孫と私の小さな歴史 佐藤愛子



今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマ「新刊が出るとつい買ってしまう作家」

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時

試聴はこちらから

https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/09/10-1_honskeyclub_20190918.mp3



 ラジオネーム      空丸恵子
「新刊が出るとつい買ってしまう作家」 佐藤愛子さん

① 佐藤愛子さんのオススメどころ

作品もたくさんあり過ぎるし、長年読み続けてきているので、逆にご存じない方にどうオススメして良いのかわかりません。
とにかく美しくて、カッコ良くて、潔い女性です。
何を読んでも、それが感じられます。

② イチ押しの作品
これも至難の業ですが、愛子さんらしさが溢れているものを一冊。
「孫と私の小さな歴史」

一人娘の響子さんの一人娘の桃子さん。
桃子さんと一緒に毎年、工夫を凝らして作った年賀状用の写真が披露されています。
おもしろいことが大好きな愛子さんらしい歴史です。

③ 今、気になっている作家さん
ごく最近、読み始めてハマっているのは【朝比奈あすか】さん。
もう少し読み続けていきたいです。

「孫と私の小さな歴史」
初孫・桃子の誕生に、「バアさんにはならない、ジイさんになる!」と宣言した著者。
桃子1歳から、二人の扮装で年賀状用の写真を撮り続ける。
お正月早々ドギモを抜かれた、と大評判の秘蔵写真を全公開。
トトロにコギャル、はては生首、葬式まで、「本当は嫌だった!」孫の激白あり、20年分の撮影秘話あり爆笑エッセイです。

佐藤愛子さんプロフィール
1923(大正12)年、大阪市生れ。
甲南高等女学校卒。
小説家・佐藤紅緑を父に、詩人・サトウハチローを兄に持つ。
1950(昭和25)年「文藝首都」同人となり本格的に創作活動を始める。
1969(昭和44)年『戦いすんで日が暮れて』で直木賞、1979(昭和54)年『幸福の絵』で女流文学賞、2000(平成12)年『血脈』の完成により菊池寛賞、2015(平成27)年『晩鐘』で紫式部文学賞を受賞。
ユーモラスなエッセイにもファンが多く2016(平成28)年『九十歳。何がめでたい』が大ベストセラーとなった。2017(平成29)年、旭日小綬章(きょくじつしょうじゅしょう)を受章。

世の中に対して、何か間違っていないか、その考え方はおかしくないかとズバッと言い、愛情を持って怒ってくれるところが、佐藤さんのエッセイの真骨頂。

“何のために生きるのか”なんて考えるのは、数少ない哲学者ですよ。我々凡俗は、朝起きたら朝やること、夜になったら夜やることをして、おなかがすいたらご飯を食べる。
ご飯を食べるために働く。
働くために考える。
単純なことよね。
なぜ生きることに解釈や分析が必要なんですか。
一人ひとり価値観が違うのに、いまは人の考え方と同じでありたいという気持ちの人が多いように思います。
(毎日が発見ネットより引用)…昨年4月 94歳

「朝比奈あすか」
1976年東京都生まれ。
慶應義塾大学文学部卒業。
2000年、大伯母の戦争経験を記録したノンフィクション『光さす故郷へ』を発表。
2006年、「憂鬱なハスビーン」で第49回群像新人文学賞を受賞、同作を表題作とした単行本が刊行され、小説家デビュー。

著書
少女は花の肌をむく(2016年6月 中央公論新社)
人間タワー(2017年10月 文藝春秋)
みなさんの爆弾(2018年4月 中央公論新社)
人生のピース (2018年11月 双葉社)
君たちは今が世界 

孫と私の小さな歴史 佐藤愛子

「お金出して場所借りて、苦労なしに撮るなんて面白くない」

この本は「九十歳。何がめでたい」の著者である佐藤愛子さんが、お孫さんの桃子さんとコスプレして作った年賀状の20年を振り返っているエッセイです。

この年賀状を始めたのが1992年。
愛子さん69歳、桃子さん1歳。
この時は桃子さんがパンダの着ぐるみ
愛子さんは娘の響子さんが買ってあった猫の部屋着。
パンダ桃子さんを膝に抱いて笑っている愛子猫。
何故か前にはごりんが…??

この年賀状の作成場所は愛子さんの別荘がある北海道。
毎年夏に家族で行って撮影するのです。
大トトロに子トトロ
カリブ海賊
コギャル
泥棒
メイドカフェ

愛子さんの「これだ!」という思いつきから
世間の流行まであります。
桃子さんの成長記でもある年賀状。
最初は一緒に立っているだけの桃子さんが
愛子さんと一緒に演技をするようになります。

それぞれの年賀状には撮影時の様子が
響子さんの視点で書かれていたり、
愛子さん自身のエッセイであったり
その後に孫の桃子さんの当時の様子が綴られています。

文春オンラインより引用

【感想】
愛情が詰まった一冊です。
愛子さんから孫の桃子さんへの「愛」
愛子さんの演じることへの「愛」
年賀状を楽しみにしている人たちの「愛」

この年賀状の撮影にかける熱意が文章から伝わってきます。
着ぐるみや小道具を買うこともあるけれど
基本はあるものを利用されています。
時には小道具を徹夜で作ることも…。
だからこそ愛子さんは年賀状の出来不出来にはとても厳しいのです。

私のおススメは「泥棒」
桃子さんの演技が絶妙です。
年賀状に使われなかった写真は爆笑ものでした。

どの年賀状を見ても愛子さんの真剣さが伝わってきます。
何歳になっても新しいことに挑戦するってステキだなぁ。
こんなおばあちゃんになりたい。
周りは大変かもしれませんが…(笑)

おススメ度
★★★★★
ちょっとした時間に読むのにちょうどよい本です。
思わず噴き出してしまうので電車ではご注意ください(笑)

文藝春秋
198ページ
2016年1月10日第1刷発行
本体価格 1400円

著者 佐藤愛子
1923(大正12)年、大阪市生れ。
甲南高等女学校卒。
小説家・佐藤紅緑を父に、詩人・サトウハチローを兄に持つ。
1950(昭和25)年「文藝首都」同人となり本格的に創作活動を始める。
1969(昭和44)年『戦いすんで日が暮れて』で直木賞、1979(昭和54)年『幸福の絵』で女流文学賞、2000(平成12)年『血脈』の完成により菊池寛賞、2015(平成27)年『晩鐘』で紫式部文学賞を受賞。
ユーモラスなエッセイにもファンが多く2016(平成28)年『九十歳。何がめでたい』が大ベストセラーとなった。
2017(平成29)年、旭日小綬章を受章。

著書
「ソクラテスの妻」
「青春はいじわる」
「凪の光景」など多数

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

モリー先生との火曜日 ミッチ・アルボム

今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマは「あなたの号泣本」

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時

試聴はこちらからできます。

https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/07/8-2_honsuki-club_20190711.mp3

ラジオネーム ぶるぼん
ミッチ・アルボム「モリ―先生との火曜日」です。

① この本のオススメどころ
生きていると遭遇する問題を深く掘り下げて考えさせられる点がオススメです。それは愛であったり、許しであったり、家族であったり、結婚であったり、老いることや死ぬことであったり。

舞台はボストンの郊外。
ミッチは大学卒業後疎遠になっていた恩師のモリ―を久々に見たのはなんとテレビ。
モリ―はALS(筋萎縮性そくさく硬化症)を発症し、死につつある状態。
16年ぶりに訪れた恩師のもとで、ミッチはモリ―と毎週火曜日に様々なテーマについて話し合うという内容。

それはモリ―が亡くなるまで続きます。
その内容は多くの人にとって身近な問題なので、読んでいる私にも悩んだことがある問題だったり、恐れている問題だったりすることが多いです。

毎日の生活の中で、日々生きることに一杯いっぱいになってるけど、ふとした時に恐怖が襲ってくることってありませんか?
もし私が死んだら残された家族はどうなるだろう?とか。

私はこの本を読むまでそのことがとてもとても怖かったのですが、この本を読み、モリ―の状況や語ることを読むことで自分の考え方、見方、物事の捉え方が変わっていきました。
自分なりに深く考えたからだろうなと今は思っています。

② この本との出会い
好きな舞台俳優さんがこの本の朗読劇に出演することになったのがきっかけです。
観る前に読んでみようと思って手にとりました。

③ 直近の号泣した出来事
まさに見ようとしてたテレビが壊れた時ですね。
結局友人が録画してたので、それを見せてもらったのですが、「なぜ!今!このタイミングで!」って突っ込みながらテレビにむかって号泣してました。


【あらすじ】
スポーツコラムニストとして活躍するミッチ・アルボムは、偶然テレビで大学時代の恩師の姿を見かける。
モリー先生は、難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)に侵されていた。
16年ぶりの再会。モリーは幸せそうだった。
動かなくなった体で人とふれあうことを楽しんでいる。
「憐れむより、君が抱えている問題を話してくれないか」モリーは、ミッチに毎週火曜日をくれた。死の床で行われる授業に教科書はない。
テーマは「人生の意味」について。


著者 アルボム,ミッチ
フィラデルフィア出身。
1970年代後半、ブランダイス大学の学生時代に、社会学教授のモリー・シュワルツと出会う。
卒業後、プロミュージシャンを目指すが、挫折。
コロンビア大学でジャーナリズムの修士号を取得し、デトロイト・フリープレス紙のスポーツコラムニストとして活躍。
鋭い洞察と軽妙なタッチのコラムは高い評価を受け、AP通信によって全米No.1スポーツコラムニストに過去13回選ばれている。
2003年9月に発表した初のフィクション『The Five Poeple You Meet in Heaven』(邦訳『天国の五人』、NHK出版)は全米ベストセラー1位を獲得。現在、妻ジャニーンとミシガン州フランクリンに在住 

見た目が10歳若くなる本 小川徹

「皮膚は人の内面を映す鏡」

副題
「肌+髪+腸」で外見力は劇的に変わる
ハーバード現役研究員の皮膚科医が書いた

日ごろからスキンケアをしている人には物足りなさを感じるかもしれません。
全くスキンケアをしていない人には超おススメです。
「見た目を若返りさせたい」
「張りのある肌にしたい方」は必見

おススメ度
★★★

ポジティブ皮膚科学

人々の心を明るく、気持ちを前向きにできるように、皮膚科学を基軸に他の領域との結びつきにより皮膚科学を応用する積極的なコンセプト

◆外見に自信がもてれば、人は驚くほどに前向きになり、人生が開けていく
◆外見を扱う皮膚科学には人の心を温かく、前向きにする潜在能力がある

老け見えポイント

・目の外側のシワ
・目の下のたるみ
・くま
・肌のくすみ
・髪の毛の量
◆肌の手入れは洗顔と保湿と紫外線対策
・洗顔
 弱酸性の洗顔料を使う
 泡立てる
 タオルでゴシゴシと拭かない
・保湿
 乾燥は肌の大敵
 ローション、クリーム、軟膏など自分の使い心地の良いものを選ぶ
 入浴後5分以内
 朝は洗顔後すぐ
・紫外線対策
 1.メガネやサングラスで「目からの日焼け」を防ぐ
 2.「紫外線の強い時間帯」の外出を避ける
 3.「曇りの日」も油断しない
 4.「冬」も油断は禁物
 5.「日焼け止め」を正しく使う
  → 紫外線に当たる15分前には塗り終えておく
    しっかりと厚めに塗ってこそ効果が発揮
    日光に当たった後は、すみやかに落とす

