段、特別養護老人ホームでスタッフとして働いています。
基本的な事は分かっているつもりで読みましたが「介護レクリエーション」という資格があることは知りませんでした。
また、ついつい日常の介護もマンネリというか、慣れるにしたがって自己流になっていることに気が付きました。

これから介護を始める人も今、介護に携わっているひとにもおススメです。
そして、「介護レクリエーション2級」の資格をとる決意をしました。
この本に出会えて良かったです。

【目次】
まえがき
第一章 僕らが介護芸人になったわけ
第二章 認知症介護は「助ける」わけではない
第三章 レギュラーがシュミレーション
    ドクター笹岡監修「介護の手順&ケーススタディ」
第四章 レギュラーが体験するしーの先生監
    「介護 これができたら♥Happy♥」
第五章 レギュラーオリジナル認知症予防体操
あとがきにかえて~「魔法の言葉」竹書房
159ページ
2019年7月31日第1刷発行
本体価格 1700円 

著者 レギュラー
レギュラーは西川晃啓、松本康太の吉本興業東京本部所属のお笑いコンビ
「あるある探検隊」の持ちネタでブレイクした。
baseよしもとのトップ組として活躍していたが、2006年10月いっぱいでbaseを卒業し、本格的に東京進出を果たした。
共に大阪NSC21期生。いずれも京都府出身である。
(ウィキペディアより引用)

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

檸檬 梶井基次郎

「その奇妙なたくらみはむしろ私をぎょっとさせた」

梶井基次郎の代表作品と知られる「檸檬」
今回は青空文庫で読みました。

「青空文庫」…青空文庫は、著作権が消滅した作品や著者が許諾した作品のテキストを公開しているインターネット上の電子図書館である(ウィキペディアより引用)

【あらすじ】
主人公の「私」は京都に住む学生。
友人の下宿を転々として暮らしている。
裏通りを歩いている時に一軒の果物屋で檸檬を見つける。
気持ちが欝々としている時に檸檬を持つだけで
身体中が元気になっていく。

私はある時、京都の丸善により画本を城壁の様に積み上げ
そしてそっと檸檬を置いてみたのだった。

【感想】
主人公の私は梶井基次郎氏本人だと思うので
小説というよりはエッセイの様です。
青年期の欝々とした気分の時に檸檬を持つことで
気持ちが元気になっていく。
そんな一コマを丁寧に描いています。

3年ほど前に京都の丸善に行った時のことを思い出しました。
そこには梶井基次郎の「檸檬」の本が積み重なっていて、
その上に檸檬が置いてありました。

その時は「檸檬」を読んでいなかったので
なんでレモンを置いているんだろう???
と思っていたのですが、今回読んで納得しました。

本がなかなか読めない。
文豪が書いた文章を短時間で読んでみたい。
「青空文庫」は電子書籍ですが、
そんな方にピッタリです。

紙の本では「檸檬」をはじめいくつもの小説が一緒に載っていますが
青空文庫は「檸檬」だけで読み切ることができます。

「檸檬」は朗読をしてYouTubeにアップしています。
20分程度なので興味にある方は聞いてみてください。

YouTube はこちらから 
 ↓  ↓  ↓
入眠リラクゼーション朗読「檸檬」


著者 梶井基次郎
(1901-1932)大阪生れ。
少年時代は三重、東京などに転居を繰り返す。
1919年、エンジニアを目指して三高理科に入学するが次第に文学に惹かれ、1924年、東京帝大英文科に入学。
同人誌「青空」で積極的に活動するが、少年時代からの肺結核が悪化し卒業は叶わなかった。
療養のため訪れた伊豆の湯ケ島温泉で川端康成、広津和郎に親近し創作を続けた。
しかし病は次第に重くなり、初めての創作集『檸檬』刊行の翌年、郷里大阪にて逝去。
享年31。

ロジカルに伝える技術 大庭コテイさち子

「結論を先に理由を後に言う」

ロジカル(=論理的)に発言をしたい、文章を書きたい。
と、思っています。
文章は見直すことができますが、話となると
瞬時の判断が必要になり、また感情も入ってきます。

私は感情がすぐに言葉のはしばしに出てしまい
何度も失敗をしてきました。
伝わる話しかたができればいいなと思って読んだ本です。

“ロジカルに伝える技術 大庭コテイさち子” の続きを読む

料理が苦痛だ 本多理恵子

「手料理だけが家族の健康を担うと思わなくて良い」

私は休日が怖い…。
朝から晩まで「今日のご飯は何にしよう??」
と、一日考えているからです。

特に晩御飯は、おかずは2品、汁ものとご飯。
昨日はメインが魚だったから今日は肉か…。
メニューがすぐに決まるときは良いのですが
なかなか決まらないときは、もうそれだけで憂鬱。

平日も仕事をしながら3時くらいから
「今日の晩御飯は…」と考えています。
そんな時には目にした一冊がこの本です。
題名の「料理が苦痛だ」に惹かれました。

“料理が苦痛だ 本多理恵子” の続きを読む