エンジェルフライト 国際霊柩送還士 佐々涼子



今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマは「私の号泣本」

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時

試聴はこちらから

https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/08/9-3_honsuki-club_20190817.mp3



ラジオネーム きりえ

「エンジェルフライト」佐々涼子 集英社文庫

① この本のオススメどころ
「国際霊柩送還」という仕事をこの本で初めて知りました。
海外で亡くなられた方の遺体を遺族の方に形を整えて届ける仕事を描くノンフィクションです。

亡くなられた方の遺体を迎える遺族の気持ちを考えると涙が止まりませんでした。
特に幼い子供を亡くされた親御さん気持ちは、私にも子供がいるのでよく分かります。
そしてそんな遺族の気持ちに寄りそうように霊柩送還の仕事をされる「エア・ハース」の方々を尊敬します。

② この本との出会い
Facebookのグループで紹介されたレビューが気になっていたところ、レビューを投稿された方が無料プレゼントしてくださるとのことでお送りいただきました。

③ 直近の号泣した出来事
幸せなことに、ここ最近は泣くことなく暮らしていますが、小学6年生の娘の号泣にはたまに付き合います。
「宿題をママが手伝ってくれない」「着たい服がない」など、大人から見たら些細なことで声が枯れるまで泣き叫びます。
悲しければ泣く、イヤな物はイヤという、嬉しければ飛び跳ねる。
本能のままに生きてて羨ましい限りです。

【エンジェルフライト 内容】
外国人が日本で亡くなったら遺体はどうなるのだろう。
日本人が外国で亡くなった場合はどうするのか。
国境を越えて遺体や遺骨を故国へ送り届ける「国際霊柩送還」という仕事があり、エアハース・インターナショナル株式会社は日本初の専門会社である。
エアハースは、二〇〇三年の会社設立以降、スマトラ島沖地震、パキスタン邦人教職員殺害事件、ミャンマーでのフリージャーナリスト殺害事件、アフガニスタンの国際援助団体の職員殺害事件の国際霊柩送還を担当している。
大きな事件、事故では必ずといっていいほど彼らの働きがあるのだが、それが表に出ることはない。
なぜならそれは死を扱う仕事だからだ。
遺族、新入社員、創業者、ドライバー、二代目、そして取材者。
国際霊柩送還に関わるそれぞれの立場から、死とは何か、愛する人を亡くすとはどういうことか、が語られる。


著者佐々涼子
1968年、神奈川県生まれ。
日本語教師を経て、ノンフィクションライターに。
2012年『エンジェルフライト国際霊柩送還士』(集英社)で第10回集英社・開高健ノンフィクション賞を受賞。

著書
『駆け込み寺の男』
『紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている 再生・日本製紙石巻工場』(ともに早川書房)などがある。

宇宙兄弟 小山宙哉



今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマは「私の号泣本」

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時

試聴はこちらから

https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/08/9-3_honsuki-club_20190817.mp3


ラジオネーム 大乃国のぶお

小山宙哉 宇宙兄弟 講談社コミック

まずは号泣について。
昔から大声をあげて泣くことを指しますが、近年、声を押し殺して涙がこらえ切れずに泣くことも号泣のイメージとなってます。

①この本のおススメどころ
主人公難波ムッタ。
自分も認める超ネガティブ男。
そして弟ヒビト。
兄が羨む超ポジティブ男。
そんな二人を軸に物語は進む。兄弟の幼き頃からの夢に向かって。

夢に向かう話は楽しい。
ただこの作品の良さはそこにだけあるのではない。
言葉にあります。
名言という言葉は使いたくないけど、たくさんあります。
言葉だけ聞いてもわからない、その前の行動とセットで初めてなことも。
だからこそか、その行動に揺さぶられ、次の言葉でごっそり感情を崩されてしまうのです。電車で読んでるのに、周りを憚らず、ドドーっと涙が流れ落ちる、そんな危険な作品です。

ネタバレを一つ。
ある女性が病で体の自由を奪われていく。
できたことができなくなる。
好きだったことも諦めねば。
そんなとき、なんば兄弟はその諦めに寄り添うのではなく、あるプレゼントをする。
そばにいる女性が漏らす。
「この兄弟はすごい。」
宇宙兄弟は私にとって大事な作品です。

②この本との出会い
初読みの漫画家、たまたま書店で見かけて、犬のイラストが可愛かった。
それくらいです。
前評判は聞いてませんでしたね。

③ 直近の号泣したできごと
号泣ではないけど。
会社でご近所さんとの懇親会である焼肉大会。
顔見知りではない方の隣に行ったとき、椅子に杖をかけられているのを見かけました。
持ち手の部分がきれいな模様で、そこにフックがついてるのですが、フックの柄がうさぎのイラストでした。
とっても可愛らしいけど。
見ず知らずの関係、ましてや男な私。
杖を話題にするのもいかがなものか?と思い、そのままにしてたんですけど、終わりかけの頃につい声掛けしてしまいました。
「可愛いがらの杖やね。」と。
するとその方はにっこり笑って、この人のプレゼントなの、と隣の方を示しながら教えてくださる。
プレゼントをされたご婦人は照れくさそうになんだかんだと教えてくださいました。
数年前の小さな好意。
それをベストのタイミングで触れることができたかなぁ、自己満足するのでした。

実は、杖を褒めるエピソードは宇宙兄弟から。
背中を押してくれたのです。

【あらすじ】
兄は、優秀だが自分の能力を信じられず、ネガティブ思考に陥りがちな青年・ムッタ。
ムッタは失業という挫折のさなか、幼い頃に弟と誓い合った夢を取り戻し、「宇宙飛行士になる」という夢をすでに叶えていた弟・ヒビトの後を追い始める。
弟の背を追う形で、数々の困難を乗り越えて、宇宙飛行士になったムッタ。

ヒビトは日本人初のムーンウォーカーになるも、宇宙飛行士になってからはじめての大きな挫折を経験し兄をはじめとする周囲の人に支えられて、必死に乗り越える。

「俺らは生きて、二人で月面に立とうぜ」
兄は先に行く弟に導かれ、弟が立ち止まった時には兄が優しく背中を押し、二人は「夢の続き」に向かって走り続ける。

著者 小山宙哉
1978年京都府生まれ大阪市立デザイン教育研究所卒。
デザイン会社のサラリーマンを経て、『モーニング』に持ち込みをした『ジジジイ』で第14回MANGA OPEN審査委員賞(わたせせいぞう賞)受賞。
『劇団JET’S』で第15回MANGA OPEN大賞受賞。
2007年12月からモーニングで連載している『宇宙兄弟』は初の週刊連載作品。
この作品で2010年(平成22年)の第56回小学館漫画賞一般向け部門、2011年(平成23年)の第35回講談社漫画賞一般部門、2014年(平成26年)の手塚治虫文化賞読者賞を受賞している。

噛みあわない会話と、ある過去について 辻村深月

「今考えると、お母さんって、その家のルールそのものなんだよね」by スミちゃん

2018年の本屋大賞を受賞した、辻村深月さんの受賞後すぐの短編集です。

【あらすじ】
ヒロちゃんとスミちゃんは同じ小学校の教師。
ヒロちゃんが教師として初めて赴任した小学校にすでに教師としてスミちゃんは居た。
仲良くなってお互いに働く学校が変わっても、お互いの家を行き来する仲だった。
今回、スミちゃんが転勤に伴い引っ越しをすることになり、手伝いにきたのだった。

ヒロちゃんはスミちゃんに担任の母親について相談をしていた。
真面目で子どもにとって良いと思うことは親の権限で行うお母さん。
テレビやゲームを殆どさせず、ジュースもチョコレートも禁止。
「子どもにはちゃんと親には親、子どもは子ども、という考え方を早い段階からわからせてきました」と懇談でも発言する。
悪い人ではなく、真面目で本音で生きている、このお母さんは懇談会で他のお母さん達が建前で話をしているとは、微塵も思っていないのだ。

