なぜかまわりに助けられる人の心理術  メンタリストDaiGo

「目指すところは、この人のためにやってあげたい」

私は人に頼るのが苦手です。
一人っ子で家は自営。
小さい頃から自分の事は自分でやらなければならない状況でした。
すぐに抱え込んでしまい、人にお願いすることができずに自滅する…。
そんなパターンが続いていて、なんとか脱却したいと思って手にした本です。

「やってもらえる人」の3つのルール

◆「つくさない」
 ・たまにやってあげる
 ・まわりに惜しみなく与えていた親分肌をちょっとだけやめてみる
◆「つよがらない」
 ・持ちつ持たれつ=支えさせてあげる(弱くみせる)
 ・少しダメなところを見せることで憧れの対象ではなく共感して「好き」になる
◆「頼まない」
 ・「お願い」と言わずに相手が望むビジョンを暗示しイメージさせる
 → 相手に「やってあげたい」という気持ちにさせる

やってあげたいと思わせる7つのトラップ

◆「先手を打つ」
 ・どんなに小さな先手でも見つけて行うと「お返しをしなくちゃいけない」と思う
◆「相談する」
 ・相談を持ち掛けて相手のアドバイスを引き出す。
 ・実行した後は、報告&感謝をする
◆お世辞を言い切る
 ・人はお世辞を言い切られると、内容そのものを否定するより自分の方を変えていく
 ・お世辞に感謝の言葉を入れる
◆自分の分担をアピールする
 ・相手を思うなら何か分担させるべき
 → 学校生活で全員が役割を平等に分担することで、自分に分担があるのが通常と感じる
 ・相手の動きに対して感謝の気持ちを伝える
◆曖昧にお願いする
 ・条件の部分はある程度、曖昧にしておいて「やります」と言わせてから詳しい条件を明かす
◆過去を引き合いに出す
 ・「あなたにしてもらったことを忘れずに今でも感謝しています」というアピールをする
 → 意図的ではなく「素」で!!
 → やってもらったことをメモしておく
◆急に黙る、目をそらす
 ・相手からこちらの欲しい情報を引き出す一番の方法は黙る

【感想】
3つのルールを読んで「あ~、私は正反対の事してる。だから自分でやってしまうんだ」と原因がハッキリしました(笑)
3つのルールも7つのトラップもざっくりと書きましたが、本書では具体的な事例も載っています。
とてもわかりやすく且つ重要な所は太字、ラインがあり、図解での解説もあるので、読みやすい本でした。

全部読まなくても目次を読み、自分の興味を持ったところを読むだけでもタメになります。
私はこの本を読んで、まず目の前にいる友人をホメました。
この手の本は読んだ後にベイビーステップ、今日中にできる小さなステップを決めて行うことが大切です。
本書のおわりにでも、「あとは行動あるのみです」と記されています。

私の様に「人に頼れない」「自分で抱え込んでしまいがち」な人におススメです。

【目次】
はじめに
PART1 あなたが頑張るのをやめればみんなが幸せになる
PART2 「やってもらえる人」の3つのルール
PART3 やってあげたいと思わせる7つのトラップ
PART4 やってもらってばかりでも好かれる5つの習慣
おわりに

宝島社新書
223ページ
2019年4月10日第1刷発行
本体価格 780円

著者 メンタリストDaiGo
ジェネシスヘルスケア株式会社 
顧問新潟リハビリテーション大学 特任教授
慶応義塾大学理工学部物理情報工学科卒
人の心を作ることに興味を持ち、人工知能記憶材料系マテリアルサイエンスを研究
英国発祥のメンタリズムを日本のメディアに初めて紹介し、日本唯一のメンタリストとしてTV番組に出演
その後、活動をビジネスやアカデミックな方向へ転換、企業のビジネスアドバイザーやプロダクト開発、作家、大学教授として活動
ビジネスや話術から、恋愛や子育てまで幅広いジャンルで人間心理をテーマにした著書は累計270万部

趣味は1日10~20冊程度の読書、猫と遊ぶこと、ニコニコ動画、ジム通い

著書
『「好き」を「お金」に変える心理術』
『トークいらずの営業術』
『直感力』など多数

メンタリストDaiGo オフィシャルブログ

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。


日日是好日 森下典子

今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で6月23日放送で紹介した本です。
毎月第二週と第四週にお送りするコーナー。
北海道在住のブックコーディネーター、かーるさんがおススメする本を紹介します。

ホンスキー倶楽部試聴はこちらから(6月23日放送分)

https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/05/6-4_honsuki-club_20190520.mp3

かおる文庫のおすすめブックコーナー

日々是好日
「お茶」が教えてくれた15のしあわせ
著者:森下典子

内容
お茶のお稽古を25年以上続けてきた著者のお茶にまつわる幸せの記憶を描くエッセイ。
2018年黒木華、樹木希林の出演で映画化。

感想
茶道具、掛け軸、和菓子などの美しい写真からこの本は始まります。
季節の和菓子も芸術的な茶道具も茶道の楽しみの一つです。

なぜお茶を続けるのか?何が面白いのか?
そんな疑問をもつ方に。

余分なものをそぎおとし、自分では見えない自分の成長を実感させてくれるもの。
すぐにはわからない代わりに、ある日を境に突然、視野が広がるその醍醐味を何度も味わうことができるもの。
それがお茶だと森下さんは言います。

その例えとしての雨の話が印象的でした。
まえがきの中に、
『20歳のときには分からなかった季節の移ろいが、毎年お茶をを繰り返すうちに肌で感じられるようになる描写があります。
あるとき、ふと五感が研ぎ澄まされて土の香りや雨の音がダイレクトに感じられるようになるさまは、驚きと喜びに溢れています』

お茶を通しながら四季を感じられるようになった日々のしあわせ。
これを15の観点から伝えてくれます。
特に第13章「雨の日は、雨を聴くこと」は作者の心の揺れと気づきの素晴らしさに心を打たれます。

静かな動きの一つ一つが人生の記憶として積み重なり、ただ今ここにいる喜びに繋がっていくのです。
茶道の奥深さと人生の深みを伝えてくれる美しい描写の一冊。

著者 森下典子
1956年、神奈川県横浜市生まれ
日本女子大学文学部国文科卒業
大学時代から「週刊朝日」連載の人気コラム
「デキゴトロジー」の取材記者として活躍。

著書
「典奴どすえ」
「典奴ペルシャ湾を往く」
「ひとり旅の途中」など  

「のび太」という生き方 横山奉行

具体的に描ける夢は叶う

「ドラえもん」に出てくるのび太は
・勉強はクラスの最下位
・スポーツは苦手
・担任の先生やママに怒られる
・ジャイアンやスネ夫にいじめられる
と、なにもかも上手くいっていない子「ダメのび太」

しかしながら
・誰にでも優しい
・動物や植物を心から愛する気持ち
・感情が豊か

そして長編作品では
・友達に信頼され
・ときには集団のリーダーシップを取り
・ジャイアンやスネ夫も遊ぶときは声をかけ
・担任の先生やママも怒っても決して見離すことはない
・困ったことがあると必ず誰かが助けてくれる

そして、念願か叶いマドンナのしずかちゃんと結婚

➡ 夢を叶える「のび太メソッド」を紹介します

ドラえもんの秘密の道具の意味

・最初はあらゆる問題を解決するが最終段階では、道具を使用しても根本的な解決には繋がらない結果に終わる
➡ ひみつ道具に頼らないで、自力で問題の解決に対処することがベスト
  自分の良いところを伸ばし、ちょっと足りないところを後押しする触媒のような存在

道具を使うことでドラえもんに非難されることで、のび太は必ず自分で試行錯誤しながら問題に取り組んでいる

夢を叶えるために必要なこと

◆のび太の夢は具体的
 ・テストで良い点を取りたい
 ・泳げるようになりたい
 ・〇〇へ行きたい
➡ 具体的な夢は叶う
◆計画を立てて準備する
 ・日頃からすきま時間を見つけて実現したいことを口の中で唱える
 ・「ぼくだって…」と小さな夢次々と描き、実践し続ける 
➡ 「人にできて自分にできないことは無い」という気持ちで課題に取り組む
◆「負けん気」という情熱を持つ
 ・負けん気はプラスのベクトル
 ・夢の萌芽を育てるための大切なエネルギー源

のび太メソッド

◆心配なことは考えない
 ・今、やっている事に全力をつくす
 ・先は考えない
◆カッコイイ自分を想像する
 ・自分の特技を縦横に駆使して、夢のなかで活躍する自分をイメージする
 ・現実離れした夢でもOK
◆現実では恰好をつけない
 ・周りに自分の長所や短所を正直に伝える
 ・自分らしさをさらけ出す
 ➡ 適切なサポートを受けることができる
◆やりたいことは絶対やる
 ・周りの人たちを十分に納得させることのできるような目標を提示する
 ・私利私欲のためにやらない
 ➡ 本当にやるべき目標のためには、良い仲間が集まり結果的に良い成果が得られる
◆自分の夢でまわりを感動させる
 ・常にみんなの幸せを願う
 ・感動させる夢だけで終わらせず行動する
 ・「自分の力でやってみよう」と決意し行動する
 ・「失敗してもいい」と思いきる
 ➡ 自分の夢のリーダーは自分

