人生がときめく片づけの魔法 近藤麻理恵

「片づけとはモノを通して自分との対話する作業」

娘の部屋と私の部屋を入れ替えることにしました。
片づけを通り越して模様替え
プチ引っ越しです。

この際、片づけも済ましてしまおうと
断捨離に続き、こんまりさんの本を読みました。
物を捨てる順番や物別の片づけの方法が載っていて
参考になりました。

“人生がときめく片づけの魔法 近藤麻理恵” の続きを読む

花咲小路一丁目の刑事 小路幸也

「もし、秘密を守れるのならば、弟子にしてあげよう」

主人公は交番勤務から刑事になったばかりの赤坂淳
所属の警察署から近くに祖父母が営む食堂「和食処あかさか」に
中学生以来、帰ってきた。

祖父の辰三は無口で無愛想
祖母の梅は温和でおしゃべり上手
商店街の困りごとを聞いては、淳が非番のときに
「ちょっと頼まれてほしいことがあるんだけど」
と切り出す。
この小説はそんな淳ちゃん刑事が、祖母の梅さんの
頼まれごとを解決するハートフル・ストーリー。

梅さんからのご近所の相談事は
「猫のマロンちゃんが外でご飯を食べているらしい。どこで?」
「ラーメン屋の亡くなった先代から届く手紙」
「本屋さんの平積みにしている本の上に果物が一つずつ置かれる」
事件性は無いけれど、当事者は困っているケースばかり。

そこに「和食処あかさか」の裏に住む、ストリートミュージシャンの
ミケさんとの淡いラブストーリーも。


根っから人のよい淳ちゃん刑事は応援したくなります。
商店街の人たちもすこぶる素直な青年達や
ちょっと訳ありの老年もいい味を出しています。

殺人も誘拐も起こらない刑事が主人公の小説ですが
読み終えたあとは花咲小路商店街に行ってみたいと思いました。

 

 

 

 

【目次】
プロローグ
〈花咲小路〉の猫騒動
〈花咲小路〉の天国からの手紙騒動
〈花咲小路〉のテイラーメイド騒動
〈花咲小路〉の檸檬騒動
〈花咲小路〉の〈あかさか〉での騒動

ポプラ社
315頁

著者 小路幸也
北海道生まれ
広告制作会社を経て、執筆活動へ。
「空を見上げる古い歌を口ずさむ」で
第29回メフィスト賞を受賞して作家デビュー
著書
「東京バンドワゴン」シリーズ
「カレンダーボーイ」
「COW HOUSE」
「花咲小路四丁目の聖人」
など多数

小路幸也 ツイッター

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。

また読みに来ていただけると嬉しいです。

「き・く・あ」の実践 小林正観

「人は、何歳になっても、どんな立場でも、きっと誰かにほめられたくて生きているのです」

この本はタイトルの「『き・く・あ』の実践」に惹かれて読みました。
「き・く・あ」って何??
副題に「今すぐ幸せになれる方法」も気になるところです。

幸せって??

 

 

 

 

☆天国度100パーセントとはよき仲間に囲まれること
 本当の幸せとは人の間で生きて
 友達や周りの人が温かくて愛情に満ちていて
 自分に対して本当に愛情だけで
 接してくれる状態です。

☆「どこへ」「何を」ではなく「誰と」が大切
 40歳を過ぎたら「どこへ行くか」ではなく「誰と行くか」
 「何を食べるか」ではなく「誰と食べるか」
 「何をしゃべるか」ではなく「誰としゃべるか」
 に切り替えていきましょう。
 自分が一緒にいて幸せと思える、そんな人間関係の人
 4、5人で一緒に旅をすると田んぼのあぜ道でおにぎりを
 食べるだけでも幸せです。

☆どんな状況や環境でも本人が「幸せ」を感じていればそれが「幸せ」
 その人自身の「心」が幸せ・不幸せを決めています。

☆「幸」と「不幸」は一つの時計の振り子
 不幸を知ってこそ幸せを感じます。
 例えば、風邪をひいて何もノドが通らずに寝込んでしまったときに
 少し元気になって食べるおかゆの美味しさです。
 普段元気な時は、おかゆでは物足りなくても
 食べることができない状態(不幸な状態)が続き
 やっと食べることができたときに口に入れたおかゆは
 とても美味しく、また健康であることの
 ありがたさを感じる一瞬です。

☆「今」目の前に存在する一つひとつのことを大事にし、一人ひとりを大事にする
 「念」を入れる
 →「念」は「今の心」と書きます。
 過ぎてしまった過去にクヨクヨせず、
 まだ起きていない未来の現象に心配せず
 最も大事なのは「今」この瞬間です。

時間に追われる生活をしていると
今の瞬間を丁寧に心で念じて
一つひとつに取り組んでいく。
簡単なようで、意識をしないとできません。

四六時中、念を入れるのは難しいので
まずはご飯を作るときに
念を入れる=食べてくれる家族の顔を思い浮かべて
気持ちを込めて作ろうと思います。

あなたは、どの場面に「念」を入れますか?

「き・く・あ」の実践とは

 

 

 

 

「き」=競わない
「く」=比べない
「あ」=争わない

簡単そうに見えて実は難しい「き・く・あ」の実践
普段何気なく過ごしていると、気がつかないうちに
人と競い、比べていませんか?
学校の勉強も仕事も、自分軸ではなく
誰かと、何かと比べて目標を設定してしまっていることが
往々にしてあります。
選んだ結果をすべて受け入れられる人にとってのみ
人生は楽しく展開します。

気が付くと人と比べて嫉妬したり、イライラしたり
している自分に気が付くときがあります。
そんな時には友人が教えてくれた言葉
「比べるのなら昨日(過去)の自分」
を思い出し、羨んだり妬んだりしないように
なりたいです。

 

 

【目次】

 

プロローグ
第1章 人生とは”刹那”を生きること
第2章 謙虚な人が宇宙に好かれる
第3章 「過去寄せて」自由に生きる
第4章 楽しいうれしい「き・く・あ」の実践
第5章 ほめてよく効く言葉の薬
第6章 喜びのある場所に神さまはやってくる
第7章 今、目の前の幸せに気づく
エピローグ 「どうして?」よりも「どう生きるか」

サンマーク出版
199頁

著者 小林正観
1948年東京都生まれ。
中央大学法学部卒
学生時代から人間の存在能力やESP現象
超常現象などに興味を抱き
独自の研究を続ける
心理学博士、教育学博士
社会学博士
著者
「神さまが教えてくれた幸福論」

「この世の悩みがゼロになる」他多数

お金に愛される魔法のお財布 はづき虹映

「お金は『ペイフォワード(先送り)』が原則」

ちょうど財布を買い替えたいなぁと思っていたときに
知人から勧められたのがこの本です。
この本に書いてあることを(少し)参考にしながら
今使っているお財布はネットや店舗で探して巡り合えました。

“お金に愛される魔法のお財布 はづき虹映” の続きを読む

ハーバードの人生を変える授業 タル・ベン・シャハー

「自分は幸せになるために何を実行したか、何を実行しようとしているか」

毎日生活しているなかで、「あ~、今日もなんとなく1日が終わった」
「やりたかったことがあったけど時間が無かった…」
と思ったことはありませんか?

家事と仕事で1日の大半を占めるなか、趣味や副業もしたいけど
見たいテレビもあって、24時間では足りない。
どうすればこの生活を変えることができるだろうか…
と思い手に取った本です。

“ハーバードの人生を変える授業 タル・ベン・シャハー” の続きを読む

パンダ銭湯 tupera tupera

「にてるからきをつけて ! 」

今は見かけることが少なくなった銭湯
あなたの家の近くにはまだありますか?



小さい頃は家にお風呂が無かったので銭湯に行ってました。
友達と一緒に行くとついついふざけて
湯船で泳いで知らないおばさんに怒られたこともありました。

大人になって一人暮らしを始めてからも
しばらくはお風呂がついていないアパートだったので
仕事に行くカバンの中にミニお風呂グッズを持っていて
帰りに銭湯へ毎日行ってました。

サウナが銭湯にもあるようになり
サウナと水風呂を行き来している年上の女性をみて
「かっこいいなぁ、あんな風にサウナを利用したいなぁ」
入ってはみたものの、すぐにギブアップ
出てもしばらくは視界がピンク色に…

お風呂のある家に住むようになってからは
行かなくなりましたが
子どもができ、近くに銭湯があったこともあり
たまに行ってました。

その銭湯には洗い場がある壁が水槽になっていて
大きな鯉が何匹も泳いでいて
当時、子ども達は鯉に目が釘付けでした。

長男は男湯、長女と私は女湯なので上がる前には
「あがるで~」と男湯に向かって声をかけたり
保育園の仲良し家族と一緒に行った時は友人が
「あっ、石鹸がない~、石鹸投げて~」と男湯に向かって叫び
えっ?石鹸が飛んでくる??
と思っていたら、友人の長男が男湯から女湯まで
石鹸を持ってきてくれました。

お風呂から上がってジュースを飲むのも
楽しみのひとつ。
ビンに入ったコーヒー牛乳
いちご牛乳も美味しかったなぁ
子ども達はよくマミーやラムネを飲んでました。


そんな楽しい思い出がたくさんある銭湯
今回の紹介する絵本「パンダ銭湯」
「パンダだけが入れる銭湯」のお話です。


そこにはあきらかにされていなかったパンダの生態が…。
もう目からウロコの展開です。
売っているジュースは「サササイダー」
洗い場にあるリンスは「ささのかほりリンス」
パンダワールド全開です。

お父さんパンダと子どもパンダのやりとりもほっこりします。
たまには銭湯にいってみようかなぁ
って思いますよ。

 

絵本館

著者 tupera tupera
亀山達矢と中川敦子によるユニット
絵本やイラストレーションをはじめ
工作、ワークショップ、舞台美術
アニメーションなど様々な分野で
幅広く活躍している。
NHK Eテレの工作番組
「ノージーのひらめき工房」の
アートディレクションも担当

著書
「しろくまのパンツ」
「かおノート」
「さんかくサンタ」
など