話を聞いていたスミちゃんは事もなげに言った。
「うーん。まあ、大丈夫じゃない? そういうお母さんはきっとそのうちいなくなるよ」
「―いなくなる?」
「うん、いなくなる。そういう人は絶対変わらないから、だからいなくなってもらうしかないんだよね」

アルバムに貼ってあった成人式の写真から、スミちゃんとお母さんについての話が始まった。
それは、とても信じられない話だった。
―「ママ・はは」より

【感想】
「ママ・はは」はファンタジーというよりホラーに近い感覚でした。
4つの短編が掲載されていますが、どれも「無意識に発した言葉」から時間を経たそれぞれの人間関係が浮き彫りになります。

「そんなつもりはなかった」言葉を発した側の気持ちです。
でも、言われた側は傷つき、いつまでも傷は心の中でかさぶたを作って残っているのです。

あらすじを紹介した「ママ・はは」は母親の立場として読んでドキッとしました。
それが冒頭に書いた「今考えると、お母さんって、その家のルールそのものなんだよね」というフレーズです。

わが家はシングルなので私の意見が絶対でした…子どもが小さい時は。
今、成人した子ども達と高校生の末っ子と一緒に暮らしていますが、もはや私のあいまいなルールは通用しません。
反抗され、言い負かされ、立場が逆転したりします。
勝手に私が判断するのではなく、相談して物事を決める段階なのだ…とようやく気が付きました。
そんな時だったので、この一文には心にグサッと刺さったのです。

どの話もありそうで、直ぐに読めてしまいました。
読んだ後にモヤモヤするか、スッキリするかは自分がどちら側に居たかによるのでは?
言う側の方はモヤモヤ
言われた側の方はスッキリ
…かもしれません。

おススメ度
★★★

【目次】
ナベちゃんのヨメ
パッとしない子
ママ・はは
早穂とゆかり

講談社
206ページ
2018年6月12日第1刷発行
本体価格 1500円
電子書籍あり

著者 辻村深月
1980(昭和55)年生まれ。
千葉大学教育学部卒業。
2004(平成16)年に『冷たい校舎の時は止まる』でメフィスト賞を受賞してデビュー。『ツナグ』で吉川英治文学新人賞を、『鍵のない夢を見る』で直木賞を受賞。

著書
『ぼくのメジャースプーン』
『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』
『オーダーメイド殺人クラブ』
『水底フェスタ』
『盲目的な恋と友情』など。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

知の越境法 「質問力」を磨く 池上彰

「前の壁を越えるのではなく、隣へ越境する」

元NHK記者でフリージャーナリストの池上彰氏の著書。
複雑なニュースを小学生にも分かるように、噛み砕く語り口で好評な池上氏のヒストリーが詰まっている1冊。

自分にとって異なる文化と接することで自分を活性化できる「越境のススメ」

こどもの視点に戻るクセをつける

相手に答えてもらいやすい質問の仕方
◆素朴な質問を恐れない
知ったかぶりをせずに、こどものように知らないことは知らないと聞く。
◆質問中にメモをみない
メモがあると、それに引きずられて、相手の言葉に素直に反応することができなくなる可能性がある
◆事前に相手に関する書籍を読んでおく
・事前に準備できることがあればしておくのが、相手への礼儀
・資料を読むことで質問の内容も変わる
◆想定外の質問をする
こどもがするような素朴な質問をすることで、思った以上の話を引き出すことができる
◆人をダシに使う
自分の意見を前面に出すと、「考えが違うから」と話が進まなかったり、質問者に同調するだけの答えになりやすい
→「これについては、こういう意見の人がいますが、どうですか?」と聞く◆「リスペクト光線」をだす
相手を高く評価している、その気持ちを目に込めて相手に接する


oldtakasuさんによる写真ACからの写真 

「すぐに役に立たない」ことは「いずれ役に立つ」

越境のメリット
◆知らないことを知る
・自分が物を知らないと思えば、人に尋ねるのも恥ずかしくなくなる
・新しい知に出会うことができる
◆知らないことを知って停滞を破る
・自分の足りないものを点検し補う
◆離れているものどうしに共通点を見出す
・置き換えの技を使う
→難しい話になるとすぐに、これを他に例えるとどうなるだろうと考えてわかりやすい表現を考える
◆知らないことを知ることで多数の視点を持つ、自分を相対化する
・多角的な視点を持つことは大事だが面倒くさい
→新聞や総合雑誌を読む
・フェイクニュースに惑わされない
現状を脱し新天地に飛び込むことで仕事の幅を広げることができ、人を自由にすることを可能にする

【感想】
多くの学びがある本でした。
所属部署が変わるたびに関連する分野を勉強する姿勢が今の池上氏を作っていると感じました。

池上氏がNHK時代に地方の社会部から警視庁捜査一課の担当になり法医学を学びます。
記者からキャスターになる事で発声を学び、「週刊こどもニュース」を担当することでニュースをわかりやすく伝える人として認識され、フリーになった時に民放から引っ張りだことなります。

元々は記者なので文章を書くのは本業、本の執筆も声がかかります。
人生の経験でムダなものはないと確信を持ちました。

「心に残ったフレーズ」
・人の話を聞くときは相手と斜め45度になるように座る
・アウトプットを意識したインプット
・アイスブレイクで事前にコミュニケーションを取る

おススメ度
★★★★★
今の自分に煮詰まっている人
何か新しいことをしようと思っている人
職場で異動が決まった人
池上彰氏に興味がある人
におススメです

【目次】
はじめに
第1章 「越境する人間」の時代
第2章 私はこうして越境してきた
第3章 リベラルアーツは越境を誘う
第4章 異境へ、未知の人へ
第5章 「越境」の醍醐味
第6章 越境のための質問力を磨く
終章   越境=左遷論
おわりに

光文社文庫
257ページ
2018年6月20日第1刷発行
本体価格 800円
電子書籍あり

著者 池上彰
1950(昭和25)年、長野県生まれ。
ジャーナリスト。
東京工業大学教授。
慶應大学経済学部卒業後、NHK入局。
報道記者や番組キャスターなどを務め、2005年に独立。
2013年、伊丹十三賞受賞。

著書
『伝える力』
『おとなの教養』
『日銀を知れば経済がわかる』ほか著作多数。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

ワンショットワンキル 警視庁特官 松浪和夫

「巨大な資金力と権力をものにしている」by 白山

【あらすじ】
捜査一課の刑事、梶原は同僚の白山と歩いている時に衝突音と女性の悲鳴を聞く。
声のする方に行くと、女性が壁と車の間に挟まれていた。

梶原はすぐに管理人室に行き、防犯カメラの映像を見ると
女性に暴行する黒っぽい人影を確認する。
さらに遡って防犯カメラを見ると、スポーツキャップを被り濃紺のウインドブレーカーを着、ショートカットの髪が確認された。
ここに来るまでに梶原がすれ違った女だった。

女を追いタクシーに乗ったところを他の防犯カメラで確認し、車で追跡する。
女を見つけウインドブレーカーの裾を掴むが、勢いよく弾き飛ばされる。
女は銃身とストックを切り詰めたショットガンを持っていたのだ。
梶原と女はお互いに銃を向け対峙するが、梶原は引き金を引くことができなかった。

女は近くに止まっていたバスをハイジャックする。
大学のグラウンドにバスは停まった。
要求はただ一つ「都議会議員の佐久保昭を呼んで」

捜査本部は都議会に問い合わせると同時に機動隊随一の射撃の名手、清水を配置させる。
清水は犯人だった先輩を射殺した事件で、PTSDに苦しんでいる最中だった。
梶原は止めるが命令だからといつでも狙えるように待機する清水。