まとめ

1.周りを感動させる具体的な夢を持つ
2.夢だけで終わらせずに行動する
3.カッコイイ自分を想像し、現実には自分らしさをさらけだす
4.失敗したら再チャレンジ

小さな夢であってもこの4つを信じてやっていくと、ドラえもんやジャイアン、スネ夫、しずかちゃんの様に夢に向かってサポートしてくれる仲間ができます。

【感想】
実は私はのび太が大嫌いでした。
困ったらすぐにドラえもんに泣きつき道具を出してもらって物事を解決する。
道具を正しく使わずに調子に乗って使い過ぎてのび太が困ることになる。
そんなのび太を見て「自分で解決せずに道具に頼るからこんなことになるんだ」と斜に構えていました。

そんな私も自分の子どもを育てるなかで、少しずつのび太が受けいられる様になってきたのです。
今回、この本を読んで実はのび太は
・夢はあきらめない
・感情が豊か
・心優しい
・長所も短所も周りに隠さず自分らしさをさらけだしている
・困っている人は放っておけない
・他人の素晴らしい面を素直に認める
よくよく考えてみると、とても子どもらしい子どもだったんですね。

私がのび太が嫌いだったのは実はのび太にはドラえもんの様に困った時にはいつも助けてくれるロボットが居て羨ましい…。
のび太に嫉妬してたんですね(笑)

本には具体的にドラえもんのストーリーの紹介もあり、解説しています。
じっくり読むと漫画のドラえもんが読みたくなってきますよ。


【目次】
はじめに
序章   ドラえもんがいなかったら
第1章 ドラえもん社会は現代の縮図
第2章 失敗して、夢は叶う
第3章 夢の叶え方 まずは、心
第4章 夢の叶え方 のび太メソッド
第5章 叶う夢には、法則がある
第6章 「のび太なり」の努力で十分
第7章 ドラえもんは、あなたにもいる
終章 「ドラえもん」からのメッセージ
あとがき

アスコム
176ページ
2004年12月10日第1刷発行
本体価格 1200円
電子書籍あり

著者 横山奉行
1942年岐阜県生まれ。
1976年東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。
フルブライト交換留学生(ペンシルバニア州立大学)。
富山大学人間発達科学部名誉教授。
生涯スポーツ専攻。教育学博士。
ドラえもんアナリスト。
登場人物が夢や悩みにどのように対応し、解決したかを考え、人生を豊かにする方法を模索する「ドラえもん学」を研究。
1999年、富山大学にて単位認定のない自由参加型ゼミ「ドラえもんの世界」を開講。
ドラえもんの誕生日である同年9月3日には、ホームページ「ドラえもん学コロキアム」を開設し、「ドラえもん学」を宣言。
2004年、「ドラえもん文庫」を開設

著書
『野比家の謎 「ドラえもん学」研究序説』
『ドラえもん学』
『ドラえもんのことば』など

横山奉行 オフィシャルブログ

横山奉行 ツイッター

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。


ななつのこ 加納朋子

今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で5月19日に放送した本を紹介します。

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時半放送
「ホンスキー倶楽部」

インターネットラジオゆめのたね放送局

https://www.yumenotane.jp/

ラジオネーム きりえ

加納朋子 ななつのこ 創元推理文庫


① この本のオススメどころ
女子大生の駒子が「ななつのこ」と言う表紙の素敵な本と出会い、その本の著者と文通を始めることで絵本の中の謎と日常生活の謎をひとつずつ解いていく話です。
主人公の駒子のちょっと天然で真面目で可愛いところが好きです。
本好きなところにも共感しながら読みました。

② この本との出会い
駒子が表紙にひかれて「ななつのこ」に出会ったように、私もこの本の表紙にひかれて購入しました。
夏休みの子どもをイメージした素敵なイラストが描かれています。

③ 子どもの頃の思い出
絵を描くのが好きだったので絵ばかり描いてました。
マンガ家になりたかったので、マンガもたくさん描きました。
子供の頃は好きなことをやる時間があって良かったと大人になると思いますね。
今はなかなか時間が取れませんが、久しぶりに好きな絵でも描いてみたいなと思います。「ななつのこ」の表紙みたいに素敵な絵は書けませんが、、、。

【あらすじ】

短大生の入江駒子は『ななつのこ』という本に出逢い、ファンレターを書こうと思い立つ。身辺を騒がせた〈スイカジュース事件〉をまじえて長い手紙を綴ったところ、事件の“解決編”ともいうべき返事が舞い込んだ……! 
こうして始まる駒子と作家のやりとりが鮮やかにミステリを描き出す、清新な連作長編。

第3回鮎川哲也賞受賞作

一番最初の話「すいかお化け」では、「はやて」という男の子と「あやめさん」という女性が出てきます。
その小説の中の小説が絵本になっています。

「ななつのこものがたり」
表紙は「ななつのこ」と一緒
 本書の主人公は、ある村に住む「はやて」という男の子と、はやてが「あやめさん」と呼ぶきれいな女の人です。
あやめさんは体が弱く、出歩くこともままなりません。
訪う人もない寂しい毎日を送っているので、はやてのことを歓迎してくれます。
村の出来事をあれこれ話すと、あやめさんは熱心に耳を傾け、はやてが「ふしぎでしょ?」と言ったことには、「こういうことじゃないかしら」と謎解きをしてくれるのでした。
心やさしく、そしてせつなくもなる、はやてとあやめさんのふれあいを描いています。

創元推理文庫
310ページ
1999年8月20日第1刷発行
本体価格 600苑
電子書籍あり

著者 加納朋子
北九州市生まれ。
文教大学女子短期大学部文芸科卒業。
「ななつのこ」で第3回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。
95年、「ガラスの麒麟」で第48回日本推理作家協会賞受賞。

著書
「魔法飛行」
「沙羅は和子の名を呼ぶ」等がある。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。


なずな 堀江敏幸

今回は5月12日放送のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。

兵庫県 ラジオネーム かのんパパ
堀江敏幸「なずな」集英社

① この本のオススメどころ
この育児小説は、四十代独身の新聞記者である男性が、生後二ヶ月の赤ん坊の世話をすることになった体験を綴っています。

ミルクを作り、飲ませ、げっぷを出させ、一瞬いっしゅんの成長に感動し、小さな変化に戸惑う。
赤ちゃんに対するすべての描写が味わい深く愛しかったです。

「小さな子どもがひとり身近にやってきただけで、ものごとを見る心の寸法は変わってしまうのだ」とは、その通りだと思いました。

これから子育てをする人も、かつて子育てに奮闘した人にもオススメです。

② この本との出会い
今は閉店してしまった、Futaba+神戸マルイ店の店主さんが、閉店翌日ささやかな打ち上げと称して冷麺屋に来て下さった際、今から3年半前、一週間後に出産を控えたわが娘の誕生を祝ってプレゼントしてくれました。
ちなみに、その店主さんは、今は京都・一乗寺の恵文社さんで、後継ぎをされています。

③ 子どもの頃の思い出
自分の幼少期の記憶があまりないので、娘のカノンの、生まれる前の記憶についてお話します。半年前、娘が3歳になった時に聞いてみました。

「カノンちゃんは、こうやって飛行機みたいに飛んでたんだよ」
「真っ暗な階段に並んでて、ちょっと怖かったの」
「ママのお腹のなかは、お風呂みたいに温かくて何か赤と黒と黄色だった」

3歳の証言。リアルでも創作でも、ビックリですよね。

【あらすじ】
新聞記者の私はやむない事情から弟夫婦の子、なずなを預かることになった。
四十代半ば独身の私にとっては、生後二ヶ月の赤ん坊を相手にミルクをあげるのもおむつを替えるのも未知の体験。
何気ない仕草や発声に様々な発見をしながら、ジンゴロ先生や友栄さんら周囲の温かい人々に見守られて、私はなずなとの暮らしを始める。
生命の瑞々しさに溢れた育児小説。
第23回伊藤整文学賞受賞作。

集英社文庫
464ページ
2014年11月20日第1刷発行
本体価格 740円


著者 堀江敏幸
1964(昭和39)年、岐阜県生れ。
1999(平成11)年『おぱらばん』で三島由紀夫賞、
2001年「熊の敷石」で芥川賞、
2003年「スタンス・ドット」で川端康成文学賞、
2012年『なずな』で伊藤整文学賞、ほか受賞多数。

著書
『郊外へ』
『いつか王子駅で』
『めぐらし屋』
『バン・マリーへの手紙』など多数

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。


内向的な人のためのスタンフォード流ピンポイント人脈術 竹下隆一郎

「内向的な人ほど、物事の本質をつかんでいます」

人脈モンスターたちが活躍する時代はもう終わりを迎えている

人脈モンスター…様々な場所に出かけ名刺を配って人と繋がりをつくりまくる。

◆時代の変化
・TwitterやFacebookなどのSNSの発展で組織や人脈を介さなくても「本当に会いたい人」と個人対個人でつながることが出来るようになった。
→ ここでもみんなと繋がる必要はない。
  限られた自分が好きな人たちとピンポイントで付き合っていくだけで上手くいく。
・インターネットの登場やテクノロジーの進化によって一人でできることが増えた。
 TwitterやFacebookで宣伝ができ、クラウドファンディングで資金集めもできる。
➡ 人脈モンスターにならなくても、大事な少人数の個人と熱量がある深い関係を結んでいた方が、仕事も生活も楽しめて結果がだせる時代になってきた

“内向的な人のためのスタンフォード流ピンポイント人脈術 竹下隆一郎” の続きを読む