伴走者 浅生鴨

「走っている間だけ、俺は自由になれるような気がするんだ」by内田

【あらすじ】
内田健二は元サッカー選手。
20代半ばでヨーロッパに突如として現れ、大手のクラブチームと契約。
スター選手として頂点に駆け上がりつつあった頃にバイク事故いあう。

一命を取り留め、賢明にリハビリをし身体は回復したが、
二度手術を行ったが視力は戻らず失明したままだった。
人生に失望し、周りにあたりちらし自殺を何度か考えたが死ねなかった。
内田はそこでマラソンと出会う。

視力障がい者がマラソンをするには「伴走者」が必要だ。
伴走者は選手が安心して全力を出せるように、
選手の目の代わりとなって周囲の状況や方向を伝えたり
ペース配分やタイム管理をする。

内田は伴走者に淡島を指名した。
淡島はかつては実業団でマラソンを走っていた。
今は実業団は辞めて仕事をしながらもマラソンは続けている。
淡島の走りは試合で勝つことよりも狙い通りの結果を出すことにこだわっていた。
機械の様に心拍数も含めて自分の身体を完全にコントロールし狙ったタイムを出す。
ただし、それは同じレベルの選手を潰すことにはなるが
レベルが上の選手を抜きにかかることはしない。
その機械的でかつ冷静な走りが内田がメダルを取るには伴走者として最適なのだ。

伴走者はただ走るだけではない。
コースの道路の状況やどちらに曲がるのか、段差は上りか下りか。
見えない相手に事細かに言葉で説明するのだ。
そのため通常、伴走者は最低でも2人で交代して走る。
内田の伴走者は淡島と大学生の松浦の2人だ。

金メダル獲得を目指して南国の小さな島で
初めて行われるマラソン大会に出場することになった。
ここでメダルを取れば確実にマラソンランナーとして
次のパラリンピックの切符を手にすることができる。

ところが前日に松浦が腸炎にかかった。
どうしてもがまんできなくて、カップラーメンを食べたのが原因だった。
やむなく伴走者は淡島一人で行うことになった。

レースが始まる。
内田・淡島コンビはメダルを手にすることができるのか???

【感想】
この本には今、紹介した夏のマラソン編と冬のアルペンスキー編があります。
冬のアルペンスキー編の主人公は「晴」という盲学校に通う高校生。
彼女は先天性の全盲です。
ハルの伴走者はスキー部がある会社の営業部員立川。

2つの話の設定は2020年のパラリンピック以降となっています。
どちらも予想外の展開になっていて、引き込まれて一気に読み切りました。

マラソンの選手と伴走者は輪になっているわずか50cmほどのロープで繋がっています。
走る時は歩幅も合わせてランナーと伴走者が「一心同体」となる…。
この本を読んで、伴走者の役割りを知ることができました。

サッカーをやっていた時のようにパラリンピックでメダルを取って表舞台にもう一度立ちたい内田。
自分で管理した通りに走ることで記録を作りたい淡島。
話はメダルを狙った試合の進行と共に過去に遡り、内田と淡島の出会いから現在に至るまでを交互にしながら進んでいきます。

内田がマラソンを走る理由にメダルを取りたいのもありますが、
こんなセリフがあります。
「一人で杖をついて歩くのは今でも怖い。
でも長距離を走っていると、恐怖かふっと消える瞬間があるんだよ」

この小説は2020年3月15日の夜7時から、
BS-TBSでドラマで放送されました。
内田役を市原隼人さん、淡島役を吉沢悠(ひさし)さんのダブル主演です。
このドラマに原作者の浅生鴨さんがコメントを寄せています。
(BS-TBSのサイトから引用)

一本のロープで繋がれるのは、一筋縄ではいかない二人の男たち。
それぞれ複雑で面倒くさい性格を持つこの二人。
淡島の抱える内面の葛藤を吉沢さんはどう見せるのか、
目の演技が使えない内田を市原さんはどう演じるのか。
ドラママニアとしては、そんなところも気になります。


余談ですがアルペンスキーの伴走者は先に滑りスピーカーで雪の状態やコースを説明します。
なので競技者は見えないままスキーを滑ることになるのです。
マラソンもですが、伴走者との信頼関係が無いと一緒に滑ることができません。
冬・スキー編で印象に残ったのは、霧の中で前が見えない中、ハルが立川の伴走者として一緒に滑るシーンです。

ここで立川は「選手に安心感を与えるのが伴走者の役割りだ」と実感します。
ハルの言葉「弱さのない人は強くなれないんですよ」が心にしみます。

この本を読むと、マラソンとアルペンスキーだけですが
障害者スポーツのそれも選手と伴走者の関係性や役割りがよくわかります。
東京パラリンピックを期にぜひ読んでみてください。

文庫版表紙

329ページ
2018年03月01日第1刷発行
講談社
本体価格 1400円
文庫、電子書籍あり


著者 浅生鴨
1971(昭和46)年、兵庫県生れ。
作家、広告プランナー。
NHK職員時代の2009(平成21)年に開設した広報局Twitter「@NHK_PR」が、公式アカウントらしからぬ「ユルい」ツイートで人気を呼び、中の人1号として大きな話題になる。2014年にNHKを退職し、2019年11月現在は執筆活動を中心に広告やテレビ番組の企画・制作・演出などを手がけている。

著書
『中の人などいない』『アグニオン』『猫たちの色メガネ』『伴走者』などがある。

還らざる聖域 樋口明雄

この話は、形を変えて本当に起こるかもしれない

【あらすじ】
鹿児島県屋久島
砂浜に20人前後の人々。
ウミガメの産卵を見るツアー。
ウミガメがやってきた !
と、よく見ると銃を持った人間だった。
ツアー客は皆殺し。

彼らは屋久島に上陸し
役場や警察署を爆破
海底ケーブルも切断
無線アンテナも爆破
屋久島は島外との連絡方法が一切なくなり
占領されてしまった。

占領したのは北朝鮮解放軍
占領軍総司令リ・ヨンギルは
日本政府に対して
内戦が勃発し反乱軍の捕虜となっている
金正恩を解放することを要求。

首相の堀井は「日本にはそんな権限は無い」
と拒絶。
ヨンギルはアメリカを動かすように要求。
ホワイトハウスにホットラインするが
返事はない。
堀井は海上自衛隊を屋久島に向かわせた。

一方屋久島では
警察官かつ山岳救助隊の夕季は
弟と連絡を取り屋久島の状況を知り
町に向かうより山の中が安全だと
山に向かう。


島民によるレジスタンス、
海上自衛隊特別警備隊隊長・国見俊夫の奮闘、
そして占領軍総司令リ・ヨンギル将軍の目的と秘策。

5月2日 22時3分から
5月5日 6時40分までの短期決戦を目撃せよ。

【感想】
ミステリーなのか、サスペンスなのか?それともSFなのか?
引き込まれて一気読みでした。

北朝鮮人民軍が祖国のために日本の屋久島を
ある目的をもって占領する。
この設定は、必ずしもフィクションではないかも…
と思わせます。

裏切り、信頼、復讐、忠誠、
登場人物がそれぞれの思惑で動き
最後まで自分の信じたものを疑わず任務を貫く。
俯瞰すればもの悲しく感じました。

日本、韓国、北朝鮮、アメリカ、中国、ロシアなど
国際情勢を事前に知っておくと
自分なりの作戦を立てたり
物語の推移を予想でき、さらにこの小説を楽しむことができます。

【目次】

序章  二〇二X年、五月一日
第一部 五月二日
第二部 五月三日
第三部 五月四日
第四部 五月五日
終章  同年十月三十日、宮之浦岳頂上

400ページ
角川春樹事務所
2021年6月15日第1刷発行
本体価格 1980円

著者 樋口明雄
1960(昭和35)年山口県生れ。
雑誌記者、フリーライターを経て作家デビュー。
2008年刊行の『約束の地』で日本冒険小説協会大賞と大藪春彦賞をダブル受賞、
2013年『ミッドナイト・ラン!』で第2回エキナカ書店大賞を受賞した。

著書
『狼は瞑(ねむ)らない』
『光の山脈』
『武装酒場』
『ダークリバー』など。
「南アルプス山岳救助隊 K-9」シリーズに
『天空の犬』『ハルカの空』『ブロッケンの悪魔』
『レスキュードッグ・ストーリーズ』
『白い標的』『クリムゾンの疾走』がある。

コールセンターガール 増田一志

「矢吹はもはや一種の兵器です。人間関係破壊兵器」by 黒木

【あらすじ】

横浜アイウェアお客様ご相談窓口の坂本春代は毎朝9時7分過ぎにかかる電話に出る。
相手は矢吹徹。
カルティエ(矢吹はカルチエと言う)の眼鏡を店員が素手で触ったとのクレームなのだ。

矢吹は「春代ちゃん」と呼び自分のことを「徹さん」と呼ばせる。
そしていつも言うのだ。
「で、それでどういう誠意をお前さんたちは見せてくれるんだ」
具体的には言わない。
金品を要求すると暴対法の対象として処理できる。
矢吹も心得ているので、決して具体的には自分から言わない。
春代も決して具体的に誠意の内容を言わない。
矢吹は毎朝、電話してくるのだ。
一定のやり取りが済むと矢吹は昼前まで世間話を始める。

その日もいつもの様に矢吹から電話がかかってきた。
矢吹は春代の卒業した大学名や子どもが居ること、シングルであることを話し出す。
春代は「誰が自分の情報を漏らしたのか…」
そのことが気になり矢吹との会話に集中できなくなる。

春代は高校生の同級生の真藤が社長になったのを新聞で知る。
久しぶりに真藤と食事をすることになった春代は飲みすぎてホテルで介抱されている時に暴漢が入ってきて真藤は殴られる。
真藤の会社の弁護士が春代のところへやってきた。
先日のホテルでの一件が写真に撮られていたのだ。
弁護士は春代と暴漢がぐるだと疑ってかかった物言いだった。

矢吹からの電話でつい真藤とのこと、弁護士が来たことを話してしまう。
暴漢は矢吹がらみではなかったが、話の中で春代はつい「ちょっと迫られもしました」と言ったのを録音していた。
これをネタにゆすることができる。
春代は矢吹に止める様に懇願する。
すると矢吹は「俺のいう事をなんでも聞くか?」と交換条件を出してきた。
「出来るだけ努力する」と答える春代。
一体春代は矢吹からどんな難問を突きつけられるのか…。

【感想】
この小説は1話、2話、3話と続きます。
1話での春代のコールセンターガールとしての受け答えが完璧で引き込まれました。
やくざだと思っていた矢吹の正体が1話で明かされます。
思わず「おぉ~っ」と唸ってしまいました。
ここで終われば短編ですが、秀逸な小説でした。

2話、3話と進むにつれて、矢吹が暴走します。
風呂敷を広げ過ぎたのではないか??
と思う展開になりました。

とはいえ、矢吹の存在は実際にあるだろうし、
ひょっとするとどこかで現実に起こっているかも知れない。
と思わせる(1話に限りですが)話でした。

ネタバレになるので詳しくは書きませんが、
気になる方はぜひ読んでみてください。

おススメ度
★★★
(1話だけなら★★★★)

スタイルノート
416ページ
2019年8月30日第1刷発行
本体価格 1800円

著者 増田一志
1959年生。
1983年東京大学文学部イタリア文学科卒。
2014年小学館「ゴルゴ13脚本大賞」佳作受賞

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

夢も見ずに眠った 絲山秋子

今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマ「新刊が出るとつい買ってしまう作家」

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時

試聴はこちらから

https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/09/10-1_honskeyclub_20190918.mp3


ラジオネーム 星の王子さま
「新刊が出るとつい買ってしまう作家」
絲山秋子さん

① 絲山秋子さんのおススメどころ
私と同じ群馬県高崎市在住の絲山秋子さん。
出版不況が叫ばれている今、特に純文学のジャンルは書き手も読み手も絶滅危惧種ではないかと思ってしまうぐらいですが、絲山秋さんはご自身の信念に基づいて常にぶれず、様々なテーマで純文学を追求されている作家さんです。
その文章は簡潔でありながらも淡々と書かれており、独特な世界感を作り上げています。

② おススメの作品
芥川賞受賞作の「沖で待つ」や、「袋小路の男」など代表作が多数ありますが、今一番のオススメは最新長編「夢も見ずに眠った」です。
この作品は夫を熊谷市に残し、札幌市へと単身赴任した妻のふたりが、お互い離れて暮らすうちに次第にすれ違っていきながらも新たな場所にたどり着く物語です。

③ 今、注目している作家
水墨画家であり作家の砥上裕將(とがみひろまさ)さん。水墨画をテーマにした最新刊「線は、僕を描く」は今年読んだ本の中でナンバー1です。

「夢も見ずに眠った」あらすじ

夫の高之を熊谷に残し、札幌へ単身赴任を決めた沙和子。
しかし、久々に一緒に過ごそうと落ち合った大津で、再会した夫は鬱の兆候を示していた。高之を心配し治療に専念するよう諭す沙和子だったが、別れて暮らすふたりは次第にすれ違っていき…。
ともに歩いた岡山や琵琶湖、お台場や佃島の風景と、かつて高之が訪れた行田や盛岡、遠野の肌合い。そして物語は函館、青梅、横浜、奥出雲へ―土地の「物語」に導かれたふたりの人生を描く傑作長編。

河出書房新社
304ページ
2019年1月26日第1刷発行
本体価格 1750円 
電子書籍あり


プロフィール
1966年東京都生れ。
早稲田大学政治経済学部卒業後、住宅設備機器メーカーに入社し、2001年まで営業職として勤務する。
2003年「イッツ・オンリー・トーク」で文學界新人賞、2004年「袋小路の男」で川端康成文学賞、2005年『海の仙人』で芸術選奨文部科学大臣新人賞、2006年「沖で待つ」で芥川賞を受賞。

著書
『逃亡くそたわけ』『ばかもの』『妻の超然』『末裔』『不愉快な本の続編』『忘れられたワルツ』『離陸』など多数。

絲山賞について

絲山賞とは、一年間で絲山秋子が読んだもののなかで 一番面白かった本に差し上げている賞です。
年末にweb日記上で発表されます。(第一回のみエッセイの中で発表)
本人への連絡等はしません。 (出版社が連絡している場合は多い)

名誉、ありません。正賞、副賞、ありません。
つまるところ「我が家の十大ニュースってなんだっけ」と 年末の食卓で語られるような、そんな程度の賞です。
単行本の帯や、対談等に採用されることがありますが、 これは受賞者側の「粋な計らい」によるものです。

2018年
第15回絲山賞は、内田洋子著『モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語』(方丈社)です。
本屋大賞に、新たにノンフィクション本部門が創設され、その大賞候補に、『モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語』がノミネートされました。

人知れぬ山奥に、本を愛し、本を届けることに命を懸けた人たちがいた。
小さな村の本屋の足取りを追うことは、人々の好奇心の行方を見ることだった。これまで書き残されることのなかった、普通の人々の小さな歴史の積み重なりである。
わずかに生存している子孫たちを追いかけて、消えゆく話を聞き歩いた。
何かに憑つかれたように、一生懸命に書いた。

イタリアで暮らすジャーナリストである著者が、人から話を聞いてこれまで知らなかった村に出かけて行った。つまり旅の話です。本を愛する著者の視線とフットワークによって村の良さもゆかりの人々の魅力も、どんどんひらいていくように感じられます。
( 絲山秋子 オフィシャルウエブサイトより引用 )

絲山秋子 オフィシャルサイト

色彩 阿佐元明

「仕事が片付いたら、俺の家へ夕飯を食べに来ないか」by 千秋

第35回太宰治賞 受賞作の小説です。

「太宰治賞」
三鷹市と筑摩書房が共同で主催する公募新人文学賞である。
第1回から第14回までは筑摩書房のみで行っていたが業績悪化に伴い休止、太宰治没50年の1999年より現在の形となり、年1回発表されている。
受賞は選考委員の合議によって決定され、受賞者には正賞として記念品、副賞として100万円(2008年実績)が授与される。
選考委員は加藤典洋・荒川洋治・奥泉光・中島京子の4名。
締め切りは12月10日。

Wikipediaより引用

【あらすじ】
千秋は元ボクサー。
目を悪くしてボクシングは辞めて幼なじみの高俊に誘われ、塗装業の親方の元、三人で現場を回っていた。

隣町にあった同業者が廃業し、仕事が忙しくなったためもう一人雇うことになった。
求人を出してしばらくして、細くて頭の形になでつけた短髪の豆電球の様な青年。
名は加賀。
加賀は芸術の専門学校で油絵を専攻していたが、就職はしていなかった。

長く三人だったので、新しく加賀が入るために車を掃除し机を配置して迎えた。
加賀は塗装のスジがよく、塗りむらがない。
丁寧な仕事ぶりに三人とも加賀の動きに見入っていた。
歓迎会をすると、加賀はジョッキに入った酒を飲んではトイレで吐くのを繰り返した。

千秋は結婚していてもうすぐ父親になる。
千秋の妻、亜佐美は千秋が話す加賀の様子に興味を持ったようだ。
「家に呼んで夕飯をご馳走しよう」という亜佐美に千秋はすんなり同意しなかった。
親方や高俊も加賀には好意的だ。
なんとなく千秋は面白くなかった。
つい、加賀に強くあたってしまう千秋。

千秋、高俊、加賀の三人で、注文を受けた仕事を丁寧に仕上げていく。
ある会社の社長から「倉庫の壁に空の絵を描いてくれ」という仕事が入った。
加賀は壁を眺めて微動だにしない。
この仕事は加賀が中心に始まった…。

【感想】
静かな作品です。
加賀が仕事を通じて成長していく姿が淡々と描かれています。
そんな加賀を見ながら、焦りを感じる千秋。
千秋の心の葛藤も丁寧に描かれています。

半径4kmほどの中で起こる、親子の関係や夫婦の関係、同僚の関係。
焦り、戸惑い、同情など人が生きていると感じる負の感情を
「ああ、そういう気持ちわかる」と読んでいて感じました。

おススメ度
★★★★

筑摩書房
221ページ
2019年9月18日第1刷発行
本体価格 1500円

著者 阿佐元明
東京都出身、在住。
1974年生まれ、44歳、男性。

キネマの神様 原田マハ

今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマは「私の号泣本」

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時

試聴はこちらから


https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/08/9-4_honsuki-club_20190817.mp3

ラジオネーム しまりす

原田マハ キネマの神様 文春文庫


①この本のおすすめどころ
ズバリ、親子愛。
映画の話ももちろん映画好きとしては非常に嬉しかったですが、
号泣するほど感動したのは、深い親子愛でした。

読み終わったとき、「この本に出会えたことが幸運だった」「日本語が読めて良かった」と思ったものです。
そして、ひとつだけ、しかもこの本の中で最も重要な作品として出てきた映画を私は見逃していたので、急いでDVDを借りて観ました。
本来は、映画館で観るべきだとは思いつつ、もうかなり前の映画なのでそれも叶わず、キネマの神様にお許しを乞うた次第です。
映画のタイトルは『ニューシネマパラダイス』。これにも、あったかい涙が流れました。こうして、『キネマの神様』とこの名画が私のなかでゴタマゼになって、なんだかとっても心地いい記憶となっているのです。

② この本との出会い
テレビで男性のタレントさん(お笑い系、名前はど忘れ、顔は覚えているのですが……)が「号泣した!」と言っていて、どんな本かなと興味をもったのがキッカケでした。
原田マハさんの本としては、『カフーを待ちわびて』の次に読んだのがこの本だったと思います。
もう何年も前のことですが、どうしても「号泣した本」となると、この『キネマの神様』が一番に思い浮かびます。

③ 直近の号泣した出来事
最近は号泣した記憶がないのが正直なところ。
なんだか、寂しい話です。
私は生きているのか!?と自分に問いかけてしまいそうになります。
というわけで、直近でも5年以上前のことですが、初めて自力で一冊(1年かけて)本を翻訳して、最後の一文を書き終えたとき。
朝方5時くらいでしたが、ひとり泣きに泣きました。
いや、本当に若かったです。

【あらすじ】
無職の娘とダメな父。ふたりに奇跡が舞い降りた!
39歳独身の歩は突然会社を辞めるが、折しも趣味は映画とギャンブルという父が倒れ、しかも多額の借金が発覚した。
ある日、父が雑誌「映友」に歩の文章を投稿したのをきっかけに歩は編集部に採用され、ひょんなことから父の映画ブログをスタートさせることになった。
〈ゴウ〉のハンドルネームで父が書くコラムは思いがけず好評を博し、借金とギャンブル依存から抜け出せそうになるが、ある時〈ローズ・バッド〉を名乗る覗の人物に反論されて……。
〝映画の神様〟が壊れかけた家族を救う、奇跡の物語。


著者 原田マハ
1962(昭和37)年、東京都小平市生まれ。
関西学院大学文学部日本文学科および早稲田大学第二文学部美術史科卒業。
馬里邑美術館、伊藤忠商事を経て、森ビル森美術館設立準備室在籍時、ニューヨーク近代美術館に派遣され同館にて勤務。
その後2005(平成17)年『カフーを待ちわびて』で日本ラブストーリー大賞を受賞しデビュー。
2012年に発表したアートミステリ『楽園のカンヴァス』は山本周五郎賞、R-40本屋さん大賞、TBS系「王様のブランチ」BOOKアワードなどを受賞、ベストセラーに。
2016年『暗幕のゲルニカ』がR-40本屋さん大賞、2017年『リーチ先生』が新田次郎文学賞を受賞。

著書
『本日は、お日柄もよく』
『ジヴェルニーの食卓』
『デトロイト美術館の奇跡』
『太陽の棘』など多数