ハイジャック犯の女…河上幸恵は何故、佐久を呼びつけたのか?
果たして佐久はやってくるのか?
事件の行方は…。

【感想】
一度追いつめた犯人を逃がしてしまった梶原は、そのことを何度も悔います。
そのシーンが出てくると「わかったわかったもういいって」と感じました。
どうも私は苦悶は心の中に押しとどめて、ひたすら犯人を追う刑事が好きなようです(笑)

警察小説にありがちな、突っ走ってしまう刑事にその相棒で冷静な判断力を持つ部下。
突っ走る刑事に反発する上司に擁護する上司。
本当によくあるパターンなのに、ドラマを見るがごとくどっぷりとハマって読みました。

方法論と事件が起こるまでの経過には残念な気持ちがありますが、幸恵の動機は理解できました。
PTSDの清水は射撃しなければならないのか…。
手に汗にぎる展開で一気読みでした。

おススメ度
★★★★

徳間文庫
442ページ
2019年1月15日第1刷発行
本体価格 730円
電子書籍あり

著者 松浪和夫
1965年、福島県生まれ。福島大学経済学部卒業後、地元の銀行に勤務。
’89年退行後、文筆活動に入る。
92年、『エノラゲイ撃墜指令』(新潮社)が日本推理サスペンス大賞佳作となる。著書
『摘出』
『非常線』
『核の柩』
『刑事魂』(『刑事魂』は文庫化にあたり、『警官魂』に改題)
『導火線』
『警視庁特捜官魔弾』

警視庁特殺 使徒の刻印 吉田恭教

「なぁ、頼むよ。お前にしか頼めないんだ」by 有働

【あらすじ】
主人公の佐倉智孝は捜査一課第四強行犯捜査第八係の来生班、特殊殺人捜査班、略して「特殺」に所属している刑事。
通常刑事は二人一組で行動するが、佐倉は単独行動の常習犯。
これまで何度も手柄をたてるが処分もされている。

早朝に班長の来生から電話がかかる。
現場に行くと真っ黒になった焼死体があった。
左手首に手錠がはめられ、左手はセメントで固められていた。
右手のそばには鋸。

検死の結果、上下の唇は針金で縫い合わされ、口の中には布が押し込められているこ
とがわかった。
犯人は被害者が完全に声が出ないようにしていたのだ。

一匹狼の佐倉は元同僚で犯罪ジャーナリストの有働と連絡を取り合い、事件の詳細を伝えていた。

事件から約2週間後。
火事現場から火だるまになった男が出てきた。
左手首が無く口を針金で縫い合わされていた。
現場にはセメントで固められた左手と手錠、鋸が発見される。
被害者は自分で左手首を鋸で切り落とし出てきたのだ。
背中には「APOSTLE」の文字が刻印されていた。

二人目の被害者のDNAが10年前に行方不明になった佐倉の妹の車から検出された体液と一致する。
この時点で佐倉は捜査から外され資料室への出勤となった。
ここから佐倉と有働とで捜査が始まる。

【感想】
プロローグに佐倉の妹がライフセーバーとして一人の少年を助ける場面があります。
読み始めると、このプロローグは何?
と、思うのですが実はこの一件が事件と大きく関わっていることが徐々に明らかになります。

実際には刑事の単独行動プラス元刑事でジャーナリストとのコンビはあり得ないのですが、そのあり得なさがストーリーを面白く引き立てています。
あらすじには書いていませんが、もう一人元刑事の木下が出てきます。
木下の甥っ子でパチンコ(ワンピースのウソップ愛用)が得意な優斗。
この4人で「サイコパス課シリーズ」になるのでは???

佐倉の妹の件はちょっとこじつけてるなぁ…といった感がぬぐえませんでした。

おススメ度
★★★

KADOKAWA
346ページ
2019年5月25日第1刷発行
本体価格 680円
電子書籍あり

著者 吉田恭教
1960年佐賀県生まれ
作家。
島根県在住。
漁師のかたわら執筆活動を行う。
2011年 「変若水」で島田荘司選第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞優秀作を受賞しデビュー。

著書
「背律」
「可視える」
「ネメシスの契約」
「堕天使の秤」など

吉田恭教 ツイッター