白い犬とワルツを テリー・ケイ



今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマは「あなたの号泣本」

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時

試聴はこちらから

https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/08/9-2_honsuki-kurabuheyokoso_20190807.mp3

かおる文庫のおすすめブックコーナー

北海道在住、ブックコーディネーターのかーるさんが
おススメする本を紹介します。

白い犬とワルツを
テリー・ケイ
新潮社

◎あらすじ
長年つれそった妻に先立たれたサム。
独り暮らしを始めたとき、どこからかやってきた白い犬。
サム以外の目に見えない犬は彼の暮らしに寄り添っていく。
実直な老人の晩年と愛の形を描く美しい小説。


◎みどころ
物語は主人公サムの妻が亡くなるところから始まります。
愛する人をなくす悲しみにくれながらも、子どもたちが父を心配してくれるさまに感謝を覚えるサム。

それでもできる限り自分の力でやっていこうと決めてぎこちない一人暮らしを始めます。
そしてどこからか現れた白い犬がいつのまにか加わり、一人と一匹は淡々と寄り添います。

足腰を痛めて歩行器なしでは歩けないサム。
子どもたちや知人は、そこに不安を感じますが、本人は今できることに淡々とチャレンジしていきます。

歩行器に寄りかかる白い犬とダンスを踊るさまは、年齢や体の限界に縛られる固定概念を壊してくれます。
年取ることや連れ合いを失くすことの寂しさと、人生で作り上げたもの、今あるものへの感謝を感じさせる名作です。

何よりも素晴らしいのは、サムが亡き妻を愛し、子どもや孫たち、周りの人々に愛されていることです。
いつかくる老後、愛に満たされて良かったと思える人生を過ごしたいですね。

2001年のミリオンセラー作品。
東映で映画化
出演: 仲代達矢, 若村麻由美, 南果歩, 藤村志保



著者 テリー・ケイ 81歳
1938年、米国ジョージア州生れ。ウエスト・ジョージア大学からラグレインジュ大学卒。
地元の雑誌に映画や演劇の批評を寄稿したりしたあと、処女作『明りがついた年』を発表し、『白い犬とワルツを』で全米に知られる作家となった。
エモリー大学で創作の指導も行う。現在ジョージア州アセンズに愛妻と住んでいる。