『むなしさの正体 正しい幸せの求め方』 武田双雲

目標を達成した後に何故だか「むなしい」気持ちになることがありませんか?

書道家の武田双雲さんは自ら発達障害であることをオープンにして講演活動も行っている書道家です。
この本は誰もが抱える「むなしさ」についての正体とその付き合い方を書いています。

双雲さん自身も子どもの頃にむなしさを感じたそうです。
家にいても学校にいても、気が休まらない。
言いたい事が伝わらず何をやっても上手くいかず、
心の中にはもやもやしたものが、ずっと溜まっている状態。

そうそう私もそうだった。
仕事で任されたイベントを成功させたのに、達成感は一瞬だけで後はなんだかもやもや…
そのうえやる気もでなくなった時がありました。

いろいろなむなしい状態を経験しての共通項は
「受動的な人生だった」


「むなしさ」の原因は未来志向・成長主義が原因

 

 

え?何故?
未来志向って前向きでいいんじゃないの?

目標設定が具体的であればあるほど、
目標が達成された時にやってくる「むなしさ」
それは、燃え尽き症候群とも似ているかもしれません。

じゃあ、むなしくならない為にはどうすればいいの??

「成長にこだわり過ぎない(拘らないではないですよ)
そして、今、目の前のことを楽しむ!!
目標を数値化せず、目標達成に拘らず「ビジョン」を描くことを習慣づける」

と、あります。

「目標」と「ビジョン」の違いは???

「世界中の人々が楽しく暮らす、そんな夢を描きながら、それを忘れるくらい自分が瞬間瞬間を楽しむ。
出会う人、目の前の人を楽しませる」

具体的な目標ではなく、その先にあるもの…と私は捉えました。

「過去は変えられる」
「感情が事実を呼びこむ」
「自分をチューニングする」
「あるものリスト」
「トラウマに苦しまない方法」

など、むなしさと付き合い自分をコントロールする、
すぐにでもできる具体的な方法も書いてあります。

実際私も自転車通勤で、細い道で前を歩いている人が真ん中を歩いていたりすると
「もうっ、行かれへんやん(関西人です)」と心の中で毒づいてました…が
この本を読んだ後は、擦れ違う人全員に心の中で「おはよう~」と呟いていたら、
なんだか気持ちがご機嫌さんに(^^♪

少しはチューニングできたかも

そして、書道家ならではの文字の説明もこの本の魅力です。
「頑張る」…「頑なに張る」
「嘘」…「口に虚しい」
「儚い」…「人の夢」

 

ちょっと不思議でなんだか元気がもらえる双雲ワールドに浸ってみませんか

おススメの一冊です

【目次】

まえがき
・むなしさを考えるきっかけ
・僕も子どものころは、むなしさに苦しんだ
・受動的な人生はむなしい
・武田双雲がむなしさについて語る意味

第1章 むなしさの正体を解く
●未来志向・成長主義がむなしさの原因
●むなしさの方程式を解いていく
●虚実のバランス
●期待しない。明確な目標をもたない
●むなしさを消してくれる脳内物質がある?

第2章 むなしさいろいろ
●つかみ系の人は自分のむなしさに気付かない?
●競争で勝つことに意味はない
●なぜ名誉を得てもむなしいのか
●外的要因に影響されると燃え尽き症候群になりやすい
●トラウマにとらわれるむなしさ
●むなしいときこそ満たされるチャンス

第3章 僕がいま、むなしくならない理由
●むなしさとのバランスの取り方
●世間の評価にとらわれすぎない
●感情が目の前の事実を呼びこんでくれる
●我慢するよりも大事なのはチューニング

第4章 むなしさとの付き合い方
――上手にチューニングする実践法
●むなしさは消せないけれどチューニングは可能
●自分に噓をつくむなしさ
●むなしさを減らしていくには人称を上げる
●自分のほうから満たされ続ける効果的なコツ
●仕事を楽しむにはまず通勤を楽しんでみる
●むなしさシステムが発動するクセはコントロールできる
●承認欲求を満たされなくてもむなしくない生き方
●カリスマに学ぶビジョンの持ち方
●選択肢の多いなかからベストを選ぶコツ
●むなしさを消すには、まず形から入ってみる
●思いきって競争をやめたら成績は伸びる
●SNSがコミュニケーションのむなしさを助長している
●無理をせず感覚に任せる
●究極のむなしさは死の直前に訪れる?

【こんな人におススメ】

なんだか胸のうちがモヤモヤする
最近仕事が面白くない
人生や仕事で大きなイベントを経験した

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。