噛みあわない会話と、ある過去について 辻村深月

LINEで送る
Pocket

「今考えると、お母さんって、その家のルールそのものなんだよね」by スミちゃん

2018年の本屋大賞を受賞した、辻村深月さんの受賞後すぐの短編集です。

【あらすじ】
ヒロちゃんとスミちゃんは同じ小学校の教師。
ヒロちゃんが教師として初めて赴任した小学校にすでに教師としてスミちゃんは居た。
仲良くなってお互いに働く学校が変わっても、お互いの家を行き来する仲だった。
今回、スミちゃんが転勤に伴い引っ越しをすることになり、手伝いにきたのだった。

ヒロちゃんはスミちゃんに担任の母親について相談をしていた。
真面目で子どもにとって良いと思うことは親の権限で行うお母さん。
テレビやゲームを殆どさせず、ジュースもチョコレートも禁止。
「子どもにはちゃんと親には親、子どもは子ども、という考え方を早い段階からわからせてきました」と懇談でも発言する。
悪い人ではなく、真面目で本音で生きている、このお母さんは懇談会で他のお母さん達が建前で話をしているとは、微塵も思っていないのだ。

話を聞いていたスミちゃんは事もなげに言った。
「うーん。まあ、大丈夫じゃない? そういうお母さんはきっとそのうちいなくなるよ」
「―いなくなる?」
「うん、いなくなる。そういう人は絶対変わらないから、だからいなくなってもらうしかないんだよね」

アルバムに貼ってあった成人式の写真から、スミちゃんとお母さんについての話が始まった。
それは、とても信じられない話だった。
―「ママ・はは」より

【感想】
「ママ・はは」はファンタジーというよりホラーに近い感覚でした。
4つの短編が掲載されていますが、どれも「無意識に発した言葉」から時間を経たそれぞれの人間関係が浮き彫りになります。

「そんなつもりはなかった」言葉を発した側の気持ちです。
でも、言われた側は傷つき、いつまでも傷は心の中でかさぶたを作って残っているのです。

あらすじを紹介した「ママ・はは」は母親の立場として読んでドキッとしました。
それが冒頭に書いた「今考えると、お母さんって、その家のルールそのものなんだよね」というフレーズです。

わが家はシングルなので私の意見が絶対でした…子どもが小さい時は。
今、成人した子ども達と高校生の末っ子と一緒に暮らしていますが、もはや私のあいまいなルールは通用しません。
反抗され、言い負かされ、立場が逆転したりします。
勝手に私が判断するのではなく、相談して物事を決める段階なのだ…とようやく気が付きました。
そんな時だったので、この一文には心にグサッと刺さったのです。

どの話もありそうで、直ぐに読めてしまいました。
読んだ後にモヤモヤするか、スッキリするかは自分がどちら側に居たかによるのでは?
言う側の方はモヤモヤ
言われた側の方はスッキリ
…かもしれません。

おススメ度
★★★

【目次】
ナベちゃんのヨメ
パッとしない子
ママ・はは
早穂とゆかり

講談社
206ページ
2018年6月12日第1刷発行
本体価格 1500円
電子書籍あり

著者 辻村深月
1980(昭和55)年生まれ。
千葉大学教育学部卒業。
2004(平成16)年に『冷たい校舎の時は止まる』でメフィスト賞を受賞してデビュー。『ツナグ』で吉川英治文学新人賞を、『鍵のない夢を見る』で直木賞を受賞。

著書
『ぼくのメジャースプーン』
『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』
『オーダーメイド殺人クラブ』
『水底フェスタ』
『盲目的な恋と友情』など。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください