色彩 阿佐元明

「仕事が片付いたら、俺の家へ夕飯を食べに来ないか」by 千秋

第35回太宰治賞 受賞作の小説です。

「太宰治賞」
三鷹市と筑摩書房が共同で主催する公募新人文学賞である。
第1回から第14回までは筑摩書房のみで行っていたが業績悪化に伴い休止、太宰治没50年の1999年より現在の形となり、年1回発表されている。
受賞は選考委員の合議によって決定され、受賞者には正賞として記念品、副賞として100万円(2008年実績)が授与される。
選考委員は加藤典洋・荒川洋治・奥泉光・中島京子の4名。
締め切りは12月10日。

Wikipediaより引用

【あらすじ】
千秋は元ボクサー。
目を悪くしてボクシングは辞めて幼なじみの高俊に誘われ、塗装業の親方の元、三人で現場を回っていた。

隣町にあった同業者が廃業し、仕事が忙しくなったためもう一人雇うことになった。
求人を出してしばらくして、細くて頭の形になでつけた短髪の豆電球の様な青年。
名は加賀。
加賀は芸術の専門学校で油絵を専攻していたが、就職はしていなかった。

長く三人だったので、新しく加賀が入るために車を掃除し机を配置して迎えた。
加賀は塗装のスジがよく、塗りむらがない。
丁寧な仕事ぶりに三人とも加賀の動きに見入っていた。
歓迎会をすると、加賀はジョッキに入った酒を飲んではトイレで吐くのを繰り返した。

千秋は結婚していてもうすぐ父親になる。
千秋の妻、亜佐美は千秋が話す加賀の様子に興味を持ったようだ。
「家に呼んで夕飯をご馳走しよう」という亜佐美に千秋はすんなり同意しなかった。
親方や高俊も加賀には好意的だ。
なんとなく千秋は面白くなかった。
つい、加賀に強くあたってしまう千秋。

千秋、高俊、加賀の三人で、注文を受けた仕事を丁寧に仕上げていく。
ある会社の社長から「倉庫の壁に空の絵を描いてくれ」という仕事が入った。
加賀は壁を眺めて微動だにしない。
この仕事は加賀が中心に始まった…。

【感想】
静かな作品です。
加賀が仕事を通じて成長していく姿が淡々と描かれています。
そんな加賀を見ながら、焦りを感じる千秋。
千秋の心の葛藤も丁寧に描かれています。

半径4kmほどの中で起こる、親子の関係や夫婦の関係、同僚の関係。
焦り、戸惑い、同情など人が生きていると感じる負の感情を
「ああ、そういう気持ちわかる」と読んでいて感じました。

おススメ度
★★★★

筑摩書房
221ページ
2019年9月18日第1刷発行
本体価格 1500円

著者 阿佐元明
東京都出身、在住。
1974年生まれ、44歳、男性。

40代からの「太らない体」のつくり方 満尾正

「太らない体は長生きする体」

平均寿命が伸びてきて人生100年時代と囁かれています。
著者の満尾正氏は内側からのアンチエイジング治療をされている専門医です。
満尾氏の著書から健康で太らない体を作るコツを紹介します。

老廃物をきちんと排出する

排便、排尿、発汗、呼気(吐く息)は、老廃物や有害物を取り除く「体内そうじ」の手段です。
排泄機能を高めることは健康維持に重要な役割を果たしています。

消化器のリセットをする

小腸、肝臓、すい臓などの消化器は栄養素を吸収する大事な役割があります。
3回の食事だけでなく、間食が多ければ消化器は休みなく働き負担が大きくなります。
・間食をやめる
・食事の間隔を十分にあける(理想は6時間)
・発酵食品(みそ、納豆、漬物、ヨーグルトなど)や食物繊維(野菜、いも、きのこ、海藻など)を多く摂る
➡ 排泄の機能を高める

汗をかく

体の中に有害物質(水銀、鉛、カドミウムなど)が溜まると活性酸素が大量発生し、体の酸化を進行させます。
汗をかくことによってこれらの有害物質を排出することができます。
・有酸素運動
・軽い筋力トレーニング
・低温サウナ
・岩盤浴
・半身浴

注) 高温サウナで汗をかいて水風呂に入るのを繰り返すと、心臓や血管などの循環器に大きな負担がかかっています。
その後の冷えたビールはもってのほか!!

