「犯罪者」太田愛 角川文庫

2005年3月25日金曜日の深大寺駅前広場で起こった
死傷者5名の薬物を使用した通り魔による殺傷事件から物語は始まる。
通り魔は近くの雑居ビルのトイレで薬物乱用による死亡が確認。
実はこの事件は始まりではなく途中経過だった。

5名の中でただ一人生き残った修司は病院で見知らぬ男から
「あと10日、生き延びてくれ」と言われる。
病院から消えた修司。

一方刑事の相馬は署で浮いていた。
事件の本丸から外され亡くなった被害者を調べる担当に配属。
修司の過去のデータから部屋に訪れた相馬は
修司が何者かに襲われるところに遭遇。

相馬のおかげで命が助かった修司
「あいつ…昨日の通り魔だ」
通り魔は死亡したはずでは…?

相馬は修司をかくまうために昔の友人鑓水のマンションに連れて行く。
「なぜ俺は狙われたのか?」
相馬・修司・鑓水は事件を調べていく。

 

著者の太田さんはTVドラマ「相棒」などのサスペンスものの脚本家。
本を読んでいてTVを見ている様な錯覚に陥りました。

場面転換が早く、時系列も行ったり来たりするので
読むのに時間がかかってしまいした。
でも、面白い!!

ある程度展開を予想して読みますが
何回も裏切られました(笑)
映画よりじっくりと時間をかけてドラマにして欲しい1作です。

 

「晴れの日のは 藍千堂菓子噺」 田牧大和

「今、あの二人を見捨てたら、俺の菓子の味はきっと濁ってしまう」

 

神田、相生町の片隅に店を構える「藍千堂」
晴太郎と幸次郎の兄弟、菓子職人の茂市と
三人で営む小さな菓子屋。

菓子を作るのは、根っからの職人気質の茂市と
兄の晴太郎。
算盤勘定や商いは弟の幸次郎が切り盛りしている。

茶席で出す上菓子から子どもの駄賃で買える四文菓子まで幅広く作っている。
そんな藍千堂に起こる人情噺の第二弾。

 

今回は兄晴太郎が恋に落ちるお話。
兄晴太郎が恋をした相手は
小さな娘を抱え嫁ぎ先から離縁された佐菜。
その佐菜の嫁ぎ先は年番方与力の鎧坂竜之介。
娘が居ると知って佐菜親子を探す鎧坂。
晴太郎の恋は実るのか??

これが今回の主軸ですが、
茂市さんが主役の話や
晴太郎・幸次郎兄弟の母にまつわる話に
節句のお菓子が出てきてホロっとする場面もあります。
金平糖が食べたくなりました。

チームⅡ 堂場瞬一

 

「俺たちはチームだから」

浦大地が箱根駅伝でキャプテンとして率いる寄せ集めの学連選抜チームが
箱根駅伝でゴールしたあの日から7年。

山城は実業団タキタで走っていたが、足を故障し手術を受けたが
自ら課したトレーニングで太ももを痛めて2年レースから遠ざかっていった。
そんな折、タキタが業績不振から陸上部を廃部にすることを決める。
山城は自分のマラソン人生に幕を引くことを考え始めていた。

一方、浦は実業団を経て母校の城南大学陸上部の監督に。
今年の予選会で城南大は11位で出場ならず。
浦はオープン参加となった学連選抜改め学生連合と名を変えたチームの監督になった。
山城の状況を知った浦はかつての学連選抜のチームメイトに声をかけ「チーム山城」を結成し、「五輪記念マラソン」に出場できるように奔走する。
最初は拒んでいた山城だが浦に電話で「世話になるから」と告げる。
山城は復活するのか…。

 

今回は孤高のランナー山城くんが主役です。
浦くんが学生連合の監督になったので箱根駅伝の様子もあり、
孤高の山城くんが少しずつ変わっていく様子が描かれていて
この本も一気読みでした。
途中、山城くんと因縁の対決をした甲本くんもチーム山城に入ります。
で、なんと「チーム」で浦くんとデッドヒートを繰り広げた広瀬くんが今回、山城くんと走るのです。
ここも見どころです(≧▽≦)

波のうえの魔術師 石田衣良

 

「マーケットに恋はできない」

俺、白戸則道。
大学を1年留年して5年通い卒業した。
就職できず親父にもう一年間だけ仕送りを頼み
毎日パチンコ屋に通っていた。

ある日、開店を待っていたら右翼の街宣車が
通りの先にあるパチンコ屋の新装開店を反対していた。
1人の身なりのいい老人が、特攻服とガードマンの間に割って入っていった。
老人に叫ぶスキンヘッドを街宣車から「ヤメロー」と兄貴分の男、辰美が叫ぶ。
辰美は老人に平謝りして帰って行った。
それが、俺とジジイ「小塚泰造」との出会いだった。
数日後、ジジイから日当1万円で秘書として働かないかと持ち掛けられた。
次の日、言われた場所に行くとジジイは部屋の中でいくつものディスプレイを眺めていた。
投資家だったのだ。
俺は新聞を読み、なじみのある「まつば銀行」の株価をノートに書きこむ。
これが仕事だった。
マーケットを一から叩き込まれた俺は、ジジイがたくらむ計画に巻き込まれていく。

 

この小説は1998年の春から始まっています。
銀行が生命保険会社と組んで売り出した融資付き変額保険で
お金が返せなくなった老人に担保にしていた土地を取り上げ多くの老人が命を絶ったことをベースにしています。
小塚氏は友人をこの変額保険で亡くしてしまいます。
そのリベンジを企て相棒として白戸くんに白羽の矢を立てたのです。
投資やマーケットの事がわからなくても読めます。
読んだ後はスッとし白戸くんの成長物語でもあります。

燃えつきるまで 唯川恵

 

「愛人でもセカンドでも、何でもいい、愛されるならどんな立場でも忘れられるよりずっとマシ」

ハウジングメーカーに勤める怜子は31歳。
チーフにもなり仕事に充実感を持っていた。
5年間付き合った恋人、耕一郎からは数年前からプロポーズされていたが、
当時はチーフになったばかりで待ってもらっていた。

そろそろ結婚もいいかなと思っていた矢先、
耕一郎から別れを告げられる。
またいつもの喧嘩と同じ、すぐに謝ってくる。
いつも先に謝るのは耕一郎だもの。
そう、たかをくくっていたが、いつまでたっても耕一郎からの連絡はない。
本気の別れだった。
失恋のショックで仕事にも身が入らない怜子。

なんども電話し会ってよりを戻して欲しいと懇願するが受け入れられなかった。
あんなに順調だった仕事も穴をあけてしまう。
そんな怜子に耕一郎と共通の友人から耕一郎に新しい彼女ができたと聞いた怜子は…。


いろいろな女性が登場するけれど、女って怖い…と思いました。
独身の頃や今もそうですが、同性で同世代の友人が少ない私には
なかなか理解しがたい女同士のやり取りが綴られてました(;^ω^)

「チーム」 堂場瞬一

 

「俺のために走ってくれ」

箱根駅伝の出場をかけて行われる予選会。
出場できなかった大学から好タイムを出した選手が選ばれる
「学連選抜」チーム
監督は予選会11位美浜大の吉池
その吉池から「終わりじゃない。俺と一緒に箱根に行こう」
と、声をかけられたのは、城南大4回生の浦大地。
浦は膝を故障して1回生の時に箱根のメンバーに選ばれていたが回避。
3回生で初めて箱根10区を走るが7位で襷をもらったが
途中で失速し最下位。
昨年の自分を吹っ切るために浦は学連選抜で走る決意をする。

 

学連選抜、最初の練習日。
浦は吉池からキャプテンを命じられる。
寄せ集めチームでミーティングを行うが、その中で一人不機嫌全開の
東京体育大の山城は予選会でもトップでゴールをする天才的ランナー。
しかし、周りを一切寄せ付けず見下した態度でマイペースを貫きとおす。
「こんな寄せ集めどこがチームだ」と吐き捨てミーティングの途中で席を立つ。

合宿、直前の練習で寄せ集めから少しずつチームになっていく学連選抜。
目標は「優勝」
いよいよ箱根駅伝がスタートする。
PICK-UP TEAMの学連選抜は果たして何位でゴールするのか?

 

箱根駅伝物は「風が強く吹いている」に続いて2作目。
それも「学連選抜」という特異なチーム。
浦が昨年のリベンジが出来るのか?
後半のレースは読みごたえがあり、テレビの前で応援している様な感覚になりました。
この小説が発表された翌年に学連選抜が総合9位、復路3位となり話題になったとか。
来年の箱根は学連選抜にも注目しちゃおうと思った1冊でした。