腸内環境を整えるのは食事

◆ミネラルウォーター・ローテーション
 いろいろな種類のミネラルウォーターを飲み分ける
 入っているミネラルが違うので、種類を多く飲んでバランスを整える
 常温でこまめに飲む
◆ヨーグルト・ローテーション
 ヨーグルトは腸内で善玉菌を増やし、カルシウム、タンパク質などの栄養も豊富
 ヨーグルトもいろいろな種類を食べる
 整腸作用を考えると朝に食べるのがおススメ
◆食物繊維を意識して摂取する
 食物繊維は善玉菌の発酵を促し、腸管を強化する
 善玉菌が増えることで免疫力がアップする
 ご飯、おから、そば、海藻類、イモ類、キノコ類、バナナ、りんご、ごぼうなど

髪の毛の量や色、ヘアスタイルは「見た目の若さ」において、かなり大きな部分を占める

◆洗い方
 髪の毛よりも地肌を十分に洗う
 洗髪時に頭皮マッサージを行う
 シャンプーのあとはリンスやコンディショナーを使う
◆乾かし方
 タオルで素早く乾かす
 ドライヤーやヘアアイロンは髪を傷める原因となるのであまり長時間は使わない
◆ブラッシング
 毛の流れに沿ってやさしく行う
◆栄養
 タンパク質とビタミンAの摂取が大切
 ビタミンAが不足すると、毛がもろくなる

【感想】
書いてある内容はスキンケアに普段から気をつけている人には物足りなさがあると思います。
なので普段肌の手入れをしない男性には超おススメの本となります。

肌のスキンケアだけではなく、入浴の方法、食生活についても書いています。
食生活に関しては「10種類のスーパーフード」も紹介されていますが、バランスの良い食生活をすることが大切です。
そのうえでスーパーフードを摂ることをおススメします。

水・食事・睡眠・運動…いろいろなビジネス書で書いてある、外見力をアップさせるために必要な事柄を「見た目」「皮膚科学」からの視点で書いてある本です。

【目次】
第1章 男性も女性も、第一印象を決めるのはやっぱり「肌」!
     たった7つのメソッドで、「見た目」は劇的に若返る
     ー外見力がみるみるアップする! 最先端の「肌ケア」7大メソッド
第2章 見た目年齢は「腸年齢」で決まる!
     ースーパーフードで10歳若返る欧米流「最高の食事術」
第3章 毎日の習慣で「外見力」を磨く!
     ー西洋文化と東洋文化の融合「ライフスタイル術」
第4章 「髪」が変わるだけで、驚くほど若返る
     ー「髪のケア」世界の最新情報
第5章 最低限「これ」刺繡をするだけでも見た目がまったく変わる!
     ー世界基準の常識、その他のケア
特別付録1 男性に朗報! 「やっぱりケアは面倒くさい…」という人へ
            ーたったこれだけ!〈男性向け〉超シンプル・メソッド
特別付録2 女性に朗報! イギリス発「5:2スキンダイエット」のすすめ
       ーたったこれだけ!〈女性向け〉超シンプル・メソッド
特別付録3 ドクター小川の「見た目が10歳若くなる」30のポイントを一挙公開

東洋経済新報社
2019年3月14日第1刷発行
本体価格 1400円
電子書籍あり

著者 小川徹
皮膚科専門医、ハーバード大学マサチューセッツ総合病院客員研究員医学博士。
カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)、ロンドン大学セントトーマス病院など、アメリカ東海岸、同西海岸、イギリスで、これまで豊富な国際経験をもつ。
ハーバード大学マサチューセッツ総合病院では、アメリカ専門医学書の分担執筆をしながら、「皮膚とAI」に関するマサチューセッツ工科大学(MIT)との共同研究などに取り組んでいる。
アメリカ皮膚科学会(AAD)など、多数の国際学会に所属。
欧米をはじめ、アジア、南米、アフリカなどに、グローバルなネットワークをもち、全米最大の日系情報誌「U.S.FrontLine」をはじめとする国内外のメディアでも活躍中。
東日本大震災を契機に、「ポジティブ皮膚科学」という概念を提唱している。
「ポジティブ皮膚科学」とは人々の心を明るく、気持ちを前向きにできるように、皮膚科学を基軸に心理学や芸術など、ほかの学問領域との結びつきにより、皮膚科学を応用した学術的なコンセプトである。
あこがれはマザー・テレサ。

