エンジェルフライト 国際霊柩送還士 佐々涼子

LINEで送る
Pocket

今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマは「私の号泣本」

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時

試聴はこちらから

https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/08/9-3_honsuki-club_20190817.mp3

ラジオネーム きりえ

「エンジェルフライト」佐々涼子 集英社文庫

① この本のオススメどころ
「国際霊柩送還」という仕事をこの本で初めて知りました。
海外で亡くなられた方の遺体を遺族の方に形を整えて届ける仕事を描くノンフィクションです。

亡くなられた方の遺体を迎える遺族の気持ちを考えると涙が止まりませんでした。
特に幼い子供を亡くされた親御さん気持ちは、私にも子供がいるのでよく分かります。
そしてそんな遺族の気持ちに寄りそうように霊柩送還の仕事をされる「エア・ハース」の方々を尊敬します。

② この本との出会い
Facebookのグループで紹介されたレビューが気になっていたところ、レビューを投稿された方が無料プレゼントしてくださるとのことでお送りいただきました。

③ 直近の号泣した出来事
幸せなことに、ここ最近は泣くことなく暮らしていますが、小学6年生の娘の号泣にはたまに付き合います。
「宿題をママが手伝ってくれない」「着たい服がない」など、大人から見たら些細なことで声が枯れるまで泣き叫びます。
悲しければ泣く、イヤな物はイヤという、嬉しければ飛び跳ねる。
本能のままに生きてて羨ましい限りです。

【エンジェルフライト 内容】
外国人が日本で亡くなったら遺体はどうなるのだろう。
日本人が外国で亡くなった場合はどうするのか。
国境を越えて遺体や遺骨を故国へ送り届ける「国際霊柩送還」という仕事があり、エアハース・インターナショナル株式会社は日本初の専門会社である。
エアハースは、二〇〇三年の会社設立以降、スマトラ島沖地震、パキスタン邦人教職員殺害事件、ミャンマーでのフリージャーナリスト殺害事件、アフガニスタンの国際援助団体の職員殺害事件の国際霊柩送還を担当している。
大きな事件、事故では必ずといっていいほど彼らの働きがあるのだが、それが表に出ることはない。
なぜならそれは死を扱う仕事だからだ。
遺族、新入社員、創業者、ドライバー、二代目、そして取材者。
国際霊柩送還に関わるそれぞれの立場から、死とは何か、愛する人を亡くすとはどういうことか、が語られる。


著者佐々涼子
1968年、神奈川県生まれ。
日本語教師を経て、ノンフィクションライターに。
2012年『エンジェルフライト国際霊柩送還士』(集英社)で第10回集英社・開高健ノンフィクション賞を受賞。

著書
『駆け込み寺の男』
『紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている 再生・日本製紙石巻工場』(ともに早川書房)などがある。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください