読書は「アウトプット」が99% 藤井孝一

LINEで送る
Pocket

本を読むだけで終わらせるのではなく「使う」という感覚

大きな本屋に行くとビジネス書の「読書術」というコーナーがあります。
私自身「読書の家庭教師」として、読書会を開催しています。
もう一度、初心に帰って「読書」を学ぼうと書店で購入した本の一冊です。

本に付加価値をつける3つのアウトプット

① 話す
◆今日あった出来事を報告するように本の話をする
◆本の内容を思い出し、繰り返し話すことで初めて記憶になる
 ➡ 本の内容は、人に話すことで自分のものになる

② 書く
◆好きなように読書メモを書く
・その本から感じたことや学んだことを書き出していく
・本のエッセンスを感じ取るのに正解も不正解もない。
・自分の感情を基準に考える
・ポイントがどこか自分さえわかっていれば、どんな書き方をしてもよい
◆本のレビューを書く
・アマゾンのレビューを書きこむ
・自分が一読者としてどう感じたか
・「つまらない」と思ったら何がどうつまらなかったのかを書く
・文章を書く練習になる
◆書評を書くポイント
・何が書いてあったか
・そこから何を学んだか
・それをどう活かすか
➡ この3つを柱にしてまとめる

③ 行動する
◆本に書いてあることを一つでもいいので実践する
◆本に載っている「ワーク」を実践する
◆本に載っているサイトやURLにアクセスしてみる

いい本を選ぶコツ

① 目次を見る
・目次を読めば全体像がわかる
・タイトルと内容が合っているか
・章ごとにポイントが明確になっているか
・知りたい情報が書いてあるか

② 著者のプロフィールを見る
・著者の経歴を見る
・どのような成果を残しているのか
・代表作でとんな領域に詳しい人なのかを知る

③ まえがきを見る
・書き手が最も力を入れているのがまえがき
・最初の3行でピンと来るか
・読みてのことを考えて書いているか

【感想】
著者がより伝えたい所は太字で表記してあります。
各章の最後にはまとめが載っているので、この本が勧めている「必要なところを拾い読みする、斜め読み」がしやすくなっています。

書評の書き方や書評のメルマガの書き方が具体的に載っているだけではありません。
おススメの書評メルマガやサイトも載っているので、本選びにも役立つ本です。

人に話すことや文章を書くことが苦手な人は、書いてあることを実践してみる、またはワークをやってみるという所からアウトプットを始めるのもありだなと思いました。
アウトプットの方法を全てやらなやくても、まずは自分ができそうなところから始めて少しずつ広げていく…その具体的な方法が書いてあるので読みやすくわかりやすい本でした。

【こんな人におススメ】
本のアウトプットの仕方がわからない
書評を書いてみたいが書き方がわからない
効率の良い本の読み方を知りたい
本の選び方がわからない

おススメ度
★★★★★

【目次】
はじめに
1章 もっと「本の話」を誰かとしよう
2章 「速読」よりも「乱読」せよ!
3章 読書の最高の「自己投資」にする技術
4章 「お金を稼ぐ人」は、本をこう読む!
5章 私は、こんな本を読んできた

知的生きかた文庫
221ページ
2014年1月10日第1刷発行
本体価格 571円

著者 藤井孝一
1966年生まれ。慶応義塾大学文学部卒業。
・経営コンサルタント(中小企業診断士)
・株式会社アンテレクト取締役会長
独立・起業を目指すビジネスパーソンに対し、ノウハウ提供やアドバイスなど、実践的なサポートを行う。
特に、かつて「副業」と呼ばれていた「在職中から起業する」スタイルを「週末起業」と名付け、その普及に東奔西走する。
この活動を加速させるため、2003年に「週末起業フォーラム」を創設、1万人を超えるビジネスパーソンが学び、独立・開業を果たす。
さらに、ビジネスパーソンの自立を、教育コンテンツ、パートナーシップ、インフラの面からも支援するために、株式会社アンテレクトを創設、経営を行っている。

著書
『週末起業』
『ビジネススキル大全』
『お金を稼ぐ勉強法』など多数

藤井孝一 オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください