人生は並盛で 小野寺史宜

「とりあえず牛丼でも食うか」by 竹志

たまに行く田村書店には古書コーナーがあります。
行くと必ず立ち寄り心惹かれる本は無いかと探すのです。
この本は題名の「人生は並盛で」と帯に書いてあった
「幸せのどんぶり一丁」に惹かれて購入しました。

太った女子大生日和VS若作りで男好きの恵

恵は4歳になる息子を姑に預けて牛丼屋でパートをしている。
仕事は基本手抜き。
面倒な仕事は理系の女子大学生で太っちょの日和に押し付け
店長が居る時や気に入った若い男性とペアだと、嫌なトイレ掃除も進んでやっちゃう。

恵はバイトの数馬と不倫をしている。
数馬がバイトを辞めることを聞いて、次は周吾かなと次のターゲットを決める恵。

ミスが多い準一が、テキパキと仕事をこなす日和に告白するが断られる。
そのことが面白くない恵は日和に準一から言い寄られるている様なことを話す。
もちろん嘘。
日和も嘘だとわかっているが、自分勝手で仕事も手抜きな恵が許せず
ある計画を実行する。

5年後の約束

竹志はレストランで突然、恋人のすみれに別れ話を切り出す。
突然の別れ話に怒ったすみれは竹志にカクテルをかけて店から出る。

竹志には5年前に別れた「夏」が居た。
お互いに忙しくて、段々会えなくなり別れた。
その時に5年後の23時55分に駅前で会おうと約束して…。
すみれに別れ話を切り出したのはちょうど5年目の約束の日だったのだ。

同じレストランのボーイ京平はワインをお客さんの服にこぼし
皿をよく割る。
そのうえワインをこぼした年上の女性と不倫中。
勤務態度を店長に注意され「皿は割れるものだ」と反論する京平。
態度をあらためない京平に店長はクビを言い渡す。
捨て台詞を吐いて店を出た京平は「モデルガンで店長をいつか撃ってやる」
と心に決める。

竹志が約束の場所に行くが、そこに夏が現れることはなかった。

ひき逃げ事件

夏は誘われて周吾と観覧車に乗っていた。
周吾にしつこく誘われるが夏は断った。
この日、夏は仕事を休んでバイクを走らせ考え事をしていた。
周吾と別れた後、バイクにまたがりまた走り出す。
5年前の約束を思い出しながら…。

同じ日、役所に勤める美哉は大学時代の友人
山野井と須賀と三人でバーで飲んでいた。
当時、美哉は山野井と須賀とも時期は違うがつき合っていた。
今は違う男性と結婚し、こうしてたまに三人で会って飲んでいる。

帰り道、須賀は山野井の車に乗り込み一緒に帰る。
須賀は山野井に200万円の借金を申し込むが断られる。
山野井はアクセルを踏み込みスピードを上げ
あやうく自転車を引きそうになる。
間一髪で自転車が止まったが、次の角でバイクをひいてしまう。
ブレーキをかけなかったのでそのまま逃げる山野井。
須賀は山野井から200万円を借りることができた。

牛丼屋に強盗現る

5年前の約束から1年、竹志はまた約束の時間に駅前にやってきた。
もちろん夏は現れない。
終電を乗り過ごし、行きつけの牛丼屋に入る。
日和と準一がシフトに入っていた。
竹志は日和の働きぶりに好感を持っていた。
節度のある接客と綺麗な盛り方。
そんなことを思っていると、ふらりと入ってきた男がレジカウンターに向かう。

男はナイフを取り出し日和に向かってボソボソと何か言っている。
「あの、これでどうにか…」
「いや何ていうかほら。そのほんとに悪いんだけど」
従業員のバックスペースに通じるドアから京平が銃を手にして出てきた。

【感想】

3つの短編小説です。
全く別の次元で起こっている事が、全てどこかで繋がっている構成に驚きました。

最初の恵の話は年のサバは読むし、若い男に媚びを売るし
仕事はしないのに人の悪口だけは散々言うキャラです。
そのうえ子どもへの愛情は感じられず
「私の人生、こんなんじゃなかった」感満載です。
この小説のどこが幸せのどんぶり一丁なんだろう???
と、途中で読むのを止めようかなと思ったほどです。

2つめの話は、ちょっとした所でこの人とこの人とが繋がってる !?
とそのまま最後まで一気読み。

記憶力がいまひとつの人は登場人物をメモるか、もしくはフセンを貼るのをおススメします。
各小説を飛び越えて人間関係が繋がりますよ。
ひょっとしてこの人は…あの時に出ていたあの人???

日和が恵に対してとった行動は?
ひき逃げ事件や強盗の結末は?
きになった方はぜひ読んでみてください。
最後はちょっとホッコリしました。

【目次】

肉蠅え
そんな一つの環
弱盗


327ページ
実業之日本社文庫
2019年2月15日第1刷発行
本体価格 667円
電子書籍あり


著者 小野寺史宜
1968(昭和43)年、千葉県生れ。
2006 (平成18)年「裏へ走り蹴り込め」でオール讀物新人賞を受賞。
2008年、『ROCKER』でポプラ社小説大賞優秀賞を受賞。

著書
『みつばの郵便屋さん』シリーズ、
『片見里、二代目坊主と草食男子の不器用リベンジ』
『ホケツ!』
『その愛の程度』
『本日も教官なり』
『ひと』などがある。

「家庭教師は知っている」 青柳碧人

「子どもが守られるのは、運によってではいけない」by 原田

休みの日に「面白い本があるかなぁ」と思って
入った書店で出会った本です。
著者の青柳碧人さんは「むかしむかしあるところに死体がありました」
を読んで、発想が面白いと思ったので購入しました。
大好きなミステリー小説だったこともあります。

主な登場人物

原田保典…(株)SCIデュケーション 家庭教師派遣会社主任
沼尻室長…原田の上司
清遠初美…原田の後輩、新人職員
リサ…女子高生、原田の部屋に入り浸っている

気になる家庭を訪れる原田

原田は家庭教師派遣会社の主任。
家庭教師の大学生の面談を行い、気になる家庭を訪問。
虐待の可能性がないか調査する。

以前に虐待の現場を発見し通報した社員の働きをきっかけに
児童相談所から協力を要請される。
会社の上層部は会社のイメージアップもあり
協力を惜しまず、各教室に「訪問担当」を設置する。
原田もその一人。

現場の多くの職員は、この決定に否定的。
原田の上司、沼尻もその一人。
「子どもの勉強以外のプライベートに立ち入られて
嬉しい保護者なんていない。顧客を失う」が自論。

高校生リサの存在

原田の家に入り浸っているリサ。
リサが酔っ払いに絡まれている所を原田に助けられる。
それ以来、原田の家に入り食事を作っている。
原田は家庭訪問先の話をなんとなくリサにし、
リサの何気ない一言でその家の闇に気付くのだった。

原田のトラウマ

大学4回生で卒論を自宅で書いていた時の事。
マンションの2階に原田の部屋から、向かいの家が見える。
昼の3時頃になると男性の怒号が聞こえてくるのだ。

ある日いつもより大きな声が向かいの家から聞こえてくるので
窓を開けると、向かいの家も窓が開いていた。
あざだらけの女の子と目が合う原田。
女の子は父親に引きずられて見えなくなってしまった。
その家には手作り雪だるまの人形があった。
紺色のシルクハットに黄色いマフラー
尖りすぎたニンジンの鼻に赤い二つの目。

原田は次の日から卒論を大学で書くようになった。
少女を助けられなかった負い目が
原田の心を縛り付けていた。

新人職員 清遠初美

以前原田が虐待されている子どもを保護した記事を読み
原田に憧れてSCIデュケーションに就職した初美。
原田に家庭訪問の同行を願いで、食事にも誘う。
単なる憧れだけではなく、原田に好意がある素振りを見せる。

あのぬいぐるみが…

大学生、日比野照之が原田に面談を申し込んできた。
小学年生の博を担当している。
日比野が博の家を訪ねると、女装した博が居た。
自分がトランスジェンダーであることをカミングアウトする。

勉強を見ている時に博の足首に輪をはめた様に赤くなり
所々、かさぶたになっているのに気付く。
傷の事を聞くと博は「いい子じゃなかったから…」
日比野は博が父親から虐待されているのではないかと疑い
原田に打ち明けたのだった。

原田が博の家を訪問すると父親の丈一郎が迎えた。
博の両親は離婚しており、父親との二人暮らし。
丈一郎は博の部屋に案内し、寝相が悪くてベッドから落ちるのを
防ぐために足に手錠をしていると説明される。
その後、丈一郎はスクールカウンセラーで息子の話より
自分の仕事の話を延々と続ける。

原田がふと部屋の飾り暖炉に目を向けると
そこには、あの忌まわしい雪だるまの人形があった。
何故、この家にあの人形が…。
原田の頭は混乱する。

【感想】

本のカバーに大まかなあらすじが載っています。
最後に「驚愕のラストが待ち受ける」の一文があり
どこが驚愕のラストなのか…と予想しながら読みました。

女子高生リサは予想通りでしたが、ラストは本当に
「そこか!? マジか~~~~っ」
青柳さんにやられました。
さすが早稲田大学クイズ研究会OB !!

本書は連作短編集となっています。
4つの家を訪問していくなかで
原田の抱えるトラウマ
女子高生リサとの出会い
新人職員、清遠初美との距離感
などが書かれていて長編としても楽しめます。

この本を書くにあたって、どのような取材をしたのかはわかりませんが
大人のフラストレーションのはけ口が我が子に向かう。
人に知られてはならないこと…悪い事と自覚しているので隠す。
子どもは親を庇う。

ふと思ったのですが、虐待をしている親は他人が家に入られることを
拒むのではないだろうか??
家庭教師を頼むのだろうか??
そんな素朴な疑問が湧きました。

【目次】
鳥籠のある家
逆さ面の家
祖母の多い家
蠅の飛ぶ家
雪だるまのあった家
エピローグ

284ページ
2019年3月25日第1刷発行
集英社文庫
本体価格 620円

著者 青柳碧人
1980(昭和55)年、千葉県生れ。
早稲田大学教育学部卒業。
早稲田大学クイズ研究会OB。
2009(平成21)年、「浜村渚の計算ノート」で「講談社 Birth」小説部門を受賞し、デビュー。
小説執筆だけでなく漫画原作も手がけている。

著書
「浜村渚の計算ノート」シリーズ
「ヘンたて」シリーズ
「朧月市役所妖怪課」シリーズ
「西川麻子は地理が好き。」シリーズ
「ブタカン!」シリーズ
「彩菊あやかし算法帖」シリーズ
「猫河原家の人びと」シリーズ
『むかしむかしあるところに、死体がありました。』など