不良という矜持 下重暁子

LINEで送る
Pocket

「体制から、他人から離れて自分の頭でちゃんと考えるの。それが不良になるってこと」

80代の下重暁子氏が自らを「不良老年」と呼び、その生き方や考え方を書いた1冊です。
目次には「老年」とありますが、書いてある内容は老年だけでなく
私の様な壮年にもこれからの人生を歩むに至っての指南書ともなります。

高齢になると皆同じような色合いや柄の服を着ていることを指摘している一文がありました。
年をとってからこそ、若い時よりおしゃれに気を使うべきとあります。
私の勤務先の高齢者施設でも、皆さん同じような色合いの服を来ています。
服だけ置いてあると「これはどなたの服だろうか???」と名前を確認しないとわからないくらい皆さん同じなのです。
服は家族の方が用意してくださっているのに…。

自分を振り返ると20代の頃と余り変わらない服装をしていることに気づきました(今は50代です)
シャツとジーンズ、冬になるとハイネックとネルシャツ。
いつまでもこんな恰好で良いのだろうか???
と少し不安に思っていましたが、この本を読んで周りからどう思われるのか、
ではなく自分がどう思うのか、感じるのかの方が大切だということを受け取りました。


また下重氏は幼少の頃に結核に罹り一人闘病生活を病院で過ごします。
自分と向き合い、妄想や想像の中で遊ぶ。
妄想や想像をしてきたからこそ、様々な発想が浮かんでくる。
自分とは何か?
自分が納得できる生き方をする。
人に決められるのではなく自分で決める人生を歩む。
そういったことが自然と身についてきたのではないでしょうか。

自分を大切にし、周りに惑わされず孤高に生きる。

私もそんな老年期を迎えられる様に今から人に合わせず「孤高」に生きるの準備をしていきます。

おススメ度
★★★★

年齢に関係なく自分探しをしている方におススメです。

【目次】
はじめに
第一章 不良老年は、自分に「汲めども尽きせぬ興味」を持つ
第二章 不良老年は、「世間の枠」にはまらない
第三章 不良老年は、「飛ぶ覚悟」を持っている
第四章 不良老年は、自分だけの「秘め事」を持っている
第五章 不良老年は、「本物」をとことん追求する
第六章 不良老年は、自分の最期を楽しんで演出する

自由国民社
208ページ
2019年10月27日第1刷発行
本体価格 1100円

著者 下重暁子
1936年生まれ。
早稲田大学教育学部国語文学科卒業後、NHKに入局。
アナウンサーとして活躍後フリーとなり、民法キャスターを経て文筆活動に入る。
丹念な取材をもとにしたノンフィクションから家事や生き方をテーマにしたエッセイ、評論、小説まで幅広い作品群がある。

著書
「家族という病」
「極上の孤独」
「年齢は捨てなさい」
「天邪鬼のすすめ」など

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください