すみれ屋敷の罪人 降田天



今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマ「新刊が出るとつい買ってしまう作家」

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時

試聴はこちらから

https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/09/10-2_honskeyclub_20190918.mp3

テーマ「新刊が出るとつい買ってしまう作家」

ラジオネーム ぶるぼん

新刊が出るとつい買ってしまう作家…降田天(ふるたてん)
① 降田天のオススメどころ
必ず騙されるところです。
そしてその騙され方が「やられたー!」とか「そうきたかー!」と思っちゃうんですよね~。

降田天さんを最初に読んだのは2作目の「匿名交叉」(文庫では「彼女はもどらない」に改題)。
この物語はイヤミスなのですが、してやられた感が半端なかったのです。
展開もうまく、文章も引き込まれていき一気読み。

最新作の「偽りの春 神倉駅前交番 狩野雷太の推理」では、帯に「あなたは5回必ず騙される」と書いてあったので、「騙されないぞ」と気合を入れて読んだのにきっちり5回騙されてしまいました。
なんといえばいいのかしら・・・。
騙されてるのに気持ちいいというか。

普段ミステリーをさほど読まない私ですが、降田さんの作品はしっかり買い続けて読んでます。

② イチ押しの作品
3作目の「すみれ屋敷の罪人」です。
1,2作目はイヤミスだったのですが、3作目は美しくも悲しい物語。それまでの降田天さんのイメージが覆りました。表紙の絵がとても美しい点もオススメです。

③ 今、気になっている作家さんが居れば教えてください。
小林由香さんです。
デビュー作の「ジャッジメント」が衝撃的でした。
小林さんの本はとても重いテーマですが、心に突き刺さります。

降田天 プロフィール
降田 天(ふるた てん)は、日本の小説家・推理作家。
萩野 瑛(はぎの えい)と鮎川 颯(あゆかわ そう)が小説を書くために用いている筆名の1つ。
他に鮎川 はぎの(あゆかわ はぎの)、高瀬 ゆのか(たかせ ゆのか)の名義がある。
「女王はかえらない」で第13回このミステリーがすごい! 大賞を受賞

萩野 瑛
1981年9月生まれ。茨城県常陸大宮市出身。女性。
早稲田大学第一文学部総合人文学科卒業。
辞書の編集プロダクション勤務を経て、小説家に転身。
プロット(ストーリーの要約)を担当している

鮎川 颯
1982年3月生まれ。
香川県三豊市三野町出身。女性。
早稲田大学第一文学部総合人文学科卒業。
法律事務所勤務を経て、小説家に転身。
執筆を担当している。
子どもの頃から本を読んだり文章を書いたりするのが好きだった。
大学時代に自分1人で小説を書いていて、小説の執筆の他にやりたいことはない、と思う一方で、自分で書いた作品が面白いとは感じなかった。
そんな中で、書いた小説を萩野に読んでもらうと、彼女から的確なアドバイスを受け、このことが、一緒に活動しようと思うきっかけとなった

「すみれ屋敷の罪人」

戦前の名家・旧紫峰邸の敷地内から発見された白骨死体。
かつての女中や使用人たちが語る、屋敷の主人と三姉妹たちの華やかな生活と、忍び寄る軍靴の響き、突然起きた不穏な事件。
二転三転する証言と嘘、やがて戦時下に埋もれた真実が明らかになっていく。


小林由香
長野県生まれ。
2006年、「全速力おやじ」で第6回伊参(いさま)スタジオ映画祭シナリオ大賞の審査員奨励賞、スタッフ賞を受賞する。
2008年、第1回富士山・河口湖映画祭シナリオコンクールで審査委員長賞を受賞する。
2011年、「ジャッジメント」で第33回小説推理新人賞を受賞する。
2016年、「サイレン」が第69回日本推理作家協会賞の短編部門の候補作に選ばれる。

デビュー作 「ジャッジメント」
大切な人を殺された者は言う。
「犯罪者に復讐してやりたい」と。
凶悪な事件が起きると人々は言う。
「被害者と同じ目に遭わせてやりたい」と。
20××年、凶悪な犯罪が増加する一方の日本で、新しい法律が生まれた。それが「復讐法」だ。
目には目を歯には歯を。この法律は果たして被害者たちを救えるのだろうか?