20 誤判対策室 石川智健

「一側面から見たら無意味と思えるものでも、立場を変えれば意味を持つのです」by 紺野

 無罪を訴える死刑囚を再調査し、冤罪の可能性を探る組織…「誤判対策室」
単行本『60 tとfの境界線』文庫本として加筆・修正した『60 誤判対策室』の第二弾です。

私は前作「60」は読んでいないのですが、ミステリー好きなので手に取ってみました。
前作を読んでいなくても大丈夫です。

おススメ度
★★★★
ミステリー好きな方におススメです。

【あらすじ】
誤判対策室は定年退職した元刑事の有馬、検察官の春名、弁護士ではないが民間企業の法務部で働いていた潮見からなる冤罪調査組織である。
半年前に冤罪事件の無罪を勝ち取りマスコミにも取り上げられていた。

ある日、三ノ輪署から有馬宛に電話があった。
三ノ輪署に出向くと「人を殺した」と自白した容疑者が一転、否認に転じた。
その容疑者は有馬を指名し、有馬以外には一切喋らないと主張する。
容疑者は紺野真司、元裁判官。

紺野は有馬に「ゲーム」を持ちかける。
拘置から二十日以内に起訴に持ち込めば有馬の勝ちとなり、刑に服す。
持ち込めなければ、有馬の娘をこの世から消す。
紺野は有馬の娘の住居や週に1回、スポーツジムに通っていることまで調べていた。

被害者は富田聡、年齢は30歳。
自宅で殺害されていた。

翌日、有馬の娘の詩織から連絡が入る。
仕事の事務所がめちゃくちゃに荒らされ「有馬英治 ゲームは始まっている」という貼り紙があった。
有馬は負けたときのペナルティが本物だと感じる。

有馬はあらためて紺野を取り調べる。
「私が起こした事件ですが、これは完全犯罪です。絶対に証拠を掴むことはできません」と言い切る。
有馬を含め誤判対策室は紺野を起訴に持ち込めるのか。
闘いは始まった。

【感想】
元刑事の有馬、現役検察官の春名、難関大学法学部卒業だが弁護士ではない潮見このなんともいえない取り合わせの3人「誤判対策室」
なんとなくバラバラ感があり、春名の独り相撲の組織かと思いきや、新たな事件を捜査するなかで、互いの強みが活かされていきます。

事件は状況証拠と容疑者の自白で起訴…と思いきや
容疑者が否認。
普通ならば、このまま容疑者の自白で起訴することになるところが、今回の容疑者の紺野は元裁判官。
あえて冤罪を再調査する組織「誤判対策室」の有馬を名指しすることで再調査となり、それも期限付き。
後半、事件は予想外の展開を見せます。
これがあまりにも予想外で…。
う~ん、被害者の富田と紺野の関係って警察が本気になったらわかるのでは???
こう思ったのは警察小説好きだからでしょうか(笑)

とはいえ、警察小説でも探偵小説でもない、冤罪を再調査する「誤判対策室」に俄然興味が湧きました。
前作の「60」も気になります。

【目次】
プロローグ
第一章 検察庁法第二十条
第二章 二十日
第三章 刑事訴訟法第二十条
第四章 20FPS
第五章 二十画素
第六章 二十号手当
終章  二十年
エピローグ

講談社
295ページ
2019年8月19日第1刷発行
本体価格 1600円
電子書籍あり

石川智健
1985年神奈川県生まれ。
2011年に『グレイメン』で第2回ゴールデン・エレファント賞大賞を受賞。
翌年、同作が日米韓で刊行となり作家デビュー。
2018年には『60―誤判対策室』がドラマ化され注目を集める。
現在は医療系企業に勤めながら、執筆活動に励む

著書
「経済学捜査員 伏見真守」
「もみ消しはスピーディーに」
「法廷外弁護士・相楽圭 はじまりはモヒートで」など

石川智健 ツイッター

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。


宇宙を撮りたい、風船で。世界一小さい僕の宇宙開発 岩谷圭介

諦めずに続けていると、いろんな形で夢が形になってくるもの

小説「ペンギンは空を見上げる」を読んだときに、主人公が作る風船ロケットの作成の下りに岩谷圭介さんの著書を参考にしたと書いてあり、気になって読みました。
風船なのに撮った写真には地球がハッキリと写っています。

https://www.youtube.com/watch?v=CLDOG-oH4wQ

おススメ度
★★★★
ノンフィクションが好きな人
宇宙と聞くとワクワクする人
夢を形にしたいけどどうしたらいいかわからない人
夢を追いかけている人を応援したい人
そんな人におススメです。