見えざる網 伊兼源太郎

「連絡先を知っていることが繋がりのすべてじゃない」by 凛太郎

第33回(2012年)横溝正史ミステリ大賞受賞作
伊兼源太郎氏のデビュー作
「新たな犯罪手法のアイデアが秀逸」とは選考委員の綾辻行人氏の選評です。

おススメ度
★★★★
ミステリー好きな人にはおススメ。
最初のストーリーの展開に引き込まれます。

【あらすじ】
今光凛太郎は30歳。
一人暮らしをしている会社員。
本物志向のモデルガンの開発をしている。
「いつもはっきりした形でつながっている必要があるんですか」
テレビの街頭インタビューで「SNSを利用していますか」と聞かれて答えた内容だ。
凛太郎はその後も言葉を続けていたが編集されていた。
現に凛太郎は今時の若者には珍しくSNSをほとんど利用していなかった。

真夏のある日、出勤するために最寄りの駅のホームについた凛太郎は、いつもと違いホームが混んでいることに気付く。
その殆どが、いつもはこの時間には見ない若い男たちである。
若者の集団がスマートフォンを眺めながら、一斉にホームを時計周りに歩き出した。
ホームの最前列にいた凛太郎は背中から押される状態になりあわやホームに落ちるところだった。
この事をきっかけに凛太郎は車に惹かれそうになったり、頭上から植木鉢が落ちてきたりと不穏な出来事が続くようになった。

会社が夏休みに入る前日、凛太郎は学生時代にアルバイトをしていた店「ダニーボーイ」に顔を出すのが恒例になっていた。
ダニーボーイには凛太郎の後に中学の同級生で警察官の末松千春が現れた。
千春と会うのは8年振り。
次の日、千春と凛太郎は凛太郎の実家の寺に墓参りに行った。
凛太郎はこの間起きた出来事を千春に伝えるが、警察としては事件が起きていないので取り合わないとの事。
その日は千春と凛太郎そしてもう一人、引っ越してしまったサッカー部のキャプテン野崎との三人の思い出を語り合った。

これまで3回、凛太郎は危険にあった。
そのどれもに小さな影があった。
少年は凛太郎の監視役なのだろうか?
確かめるためにわざわざ特殊なルートで新宿に出て少年を待ち伏せた。
少年は偶然だと言い張り、その場を去った。

その日の新宿駅はお盆休みで旅行に出かける人が多く、いつもより混雑していた。
ルートを変えて逆行しコンコースまで戻ったときにそれは起きた。
甲高い悲鳴と地響きの様な音が続いた。
凛太郎が振り向くと、ホームの階段に人間が折り重なって倒れていた。
さらに悲鳴と共に大勢がなだれ落ちてきた。
凛太郎達がルートを変えなければ、確実に巻き込まれていた。

自分のせいで大勢の人が巻き込まれた。
凛太郎は一人でまず自分を監視している人物を見つけることにした。
池袋駅で同じ様に背中から圧を感じた。
振り返ると混雑するホームを力ずくで突っ切る集団がいた。
集団の先頭の男は立ち止まり携帯電話に何かを打ち込んでいた。
凛太郎は男に声をかけた。
ホームを走った理由を問い詰めると「フローラポイントだよ」
お金として使えるフローラポイントを貯めるために若者はホームを突っ切ったのだ。

フローラ社から送られてくるメッセージ通りに行動した者にポイントが与えられる仕組みだ。
1ポイントは100円に換算される。
なぜ、凛太郎の行く先々で事故が起こるようなメッセージが送られてくるのだろうか?

