「星守る犬」「続・星守る犬」 村上たかし

今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマは「あなたの号泣本」

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時

試聴はこちらからできます。

https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/08/9-1_honsuki-kurabuheyokoso_20190807.mp3


ラジオネーム deki
村上たかし 「星守る犬」「続・星守る犬」双葉社 

① この本のおススメどころ
「星守る犬」だけ読むと救われないんですよ。
ぜひ「続・星守る犬」まで読んでいただきたいです。
この本を読むと思います。
犬は飼い主を裏切らないということを。

犬を飼ってるひと。
今まで犬を飼ってたひと。
これから犬を飼いたいひと。
現在過去未来全ての犬に関わる人に読んでもらいたいです。

②この本との出会い
出会いは偶然です。
村上たかしさんの本を勧めてる方のFacebookを見てこの本のことを知りました。

③最近、号泣したできこと
僕は涙腺ゆるいんでテレビでも号泣するんですが…
やっぱりこのマンガを読んで号泣ですね。

【補足】
漫画アクションにて連載されていたマンガです。
2011年には西田敏行主演で映画化されました。

映画「星守る犬」予告編
https://www.youtube.com/watch?v=yhPgojcOd1M

平成20年度第12回文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査委員会推薦作品です。
他に雑誌『ダ・ヴィンチ』における「ダ・ヴィンチ ブック・オブ・ザ・イヤー(BOOK OF THE YEAR)2009」の「泣ける本ランキング」と「読者が選ぶプラチナ本」の二部門で共に第1位を受賞しました。

【あらすじ】
小学生の女の子「みくちゃん」によって拾われ、「おとうさん」の家の飼い犬となった「ハッピー」の視点で描かれている物語です。

「続・星守る犬」は『星守る犬』の正統続編。
「泣けた本第1位」など多数受賞しヒット、2011年6月には映画が公開される同作の続編となる本作は、漫画アクション掲載の続編2本を大幅加筆・修正、そして単行本のための新たな描き下ろし続編一本を収録です。
第1作と対を成す“生”そして“救い”をテーマにしたもうひとつの『星守る犬』

著者 村上たかし
1965年大阪府生まれ。京都大学経済学部中退。代表作に『ナマケモノが見てた』『ぱじ』『はりもぐハーリー』『ぎんなん』『ほんまでっせお客さん』他多数。