モップの精は旅に出る 近藤史恵

「探し物なら、ふたりで探した方が見つかるんじゃないか?」

キリコは深夜、英会話スクールが入っているビルの清掃員。
キュートな服装で歌を歌いながら掃除機をかける。

英会話スクールの事務をしている翔子に郵便物が届き中を開けると婚姻届が⁉︎
相手は受講生の中沢。
翔子は中沢に話をしようと思っていた矢先に死体で発見される。

“モップの精は旅に出る 近藤史恵” の続きを読む

『むなしさの正体 正しい幸せの求め方』 武田双雲

目標を達成した後に何故だか「むなしい」気持ちになることがありませんか?

書道家の武田双雲さんは自ら発達障害であることをオープンにして講演活動も行っている書道家です。
この本は誰もが抱える「むなしさ」についての正体とその付き合い方を書いています。

双雲さん自身も子どもの頃にむなしさを感じたそうです。
家にいても学校にいても、気が休まらない。
言いたい事が伝わらず何をやっても上手くいかず、
心の中にはもやもやしたものが、ずっと溜まっている状態。

そうそう私もそうだった。
仕事で任されたイベントを成功させたのに、達成感は一瞬だけで後はなんだかもやもや…
そのうえやる気もでなくなった時がありました。

いろいろなむなしい状態を経験しての共通項は
「受動的な人生だった」


「むなしさ」の原因は未来志向・成長主義が原因

 

 

え?何故?
未来志向って前向きでいいんじゃないの?

目標設定が具体的であればあるほど、
目標が達成された時にやってくる「むなしさ」
それは、燃え尽き症候群とも似ているかもしれません。

じゃあ、むなしくならない為にはどうすればいいの??

「成長にこだわり過ぎない(拘らないではないですよ)
そして、今、目の前のことを楽しむ!!
目標を数値化せず、目標達成に拘らず「ビジョン」を描くことを習慣づける」

と、あります。

「目標」と「ビジョン」の違いは???

「世界中の人々が楽しく暮らす、そんな夢を描きながら、それを忘れるくらい自分が瞬間瞬間を楽しむ。
出会う人、目の前の人を楽しませる」

具体的な目標ではなく、その先にあるもの…と私は捉えました。

「過去は変えられる」
「感情が事実を呼びこむ」
「自分をチューニングする」
「あるものリスト」
「トラウマに苦しまない方法」

など、むなしさと付き合い自分をコントロールする、
すぐにでもできる具体的な方法も書いてあります。

実際私も自転車通勤で、細い道で前を歩いている人が真ん中を歩いていたりすると
「もうっ、行かれへんやん(関西人です)」と心の中で毒づいてました…が
この本を読んだ後は、擦れ違う人全員に心の中で「おはよう~」と呟いていたら、
なんだか気持ちがご機嫌さんに(^^♪

少しはチューニングできたかも

そして、書道家ならではの文字の説明もこの本の魅力です。
「頑張る」…「頑なに張る」
「嘘」…「口に虚しい」
「儚い」…「人の夢」

 

ちょっと不思議でなんだか元気がもらえる双雲ワールドに浸ってみませんか

おススメの一冊です

【目次】

まえがき
・むなしさを考えるきっかけ
・僕も子どものころは、むなしさに苦しんだ
・受動的な人生はむなしい
・武田双雲がむなしさについて語る意味

第1章 むなしさの正体を解く
●未来志向・成長主義がむなしさの原因
●むなしさの方程式を解いていく
●虚実のバランス
●期待しない。明確な目標をもたない
●むなしさを消してくれる脳内物質がある?

第2章 むなしさいろいろ
●つかみ系の人は自分のむなしさに気付かない?
●競争で勝つことに意味はない
●なぜ名誉を得てもむなしいのか
●外的要因に影響されると燃え尽き症候群になりやすい
●トラウマにとらわれるむなしさ
●むなしいときこそ満たされるチャンス

第3章 僕がいま、むなしくならない理由
●むなしさとのバランスの取り方
●世間の評価にとらわれすぎない
●感情が目の前の事実を呼びこんでくれる
●我慢するよりも大事なのはチューニング

第4章 むなしさとの付き合い方
――上手にチューニングする実践法
●むなしさは消せないけれどチューニングは可能
●自分に噓をつくむなしさ
●むなしさを減らしていくには人称を上げる
●自分のほうから満たされ続ける効果的なコツ
●仕事を楽しむにはまず通勤を楽しんでみる
●むなしさシステムが発動するクセはコントロールできる
●承認欲求を満たされなくてもむなしくない生き方
●カリスマに学ぶビジョンの持ち方
●選択肢の多いなかからベストを選ぶコツ
●むなしさを消すには、まず形から入ってみる
●思いきって競争をやめたら成績は伸びる
●SNSがコミュニケーションのむなしさを助長している
●無理をせず感覚に任せる
●究極のむなしさは死の直前に訪れる?

【こんな人におススメ】

なんだか胸のうちがモヤモヤする
最近仕事が面白くない
人生や仕事で大きなイベントを経験した

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

 

 

MAZE  恩田陸

【登場人物】

神原恵弥…ウイルスハンター、男だが何故か女言葉を使う
時枝満…恵弥の幼馴染、恵弥に誘われて今回の調査に参加
スコット…恵弥の同僚
セリム…謎の直方体の建物が建つ国のエリート

【あらすじ】

イラクとの国境近いアジアの西の果て
満は恵弥に誘われ
「一度中に入ると戻れない人間が多くいる」
という伝説がある白い直方体の建物の調査に行く。

恵弥以外にもスコット、この国の若者セリムがチームに参加し4人での一週間が始まる。
満以外の3人は作業を、満は恵弥から渡されたレポートを読み込み、
人が消える謎について仮説を考える。
満がある仮説を立てた。
しかし直後にセリムが消える。
満の仮説は正しいのか?
セリムは生きているのか?

【感想】

うーん、満の存在って…??
謎が解き明かされるにつれ、
満がなぜ同行する必要があったのか
わからなかったなぁ。
言うほどミステリーでもないし
ファンタジーでも無く…。
消化不良の感がありますが、友人によると
この話はシリーズ化されていて
次の作品から面白くなるらしいので
次作「クレオパトラの夢」に期待します。

恵弥は何故か私の中では男だけど天海祐希さんだった(笑)

双葉文庫
264頁

【こんな人におススメ】

ミステリー好き
不思議系の小説が好きな人

 

 

燃えつきるまで 唯川恵

 

「愛人でもセカンドでも、何でもいい、愛されるならどんな立場でも忘れられるよりずっとマシ」

ハウジングメーカーに勤める怜子は31歳。
チーフにもなり仕事に充実感を持っていた。
5年間付き合った恋人、耕一郎からは数年前からプロポーズされていたが、
当時はチーフになったばかりで待ってもらっていた。

そろそろ結婚もいいかなと思っていた矢先、
耕一郎から別れを告げられる。
またいつもの喧嘩と同じ、すぐに謝ってくる。
いつも先に謝るのは耕一郎だもの。
そう、たかをくくっていたが、いつまでたっても耕一郎からの連絡はない。
本気の別れだった。
失恋のショックで仕事にも身が入らない怜子。

なんども電話し会ってよりを戻して欲しいと懇願するが受け入れられなかった。
あんなに順調だった仕事も穴をあけてしまう。
そんな怜子に耕一郎と共通の友人から耕一郎に新しい彼女ができたと聞いた怜子は…。


いろいろな女性が登場するけれど、女って怖い…と思いました。
独身の頃や今もそうですが、同性で同世代の友人が少ない私には
なかなか理解しがたい女同士のやり取りが綴られてました(;^ω^)

「ムーミン谷のクリスマス」トーベ・ヤンソン

「あの人に送る一冊」

東京都 京極 優希さん

「ムーミン谷のクリスマス」

参加している研究会(聖書の勉強会)の参加者様へ。

クリスマス会のプレゼント交換用にトーベ・ヤンソンのムーミンコミックスから

『ムーミン谷のクリスマス』を選びました。

ムーミン好きの方に当たったので何たる偶然!

「ムーミン谷のクリスマス」を選んだ理由は?

クリスマス会のプレゼント交換用に1000円程度(これは決められた金額です)

のプレゼントを近所にある雑貨とデザイン中心の本を置いてある書店で探していたとき、

置いてあった絵本が可愛くて目を引きました。

その中で、クリスマスということもあり、

『ムーミン谷のクリスマス』というムーミンコミックを選びました。

クリスマス会には、毎回本を選んでいるのですか?

いつも選んでいるわけではないです。

大学生の頃、ボランティア先のクリスマス会のときに

子供にあげるプレゼント(くじ引きで選ばれる)に

銀色夏生さんの要らすとストーリー、

『ナルシスナルくん』を選んだことがあるくらいです。

優希さんのムーミンへの思いを聞かせて下さい( ˊᵕˋ* )

ムーミンへの思い……スナフキンは私の哲学、

それ以上でもそれ以下でもありません。

本を贈るときに心がけていることはなんですか?

本を贈るときに心がけていることですね。

もし贈るとしたら小説や専門書のような本は

避けるようにしたいと思っています。

絵本のような年齢関係なく楽しめるものが無難だと思うので、

そういう類いのものを選ぶ傾向があります。

☆2015年は、「ムーミン」出版70周年です。

みんなにもっとムーミンを知ってほしい。

そんな思いで始まった8月9日の「ムーミンの日」。

2005年ムーミン60周年を機に、

作者トーベ・ヤンソンの誕生日8月9日をムーミンの日と定めて以来、

8月9日には様々な催しを開催しています。

「生きるって、すばらしいことだなあ。

どんなものでも、なんの理由もなしにいっぺんにかわることがあるんだねえ」

―ムーミントロール―

スティーグ・ラーソン「ミレニアム」

福岡県のたっくんママ

作文書くのは苦痛はなかったんですが、

読書感想文は、なんだか苦痛だった記憶があります。

やはり読む本を指定されて、

なんとなく当時の読みたい系じゃなかったから、

なかなか読書が進まなかったせいもあって、

本好き姪っ子の読書感想文のための指定本を読むけど

なかなか進まない苦痛は、よく伝わってきました。

読んでみたい本とかビビビとくる本は、

やはり時期によって性格や環境によっても変わるはずなので。

でも教科書はけっこう隅から隅まで読んでる子でしたけど(笑)

授業中も退屈だと、あちこち読み回してました。

指図や指定されたりするのが苦手みたいです私。

自他友認めるマイペースなんです。

「読んでみたい本、ビビビと来る本ってどんな本か教えて下さい🎶」

読んでみたい本はたくさんありすぎて悩んでるので、ビビビとくる本は…

医療関係者や法律家が出てくる話全般と、

シリーズものや、ナチス関連と、最近は仏教ものですね。

読んでみたい本は、えーっとですね、

今年の暑い時期に読み終えたらなぁと思ってる本はあって、

スティーグ・ラーソンの「ミレニアム」ですね。

文庫で全6冊あって、最初の2冊が私の余韻に強く残りすぎて、

いい意味でかなりエネルギー使ったので、

しばらく他の小説を読む気が起きなかったので、

続きを読み出すのに勇気がいるんですよね(笑)。

一気にまた4冊読めないかもしれないし、

途中でまたしばらく放心するかもしれませんが。

暑い時期に関係なく、最近気になりだした作家さんは、

松本清張さんと内田康夫さんです。

社会的な部分もたくさん出てくるみたいで、

そういうのがとても惹かれます(^^)内田康夫さんはシリーズが長いけど、

最初から読んで、主人公に愛着を持って、長~く読めたら幸せだろうなぁと思ってます。

シリーズものが好きなのは、愛着を持った登場人物と長い付き合いができるからです!

🎶 読んでみたい本とかビビビとくる本は、

やはり時期によって性格や環境によっても変わるはずなので。

🎶 でも教科書はけっこう隅から隅まで読んでる子でしたけど(笑)

授業中も退屈だと、あちこち読み回してました。