日本語が世界を平和にするこれだけの理由 金谷武洋

日本語は共感の言葉

日本語の特徴

・発音が簡単
 母音が5つ
 英語は「あ」だけでも発音が多岐にわたる
・主語はいらない
 英語は必ず主語がある
 日本語は主語がなくても通じる
・外来語を柔軟に受け入れる

文法が違う英語をマスターするには?

・声を大きく、あるいは高くしてしゃべる
・リスニングで耳を慣らす
・三角戦術
 単語を書く、恥をかく、汗をかく

何故、日本語が世界を平和にするのか

・日本語は海外で人気がある
 日本語のみならず、日本の文化が人気
 例 : アニメ、浮世絵、相撲、忍者
 日本の文化を学び、知ることで海外の一青話すきっかけになる
 
・日本は「共視」の国
 相手の身になって表現する
 例 : 「何か困っていることはない?」
 相手と同じ方向を見ている
 英語は向かい合っている
 主語が無いことで「敵」と「味方」が共存している。

↑ 共視

【感想】

普段何気なく使っている日本語
あらためて特徴を見ると
なるほどと感じます。

特に英語圏との違いでは
「共視」という概念です。
英語は互いに向かい合っている「私とあなた」
ところが日本語は風景などは一緒に見ている表現がある。
この共視から思い出したエピソードがあります。

川端康成の「雪国」の有名な一文
「トンネルを抜けるとそこは雪国だった」
日本人の私達がこの一文を絵にすると
自分が電車に乗っている状況を描くのですが
英語圏の人たちは、ドローンが撮影したように
上からトンネルを抜ける電車を描くのだそうです。
日本語のみならず日本の文化が
海外から注目されていること。
そういえば、とあるテレビ番組で
海外の方が行きたい国のトップが「日本」だと伝えていました。

アニメやゲーム
浮世絵や相撲、天皇制や忍者など
歴史的な文化から現代に至るまで
様々なものが海外から注目されています。

最近感じるのは
日本語は美しいということ
色の名前や雲や雨の表現など
多岐にわたっています。

本はよく読みますが
実は文豪と言われる作家の作品は
今は殆ど読みません。
あらためて日本語の表現の美しさを感じるために
文豪の小説を読もうと思います📖

蛇足ですが
英語をマスターするには
で思いついたのは
世界の果てまでイッテQの出川哲朗さんの
「はじめてのおつかいinアメリカ」です。
まさに、大きな声で汗をかいてますよね😊

【目次】
第1章 日常表現に秘められた理由
第2章 人名・地名に秘められた理由
第3章 声と視線に秘められた理由
第4章 愛の告白に秘められた理由
第5章 道の聞き方に秘められた理由
第6章 日本語の十大特徴
第7章 英語をマスターするための五つのアドバイス
第8章 だから、日本語が世界を平和にする!

232ページ
飛鳥新社
2018年10月日 初版
文庫本
本体価格 662円
電子書籍あり


著者 金谷武洋
1951年北海道生まれ。
函館ラサール高校から東京大学教養学部卒業。
ラヴァル大学で修士号(言語学)。
モントリオール大学で博士号(言語学)取得。
専門は類型論、日本語教育。
カナダ放送協会国際局などを経て、
2012年までモントリオール大学東アジア研究所日本語科科長を務める。
カナダでの25年にわたる日本語教師の経験から、
日本語の学校文法が、いかに誤謬に満ちているかを訴え、
新しい日本語文法の構築を提唱している

著書
『日本語に主語はいらない 百年の誤謬を正す』
『日本語は亡びない』
『日本語は敬語があって主語がない 「地上の視点」の日本文化論』など