スマイリング !  土橋章宏

「俊太 ! トレインを組むぞ !

関口俊太は函館市に住む中学生
自転車が好きで友達と一緒に函館山を登る。
昨年、行われたロードバイクレース、ツール・ド・函館を
間近で見て俊太を含めてクラスメイト達は熱狂。
海外ブランドの自転車を買ってもらったが
俊太は母と二人暮らしのためママチャリで
友人達の後ろを必死でついていっていた。

今年のツール・ド・函館はジュニア部門があると知り
色めき立つ友人たち。
レースに向けて練習を始めるが俊太はそこには居なかった。

自転車を買ってとは母に言えず
でもロードバイクを諦めきれず
近くにある「岩熊自転車」で自転車を眺める毎日。
最初は俊太を邪険に扱っていた店主の岩熊だったが
俊太の家の事情や自転車への思いを知り
俊太の自転車をチューンアップする。
岩熊は実はロードバイクチームのメカニックだった。
俊太と岩熊、二人三脚の練習が始まる。


私の住んでいる町は坂が多いので
街乗り用のロードバイクに乗っています。
知人会うとたまに「カッコイイね」と言われ
嬉しくなります。
俊太と岩熊の練習の中で、坂の上り方や
下りのカーブの曲がり方なども書いてあって
フムフムと思いながら読みました。
自転車物は近藤史恵さんの「サクリファイス」以来です。
読んでいると自分もレースに挑戦してみたいなぁ
と思ってしまいます。
沖縄で開催される大会には、のんびり海岸線70kmを走る
小学生から参加できるファミリーコースがあるので
そこから参加できればと思っています。
来年には!!

 

 

 

 

【目次】

第一章 はみ出し者
第二章 強さの証明
第三章 決戦

著者 土橋章宏
1969年、大阪府豊中市生まれ
関西大学工学部卒業
「超高速 ! 参勤交代」で作家デビュー
同名映画で第38回アカデミー賞最優秀賞脚本賞を受賞
著書
「幕末マラソン侍」
「天国の一歩前」
「引っ越し大名三千里」など

土橋章宏ツイッター

世界一簡単 ! 「ストレス」と上手に付き合う方法 堀北裕司

「楽しいから笑うのではなく笑うという行動をするから楽しくなる」

著者の堀北さんは大手家電メーカーの「お客様相談室」
の責任者を11年されていました。
オペレーターが対応しきれないトラブル案件の対応
「クレーム対応」を1万件以上扱ったそうです。

怒鳴られる、理不尽な八つ当たりの毎日で
「心が折れる」経験をした堀北さんがたどりついた
「ストレス対処法」63個が具体的に書いてあります。

“世界一簡単 ! 「ストレス」と上手に付き合う方法 堀北裕司” の続きを読む

3週間続ければ一生が変わるPart2 ロビン・シャーマ

「最高の人生にたどりつくのは集中力と努力」

ベストセラーとなった「3週間続ければ一生が変わる」の続編です。
好奇心が旺盛でいろんな事を始めてみるものの
なかなか続けることが難しいので
この本から楽しく続けるコツを学びたいと思いました。

“3週間続ければ一生が変わるPart2 ロビン・シャーマ” の続きを読む

人生が変わる! フルマラソン完走法 坂本雄次

頑張らないことが長続きの秘訣

私は走ることが苦手です。
マラソンや駅伝を見るのは好きなのですが
自分が走ることは無いと思っていました。

そんな私が1年半前に友人に誘われて
始めてマラソン大会に参加しました。
それも60kmのウルトラマラソンです。

準備は靴や靴下、テーピングを購入し
当日の1か月前に15kmほど歩くだけ。
結果は途中リタイヤ(当たり前ですよね)

準備をしていなかったのに
途中リタイヤは悔しくて()
走るいや早歩きでした。
何時間も一人で歩き、汗をかくのが
気持ちよかったこと
この時間が自分と向き合う時間になったこと
もう一度マラソン大会に出てみたい
と思うようになりこの本を手に取りました。

“人生が変わる! フルマラソン完走法 坂本雄次” の続きを読む

「自分」から自由になる沈黙入門 小池龍之介

「何も考えない空白の時間こそ人にとって大切な栄養素」

私は一人っ子のせいか「自分が」という思いが強く
人に対しては「執着心」「嫉妬心」がすぐに湧いてきます。
昭和の人間なので「努力」「頑張る」が当たり前で
自分を追い込みすぎて心身ともに疲れてしまうことも度々です。
「執着心」「嫉妬心」を手放したい
「頑張らない」日々を送りたい
そんな思いからこの本を選びました。


瞑想で執着心を手放す

「瞑想中に湧き出てくる感情や心に対して
反発せず観察しつつ受け入れて平常心を保つ」
瞑想中には「欲が出てきた、ダメだ」
「怒りだ、消さなきゃ」と反発をせずに
ありのままを受け入れる様にとあります。

反発をすると、それがまた新たな怒りの業になり

その反発力によって感情の火に油を注ぐことになります

瞑想の方法

・場所ー理想は日常の雑事を忘れられる空間
・姿勢ーあぐらや正座、背筋はピンと伸ばす
・お腹一杯だと眠ってしまうので、直前の食事は小食にする
・目をつむる
・呼吸ー深呼吸、できるだけ長く、深く、滑らかに、穏やかに吸い吐く
・時間帯ー夜明け前、早朝や月夜など非日常を感じる頃合いがよい

“「自分」から自由になる沈黙入門 小池龍之介” の続きを読む

新・片づけ術 断捨離 やましたひでこ

「余計な情報も捨ててしまって、自分が行動できることを選んでいくことも必要」

「断捨離」という言葉は、もう浸透していますよね。
この本は「断捨離」を考案された、やましたひでこさんの
言わば「元祖・断捨離」本です。


私は片づけるのが下手です。
片づけてもすぐに色々なモノがあふれてしまいます。
今、見渡しても
机の上
カラーボックスの上
本棚の前
もう、見たくない(笑)

“新・片づけ術 断捨離 やましたひでこ” の続きを読む