池袋駅で一番下になっていた女子中学生が死亡したとSNSのトップニュースが流れた。

フローラ社は何の目的で凛太郎を狙うのか?
これは始まりにすぎなかった。
そして凛太郎は自分と同じ現場にいつも現れる少年「ハチミツ」と対峙する。

【感想】
以前紹介した「金庫番の娘」の著者、伊兼源太郎氏のデビュー作です。

「金庫番の娘」

今回は「SNS」に焦点を当てています。

お金はないが時間はあり欲しいものを手に入れるためにポイントを集める若者たち。
ポイントのために送られてきたメッセージ通りの行動したために、大きな事故が起きる。
若者たちは自分たちの行動が事故を起こしたとは思っていない。

今でもポイントを集めるサイトはたくさんあります。
実際には起きてはいませんが、ありえる話です。
町中には歩きながらスマートフォンを見ている人は無数にいるからです。
読みながらゾっとしました。
スマホを使っているつもりが、使われている…そんなことになっていませんか?

「情報は使い方次第」
この一文にこの小説が伝えたかったことが凝縮されています。
後半の展開は「あ~、やっぱり」と思うところもありましたが、伊兼さんはコンプリートしたい作家さんの一人になりました。

角川文庫
404ページ
2015年9月24日第1刷発行
本体価格 680円
電子書籍あり

著者 伊兼源太郎
1978年東京都生まれ。
上智大学法学部卒業。
新聞社勤務などを経て、2013年に『見えざる網』(受賞時「アンフォゲッタブル」を改題)で第33回横溝正史ミステリ大賞を受賞し、デビュー。

著書
『事故調』
『外道たちの餞別』
『密告はうたう』
『地検のS』など

面白い対談を見つけました。
真藤順丈×塩田武士×伊兼源太郎 「いま」と「小説」

モモ ミヒャエル・エンデ

今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマは「上半期に読んだ、私のおススメ本」

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時

試聴はこちらからできます。

https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/06/7-4_honsuki-club_20190619.mp3

ラジオネーム ナンさん

ミヒャエル・エンデ「モモ」
岩波少年文庫
409ページ
2005年6月16日
本体価格 800円
電子書籍あり

① この本のおすすめどころ
原作は知らなくても時間泥棒と言うのは皆さんが知っている程、時間をテーマにしている本作。

時間の大切さや無駄な時間と思っていた事でも過去を振り返ってみると、とても貴重な宝石の煌めきを持った時間だと言う事が分かります。
大人になって読むと時間をお金と言い換えると時間泥棒が如何に貴重なお金を奪って行ってしまったのか考えさせられます。

また、主人公モモの生い立ちが浮浪児で傾聴の達人であるって言った設定が、どんなに不幸な生い立ちでも。
人間は特技の一つだけでも持っている事と差別せずに他人から聞く姿勢と歩みを止めなければ、一時的に苦しくても人は素晴らしい人生を歩めると言う事を言っているのかなと。

② この本との出会い
自分が小学生の頃に虐めに遭っていた頃に出会い。
この作品と同じ作者のネバーエンディングストーリー共々勇気と希望を与えてくれました。
それと例え異世界に飛ばされ無くても現実にたった1人の友達しか居なくても世界は広くて素晴らしく。
必ず受け入れてくれる世界や仲間がいる事を教えてくれたのもモモやネバーエンディングストーリーでした。

③ 今年一番の出来事
30年ぶりに幼馴染達と外タレのコンサートに行く事になった事でしょうかね。
苦しい時や悲しい時、嬉しい時も共にいた事を感謝していますよ。
人生の所々に彼等が居てくれた事でまだ生きていられるから。

【あらすじ】
とある街に現れた「時間貯蓄銀行」と称する灰色の男たちによって人々から時間が盗まれてしまい、皆の心から余裕が消えてしまう。
しかし貧しくとも友人の話に耳を傾け、その人に自信をとりもどさせてくれる不思議な力を持つ少女モモが、冒険のなかで、奪われた時間を取り戻すというストーリー。

著者 ミヒャエル・エンデ,

1929‐1995。
南ドイツのガルミッシュに生まれる。
父は、画家のエトガー・エンデ。
高等学校で演劇を学んだのち、ミュンヘンの劇場で舞台監督をつとめ、映画評論なども執筆する。
1960年に『ジム・ボタンの機関車大旅行』を出版、翌年、ドイツ児童図書賞を受賞。
1970年にイタリアへ移住し、『モモ』『はてしない物語』などの作品を発表。