幸せになる百通りの方法 荻原浩

LINEで送る
Pocket

「私も寂しかったのだ。やはり」by 松本

【あらすじ】
松本は会社の転籍を断った結果、解雇となった。
家族に言い出せずに、会社に行くふりをして家を出る。
書店や公園で時間を潰す毎日。
お昼はパン。

妻に真実を言おうとするがタイミングがつかめない。
仕事を辞めて3日目。
元の会社が使うガソリンスタンドが無い、公園を見つけた。
雨をしのげるベンチもあり、おあつらえ向きの隠れ家の様だった。

ある日、コップ酒を飲みながら公園で過ごしていたら雨が降ってきた。
「雨宿り、ご一緒させてもらえませんか」
松本より一回りほど年上で、長めの銀髪を後ろに撫でつけた小柄な男だった。
男は「もしや、会社をリストラされたんじゃないですか」
男もそうだったと打ち明けた。
妻に3年間言えず、その妻も癌で亡くなったと男は告げた。

それから、男とはベンチに手紙を置いてのやりとりが始まった。
『本日は昔の会社の同期会に出席しますので、夜もぞんぶんにお使いください ベンチマン』
松本はベンチマンに必ず返事を書いた。

ベンチマンとのやり取りが続く毎日。
11月に入り風が冷たく感じるようになった。
ロータリーのバス待合用のベンチに座っていると、近くの喫煙所に息子の姿を見かけた。
松本の姿を見つけ近づいてくる息子。
息子とはもう長い間、会話をしていなかった…。
(ベンチマン)

【感想】
短編集です。
あらすじに書いた、リストラされたけど家族にそのことが言えず、毎日会社に行くふりをする松本。
役者を目指していたが劇団がつぶれ、オレオレ詐欺をしている慎之介。
戦国ゲームにハマり、その時々の主人公にハマっていく彼女を持つ敦志。

どの話も自分の周りには居ないけど、どこかには居そうな人たち。
「人って温かいな」と読んだ後に思います。

おススメ度
★★★

【目次】
原発がともす灯の下で
俺だよ、俺。
強もみんなつながっている。
出逢いのジャングル
ベンチマン
歴史がいっぱい
幸せになる百通りの方法

文春文庫
306ページ
2014年8月10日第1刷発行
本体価格 550円
電子書籍あり

著者 荻原浩
1956(昭和31)年、埼玉県生れ。
成城大学経済学部卒。
広告制作会社勤務を経て、フリーのコピーライターに。
1997(平成9)年『オロロ畑でつかまえて』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。
2005年『明日の記憶』で山本周五郎賞を、2014年『二千七百の夏と冬』で山田風太郎賞受賞を、2016年『海の見える理髪店』で直木三十五賞を受賞。

著作
『ハードボイルド・エッグ』
『神様からひと言』
『僕たちの戦争』
『さよならバースディ』
『愛しの座敷わらし』
『ちょいな人々』など多数。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください