「家庭教師は知っている」 青柳碧人

「子どもが守られるのは、運によってではいけない」by 原田

休みの日に「面白い本があるかなぁ」と思って
入った書店で出会った本です。
著者の青柳碧人さんは「むかしむかしあるところに死体がありました」
を読んで、発想が面白いと思ったので購入しました。
大好きなミステリー小説だったこともあります。

主な登場人物

原田保典…(株)SCIデュケーション 家庭教師派遣会社主任
沼尻室長…原田の上司
清遠初美…原田の後輩、新人職員
リサ…女子高生、原田の部屋に入り浸っている

気になる家庭を訪れる原田

原田は家庭教師派遣会社の主任。
家庭教師の大学生の面談を行い、気になる家庭を訪問。
虐待の可能性がないか調査する。

以前に虐待の現場を発見し通報した社員の働きをきっかけに
児童相談所から協力を要請される。
会社の上層部は会社のイメージアップもあり
協力を惜しまず、各教室に「訪問担当」を設置する。
原田もその一人。

現場の多くの職員は、この決定に否定的。
原田の上司、沼尻もその一人。
「子どもの勉強以外のプライベートに立ち入られて
嬉しい保護者なんていない。顧客を失う」が自論。

高校生リサの存在

原田の家に入り浸っているリサ。
リサが酔っ払いに絡まれている所を原田に助けられる。
それ以来、原田の家に入り食事を作っている。
原田は家庭訪問先の話をなんとなくリサにし、
リサの何気ない一言でその家の闇に気付くのだった。

原田のトラウマ

大学4回生で卒論を自宅で書いていた時の事。
マンションの2階に原田の部屋から、向かいの家が見える。
昼の3時頃になると男性の怒号が聞こえてくるのだ。

ある日いつもより大きな声が向かいの家から聞こえてくるので
窓を開けると、向かいの家も窓が開いていた。
あざだらけの女の子と目が合う原田。
女の子は父親に引きずられて見えなくなってしまった。
その家には手作り雪だるまの人形があった。
紺色のシルクハットに黄色いマフラー
尖りすぎたニンジンの鼻に赤い二つの目。

原田は次の日から卒論を大学で書くようになった。
少女を助けられなかった負い目が
原田の心を縛り付けていた。

新人職員 清遠初美

以前原田が虐待されている子どもを保護した記事を読み
原田に憧れてSCIデュケーションに就職した初美。
原田に家庭訪問の同行を願いで、食事にも誘う。
単なる憧れだけではなく、原田に好意がある素振りを見せる。

あのぬいぐるみが…

大学生、日比野照之が原田に面談を申し込んできた。
小学年生の博を担当している。
日比野が博の家を訪ねると、女装した博が居た。
自分がトランスジェンダーであることをカミングアウトする。

勉強を見ている時に博の足首に輪をはめた様に赤くなり
所々、かさぶたになっているのに気付く。
傷の事を聞くと博は「いい子じゃなかったから…」
日比野は博が父親から虐待されているのではないかと疑い
原田に打ち明けたのだった。

原田が博の家を訪問すると父親の丈一郎が迎えた。
博の両親は離婚しており、父親との二人暮らし。
丈一郎は博の部屋に案内し、寝相が悪くてベッドから落ちるのを
防ぐために足に手錠をしていると説明される。
その後、丈一郎はスクールカウンセラーで息子の話より
自分の仕事の話を延々と続ける。

原田がふと部屋の飾り暖炉に目を向けると
そこには、あの忌まわしい雪だるまの人形があった。
何故、この家にあの人形が…。
原田の頭は混乱する。

【感想】

本のカバーに大まかなあらすじが載っています。
最後に「驚愕のラストが待ち受ける」の一文があり
どこが驚愕のラストなのか…と予想しながら読みました。

女子高生リサは予想通りでしたが、ラストは本当に
「そこか!? マジか~~~~っ」
青柳さんにやられました。
さすが早稲田大学クイズ研究会OB !!

本書は連作短編集となっています。
4つの家を訪問していくなかで
原田の抱えるトラウマ
女子高生リサとの出会い
新人職員、清遠初美との距離感
などが書かれていて長編としても楽しめます。

この本を書くにあたって、どのような取材をしたのかはわかりませんが
大人のフラストレーションのはけ口が我が子に向かう。
人に知られてはならないこと…悪い事と自覚しているので隠す。
子どもは親を庇う。

ふと思ったのですが、虐待をしている親は他人が家に入られることを
拒むのではないだろうか??
家庭教師を頼むのだろうか??
そんな素朴な疑問が湧きました。

【目次】
鳥籠のある家
逆さ面の家
祖母の多い家
蠅の飛ぶ家
雪だるまのあった家
エピローグ

284ページ
2019年3月25日第1刷発行
集英社文庫
本体価格 620円

著者 青柳碧人
1980(昭和55)年、千葉県生れ。
早稲田大学教育学部卒業。
早稲田大学クイズ研究会OB。
2009(平成21)年、「浜村渚の計算ノート」で「講談社 Birth」小説部門を受賞し、デビュー。
小説執筆だけでなく漫画原作も手がけている。

著書
「浜村渚の計算ノート」シリーズ
「ヘンたて」シリーズ
「朧月市役所妖怪課」シリーズ
「西川麻子は地理が好き。」シリーズ
「ブタカン!」シリーズ
「彩菊あやかし算法帖」シリーズ
「猫河原家の人びと」シリーズ
『むかしむかしあるところに、死体がありました。』など

古都鎌倉、あやかし喫茶で会いましょう 忍丸

「『心』は味を決める、決定的なスパイスだ」by 詩織

【あらすじ】
舞台は神奈川県三浦半島の付け根にある、古都鎌倉。
「おひとりさま」の詩織は脇道に入り、地元民が通う穴場の店を探していた。
古民家カフェの「青藍」には入口に「あやかしも人間もどうぞ」と書かれている。

詩織が旅に出たのには理由があった。
同棲していた彼が部屋に別の女性を連れ込んだのだ。
詩織は部屋を追い出され、社内恋愛だったので仕事も辞めた。
気分転換のために鎌倉にやって来たのだった。

店でワインを飲みながら鎌倉野菜を食べているうちにお酒が進み酔っぱらった詩織は、これまでのことをイケメン店員で実は鬼の朔之介に吐き出していた。
するとイケメン店員では無い声が聞こえる。
巨大な黒猫に骸骨、落ち武者…。
誰もいない店内と思っていたら、あやかし達で満席だったのだ。

帰ろうとする詩織に黒猫は
「よそ者であやかしが見えるのは『祓い屋』ぐらい、外の奴らが放ってはおかない」
と、物騒なことを言い出した。
かくして詩織は身の安全を守るためにカフェで働くことになった。

常連は骸骨の田中さん、落ち武者の与一さん、化け狸の源五郎さん。
みんな温かく詩織のことを見守ってくれている。
ある日カフェに大首がやってくる。
「私が食べたことのないパンケーキ」を注文する。
いろいろ作るがどれも大首は満足しなかった。
満足するまで帰らないという大首。
なんとかしたい詩織は朔之介を誘ってパンケーキ巡りをする。
二人は大首が納得するパンケーキを作ることができるのだろうか…。

あずみ1204さんによる写真ACからの写真 

【感想】
あぁ、鎌倉に行ってみたい。
読み終わった直後の感想です。

普通のOLだった詩織が鬼の朔之介に恋をします。
少しずつ二人の仲が近くなっていく様子が読み取れ
いつの間にか詩織を応援していました。

パンケーキにけんちん汁と物語には鍵となる食べ物が出てきます。
その食べ物には背景があります。
人と人であったり、あやかし同士であったり…。

作者の忍丸さんはきっと食べることも作ることも、そして人もあやかしも好きなんだろうなぁ。
常連客の骸骨の田中さんや落ち武者の与一さん達のスピンオフも面白そう…。

おススメ度
★★★★

ラノベ好きな人におススメです。

【目次】
プロローグ
一章 初めてのおつかいと、春色ランチ
二章 我儘なお客と、特別なパンケーキ
三章 変わらないもの、変われないもの
四章 心に沁みる珈琲
エピローグ

一二三書房
302ページ
2019年10月5日第1刷発行
本体価格 700円
電子書籍あり

著者 忍丸
青森県生まれ、神奈川県在住
シナリオライターの仕事の傍ら、WEB小説を執筆
「異世界おもてなしご飯」で書籍化デビュー
人情味あふれる人間関係や「食」について書くのを得意とする。

著書
「わが家は幽世の貸本屋さん」など

楽隊のうさぎ 中沢けい

「既に身体は音楽の中に吸い取られていた。大きなものに包まれる感覚だった」

【あらすじ】

主人公の奥田克久は小学生の時に同級生の相田守からいじめられていた。
克久は心を閉じ学校に居る時間をできるだけ短くして自己防衛していた。

晴れて中学生になった克久は吹奏楽部に入る。
花の木中学の吹奏楽部は全国大会まで出るほどの実力がある。
朝練は当たり前、夕方も毎日遅くまで練習。
学校に居る時間をできるだけ短くする予定だったのに…。

パーカッション担当になった克久は毎日メトロノームに合わせてスティックで机を叩く毎日。
同じ1年生の祥子と並んで。
リズムを刻むのは克久の性に合った。
先輩や友人に囲まれ克久の1日は吹奏楽一色になる。
吹奏楽部は県大会を勝ち進み関東大会は銀賞だった。
3年生が引退し次に向かう吹奏楽部。

克久は顧問のベンちゃんに呼び出される。
「ティンパニーをやらないか?」
祥子がティンパニーをやりだかっていたのを知っている克久は悩む。
返事を伸ばしているとチューバ担当の町屋に呼び止められ
「ここはひとつ、きっぱり、決めなはれ」と言われた。

ある日、克久は下足室で靴を履き替えようとしている時にふいに相田から「調子乗んなよ」と言われる。
たったそれだけのことなのに、克久のダメージは大きかった。
また、心を灰色に塗る左官屋がでてきそうになる。

克久はまた心を閉ざしてしまうのか?

【感想】
とても丁寧に一人ひとりの描写がされています。
あらすじでは割愛しましたが、途中で吹奏楽部を辞めてしまう田中。
親に辞めるように言われますが本当は続けたい…でもまだ中学生。
自分の我を通し切れないもどかしさが伝わりました。

克久をいたぶる相田を通して、なぜ人はいじめる標的を探してしまうのか。
その状態がさりげなく書かれています。

中学生って子どもだけど大人への入口にたたずみ、自分でもどうしていいかわからない時期。
一人だと自分の心を閉ざしてしまいがちだけど、部活の人間関係を通して得られるものも多いんですよね。
クラスと家とは違う異年齢が集まる部活動。
思春期の子ども達にとってのサードプレイスの場ではないでしょうか。

時間を忘れて一つの事に集中できる楽しさ。
一人で積み重ねて来たものを合わせ、音を作っていく過程が克久を通して描かれています。
コンクールで演奏する曲があり、YouTubeで検索して聞きながら読むのもいいですよ。

自分の中学時代の部活を思い出しました。
ソフトボールをやってたんです。
大人になってからも縁があってソフトボールチームに加入し
つい4年ほど前まで続けることができたのも部活でやっていたからこそ。
スポーツをするのも観戦するのも好きなのは、自分がソフトをしていたからです。

中学や高校での部活って大人になってもなにがしか影響しますよね。
そんな懐かしいあの頃を思い出させてくれた小説でした。

おススメ度
★★★★
映画化にもなっています。
克久の心の中に居る「うさぎ」が上手く表現されています。


映画 楽隊のうさぎ 予告編

【目次】

第一章 草の中の瞳
第二章 ベンちゃん登場
第三章 ミネルヴァのリズム
第四章 ブラス! ブラス!! ブラス!!!
第五章 丸い大きな月
第六章 マレットはうたう
第七章 うさぎの裃
第八章 シバの女王

新潮文庫
332ページ
2003年1月1日第1刷発行
本体価格 600円
電子書籍あり

著者 中沢けい
1959(昭和34)年生れ。
千葉県館山市に育ち、18歳の高校在学中に書いた「海を感じる時」で群像新人文学賞を受賞、単行本がベストセラーになる。
1985年、『水平線上にて』で野間文芸新人賞を受賞。

著書
『野ぶどうを摘む』
『女ともだち』
『豆畑の昼』
『さくらささくれ』
『うさぎとトランペット』など。 

コールセンターガール 増田一志

「矢吹はもはや一種の兵器です。人間関係破壊兵器」by 黒木

【あらすじ】

横浜アイウェアお客様ご相談窓口の坂本春代は毎朝9時7分過ぎにかかる電話に出る。
相手は矢吹徹。
カルティエ(矢吹はカルチエと言う)の眼鏡を店員が素手で触ったとのクレームなのだ。

矢吹は「春代ちゃん」と呼び自分のことを「徹さん」と呼ばせる。
そしていつも言うのだ。
「で、それでどういう誠意をお前さんたちは見せてくれるんだ」
具体的には言わない。
金品を要求すると暴対法の対象として処理できる。
矢吹も心得ているので、決して具体的には自分から言わない。
春代も決して具体的に誠意の内容を言わない。
矢吹は毎朝、電話してくるのだ。
一定のやり取りが済むと矢吹は昼前まで世間話を始める。

その日もいつもの様に矢吹から電話がかかってきた。
矢吹は春代の卒業した大学名や子どもが居ること、シングルであることを話し出す。
春代は「誰が自分の情報を漏らしたのか…」
そのことが気になり矢吹との会話に集中できなくなる。

春代は高校生の同級生の真藤が社長になったのを新聞で知る。
久しぶりに真藤と食事をすることになった春代は飲みすぎてホテルで介抱されている時に暴漢が入ってきて真藤は殴られる。
真藤の会社の弁護士が春代のところへやってきた。
先日のホテルでの一件が写真に撮られていたのだ。
弁護士は春代と暴漢がぐるだと疑ってかかった物言いだった。

矢吹からの電話でつい真藤とのこと、弁護士が来たことを話してしまう。
暴漢は矢吹がらみではなかったが、話の中で春代はつい「ちょっと迫られもしました」と言ったのを録音していた。
これをネタにゆすることができる。
春代は矢吹に止める様に懇願する。
すると矢吹は「俺のいう事をなんでも聞くか?」と交換条件を出してきた。
「出来るだけ努力する」と答える春代。
一体春代は矢吹からどんな難問を突きつけられるのか…。

【感想】
この小説は1話、2話、3話と続きます。
1話での春代のコールセンターガールとしての受け答えが完璧で引き込まれました。
やくざだと思っていた矢吹の正体が1話で明かされます。
思わず「おぉ~っ」と唸ってしまいました。
ここで終われば短編ですが、秀逸な小説でした。

2話、3話と進むにつれて、矢吹が暴走します。
風呂敷を広げ過ぎたのではないか??
と思う展開になりました。

とはいえ、矢吹の存在は実際にあるだろうし、
ひょっとするとどこかで現実に起こっているかも知れない。
と思わせる(1話に限りですが)話でした。

ネタバレになるので詳しくは書きませんが、
気になる方はぜひ読んでみてください。

おススメ度
★★★
(1話だけなら★★★★)

スタイルノート
416ページ
2019年8月30日第1刷発行
本体価格 1800円

著者 増田一志
1959年生。
1983年東京大学文学部イタリア文学科卒。
2014年小学館「ゴルゴ13脚本大賞」佳作受賞

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

婚活食堂1 山口恵以子

「人は何かを手に入れるためには、何かを諦めないといけないの」by 恵

【あらすじ】
四谷しんみち通りの端にある「めぐみ食堂」
食堂と名はついているが中身はおでん屋。
客席はカウンター席10席のみ。
女将の恵が一人で切り盛りしている。

常連の千波は婚活パーティーで出会ったIT企業の社長とデートにこぎつけた。
デートの先は行列のできるラーメン屋。
サプライズも無く普通にラーメンを食べ始めたので千波は店を出て「めぐみ食堂」にやってきたのだった。

千波の入会した結婚相談所は女性の方が男性よりも会費が高いので怒っているのだ。
次にやってきたのは茅子。
茅子は夫に先立たれ20代後半の娘と二人暮らし。
娘に結婚の兆候がまるでないのが悩みの種。

千波と茅子が帰った後に来たのは由利。
由利は千波と茅子の話を恵から聞きながらおでんをつついていた。
その時、恵は由利の背後に影のようなものが見えた。
一瞬だが影の中に彫りの深い男の顔が見て取れたのだ。
実は恵は10年前まではマスコミにも名の売れた人気占い師だったのだ。

今は昔ほど力は無いが、恵には上手くいきそうな男女の頭の後ろには明るいオレンジの色が見えだした。
果たして千波達は婚活が成功するのだろうか??

【感想】
蟹面や車麩がおでんの具なんだ…と驚きました。
一番驚いたのはトマトの冷やしおでん。
おでんがメインだけどお通しやちょっとした一品が出てきます。
これがまた美味しそう。
山口さんの小説はいつも満腹状態で読まないとついつい何か食べてしまいそうになります。

「めぐみ食堂」にやってくる常連の女性達の婚活が意外な展開を見せるのが読みどころです。
そこに元人気占い師の恵が、昔ながらの力が少しずつ戻ってきて、常連達の相談にのります。
女性がお一人様でも気軽に行ける食堂が小説の中だけでなく、近所にあったら行くのになぁ。
巻末についているレシピもおススメです。