ゆっくりじっくり体の奥から温めて発汗させましょう。
水分を十分に補給して、無理に長時間入らないように。

抗酸化物質を摂って体の錆に対抗する

抗酸化物質とは活性酸素を取り除き、酸化の働きを抑える物質のことです。
活性酸素は微量であれば人体に有用な働きをしますが、大量に生成されると過酸化脂質を作り出し、動脈硬化・がん・老化・免疫機能の低下などを引き起こします。
(厚生労働省 eーヘルスネットより引用)

抗酸化物質を多く含む食品
・ベータカロチン…にんじん、かぼちゃ、ほうれん草など
・ビタミンC…レモン、ミカン、ブロッコリー、コマツナなど
・ビタミンE…アーモンド、ほうれん草、かぼちゃ、イワシなど
・ポリフェノール…ブルーベリー、ココア、緑茶、リンゴ、大豆など
・フラボノイド…レタス、春菊、玉ねぎ、大豆、緑茶など

太らない体を作る食生活

「糖」は体の大切なエネルギーですが、摂りすぎると「糖化」という悪い作用が過剰に働きます。
血管に糖化+酸化で動脈硬化が発生しやすくなります。
皮膚のコラーゲンが糖化すると、肌の弾力が無くなり一気に老けた印象になります。

糖化防止の食生活

・一気に大量に食べない
 1回の食事時間は最低でも20分を目安にしましょう。
 食事に時間をかけると食事中に満腹サインを受け取ることができます。
 (糖が血液で脳に運ばれ、満腹のサインが出るまでに約20分かかります)


・十分に時間を置いて食べる
 6時間おきに3食をとるのが理想です。
 寝る3時間前には夕食を終えて、少し空腹感を覚えて寝ましょう。

・糖質の多い食材はたくさん食べない
 穀類、イモ類、甘いものは食べる量に気を付けましょう。
 

若返りホルモンDHEAの分泌を促す

DHEAは男性ホルモンの材料です。
男性ホルモンは筋肉量や筋力の維持に関わっています。
男性ホルモンの減少が続くと、筋肉がやせてお腹周りの脂肪が増えやすい体型になってしまいます。

DHEAとは

・DHEAは「デヒドロエビアンドロステロン」というホルモン
・男性ホルモンや女性ホルモンに材料になる
・筋力、免疫力、意欲、行動力の維持
・骨粗しょう症の予防

DHEAの血中濃度が下がると出る3つの症状

・筋肉量、筋力が低下する
・免疫力が低下する
・意欲が低下する

DHEAのレベルを維持する4つの習慣

・良い睡眠を確保する
・寝る前には糖質やアルコールを過度にとらない
・軽い運動をする
・血液中のDHEAレベルを維持する

軽い運動をする

太らない体を作る習慣で始めたいのが軽い運動です。
この本では
「有酸素運動」
「筋力トレーニング」
「ストレッチ」
を紹介しています。

有酸素運動

・酸素を体に取り込み、体内の糖質や脂肪をエネルギーとして消費する運動
・有酸素運動によって全身持久力が高まる
・もっとも手軽で効果的なのは「歩く」
・1日10分を細切れ3回、週4回
・1分間100メートルのペースで続ける

筋力トレーニング

・基礎代謝量を増やすのに効果的
・若返りホルモンDHEAの分泌をよくする
・成長ホルモンの分泌もよくする
・軽い簡単なトレーニングを続ける
・脚を鍛えるスクワット
・腕を鍛える膝つき腕立て伏せ
・お尻を鍛えるバックキック

ストレッチ

・ストレッチでゆっくり筋肉を伸ばす
・有酸素運動や筋肉トレーニングの前後にもストレッチは欠かせない
・事前のストレッチは体を温め、筋肉や関節をほぐす
・事後のストレッチは筋肉の血流をよくして、疲労回復を早める
・反動をつけずに20秒以上かけてゆっくり伸ばす
・伸ばす筋肉や部位を意識して行う
・痛みがなく、気持ちがよい程度に伸ばす
・呼吸を止めずにゆっくりと深い呼吸をしながら行う

まとめ

太らない体になるためには
◆老廃物を排泄する
 間食をやめて食事と食事の間を6時間あけて排泄の機能を高める
 汗をかく
 抗酸化物質を摂る
◆糖化防止の食生活をする
 時間をかけて食べる
 十分に時間をあけて食べる
 糖質の多い食材を食べ過ぎない
◆若返りホルモンDHEAの分泌を促す
 DHEAの分泌は筋力、免疫力、意欲に関係する
 良い睡眠をとり、寝る前に糖質を摂らず、軽い運動をする
◆軽い運動をする
 有酸素運動、筋トレ、ストレッチ

【感想】
この本は文庫本でも出ているのですが、単行本の方がカラーで図もたくさんあるので、よりわかりやすくなっています。
実は単行本の方が値段も安いのでこちらがおススメです。

食事の摂り方などは本によっては、こまめにちょこちょこ食べる
といった方法を勧めているものもあるので、自分のライフスタイルにあった食べ方が良いでしょう。

老化度のチェックシートもあるので、まずは自分の老化度を知り、運動や食事もできるところから無理なく初めていくのがおススメです。

なんども「続ける」という言葉が出てきました。
続けるための工夫が必要です。

【目次】
1章 あなたの人生、今日からの「1週間」が勝負です!
2章 すぐ効く! 太らない「歩き方」「体の動かし方」
3章 脂肪・贅肉を一気に捨てる「体の大掃除」
4章 忙しい人・疲れやすい人「熟睡・快眠のコツ」
5章 「体にいいこと」だけをやりなさい!

三笠書房
127ページ
2014年1月20日第1刷発行
本体価格 552円
電子書籍あり

著者 満尾正
満尾クリニック院長/日本キレーション協会代表/米国先端医療学会理事/日本抗加齢医学会理事(2015年‐2017年)/医学博士。
1957年横浜生まれ。
北海道大学医学部卒業後、内科研修を経て杏林大学救急医学教室講師として救急救命医療に従事。
ハーバード大学外科代謝栄養研究室研究員、救急振興財団東京研修所主任教授を経た後、日本で初めてのアンチエイジング専門病院「満尾クリニック」を開設。
米国アンチエイジング学会(A4M)認定医(日本人初)、米国先端医療学会(ACAM)キレーション治療認定医の資格を併せ持つ、唯一の日本人医師

著書
「60代からの強い体のつくり方」
「125歳まで元気に生きる」
「体に毒をためない食べ方」など多数

婚活食堂1 山口恵以子

「人は何かを手に入れるためには、何かを諦めないといけないの」by 恵

【あらすじ】
四谷しんみち通りの端にある「めぐみ食堂」
食堂と名はついているが中身はおでん屋。
客席はカウンター席10席のみ。
女将の恵が一人で切り盛りしている。

常連の千波は婚活パーティーで出会ったIT企業の社長とデートにこぎつけた。
デートの先は行列のできるラーメン屋。
サプライズも無く普通にラーメンを食べ始めたので千波は店を出て「めぐみ食堂」にやってきたのだった。

千波の入会した結婚相談所は女性の方が男性よりも会費が高いので怒っているのだ。
次にやってきたのは茅子。
茅子は夫に先立たれ20代後半の娘と二人暮らし。
娘に結婚の兆候がまるでないのが悩みの種。

千波と茅子が帰った後に来たのは由利。
由利は千波と茅子の話を恵から聞きながらおでんをつついていた。
その時、恵は由利の背後に影のようなものが見えた。
一瞬だが影の中に彫りの深い男の顔が見て取れたのだ。
実は恵は10年前まではマスコミにも名の売れた人気占い師だったのだ。

今は昔ほど力は無いが、恵には上手くいきそうな男女の頭の後ろには明るいオレンジの色が見えだした。
果たして千波達は婚活が成功するのだろうか??

【感想】
蟹面や車麩がおでんの具なんだ…と驚きました。
一番驚いたのはトマトの冷やしおでん。
おでんがメインだけどお通しやちょっとした一品が出てきます。
これがまた美味しそう。
山口さんの小説はいつも満腹状態で読まないとついつい何か食べてしまいそうになります。

「めぐみ食堂」にやってくる常連の女性達の婚活が意外な展開を見せるのが読みどころです。
そこに元人気占い師の恵が、昔ながらの力が少しずつ戻ってきて、常連達の相談にのります。
女性がお一人様でも気軽に行ける食堂が小説の中だけでなく、近所にあったら行くのになぁ。
巻末についているレシピもおススメです。

おススメ度
★★★

【目次】
一皿目 復活のおでん
二皿目 呪われた山菜
三皿目 豚コマと愛の炒め物
四皿目 牡蠣のカレーでつかまえて
ご皿目 おでんは愛の言葉
『婚活食堂1』レシピ集

PHP研究所
304ページ
2019年9月7日第1刷発行
本体価格 680円
電子書籍あり

著者 山口恵以子
1958年東京生まれ。
早稲田大学卒。
会社勤めのかたわらドラマ脚本のプロット作成を手掛ける。
2007年『邪剣始末』で作家デビュー。
2013年『月下上海』で第20回松本清張賞受賞。
丸の内新聞事業協同組合の社員食堂に勤めながら執筆したことから「食堂のおばちゃんが受賞」と話題になる。
2017年10月現在は専業作家。著書
『あなたも眠れない』
『恋形見』
『あしたの朝子』
『風待心中』
『トコとミコ』
「食堂のおばちゃん」シリーズなどがある。

孫と私の小さな歴史 佐藤愛子

「お金出して場所借りて、苦労なしに撮るなんて面白くない」

この本は「九十歳。何がめでたい」の著者である佐藤愛子さんが、お孫さんの桃子さんとコスプレして作った年賀状の20年を振り返っているエッセイです。

この年賀状を始めたのが1992年。
愛子さん69歳、桃子さん1歳。
この時は桃子さんがパンダの着ぐるみ
愛子さんは娘の響子さんが買ってあった猫の部屋着。
パンダ桃子さんを膝に抱いて笑っている愛子猫。
何故か前にはごりんが…??

この年賀状の作成場所は愛子さんの別荘がある北海道。
毎年夏に家族で行って撮影するのです。
大トトロに子トトロ
カリブ海賊
コギャル
泥棒
メイドカフェ

愛子さんの「これだ!」という思いつきから
世間の流行まであります。
桃子さんの成長記でもある年賀状。
最初は一緒に立っているだけの桃子さんが
愛子さんと一緒に演技をするようになります。

それぞれの年賀状には撮影時の様子が
響子さんの視点で書かれていたり、
愛子さん自身のエッセイであったり
その後に孫の桃子さんの当時の様子が綴られています。

文春オンラインより引用

【感想】
愛情が詰まった一冊です。
愛子さんから孫の桃子さんへの「愛」
愛子さんの演じることへの「愛」
年賀状を楽しみにしている人たちの「愛」

この年賀状の撮影にかける熱意が文章から伝わってきます。
着ぐるみや小道具を買うこともあるけれど
基本はあるものを利用されています。
時には小道具を徹夜で作ることも…。
だからこそ愛子さんは年賀状の出来不出来にはとても厳しいのです。

私のおススメは「泥棒」
桃子さんの演技が絶妙です。
年賀状に使われなかった写真は爆笑ものでした。

どの年賀状を見ても愛子さんの真剣さが伝わってきます。
何歳になっても新しいことに挑戦するってステキだなぁ。
こんなおばあちゃんになりたい。
周りは大変かもしれませんが…(笑)

おススメ度
★★★★★
ちょっとした時間に読むのにちょうどよい本です。
思わず噴き出してしまうので電車ではご注意ください(笑)

文藝春秋
198ページ
2016年1月10日第1刷発行
本体価格 1400円

著者 佐藤愛子
1923(大正12)年、大阪市生れ。
甲南高等女学校卒。
小説家・佐藤紅緑を父に、詩人・サトウハチローを兄に持つ。
1950(昭和25)年「文藝首都」同人となり本格的に創作活動を始める。
1969(昭和44)年『戦いすんで日が暮れて』で直木賞、1979(昭和54)年『幸福の絵』で女流文学賞、2000(平成12)年『血脈』の完成により菊池寛賞、2015(平成27)年『晩鐘』で紫式部文学賞を受賞。
ユーモラスなエッセイにもファンが多く2016(平成28)年『九十歳。何がめでたい』が大ベストセラーとなった。
2017(平成29)年、旭日小綬章を受章。

著書
「ソクラテスの妻」
「青春はいじわる」
「凪の光景」など多数

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

余命10年 小坂流加

今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマは「私の号泣本」

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時

試聴はこちらから


https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/08/9-4_honsuki-club_20190817.mp3

かおる文庫のおすすめブックコーナー

北海道在住、ブックコーディネーターのかーるさんがおススメする本を紹介するコーナーです。

オススメの号泣本

余命10年
小坂流加
文芸社文庫

◎あらすじ
20歳の茉莉は、治療法のない不治の病にかかり、余命10年を宣告される。
周りと違う自分を受け入れながら生きる茉莉と彼女を囲む人々の長くて短い10年の物語。

◎みどころ
決められた期限の中で何を選び、何を捨てるのか。
友人たちとの違いに歯噛みし、大事なものを持たないように淡々と生きる茉莉。

あるきっかけから没頭できる趣味の楽しみを知り、自分らしく友人と繋がっていきます。
そんな彼女が図らずも恋に落ちたとき、選んだ道は相手への思いやりに満ちていました。

死へ向かう息苦しさを正面から見つめる主人公の葛藤と真っ直ぐさに涙が止まらなくなります。
生きることの愛しさ、そして愛しい人のために何ができるのか自分に問いたくなるラブストーリー。

著者は本作の編集が終わったあと、病気が悪化して刊行を待たず2017年に逝去しています。まさに魂が込められた一冊です。
第6回静岡書店大賞 映像化したい文庫部門 大賞受賞!


【補足】
「死ぬ準備はできた。だからあとは精一杯、生きてみるよ」
20歳の茉莉(まつり)は、数万人に一人という不治の病にかかり、“余命10年”であることを知る。笑顔でいなければ周りが追いつめられる。何かをはじめても志半ばで諦めなくてはならない。未来に対する諦めから死への恐怖は薄れ、淡々とした日々を過ごしていく。そして、何となくはじめた趣味に情熱を注ぎ、生きることへ執着しないよう決して恋はしないと心に決める茉莉だったが……。

発売元である文芸社の秋山浩慈さん
『余命10年』はフィクションではありますが、その心情描写は決して想像だけのものではありません。
小坂さんが主人公の茉莉にどれだけご自身を投影されたのか、今となっては知るすべはありませんが、物語の中の一つひとつの言葉から、著者の想いがストレートに伝わってきます。

その企画、もっと面白くできますよ。 中尾孝年

史上最強の解決力を持ったクリエイター、それが広告クリエイター

最近は電子書籍やネットですぐに本が買えるので、街の小さな書店が次々と閉店しています。
音楽はCDを買ったりレンタルするより音源を購入してダウンロードして聞く人が増えました。
映画やドラマはDVDではなく、ネットフリックスやアマゾンプライムビデオなどネットで見る人が増え、レンタルショップも次々と閉店しています。

この本はTSUTAYAが閉店となり、その後にできた焼き立てパンと珈琲の店「リトルマーメイド」に店内で読むように置いてあった本棚にありました。

「面白い」はエネルギー、ポジティブな力の源

「面白いのメリット」
・プロジェクトの内側では、関係者や協力者を動かす時に有効
・プロジェクトの外側では、部外者や一般の人々を動かす時に有効
・周りを巻き込んで推進させる力がある
➡ 面白いには推進力と実現力がある

面白いを生み出す頭の使い方

・〇+〇=100で考える
 分数あり小数点ありマイナスの数字、なんでもありで考える
・面白いことをたくさん見つける
 たくさん見つけた中から一つずつ掘り下げる
・内側から外側へ発想を派生させる
 その後に外側から内側へ無理矢理着地
・ものごとを広くとらえる、都合よくとらえる
・見せる側(自分)の気持ち<見る側(相手)の気持ち

企画を面白くするポイント

・「面白い」をわかりやすく論理的に説明する
 → 本当のことを正直に自分の言葉で話す
・企画を考える時はパソコンを閉じる
 パソコンが開いているとつい「検索」してしまう
 → 企画は新しいアイデアを創造すること
 創造した企画を検証する段階で検索をする
・自分ごと化
 伝えた情報を(相手に)自分に関係のある話として、ちゃんと受け止めてもらう
・見る側の気持ちに立つ
 相手のベネフィット(利益)を考える

【感想】
具体的に中尾氏が手がけたCMやポスターが掲載されてあります。
「あっ、このCM知ってる」
「このポスター見た!!」

この本を読んでの学びはなんといっても
「自分ごと化」
伝えた情報を相手にとって自分に関係のある話として(=自分ごと化して)受け止めてもらう
そのためには相手にとってのベネフィットは何か考える
伝える側の想いと受け取る側の想いが重なる部分を伝える

著者が名古屋・大阪を経て東京で仕事をしていて、それぞれの地域で「面白い」が異なっていることを分析していたのが「なるほど」と感じました。
大阪府警のポスターは実際に著者が作って採用されたものです。
我が子の兄弟げんで泣いているところを写真に撮ったのだとか…。

ちょっとしたワークもあって楽しみながら学べる本です。

おススメ度
★★★★
クリエイティブな事をしている人
面白いことをやろうとしている人
職場を面白くしたい人
ワクワクしたい人
…におすすめです。
 

宣伝会議
277ページ
2017年7月1日第1刷発行
本体価格 1700円

著者 中尾孝年
株式会社電通
CDC クリエーティブ・ディレクター
京都府出身。
1997年電通入社。
主な仕事は江崎グリコ(アイスの実「江口愛実」、ポッキー「デビルニノ」「MC二宮」「YMO」)、サノヤス・ヒシノ明昌(「造船番長シリーズ」)、塩野義製薬(「もしもブラマヨの吉田がもっと早く皮フ科へ行っていたら…」)など。
佐治敬三賞、ACC賞、カンヌ、スパイクスなど国内外で受賞多数。

中尾孝年 ツイッター