富士山パーフェクトガイド

「ゆっくり歩き、深く深呼吸する」

この本を手に取ったのは、今年の7月末に富士山に登るからです。
本格的な山登りは初めて。
なのに日本一の山!!
同じ行くなら頂上でご来光!!

山の知識が殆どない私は、これまでの経験上
「困ったことがあれば本に頼る」ことでなんとかしのいできました。
今回もまずは本を…
と、図書館に行って見つけて来ました。

富士登山の基礎知識

◆装備と持ち物
・登山靴…自分のサイズにあったものを選ぶ。
     足首がしっかりサポートされたものを。
     靴底が熱く、グリップ力があるものを。
・ザック…20~30リットルでフィット感のあるもの。
・雨具…上着とズボンと分かれたタイプ。
    ゴアテックスなど防水透湿性素材。
    サイズは少しゆとりのあるもの。
・ウエア…吸汗速乾性のあるもの。
     夏でもダウンジャケットは必要。
・行動食…短時間にエネルギーになる糖分と汗を書くので塩分も必要。
・その他…トレッキングポール、ヘッドランプ、水
◆高山病予防対策
・高山病…標高が高くなると気圧が下がり、大気中の酸素濃度が減少するために引き起こされる身体の変調。
    頭痛、吐き気、嘔吐、めまい、チアノーゼなど
・予防…五合目に到着したら、ゆっくりと滞在して身体を高度に慣らす。
    ゆっくり歩き、深く呼吸をする。
・高山病の対処法…休憩する。症状が緩和しない場合は速やかに下山する。
◆登る時、降りる時の歩き方

・登る時…腹式呼吸でゆっくりと歩く
     歩幅は小さく、上体を揺らさない
     一定のリズムを保つ
・降りる時…靴ひもをしっかりと結ぶ(特につま先と足首)
      スパッツ、マスクで砂ほこり対策
      小刻みにリズムよく歩く

初心者におすすめ吉田ルート

◆概要
・富士山五合目から剣ヶ峰頂上
 歩行距離 約17.6km
 標高差  約1471m
 登り…6時間40分、下り…4時間10分
◆ルートアドバイス
・五合目に着いたら1時間ほど滞在して高度に慣れる
・六合目ではトイレ休憩をとる ♬トイレはチップを払って使用(100円玉を用意)
・水分補給はこまめに
・遅すぎると思うくらいのペースで焦らず呼吸を整えて歩く
・下山は砂埃がたつ砂礫地が続くので、スパッツ、マスク、サングラス(メガネ)で保護する

【感想】
トイレや山小屋の利用など細かいアドバイスもあり、とても参考になりました。
歩く前のストレッチまで書いてあります。
写真やイラストも多くあり、初心者の私でも読みやすく、必要な所がわかりやすくなっています。

富士山は吉田ルートだけでなく他の3つのルート(須走ルート、富士宮ルート、御殿場ルート)についても書いてあります。

私は大阪からツアーでの参加です。
観光バスで五合目まで行き、そこから八合目の山小屋まで歩きます。
山小屋で仮眠をとって夜中に出発しご来光を見て下山するというコースです。
勿論、吉田ルート。

7月8日の段階では、昨年の台風の影響で吉田ルートは落石で頂上まで行くことができません。
1日も早く復旧作業が進んで頂上まで行けるようにと願っています。

富士山登山についても、このブログでいろいろ発信していきます(*^^*)

JTBパブリッシング
159ページ
2014年5月15日第1刷発行
本体価格 1300円

続・深夜食堂 大石直紀

「あー、肉が食べたくなってきた」by 範子

【あらすじ】
「深夜食堂」の営業時間は夜の12時から朝の7時頃まで。 
メニュー
「豚汁定食  六百円
ビール(大)  六百円
酒(二合)   五百円
焼酎(一杯)  四百円
酒類はお一人様三本(三杯)まで」
メニューにないものもお客さんが注文すれば作る。
常連も多いこの店。

ある日の夜、偶然にも来る客来る客皆、喪服を着ていた。
上司が亡くなった者。
友人が亡くなった者。
そんな中、葬式でもないのに喪服を着て来る客がいた。
範子―彼女はいつも喪服を着て焼肉定食をガツガツと食べる。
範子は仕事のストレスが溜まると気分転換に喪服を着て街を出歩く。
シメに深夜食堂に寄り焼肉定食を食べて、明日への活路にしている。

範子の職業は出版社の編集者。
新人作家を担当していて新人賞を取った作品を大幅に手直しさせて書籍化し、ベストセラーとなった。
次作もと思っていた矢先に担当を新人編集者、川谷に変えられた。
頭に来た範子は川谷を呼び出し理由を聞く。
作家自らが担当を変えて欲しいと編集長に直訴したのだった。

範子は大御所作家の担当となり原稿をもらいに家を訪ねると作家は執筆中に脳溢血で倒れていた。
作家の通夜で受け付けをしている範子に一人の弔問客、石田が現れる。
故人の好物の豆大福を持ってきた石田は同じ編集者。
範子と石田は付き合うようになり深夜食堂で二人、焼肉定食を食べて幸せそうだった。
範子はもう喪服を着て店に来ることは無くなった。

ある日、編集長に呼び出され会議室に向かう。
そこには警察が居て「この男性とお付き合いされているそうですね」と見せられた写真には石田が写っていた。
石田は全国の葬儀場を荒らしている香典泥棒だと伝えられた。
範子は再び喪服を着て街をさ迷い出た。

【感想】
この本は映画「続・深夜食堂」のノベライズ。
あらすじは第一話の焼肉定食です。
深夜食堂の常連達は皆、情に深い人たちです。
訳ありのお客さんが来るとほっておけません。
常連客の中にはヤクザもいれば、警官もいます。
お水の人もいれば範子の様にサラリーマンも。
仕事で疲れた心と空腹のお腹を満たしにこの店にやってきます。

この文章を読んでいるあなたには、いきつれの店はありますか?
私には一軒だけあります。
知人に連れてってもらったそのお店は、小さな居酒屋。
元々は酒屋の立ち飲み屋だったのをお店はローソンに貸し、下にあった空間を店舗にした10人も入れば一杯のお店です。

仕事の帰りによく寄ってはビールと料理を注文し、同僚と他愛もない話をして小一時間ほど飲んで帰宅し、範子さんではありませんが次の日への活力にしていました。
そのお店は息子さんとお母さん(息子さんといっても60を超えています)の二人で切り盛りしています。
このお母さんが作る一品が素朴な味で美味しいんです。
お店に行くと「今日は〇〇があるで~」とおススメを教えてくれます。
このお店で山芋を焼いて醬油をちょっとかけるととても美味しくなるのを知りました。

久しぶりに知人を誘って、このお店に行ってみようっと。

【目次】
プロローグ
第一話 焼肉定食
第二話 焼うどん
第三話 豚汁定食
エピローグ
映画「続・深夜食堂」オリジナルレシピ

小学館文庫
180ページ(レシピのページを除く)
2016年10月11日第1刷発行
本体価格 500円
電子書籍あり

著者 大石直紀
1958年、静岡県生まれ。
1998年『パレスチナから来た少女』で日本ミステリー文学大賞新人賞。
2003年『テロリストが夢見た桜』で小学館文庫小説賞。
2006年『オブリビオン─忘却』で横溝正史ミステリ大賞テレビ東京賞。
2016年「おばあちゃんといっしょ」で日本推理作家協会賞短編部門受賞。

著書
『ビストロ青猫謎解きレシピ』
『桜疎水』
『小説 あゝ、荒野』などノベライズも多数手がける。

学びを結果に変える アウトプット大全 樺澤紫苑

「『現実世界』はアウトプットでしか変わらない」

多くの書店で平積みにされているこの本。
ツイッターでも読んだと多くの人が呟かれています。
発売当初からずっと気にはなっていたものの、なかなか手に取れずにいました。
図書館で予約をしようと思っても82人待ち。
近所の書店でページをめくると「なんかわかりやすそう…」
3回我慢してやっぱり欲しくて買いました。

“学びを結果に変える アウトプット大全 樺澤紫苑” の続きを読む

全国 旅をしてでも行きたい 街の本屋さん 

「お店に足を運び、選んで買った本には、その場所での思い出が詰まっている」

この本はツイッターで見かけました。
ツイッターでは、主に私と同じように本が好きな人、作家、本屋をフォローしています。
「@読書垢」をつけている方は本好きで、
読んでいる本や読み終わった本を140文字以内で紹介しています。

以前に「離島の本屋」という本を読んで、
「この本屋に行くために離島に行きたい」と思いました。
思っただけで今の所、終わっています…(;^ω^)

今回、どんな本屋が紹介されているのかワクワクしながら頁をめくりました。

“全国 旅をしてでも行きたい 街の本屋さん ” の続きを読む

僕の母がルーズソックスを 朝倉宏影

「自由になりたい。重力に縛られたくない。つまんない世の中、かきまわしたい。ただ、それだけだ」by 修一

潤平は高校2年生。
高校を卒業したら海外に行く。
その夢のためにお金を貯めていた。

手っ取り早くお金を稼ぐ方法。
ネットの掲示板に女子高生として下着を売ると書き込み
待ち合わせをして客の男性に売っていた。
制服は従妹の帆乃夏に借りメイクもしてもらった。
ウィッグをつけ待ち合わせの場所に。

“僕の母がルーズソックスを 朝倉宏影” の続きを読む

1%の富裕層のお金でみんなが幸せになる方法 クリス・ヒューズ

「保証所得は不安定な経済生活を安定させ、自分や家族に投資する原資になる」

クリス・ヒューズ氏はフェイスブックの共同創業者で、
2007年にバラク・オバマ氏の選挙キャンペーンで
オンライン戦略の指揮を執った人物です。
彼がこの本で提唱している保証所得とはどんな制度か
知りたくて読みました。

“1%の富裕層のお金でみんなが幸せになる方法 クリス・ヒューズ” の続きを読む