宇宙を撮りたい、風船で。世界一小さい僕の宇宙開発 岩谷圭介

諦めずに続けていると、いろんな形で夢が形になってくるもの

小説「ペンギンは空を見上げる」を読んだときに、主人公が作る風船ロケットの作成の下りに岩谷圭介さんの著書を参考にしたと書いてあり、気になって読みました。
風船なのに撮った写真には地球がハッキリと写っています。

https://www.youtube.com/watch?v=CLDOG-oH4wQ

おススメ度
★★★★
ノンフィクションが好きな人
宇宙と聞くとワクワクする人
夢を形にしたいけどどうしたらいいかわからない人
夢を追いかけている人を応援したい人
そんな人におススメです。

やったことを表に出していく

◆幼少の頃は分解魔
・分解することは出来ても組み立てはできない
・分解することで自分自身がそれを発明したかのような気分になれる
・なりたいのは「バックトゥザフューチャー」のドク

◆迷う進路
・高校生になり進路を決めるときに「発明家」になるにはどの大学のどの学部に行けば良いのかわからないため2年浪人。
・鳥人間コンテストを知り、北海道大学の工学部機械学科で航空宇宙の研究をする。
・4回生になり「発明家」になるための就職先がわからず単位をわざと取らず2年留年。
・大学在学中からふうせん宇宙撮影を始め、就職はせず。

◆ふうせん宇宙撮影
・海外のニュースサイトで「アメリカの大学生3人が自作のバルーンカメラで宇宙を撮影する」という記事を見つけ興味を持ちやり始める。
・周りのいろんな人に「ふうせん宇宙撮影」の話をするが見向きもされない
・ホームページを作り実施するための必要なノウハウを全て公開
・ホームページを通じて共感する人、協力する人が増えてくる
 ➡ 発信することの大切さを学ぶ

大成功したときにも小さな失敗があり、大失敗のときにも小さな成功がある

◆失敗は良いこと
・理論どおりにはならないこともある
・やってみないと分からない
・繰り返すことで物事は進化していく

◆宇宙の撮影に成功
・宇宙撮影に偶然成功したのが11号機
・16号機で「撮れた」と思える…狙って撮れた
・16000枚撮ってきれいに撮れたのは、1枚だけ
・宇宙からの初日の出の撮影に成功

気が付けば発明家に

・宇宙撮影で必要に迫られていろいろな物を発明
・その一つがマイナス60度の上空でも動くバッテリー

自分の将来や自分のしたいことは、人に叶えてもらうものではなかった
夢は追い求め続けるもの
失敗はたくさんの事を教えてくれる、失敗してもいいんだと教えてくれた

【感想】
初心貫徹とは岩谷さんのことを言うのではないでしょうか。
「発明家」になるための道筋を見つけるまで、進路に妥協しない。
2年間浪人し、2年留年することを受け入れてご両親に頭が下がります。
「仕事=就職?」には考えさせられました。
岩谷さんには「とりあえず大学に行く」「とりあえず就職する」は無いのです。

今、私には社会人の娘がいますが、彼女が高校三年生の時に「なりたいものが無い」と言った時に私は「なりたいものを見つけるためにとりあえず大学に行けば?」と進学を進めました。
果たして、それが良かったのだろうか???
この本を読んで思いました。
突き進むばかりの人生だけでなく、立ち止まって自分が納得いくまで考えてもいいんだよ。
そんなことを教えてくれる1冊です。

岩谷さんのホームページから風船で撮影した宇宙を見ましたが、本当に青くてキレイです。


岩谷圭介 公式サイト ふうせん宇宙撮影

【目次】
はじめに
第1章 風船で宇宙を見る!
第2章 夢は転がってはいない
第3章 「やってみて」はじまった
第4章 失敗は教えてくれる
第5章 「達成した」その先へ
第6章 「ふうせん宇宙撮影」の扉を開く

キノブックス
220ページ
2015年9月5日第1刷発行
本体価格 1400円

著者 岩谷圭介
1986年生まれ。福島と東京で育つ。

発明家・エンジニア・アーティスト。
北海道大学在学中より、風船によって挑む小さく身近な宇宙開発を開始。
手のひらから繋がる宇宙開発『ふうせん宇宙撮影』を確立する。

2012年、日本で初めて小型カメラを使った上空30kmからの撮影に成功。
その後も開発を進め80以上の実績を重ねる。
国内のさまざまなれべれ・新聞・雑誌に取り上げられ、CMや広告にも起用される。

ふうせん宇宙撮影を通して、「やってみる」ことと失敗することの大切た、挑戦する気持ちを広げるために活動している。

著書
「うちゅうはきみのすぐそばに」
「おもしろくて役に立たない!?へんてこりんな宇宙図鑑」

岩谷圭介 ツイッター

岩谷圭介 YouTube

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。