モリー先生との火曜日 ミッチ・アルボム

LINEで送る
Pocket

今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマは「あなたの号泣本」

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時

試聴はこちらからできます。

https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/07/8-2_honsuki-club_20190711.mp3

ラジオネーム ぶるぼん
ミッチ・アルボム「モリ―先生との火曜日」です。

① この本のオススメどころ
生きていると遭遇する問題を深く掘り下げて考えさせられる点がオススメです。それは愛であったり、許しであったり、家族であったり、結婚であったり、老いることや死ぬことであったり。

舞台はボストンの郊外。
ミッチは大学卒業後疎遠になっていた恩師のモリ―を久々に見たのはなんとテレビ。
モリ―はALS(筋萎縮性そくさく硬化症)を発症し、死につつある状態。
16年ぶりに訪れた恩師のもとで、ミッチはモリ―と毎週火曜日に様々なテーマについて話し合うという内容。

それはモリ―が亡くなるまで続きます。
その内容は多くの人にとって身近な問題なので、読んでいる私にも悩んだことがある問題だったり、恐れている問題だったりすることが多いです。

毎日の生活の中で、日々生きることに一杯いっぱいになってるけど、ふとした時に恐怖が襲ってくることってありませんか?
もし私が死んだら残された家族はどうなるだろう?とか。

私はこの本を読むまでそのことがとてもとても怖かったのですが、この本を読み、モリ―の状況や語ることを読むことで自分の考え方、見方、物事の捉え方が変わっていきました。
自分なりに深く考えたからだろうなと今は思っています。

② この本との出会い
好きな舞台俳優さんがこの本の朗読劇に出演することになったのがきっかけです。
観る前に読んでみようと思って手にとりました。

③ 直近の号泣した出来事
まさに見ようとしてたテレビが壊れた時ですね。
結局友人が録画してたので、それを見せてもらったのですが、「なぜ!今!このタイミングで!」って突っ込みながらテレビにむかって号泣してました。


【あらすじ】
スポーツコラムニストとして活躍するミッチ・アルボムは、偶然テレビで大学時代の恩師の姿を見かける。
モリー先生は、難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)に侵されていた。
16年ぶりの再会。モリーは幸せそうだった。
動かなくなった体で人とふれあうことを楽しんでいる。
「憐れむより、君が抱えている問題を話してくれないか」モリーは、ミッチに毎週火曜日をくれた。死の床で行われる授業に教科書はない。
テーマは「人生の意味」について。


著者 アルボム,ミッチ
フィラデルフィア出身。
1970年代後半、ブランダイス大学の学生時代に、社会学教授のモリー・シュワルツと出会う。
卒業後、プロミュージシャンを目指すが、挫折。
コロンビア大学でジャーナリズムの修士号を取得し、デトロイト・フリープレス紙のスポーツコラムニストとして活躍。
鋭い洞察と軽妙なタッチのコラムは高い評価を受け、AP通信によって全米No.1スポーツコラムニストに過去13回選ばれている。
2003年9月に発表した初のフィクション『The Five Poeple You Meet in Heaven』(邦訳『天国の五人』、NHK出版)は全米ベストセラー1位を獲得。現在、妻ジャニーンとミシガン州フランクリンに在住 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください