本屋な日々 青春篇 石橋毅史 

「もう販売された本にあれこれPOPを付けるより大事なことは、自分で自分の客に本を渡すラインを、どれだけつくれるか」

出版ジャーナリストの石橋毅史さんが、全国の「ここ」という書店に足を運び
直接書店員と話をした内容やイベントでの内容が綴られた一冊です。

全国展開しているチェーン店の書店が増え、
電子書籍も普及している昨今、昔ながらの小さな書店が減っています。
紙の本そのものが売れなくなってきている状況です。

そんななかでも、各地で地元に密着している
小さな書店を紹介している貴重な本でもあります。

読み始めたときは、文章から暗さが伝わってきて
最後まで読めるだろうか…と不安になりましたが
最初に紹介されていた書店が行ったことがあり
友人達の間ではちょっと有名な長谷川書店(ハセショと呼んでいます)
だったので興味を持って読みました。

この本には新刊を取り扱っている書店から古書店も載っています。
どの書店員さんも情熱を持ちながらも現状に不安もあり
このまま続けられるのだろうか…。
と、率直な思いが綴られています。

日本全国にある小さな書店の状況や書店員さんの思いも
この本から知ることができ、ここに載っている書店を訪ねる旅がしてみたいと思いました。

まずは大阪の「長谷川書店」と「本は人生のおやつです!!」に行こうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

i【目次】

この旅の向こう
伝える本屋
そこにある本屋
出会いの本屋
青春の本棚
いつか辿りつく場所
あとがき

株式会社トランスビュー
310ページ

著者 石橋毅史
1970年、東京都生まれ
日本大学藝術学部卒
出版社勤務を経て1998年に新文化通信社入社
出版業界専門誌「新文化」の記者、編集長を務める
2009年12月に退社、フリーランスとなる

著書
「『本屋』は死なない」
「口笛を吹きながら本を売る」
「まっ直ぐに本を売る」など

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

ハーバード流自分の限界を超える思考法 マリオ・アロン・ブッチ

「自分の態度を変えれば、より高みに到達できる。自信と好奇心とあこがれを持って変化や不確実な物事にアプローチしよう」

受容と呼吸で不安に負けない心のベースを作る

不安とは心を乱す感情。
不安はあなたを守ってくれることもあるが、
あなたが危険を冒して新しいアイデアを試し
変化や成長・発展するのを妨げることの方が多い。

“ハーバード流自分の限界を超える思考法 マリオ・アロン・ブッチ” の続きを読む

花咲小路三丁目のナイト 小路幸也

「何かいろいろと悩みがあるんなら、お花を飾ることによって気分も変わって、良い方向へ向かうかもしれませんよ?」

花咲小路商店街三丁目には商店街唯一の
深夜営業の店「喫茶ナイト」がある。
夕方の4時くらいからその日の夜が明けるまでが営業時間。
ナイトは「NIGHT」ではなく「KNIGHT」騎士のナイト。
創業者の孫、円藤仁太がオーナーで喫茶とビデオやDVDの貸し出し
をしている。


 

 

 

堂本望は大学卒業後、就職はしたが上手くいかず
母の弟である仁太のところに転がりこんだ。
仁太は何もきかず望を受けいれる。
そんな仁太は商店街では謎の男となっている。
まだ四十代なのに真っ白の長髪を後ろで束ねて、
店の中では年中着流しに雪駄といういで立ち。
いつも笑顔をたやさず、子どもや女の子には絶大な
人気を誇っている。
独特の渋い雰囲気が魅力的なおじさまである。

もともと望は小学生の頃には花咲小路商店街で育ったので
同級生の北斗や克己たちとは仲が良い
望が「ナイト」で働くようになり食事のメニューも出すように
同級生も店に来るようになった。

実は「ナイト」はただの喫茶店ではない。
悩みを抱えた大人たちが夜な夜な
話をしにやってくる大人の秘密基地の様な場所。
今日は同じ商店街の轟クリーニング店の大学生の息子
駿一がやってきた。
何か、話があるようだ。
仁太は望に言った。
「望、紅茶はティーバックのでいいぞ。〈相談事〉に来た
若いのから金は取れないからな」

こうして「ナイト」の夜は始まる。


花咲小路商店街シリーズの第4作目です。
今回のお店は夜しか営業しない喫茶「ナイト」
いろんな人が仁太さんに話を聞いてもらおうと
「ナイト」に来ます。
仁太さんは話を聞くだけでなく、良い方向に解決するように
奔走します。
それは商店街のいろいろな人を巻き込みながら。
ちょっと謎めいた仁太さんはラストにはその過去が
明るみに…。

目次が映画のタイトルになっているので
映画好きの人にもおススメの1冊です。

小路さんの話は安心して読めるので
次は途中になっている東京バンドワゴンシリーズを
極めたいと思います。

 

 

 

 

【目次】

prologue その名は〈KNIGHT〉
一  夜も昼も
二  ローマの休日
三  ニューヨーク・ニューヨーク
四  ゴースト ニューヨークの幻
五  私の彼氏
六  レオン
七  明るい表通りで
八  セント・エルモス・ファイヤー
九  世界は日の出を待っている
十  刑事ジョン・ブック/目撃
十一 ニューヨークの想い

ポプラ社
334頁

著者 小路幸也
北海道生まれ
広告制作会社を経て、執筆活動へ。
「空を見上げる古い歌を口ずさむ」で
第29回メフィスト賞を受賞して作家デビュー

著書
「東京バンドワゴン」シリーズ
「カレンダーボーイ」
「COW HOUSE」
「花咲小路四丁目の聖人」

など多数

小路幸也 ツイッター

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

日日是好日 森下典子

「決まりごとを離れたとっさのアドリブこそが、人としての実力の見せどころなのだ」

森下典子さんのエッセイです。
副題に「『お茶』が教えてくれた15のしあわせ」とあるように
森下さん自身が二十歳から習い始めた
茶道の二十五年間を綴ったものです。


 

 

 

先生との関係や二十歳のころからの
疑問に思ったことや習った一つひとつを
丁寧に描いています。

森下さん自身はまず「お茶の心得」を
学ぶところから始まるのでは…
と思っていましたが、実際は
帛紗(ふくさ)の使い方でした。

只々、お茶のたてかた…お点前の作法を習うだけ。
森下さんは「なぜ、手首をくるりとやるんですか?」
「なんで?」と動作の意味を先生に尋ねますが
先生は「意味なんかわからなくても、そうするの」
というだけです。

学校教育では「わからないことはその都度、わかるまで聞きなさい」
と言われてきたのに、ここでは
「わけなんか、どうでもいいから、とにかくこうするの。
お茶ってそういうものなの」
森下さんは戸惑います。

このことを理解するのに十年以上の月日を要するのでした。
「先生は、私たちの内面が成長して、自分で気づき、
発見するようになるのを、根気よくじっと待っているのだった」

学校とお茶との違いも書かれています。
「学校もお茶も、目指しているのは人の成長だ。
けれど、一つ、大きくちがう。
それは、学校はいつも『他人』と比べ、
お茶は『きのうまでの自分』と比べることだった」

「個性を重んじる学校教育の中に、
人を競争に追い立てる制約と不自由があり、
厳格な約束事に縛られた窮屈な茶道の中に、
個人のあるがままを受け入れる大きな自由がある」

掛け軸や美しい和菓子、床の間に飾られる今朝つんだばかりの花
茶碗や道具など、どれ一つとってもそこに季節があり
その日のテーマと調和がある。
それがお茶のもてなし。

季節のサイクルに沿った日本人の
暮らしの美学と哲学を、自分の体に経験させながら
知ること…。

森下さん自身の生活の変化とお茶のお稽古の関わりなども
書かれています。

私自身、お茶を習ったことが無いので
このエッセイを読むことで
若き日の森下さんと一緒にお茶のお勉強をしているようでした。

「心を入れる」
「自分と人と比べない」
「今の気持ちを集中させる」
「学びとは自分を育てること」

お茶を通して自分と向き合う時間を作ることの
大切さをこの本から学びました。

 

 

 

 

【目次】

まえがき
序 章  茶人という生きもの
第一章  「自分は何も知らない」ということを知る
第二章  頭で考えようとしないこと
第三章  「今」に気持ちを集中すること
第四章  見て感じること
第五章  たくさんの「本物」を見ること
第六章  季節を味わうこと
第七章  五感で自然とつながること
第八章  今、ここにいること
第九章  自然に身を任せ、時を過ごすこと
第十章  このままでよい、ということ
第十一章 別れは必ずやってくること
第十二章 自分の内側に耳をすますこと
第十三章 雨の日は、雨を聴くこと
第十四章 成長を待つこと
第十五章 長い目で今を生きること
あとがき
文庫本あとがき
解説   柳家小三治

 

新潮文庫
252頁
著者 森下典子
1956年、神奈川県横浜市生まれ
日本女子大学文学部国文科卒業
大学時代から「週刊朝日」連載の人気コラム
「デキゴトロジー」の取材記者として活躍。
著書
「典奴どすえ」
「典奴ペルシャ湾を往く」
「ひとり旅の途中」など

ホメ術入門 友利昴

「共感は最も簡単で確実なホメ言葉」

「ホメる」って簡単なようで意外と難しいですよね。
ホメているつもりが、なぜか相手を不機嫌にさせている
ということもあります。

私は友人に「ほめワーク」を教えてもらいました。
2人1組になって相手のことを1分間ホメ続けるのです。
ホメられる方は「ありがとう」しか言ってはいけません。

職場でも何度かこの「ほめワーク」をやった時には
必ず笑顔と笑い声が響き、良い雰囲気になりました。
今回はホメる技術を学ぼうと、この本を選びました。

“ホメ術入門 友利昴” の続きを読む

花咲小路二丁目の花乃子さん 小路幸也

「不幸だって悩める人は何て幸せなんだろうって思わない? 生きてるだけで。悩めるだけで」

めいは17歳。
高校に入ってすぐにいじめに遭い高校を辞め、
従妹の花乃子、柾、柊が営む「花の店 にらやま」に
住み込みで働くことにする。


 

 

 

 

 

 

花乃子は29歳、柾と柊は双子で25歳。
3人の両親は事故で12年前に亡くなっている。
それからは花乃子が切り盛りし、柾は配達を担い
人見知りな柊は花籠を手作りしている。

実は花乃子には花を選んだ人に特別な事情があると
それが伝わってわかるときがある。
そんなとき花乃子は放ってはおけず、おせっかいをしてしまう。
めいはそんな花乃子に憧れおせっかいも手伝うようになる。

花は人を祝うときも弔うときもその場を彩る。
その花を良い状態で依頼人に答えるように花を飾る。
めいは「花の店 にらやま」や商店街の人たちとふれあう中で
少しずつ成長していく。

花咲小路シリーズ3作目は花やさんです。
めいちゃんが話の中で生き生きしていて
読んでる私まで元気をもらいました。
そういえば、最近花を人に贈るどころか
花、そのものを買ってないことに気づきました。

明日は花屋さんに行って花を買ってこよう。

 

 

 

 

【目次】

prologue
一  木立百里香とガーベラ
二  ヴァーベナとダンデライオン
三  カモマイルと菩提樹
四  菩提樹と撫子
五  撫子と薔薇
六  続・撫子と薔薇
七  撫子とストックとマルバノホロシ
八  撫子とヘリオトロープ
九  マルバノホロシとヴァーベナ
十  続・マルバノホロシとヴァーベナ
十一 ケシとゼラニウムと矢車草


ポプラ社
325

著者 小路幸也
北海道生まれ
広告制作会社を経て、執筆活動へ。
「空を見上げる古い歌を口ずさむ」で
29回メフィスト賞を受賞して作家デビュー

著書
「東京バンドワゴン」シリーズ
「カレンダーボーイ」
COW HOUSE
「花咲小路四丁目の聖人」

など多数
花咲小路シリーズ特設サイト

小路幸也 ツイッター

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。

また読みに来ていただけると嬉しいです。