母親に関するネガティブな記憶を手放すワーク

LINEで送る
Pocket

この8日間のワークを始める前に
「自愛度テスト」がありました。
私は自分の事が好きで、
人に褒められなくても
自分で「私って天才!」と声を出して
言っているので、このテストには
自信がありました。

結果は…最低ランクの「自愛初心者」
「自分を愛することを習慣かしましょう。
自分を大切に扱うのです。
思いと言葉の方向を意識してポジティブに
向けてください。
あなたも幸せと成功を手にすることができます」

ショーーーーーーック😱😱😱

そして1つ目のワークに取り組んだのでした。

1日目
母親に関するネガティブな記憶を手放すワーク

母親に関するネガティブな記憶を書いてください。
特に幼少期の記憶を書いてください。
字数は、100字以上で、最後に
「この母親に関するネガティブな記憶を手放します」
と書きます。
これを1日に22回行ってください。


実際に書き出してみると…
当時母は仕事をしていて、私は祖母と過ごすことが多く
母との記憶が殆ど無いのです。
ひねり出して書いたものの22個にはほど遠い8個

書き出して感じたのは
私は母親にかまってもらえなくて寂しかったこと
甘えたかったこと。
母親がどんなふうに小さい頃や若い頃を過ごしたのか
全く知らないこと。

母に抱っこされた記憶も少なく
話をした記憶も無いのです。
私が反抗的な態度を取った時も
私と向き合うのではなく
事実の確認を2つ3つしただけでした。
怒られた記憶もありません。

母の手作りのご飯の記憶は
遠足の前日に握っていたおにぎり
この1日だけです。
「あぁ、これじゃあ自分の子と言えども
愛情はわかないよなぁ」
一緒に暮らしているのに、基本的な世話は
全部祖母に任せていたから、私は母の記憶が
無いのです。

母は自分のことで精一杯だったのかもしれません。
好きな男性が居ても祖母から反対されて
結婚もできない…。
母からみて私は祖母になついていたのでしょう。
自分の幸せを追求することにしたのです。

母は戸籍を動かすことなく
いつの間にか家に帰らなくなりました。
そんな選択で幸せになれたのでしょうか。
戸籍上では生きていることになっていますが
本当にどこかで生きているなら会ってみたい。
これまでのお互いの長い長い話をしてみたい。
そんな風に思います。

次のワークは
父親に関するネガティブな記憶を手放すワーク

自分を愛する教科書~8日間で人生が変わる奇跡のワーク~
河合正実

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください