ビブリア古書堂の事件手帖 三上延

「あの無愛想な店主ではなく、小柄な若い女性のようだった」

五浦大輔は幼いころのトラウマで本を読むことができない。
そんな大輔が電車を待っているときに
古書店から若い女性が出てきて釘付けになった。
その書店の名は「ビブリア古書堂」


 

 

 

 

店主の篠川栞子は普段は人との会話が苦手だが
本の話になると別人の様になり
話だけでいろいろと推察し問題を推理していく。

大輔の祖母が亡くなり遺品の本を整理していると
夏目漱石全集に夏目漱石のサインがある本を見つける。
本の鑑定をするためにビブリア古書堂に行くが
栞子は入院中。

入院先に本を持っていくのが縁となり
大輔は栞子の代わりにビブリア古書堂で
働くことになる。
栞子が入院することになったのは
ある本がけっかけだった…。

1冊の本が元になり1つの話になっています。
古書に関する知識も話に取り込まれていて
著者の三上さんは古書も含めて本が好きなんだな
と感じさせます。

ブックオフと違って個人の方が経営する古書店は
その店によって扱う本が異なり特色があります。
お店の中も静かで掘り出し物を見つけたときは
心の中でガッツポーズを取ってしまいます。

私の住んでいる町にも何店舗か古書店があったのですが
閉店してしまい、ブックオフや天牛書店の様な
チェーン店しかありません。
電車に10分ほど揺られると私の大好きな
天神橋筋商店街があり、そこには何店舗かまだ
個人の古書店があるのでたまに出かけます。

所狭しと本が無造作につまれていて触ると崩れそうな店
ジャニーズのグッズを取り扱っている店
コミックが充実している店など
お店によって品揃えが違うのであっという間に
時間が経ってしまいます。

新刊の本や図書館で本を選ぶのも好きですが
味のある古書店で本を選ぶのもまた違った味わいがあります。


 

 

 

【目次】

プロローグ
第一話 夏目漱石「漱石全集・新書版」(岩波書店)
第二話 小山清「落穂拾ひ・聖アンデルセン」(新潮文庫)
第三話 ヴィノグラードフ・クジミン「倫理学入門」(青木文庫)
第四話 太宰治「晩年」(砂子屋書房)
エピローグ

メディアワークス文庫
307頁

著者 三上延
1971年神奈川県生まれ
電撃文庫「ダーク・バイオレッツ」にてデビュー
ホラーからファンタジーまで幅広い作風で
縦横に活躍中。
丁寧に紡がれる物語には根強いファンが多い。

著書
「ビブリア古書堂シリーズ」
「天空のアルカミレス」
「シャドウテイカー」
など

三上延ツイッター

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

花咲小路四丁目の聖人  小路幸也

「奴ら、本気出してきやがった。先手を打ってきやがったんだ」

花咲小路四丁目に住んでいる亜弥には秘密がある。
イギリス人の父親、聖人が実は泥棒なのだ。
普通の泥棒ではなく本国イギリスでは
「最後の泥棒紳士”セイント”」と呼ばれている。
今は引退しているが、当時は英国中の美術品や
金品を上流階級から盗みまくり、
決して捕まらなかった世紀の大泥棒だった。

 

 

 

 

 

花咲小路には商店街があるが
毎年廃業する人がいてさびれつつある。
毎月、亜弥が経営する塾の集まって
話をするがこれといって良い案が浮かばず
お開きとなる。

亜弥には幼馴染の北斗や克己が居て
共に商店街の店を継いでいる。
たまに顔を合わすのだが、
あるとき不穏な噂を耳にする。

商店街の「南龍」のマスターが浮気をしているという。
「佐藤薬局」の奥さんがホストクラブに入れあげている。
そして「大学前書店」の娘、美波の不倫。
南龍のマスターの子ども、佐藤薬局の子ども、大学前書店の美波の妹
どの子も亜弥の塾に通っている。
単なる偶然なのか?

聖人、克己、北斗、亜弥が真相追及に動くと
そこには海外資本「マッシュグループ」の総帥が
絡んでいた。
マッシュグループの狙いは何なのか?
亜弥たちは商店街を守ることができるのか?

先日の「花咲小路一丁目の刑事」と同じシリーズです。
と、いうかこの小説がシリーズ第一作目となります。
怪盗ルパンを彷彿とさせる「セイント」さんが
ステキな役回りをしています。
70歳とは思えません。
表紙に商店街のイラストがあるのですが
なんとなく天神橋筋商店街を彷彿とさせます。

今、住んでいる所も近所に小さいながら商店街が
ありましたがつぶれてしまいました。
お肉屋さんが揚げるコロッケが美味しくて
仕事帰りによく買ってその場で食べていました。
長男の机もその商店街で購入。
懐かしいなぁ。

あちこちで商店街がつぶれようとしています。
スーパーは買い物に便利かもしれませんが
個人商店ならではの良さもあります。

10代の頃によく行っていた市場では
「おっちゃん、今日5人で鍋するんやけど
野菜はどれくらいの量がいいの?」
と予算を伝えると、見繕ってくれて
おまけまでしてくれたのを今でも覚えています。
そんな懐かしいことも思い出させてくれた一冊でした。

 

 

 

 

ポプラ社

317頁

著者 小路幸也
北海道生まれ
広告制作会社を経て、執筆活動へ。
「空を見上げる古い歌を口ずさむ」で
第29回メフィスト賞を受賞して作家デビュー

著書
「東京バンドワゴン」シリーズ
「カレンダーボーイ」
「COW HOUSE」
「花咲小路四丁目の聖人」など多数

小路幸也 ツイッター

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

花咲小路一丁目の刑事 小路幸也

「もし、秘密を守れるのならば、弟子にしてあげよう」

主人公は交番勤務から刑事になったばかりの赤坂淳
所属の警察署から近くに祖父母が営む食堂「和食処あかさか」に
中学生以来、帰ってきた。

祖父の辰三は無口で無愛想
祖母の梅は温和でおしゃべり上手
商店街の困りごとを聞いては、淳が非番のときに
「ちょっと頼まれてほしいことがあるんだけど」
と切り出す。
この小説はそんな淳ちゃん刑事が、祖母の梅さんの
頼まれごとを解決するハートフル・ストーリー。

梅さんからのご近所の相談事は
「猫のマロンちゃんが外でご飯を食べているらしい。どこで?」
「ラーメン屋の亡くなった先代から届く手紙」
「本屋さんの平積みにしている本の上に果物が一つずつ置かれる」
事件性は無いけれど、当事者は困っているケースばかり。

そこに「和食処あかさか」の裏に住む、ストリートミュージシャンの
ミケさんとの淡いラブストーリーも。


根っから人のよい淳ちゃん刑事は応援したくなります。
商店街の人たちもすこぶる素直な青年達や
ちょっと訳ありの老年もいい味を出しています。

殺人も誘拐も起こらない刑事が主人公の小説ですが
読み終えたあとは花咲小路商店街に行ってみたいと思いました。

 

 

 

 

【目次】
プロローグ
〈花咲小路〉の猫騒動
〈花咲小路〉の天国からの手紙騒動
〈花咲小路〉のテイラーメイド騒動
〈花咲小路〉の檸檬騒動
〈花咲小路〉の〈あかさか〉での騒動

ポプラ社
315頁

著者 小路幸也
北海道生まれ
広告制作会社を経て、執筆活動へ。
「空を見上げる古い歌を口ずさむ」で
第29回メフィスト賞を受賞して作家デビュー
著書
「東京バンドワゴン」シリーズ
「カレンダーボーイ」
「COW HOUSE」
「花咲小路四丁目の聖人」
など多数

小路幸也 ツイッター

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。

また読みに来ていただけると嬉しいです。

ハーバードの人生を変える授業 タル・ベン・シャハー

「自分は幸せになるために何を実行したか、何を実行しようとしているか」

毎日生活しているなかで、「あ~、今日もなんとなく1日が終わった」
「やりたかったことがあったけど時間が無かった…」
と思ったことはありませんか?

家事と仕事で1日の大半を占めるなか、趣味や副業もしたいけど
見たいテレビもあって、24時間では足りない。
どうすればこの生活を変えることができるだろうか…
と思い手に取った本です。

“ハーバードの人生を変える授業 タル・ベン・シャハー” の続きを読む

パンダ銭湯 tupera tupera

「にてるからきをつけて ! 」

今は見かけることが少なくなった銭湯
あなたの家の近くにはまだありますか?



小さい頃は家にお風呂が無かったので銭湯に行ってました。
友達と一緒に行くとついついふざけて
湯船で泳いで知らないおばさんに怒られたこともありました。

大人になって一人暮らしを始めてからも
しばらくはお風呂がついていないアパートだったので
仕事に行くカバンの中にミニお風呂グッズを持っていて
帰りに銭湯へ毎日行ってました。

サウナが銭湯にもあるようになり
サウナと水風呂を行き来している年上の女性をみて
「かっこいいなぁ、あんな風にサウナを利用したいなぁ」
入ってはみたものの、すぐにギブアップ
出てもしばらくは視界がピンク色に…

お風呂のある家に住むようになってからは
行かなくなりましたが
子どもができ、近くに銭湯があったこともあり
たまに行ってました。

その銭湯には洗い場がある壁が水槽になっていて
大きな鯉が何匹も泳いでいて
当時、子ども達は鯉に目が釘付けでした。

長男は男湯、長女と私は女湯なので上がる前には
「あがるで~」と男湯に向かって声をかけたり
保育園の仲良し家族と一緒に行った時は友人が
「あっ、石鹸がない~、石鹸投げて~」と男湯に向かって叫び
えっ?石鹸が飛んでくる??
と思っていたら、友人の長男が男湯から女湯まで
石鹸を持ってきてくれました。

お風呂から上がってジュースを飲むのも
楽しみのひとつ。
ビンに入ったコーヒー牛乳
いちご牛乳も美味しかったなぁ
子ども達はよくマミーやラムネを飲んでました。


そんな楽しい思い出がたくさんある銭湯
今回の紹介する絵本「パンダ銭湯」
「パンダだけが入れる銭湯」のお話です。


そこにはあきらかにされていなかったパンダの生態が…。
もう目からウロコの展開です。
売っているジュースは「サササイダー」
洗い場にあるリンスは「ささのかほりリンス」
パンダワールド全開です。

お父さんパンダと子どもパンダのやりとりもほっこりします。
たまには銭湯にいってみようかなぁ
って思いますよ。

 

絵本館

著者 tupera tupera
亀山達矢と中川敦子によるユニット
絵本やイラストレーションをはじめ
工作、ワークショップ、舞台美術
アニメーションなど様々な分野で
幅広く活躍している。
NHK Eテレの工作番組
「ノージーのひらめき工房」の
アートディレクションも担当

著書
「しろくまのパンツ」
「かおノート」
「さんかくサンタ」
など