不良という矜持 下重暁子

「体制から、他人から離れて自分の頭でちゃんと考えるの。それが不良になるってこと」

80代の下重暁子氏が自らを「不良老年」と呼び、その生き方や考え方を書いた1冊です。
目次には「老年」とありますが、書いてある内容は老年だけでなく
私の様な壮年にもこれからの人生を歩むに至っての指南書ともなります。

高齢になると皆同じような色合いや柄の服を着ていることを指摘している一文がありました。
年をとってからこそ、若い時よりおしゃれに気を使うべきとあります。
私の勤務先の高齢者施設でも、皆さん同じような色合いの服を来ています。
服だけ置いてあると「これはどなたの服だろうか???」と名前を確認しないとわからないくらい皆さん同じなのです。
服は家族の方が用意してくださっているのに…。

自分を振り返ると20代の頃と余り変わらない服装をしていることに気づきました(今は50代です)
シャツとジーンズ、冬になるとハイネックとネルシャツ。
いつまでもこんな恰好で良いのだろうか???
と少し不安に思っていましたが、この本を読んで周りからどう思われるのか、
ではなく自分がどう思うのか、感じるのかの方が大切だということを受け取りました。


また下重氏は幼少の頃に結核に罹り一人闘病生活を病院で過ごします。
自分と向き合い、妄想や想像の中で遊ぶ。
妄想や想像をしてきたからこそ、様々な発想が浮かんでくる。
自分とは何か?
自分が納得できる生き方をする。
人に決められるのではなく自分で決める人生を歩む。
そういったことが自然と身についてきたのではないでしょうか。

自分を大切にし、周りに惑わされず孤高に生きる。

私もそんな老年期を迎えられる様に今から人に合わせず「孤高」に生きるの準備をしていきます。

おススメ度
★★★★

年齢に関係なく自分探しをしている方におススメです。

【目次】
はじめに
第一章 不良老年は、自分に「汲めども尽きせぬ興味」を持つ
第二章 不良老年は、「世間の枠」にはまらない
第三章 不良老年は、「飛ぶ覚悟」を持っている
第四章 不良老年は、自分だけの「秘め事」を持っている
第五章 不良老年は、「本物」をとことん追求する
第六章 不良老年は、自分の最期を楽しんで演出する

自由国民社
208ページ
2019年10月27日第1刷発行
本体価格 1100円

著者 下重暁子
1936年生まれ。
早稲田大学教育学部国語文学科卒業後、NHKに入局。
アナウンサーとして活躍後フリーとなり、民法キャスターを経て文筆活動に入る。
丹念な取材をもとにしたノンフィクションから家事や生き方をテーマにしたエッセイ、評論、小説まで幅広い作品群がある。

著書
「家族という病」
「極上の孤独」
「年齢は捨てなさい」
「天邪鬼のすすめ」など

ひみつのしつもん 岸本佐知子

「いったいどこから。自分か」

抱腹絶倒のエッセイです。
絶対、電車など人前で読んではいけません。
笑いをこらえきれません。

私は不覚にも電車で読んでいて、
プフフッとこらえきれずに吹き出してしまいました(笑)

そのエッセイは「ネジ」

自分の部屋でネジを踏んづける。
そのネジはサビが浮いていて年季が入っている。
部屋の中を見回して、ネジが使われているものを見ても
どれもネジがゆるんでいない。

色や素材もマッチしない。
著者意外にこの部屋は誰も入らない。
消去法で考えた結果…
冒頭の言葉。

自分からネジが落ちるというこの発想。
で、ネジを見ているうちに自分の一部の様に感じる著者。
「肘とか膝とかが妙にキコキコいう」のはネジが取れたからか?
いろいろな体の不調が「機械の経年劣化」で説明がつくのでは?
あれやこれや妄想が広がる。
ふと我に返り、ネジを引き出しにしまう。

ここで話は終わらない。
数週間後、また同じようなネジを部屋の中で踏んづけるのだ。

【感想】
このエッセイは妄想力が爆裂しています。
著者はどんな人なんだろうかと気になりネットで調べると…。
写真ではシュッとした美人。
えっ?
この人が?
妄想癖があるのか…。

ギャップがありすぎてこれまたフフっと笑ってしまいました。
私もいろいろ妄想しますが、とても文章に残そうとは思いませんでした。
岸本さんのこのエッセイを読んで、ふと自分も妄想を文章にしてみようか…
という気になりました。

家族の理不尽な言動も文章にすると客観視できて笑えるなぁ。
「父 セリフ三選」で感じたことです。
これまでいろいろな人のエッセイを読みましたが
妄想力はさくらももこさんを超えています。
あぁ、面白かった。

気分転換におススメです。

おススメ度
★★★★

筑摩書房
224ページ
2019年10月9日第1刷発行
本体価格 1600円

著者 岸本佐知子
1960年神奈川県生まれ。
翻訳家。
訳書にスティーヴン・ミルハウザー『エドウィン・マルハウス』、リディア・デイヴィス『ほとんど記憶のない女』、ニコルソン・ベイカー『中二階』、ジャネット・ウィンターソン『灯台守の話』など多数。
編訳書に『変愛小説集』、
2007年、『ねにもつタイプ』で講談社エッセイ賞を受賞。著書
『なんらかの事情』など。

孫と私の小さな歴史 佐藤愛子



今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマ「新刊が出るとつい買ってしまう作家」

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時

試聴はこちらから

https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/09/10-1_honskeyclub_20190918.mp3



 ラジオネーム      空丸恵子
「新刊が出るとつい買ってしまう作家」 佐藤愛子さん

① 佐藤愛子さんのオススメどころ

作品もたくさんあり過ぎるし、長年読み続けてきているので、逆にご存じない方にどうオススメして良いのかわかりません。
とにかく美しくて、カッコ良くて、潔い女性です。
何を読んでも、それが感じられます。

② イチ押しの作品
これも至難の業ですが、愛子さんらしさが溢れているものを一冊。
「孫と私の小さな歴史」

一人娘の響子さんの一人娘の桃子さん。
桃子さんと一緒に毎年、工夫を凝らして作った年賀状用の写真が披露されています。
おもしろいことが大好きな愛子さんらしい歴史です。

③ 今、気になっている作家さん
ごく最近、読み始めてハマっているのは【朝比奈あすか】さん。
もう少し読み続けていきたいです。

「孫と私の小さな歴史」
初孫・桃子の誕生に、「バアさんにはならない、ジイさんになる!」と宣言した著者。
桃子1歳から、二人の扮装で年賀状用の写真を撮り続ける。
お正月早々ドギモを抜かれた、と大評判の秘蔵写真を全公開。
トトロにコギャル、はては生首、葬式まで、「本当は嫌だった!」孫の激白あり、20年分の撮影秘話あり爆笑エッセイです。

佐藤愛子さんプロフィール
1923(大正12)年、大阪市生れ。
甲南高等女学校卒。
小説家・佐藤紅緑を父に、詩人・サトウハチローを兄に持つ。
1950(昭和25)年「文藝首都」同人となり本格的に創作活動を始める。
1969(昭和44)年『戦いすんで日が暮れて』で直木賞、1979(昭和54)年『幸福の絵』で女流文学賞、2000(平成12)年『血脈』の完成により菊池寛賞、2015(平成27)年『晩鐘』で紫式部文学賞を受賞。
ユーモラスなエッセイにもファンが多く2016(平成28)年『九十歳。何がめでたい』が大ベストセラーとなった。2017(平成29)年、旭日小綬章(きょくじつしょうじゅしょう)を受章。

世の中に対して、何か間違っていないか、その考え方はおかしくないかとズバッと言い、愛情を持って怒ってくれるところが、佐藤さんのエッセイの真骨頂。

“何のために生きるのか”なんて考えるのは、数少ない哲学者ですよ。我々凡俗は、朝起きたら朝やること、夜になったら夜やることをして、おなかがすいたらご飯を食べる。
ご飯を食べるために働く。
働くために考える。
単純なことよね。
なぜ生きることに解釈や分析が必要なんですか。
一人ひとり価値観が違うのに、いまは人の考え方と同じでありたいという気持ちの人が多いように思います。
(毎日が発見ネットより引用)…昨年4月 94歳

「朝比奈あすか」
1976年東京都生まれ。
慶應義塾大学文学部卒業。
2000年、大伯母の戦争経験を記録したノンフィクション『光さす故郷へ』を発表。
2006年、「憂鬱なハスビーン」で第49回群像新人文学賞を受賞、同作を表題作とした単行本が刊行され、小説家デビュー。

著書
少女は花の肌をむく(2016年6月 中央公論新社)
人間タワー(2017年10月 文藝春秋)
みなさんの爆弾(2018年4月 中央公論新社)
人生のピース (2018年11月 双葉社)
君たちは今が世界 

孫と私の小さな歴史 佐藤愛子

「お金出して場所借りて、苦労なしに撮るなんて面白くない」

この本は「九十歳。何がめでたい」の著者である佐藤愛子さんが、お孫さんの桃子さんとコスプレして作った年賀状の20年を振り返っているエッセイです。

この年賀状を始めたのが1992年。
愛子さん69歳、桃子さん1歳。
この時は桃子さんがパンダの着ぐるみ
愛子さんは娘の響子さんが買ってあった猫の部屋着。
パンダ桃子さんを膝に抱いて笑っている愛子猫。
何故か前にはごりんが…??

この年賀状の作成場所は愛子さんの別荘がある北海道。
毎年夏に家族で行って撮影するのです。
大トトロに子トトロ
カリブ海賊
コギャル
泥棒
メイドカフェ

愛子さんの「これだ!」という思いつきから
世間の流行まであります。
桃子さんの成長記でもある年賀状。
最初は一緒に立っているだけの桃子さんが
愛子さんと一緒に演技をするようになります。

それぞれの年賀状には撮影時の様子が
響子さんの視点で書かれていたり、
愛子さん自身のエッセイであったり
その後に孫の桃子さんの当時の様子が綴られています。

文春オンラインより引用

【感想】
愛情が詰まった一冊です。
愛子さんから孫の桃子さんへの「愛」
愛子さんの演じることへの「愛」
年賀状を楽しみにしている人たちの「愛」

この年賀状の撮影にかける熱意が文章から伝わってきます。
着ぐるみや小道具を買うこともあるけれど
基本はあるものを利用されています。
時には小道具を徹夜で作ることも…。
だからこそ愛子さんは年賀状の出来不出来にはとても厳しいのです。

私のおススメは「泥棒」
桃子さんの演技が絶妙です。
年賀状に使われなかった写真は爆笑ものでした。

どの年賀状を見ても愛子さんの真剣さが伝わってきます。
何歳になっても新しいことに挑戦するってステキだなぁ。
こんなおばあちゃんになりたい。
周りは大変かもしれませんが…(笑)

おススメ度
★★★★★
ちょっとした時間に読むのにちょうどよい本です。
思わず噴き出してしまうので電車ではご注意ください(笑)

文藝春秋
198ページ
2016年1月10日第1刷発行
本体価格 1400円

著者 佐藤愛子
1923(大正12)年、大阪市生れ。
甲南高等女学校卒。
小説家・佐藤紅緑を父に、詩人・サトウハチローを兄に持つ。
1950(昭和25)年「文藝首都」同人となり本格的に創作活動を始める。
1969(昭和44)年『戦いすんで日が暮れて』で直木賞、1979(昭和54)年『幸福の絵』で女流文学賞、2000(平成12)年『血脈』の完成により菊池寛賞、2015(平成27)年『晩鐘』で紫式部文学賞を受賞。
ユーモラスなエッセイにもファンが多く2016(平成28)年『九十歳。何がめでたい』が大ベストセラーとなった。
2017(平成29)年、旭日小綬章を受章。

著書
「ソクラテスの妻」
「青春はいじわる」
「凪の光景」など多数

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

育てて、紡ぐ。暮らしの根っこ 小川糸

「自然であること、無理をしないこと」

「食堂かたつむり」や「ツバキ文具店」などの小説を世に送り出している小川糸さんのエッセイです。

彼女の暮らしぶりは、そのまま作品に繋がるような気がしました。
豊かさとは何か?
ドイツと日本に住居を持つ著者だからこそのスローライフを知ることができる一冊です。

おススメ度
★★★★
小川糸さんの作品が好きな人
スローライフに興味がある人
エッセイ好きな人
におススメです。

消費と幸せは直結していないのだと実感でき、どんどん物欲が消えていく

著者の小川糸さんはドイツを旅行して魅せられ、友人の部屋が空くことを知って部屋を借ります。
この本ではドイツでの様子も語られています。

ベルリンの人々にとって、人生最大のテーマは「いかにお金をかけずに、幸せになれるか」と目に映ったようです。
日曜日は殆どのお店が休みになり、日本のお正月の様なのどかな空気に包まれるとか…。
ドイツでは日曜日は家族と過ごす日なのです。
公園や湖でお弁当を持って家族で出かける。

家の前に不要になったモノを箱に入れて、出しておく習慣があります。
「欲しい人はご自由にどうぞ」
使わなくなったモノは人にあげたり、別の使い道を探したり…。
ゴミとして処分するのは本当の最終手段。

小川さんも一つのモノを複数の使い方をしています。
そして、ドイツでは手に入りにくい食べ物を手作り。
味噌、ぬか床は手作りです。
野菜や果物が沢山ある時は、乾燥させたり、はちみつやお酒に漬けたりと工夫して保存食にしています。

ドイツの国民性に触発されてのスローライフ。
お茶の時間を大切にしていて、仕事の前のお茶、午後のひと時のとっておきのお茶など。
お茶で時間の区切りを付け一息ついています。

照明も間接照明を使い、食事時にはたまにキャンドルだけにすることも。
すると薄暗さから他の五感が敏感になり、より料理を美味しく頂けるそうです。
そして料理を食べ終わる頃には、キャンドルの灯りがまぶしく感じられるとありました。

【感想】
時間の使い方やモノ、人との付き合い方も大切にしている小川さんのエッセイは元々、日本人もそんな風に暮らしていたことを思い出させてくれます。
便利すぎることや消費をすることだけが、幸せではない。
そんなことを教えてくれる一冊です。

この本を読んでドイツを訪れてみたくなりました。
スローライフに憧れるだけでなく、一つでも自分の暮らしに取り入れることができることはやってみようと思います。

まずは、キャンドルの灯りだけで過ごす時間を作ります。

【目次】
はじめに
第一章 心のあり方
第二章 体との付き合い方
第三章 私らしい暮らし方
第四章 ドイツに魅せられて
第五章 育て続けるわが家の味
第六章 自分式の着こなし
第七章 人とのつながり
おわりに

扶桑社
159ページ
2019年9月1日第1刷発行
本体価格 1400円
電子書籍あり

著者 小川糸
1973年生まれ。 
デビュー作 『食堂かたつむり』(2008年)以来30冊以上の本を出版。 
作品は英語、韓国語、中国語、フランス語、スペイン語、そしてイタリア語など様々な言語に翻訳され、様々な国で出版されている。 
『食堂かたつむり』は、2011年にイタリアのバンカレッラ賞、2013年にフランスのウジェニー・ブラジエ賞を受賞した。 
またこの作品は、2010年に映画化され、2012年には『つるかめ助産院』が、2017年には『ツバキ文具店』がNHKでテレビドラマ化された。 
『ツバキ文具店』と、その続編となる『キラキラ共和国』は、日本全国の書店員が主催する「本屋大賞」候補となった。

著書 
『ミ・ト・ン』
『キラキラ共和国』
『サーカスの夜に』他多数

小川糸 ホームページ

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。


かぼちゃを塩で煮る 牧野伊三夫

インターネットラジオゆめのたね放送局関西チャンネル
ホンスキー倶楽部で偶数週にお送りしているコーナー
「かおる文庫のおすすめブックコーナー」からの紹介本です。
このコーナーは北海道在住のブックコーディネーター、かーるさんがおススメする本を紹介しています。
テーマは「おススメの美味しい本」

タイトル:かぼちゃを塩で煮る
著者:牧野伊三夫(まきのいさお)
出版社:幻冬舎

◎あらすじ
寝ても覚めても頭のなかは食べることばかり!美味しいものを食べたい欲求から料理に情熱を傾ける食いしん坊画家のエッセイ。

◎みどころ
タイトルから本当に食べるのが好きなのだと情熱を感じ、手に取った一冊。
そして期待を裏切りませんでした。
著者の牧野伊三夫さんは、暮しの手帖、かもめ食堂など雑誌や本の装丁・挿絵を多く手掛ける画家です。

子ども時代から食べることに関心が高く、
絵を描き始めて収入がなくなってもうまいものを食べたい欲求が高まり、本格的に料理を始めたそうです。

料理のおかげで心が救われ、のめりこんでいくエピソードは人間らしさがにじみ出ています。
たくさんある料理の中であえて「かぼちゃの塩煮」をタイトルに選んだ著者。
苦手だったかぼちゃの調理法を変えただけで好物になった喜びを書いています。本当に嬉しかったのでしょう。

実は私もかぼちゃの塩煮が大好物。
わが家のかぼちゃといえば塩煮です。
塩がかぼちゃの甘味を引き出して、ほくほくとした味がたまりません。
このエッセイは、家庭でつくれる手軽で美味しそうな料理を調理法と一緒に紹介してくれます。

ゆで卵を美しくむく、野菜を塩でもむなど
ちょっとしたコツものっています。
料理が苦手でも気軽に作れそうな、気取らないメニューがシンプルな文章で紹介されます。

やさしい野菜スープの作り方、三分で作れるおつまみ帳、いわしの酢じめ、様々な鍋。
巻頭の美しい写真と著者の味のあるイラストが食欲をそそります。

個人的に素晴らしいと思うのは
「ノートのまんなかに線を引いて献立を考える」という発想です。
右側は豚肉や豆腐など、たんぱく質群食材のウサギさんチーム、左側はほうれん草や玉ねぎなど野菜群食材のカメさんチームと名付けます。
そして家の冷蔵庫をのぞき、両側の食材を組み合わせてフライパンで炒めればいいそうです!

献立に困ったらウサギとカメ。
このシンプルさは参考になりますね。
料理が苦手な方、献立に困っている方へ。
料理愛とユーモアあふれる語り口のエッセイをどうぞお楽しみください。

【補足】
幻冬舎プラス…サイトで会員に登録(無料)
この本の試し読みができます。

カレーライスについての話では…。
飲んだ後に食べる ✖
食べた後に飲む  ✖  
どちらも中途半端になるんだそうです。
著者は飲みながらカレーライスを食べる方法を編み出します。
玉ねぎと多めの豚肉、水も多めでシャパシャバ
豚肉をつまみにしながらお酒を飲む
このカレーに合うお酒はホッピー、レモン酎ハイだとか…。
気になった方はお試しあれ!!

著者 牧野伊三夫
1964年福岡県生まれ。
多摩美術大学卒業。
画家。
鎌倉の出版社港の人と「四月と十月文庫」創設。
北九州市情報誌「雲のうえ」、飛騨産業機関紙「飛騨」の編集委員。
アトリエヌーボーコンペ日比野賞、東京ADC賞受賞。