おススメ度
★★★

【目次】
一皿目 復活のおでん
二皿目 呪われた山菜
三皿目 豚コマと愛の炒め物
四皿目 牡蠣のカレーでつかまえて
ご皿目 おでんは愛の言葉
『婚活食堂1』レシピ集

PHP研究所
304ページ
2019年9月7日第1刷発行
本体価格 680円
電子書籍あり

著者 山口恵以子
1958年東京生まれ。
早稲田大学卒。
会社勤めのかたわらドラマ脚本のプロット作成を手掛ける。
2007年『邪剣始末』で作家デビュー。
2013年『月下上海』で第20回松本清張賞受賞。
丸の内新聞事業協同組合の社員食堂に勤めながら執筆したことから「食堂のおばちゃんが受賞」と話題になる。
2017年10月現在は専業作家。著書
『あなたも眠れない』
『恋形見』
『あしたの朝子』
『風待心中』
『トコとミコ』
「食堂のおばちゃん」シリーズなどがある。

キネマの神様 原田マハ

今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマは「私の号泣本」

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時

試聴はこちらから


https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/08/9-4_honsuki-club_20190817.mp3

ラジオネーム しまりす

原田マハ キネマの神様 文春文庫


①この本のおすすめどころ
ズバリ、親子愛。
映画の話ももちろん映画好きとしては非常に嬉しかったですが、
号泣するほど感動したのは、深い親子愛でした。

読み終わったとき、「この本に出会えたことが幸運だった」「日本語が読めて良かった」と思ったものです。
そして、ひとつだけ、しかもこの本の中で最も重要な作品として出てきた映画を私は見逃していたので、急いでDVDを借りて観ました。
本来は、映画館で観るべきだとは思いつつ、もうかなり前の映画なのでそれも叶わず、キネマの神様にお許しを乞うた次第です。
映画のタイトルは『ニューシネマパラダイス』。これにも、あったかい涙が流れました。こうして、『キネマの神様』とこの名画が私のなかでゴタマゼになって、なんだかとっても心地いい記憶となっているのです。

② この本との出会い
テレビで男性のタレントさん(お笑い系、名前はど忘れ、顔は覚えているのですが……)が「号泣した!」と言っていて、どんな本かなと興味をもったのがキッカケでした。
原田マハさんの本としては、『カフーを待ちわびて』の次に読んだのがこの本だったと思います。
もう何年も前のことですが、どうしても「号泣した本」となると、この『キネマの神様』が一番に思い浮かびます。

③ 直近の号泣した出来事
最近は号泣した記憶がないのが正直なところ。
なんだか、寂しい話です。
私は生きているのか!?と自分に問いかけてしまいそうになります。
というわけで、直近でも5年以上前のことですが、初めて自力で一冊(1年かけて)本を翻訳して、最後の一文を書き終えたとき。
朝方5時くらいでしたが、ひとり泣きに泣きました。
いや、本当に若かったです。

【あらすじ】
無職の娘とダメな父。ふたりに奇跡が舞い降りた!
39歳独身の歩は突然会社を辞めるが、折しも趣味は映画とギャンブルという父が倒れ、しかも多額の借金が発覚した。
ある日、父が雑誌「映友」に歩の文章を投稿したのをきっかけに歩は編集部に採用され、ひょんなことから父の映画ブログをスタートさせることになった。
〈ゴウ〉のハンドルネームで父が書くコラムは思いがけず好評を博し、借金とギャンブル依存から抜け出せそうになるが、ある時〈ローズ・バッド〉を名乗る覗の人物に反論されて……。
〝映画の神様〟が壊れかけた家族を救う、奇跡の物語。


著者 原田マハ
1962(昭和37)年、東京都小平市生まれ。
関西学院大学文学部日本文学科および早稲田大学第二文学部美術史科卒業。
馬里邑美術館、伊藤忠商事を経て、森ビル森美術館設立準備室在籍時、ニューヨーク近代美術館に派遣され同館にて勤務。
その後2005(平成17)年『カフーを待ちわびて』で日本ラブストーリー大賞を受賞しデビュー。
2012年に発表したアートミステリ『楽園のカンヴァス』は山本周五郎賞、R-40本屋さん大賞、TBS系「王様のブランチ」BOOKアワードなどを受賞、ベストセラーに。
2016年『暗幕のゲルニカ』がR-40本屋さん大賞、2017年『リーチ先生』が新田次郎文学賞を受賞。

著書
『本日は、お日柄もよく』
『ジヴェルニーの食卓』
『デトロイト美術館の奇跡』
『太陽の棘』など多数