やったことを表に出していく

◆幼少の頃は分解魔
・分解することは出来ても組み立てはできない
・分解することで自分自身がそれを発明したかのような気分になれる
・なりたいのは「バックトゥザフューチャー」のドク

◆迷う進路
・高校生になり進路を決めるときに「発明家」になるにはどの大学のどの学部に行けば良いのかわからないため2年浪人。
・鳥人間コンテストを知り、北海道大学の工学部機械学科で航空宇宙の研究をする。
・4回生になり「発明家」になるための就職先がわからず単位をわざと取らず2年留年。
・大学在学中からふうせん宇宙撮影を始め、就職はせず。

◆ふうせん宇宙撮影
・海外のニュースサイトで「アメリカの大学生3人が自作のバルーンカメラで宇宙を撮影する」という記事を見つけ興味を持ちやり始める。
・周りのいろんな人に「ふうせん宇宙撮影」の話をするが見向きもされない
・ホームページを作り実施するための必要なノウハウを全て公開
・ホームページを通じて共感する人、協力する人が増えてくる
 ➡ 発信することの大切さを学ぶ

大成功したときにも小さな失敗があり、大失敗のときにも小さな成功がある

◆失敗は良いこと
・理論どおりにはならないこともある
・やってみないと分からない
・繰り返すことで物事は進化していく

◆宇宙の撮影に成功
・宇宙撮影に偶然成功したのが11号機
・16号機で「撮れた」と思える…狙って撮れた
・16000枚撮ってきれいに撮れたのは、1枚だけ
・宇宙からの初日の出の撮影に成功

気が付けば発明家に

・宇宙撮影で必要に迫られていろいろな物を発明
・その一つがマイナス60度の上空でも動くバッテリー

自分の将来や自分のしたいことは、人に叶えてもらうものではなかった
夢は追い求め続けるもの
失敗はたくさんの事を教えてくれる、失敗してもいいんだと教えてくれた

【感想】
初心貫徹とは岩谷さんのことを言うのではないでしょうか。
「発明家」になるための道筋を見つけるまで、進路に妥協しない。
2年間浪人し、2年留年することを受け入れてご両親に頭が下がります。
「仕事=就職?」には考えさせられました。
岩谷さんには「とりあえず大学に行く」「とりあえず就職する」は無いのです。

今、私には社会人の娘がいますが、彼女が高校三年生の時に「なりたいものが無い」と言った時に私は「なりたいものを見つけるためにとりあえず大学に行けば?」と進学を進めました。
果たして、それが良かったのだろうか???
この本を読んで思いました。
突き進むばかりの人生だけでなく、立ち止まって自分が納得いくまで考えてもいいんだよ。
そんなことを教えてくれる1冊です。

岩谷さんのホームページから風船で撮影した宇宙を見ましたが、本当に青くてキレイです。


岩谷圭介 公式サイト ふうせん宇宙撮影

【目次】
はじめに
第1章 風船で宇宙を見る!
第2章 夢は転がってはいない
第3章 「やってみて」はじまった
第4章 失敗は教えてくれる
第5章 「達成した」その先へ
第6章 「ふうせん宇宙撮影」の扉を開く

キノブックス
220ページ
2015年9月5日第1刷発行
本体価格 1400円

著者 岩谷圭介
1986年生まれ。福島と東京で育つ。

発明家・エンジニア・アーティスト。
北海道大学在学中より、風船によって挑む小さく身近な宇宙開発を開始。
手のひらから繋がる宇宙開発『ふうせん宇宙撮影』を確立する。

2012年、日本で初めて小型カメラを使った上空30kmからの撮影に成功。
その後も開発を進め80以上の実績を重ねる。
国内のさまざまなれべれ・新聞・雑誌に取り上げられ、CMや広告にも起用される。

ふうせん宇宙撮影を通して、「やってみる」ことと失敗することの大切た、挑戦する気持ちを広げるために活動している。

著書
「うちゅうはきみのすぐそばに」
「おもしろくて役に立たない!?へんてこりんな宇宙図鑑」

岩谷圭介 ツイッター

岩谷圭介 YouTube

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。


かぼちゃを塩で煮る 牧野伊三夫

インターネットラジオゆめのたね放送局関西チャンネル
ホンスキー倶楽部で偶数週にお送りしているコーナー
「かおる文庫のおすすめブックコーナー」からの紹介本です。
このコーナーは北海道在住のブックコーディネーター、かーるさんがおススメする本を紹介しています。
テーマは「おススメの美味しい本」

タイトル:かぼちゃを塩で煮る
著者:牧野伊三夫(まきのいさお)
出版社:幻冬舎

◎あらすじ
寝ても覚めても頭のなかは食べることばかり!美味しいものを食べたい欲求から料理に情熱を傾ける食いしん坊画家のエッセイ。

◎みどころ
タイトルから本当に食べるのが好きなのだと情熱を感じ、手に取った一冊。
そして期待を裏切りませんでした。
著者の牧野伊三夫さんは、暮しの手帖、かもめ食堂など雑誌や本の装丁・挿絵を多く手掛ける画家です。

子ども時代から食べることに関心が高く、
絵を描き始めて収入がなくなってもうまいものを食べたい欲求が高まり、本格的に料理を始めたそうです。

料理のおかげで心が救われ、のめりこんでいくエピソードは人間らしさがにじみ出ています。
たくさんある料理の中であえて「かぼちゃの塩煮」をタイトルに選んだ著者。
苦手だったかぼちゃの調理法を変えただけで好物になった喜びを書いています。本当に嬉しかったのでしょう。

実は私もかぼちゃの塩煮が大好物。
わが家のかぼちゃといえば塩煮です。
塩がかぼちゃの甘味を引き出して、ほくほくとした味がたまりません。
このエッセイは、家庭でつくれる手軽で美味しそうな料理を調理法と一緒に紹介してくれます。

ゆで卵を美しくむく、野菜を塩でもむなど
ちょっとしたコツものっています。
料理が苦手でも気軽に作れそうな、気取らないメニューがシンプルな文章で紹介されます。

やさしい野菜スープの作り方、三分で作れるおつまみ帳、いわしの酢じめ、様々な鍋。
巻頭の美しい写真と著者の味のあるイラストが食欲をそそります。

個人的に素晴らしいと思うのは
「ノートのまんなかに線を引いて献立を考える」という発想です。
右側は豚肉や豆腐など、たんぱく質群食材のウサギさんチーム、左側はほうれん草や玉ねぎなど野菜群食材のカメさんチームと名付けます。
そして家の冷蔵庫をのぞき、両側の食材を組み合わせてフライパンで炒めればいいそうです!

献立に困ったらウサギとカメ。
このシンプルさは参考になりますね。
料理が苦手な方、献立に困っている方へ。
料理愛とユーモアあふれる語り口のエッセイをどうぞお楽しみください。

【補足】
幻冬舎プラス…サイトで会員に登録(無料)
この本の試し読みができます。

カレーライスについての話では…。
飲んだ後に食べる ✖
食べた後に飲む  ✖  
どちらも中途半端になるんだそうです。
著者は飲みながらカレーライスを食べる方法を編み出します。
玉ねぎと多めの豚肉、水も多めでシャパシャバ
豚肉をつまみにしながらお酒を飲む
このカレーに合うお酒はホッピー、レモン酎ハイだとか…。
気になった方はお試しあれ!!

著者 牧野伊三夫
1964年福岡県生まれ。
多摩美術大学卒業。
画家。
鎌倉の出版社港の人と「四月と十月文庫」創設。
北九州市情報誌「雲のうえ」、飛騨産業機関紙「飛騨」の編集委員。
アトリエヌーボーコンペ日比野賞、東京ADC賞受賞。

ランベルマイユコーヒー店 オクノ修・nakaban



今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマは「あなたの号泣本」

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時

試聴はこちらからできます。

https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/07/8-2_honsuki-club_20190711.mp3



ラジオネーム よんたくん

オクノ修 ランベルマイユコーヒー店 ミシマ社

①この本のおすすめどころ
この絵本ができる原点となった、京都の老舗コ-ヒ-店六曜社のマスターオクノ修さんの歌を聴きながら、nakabanさんの絵を「読んで」みてください。
かけがえのないあなただけの朝が、一冊の絵本から浮かびあがります
自分のお気に入りの、リラックスミュージックで読むのもおすすめです。

オクノ修 ランベルマイユコーヒー店 歌

https://www.youtube.com/watch?v=9Z8TQc8fFQ4

②この本との出会い
大好きな出版社、京都のミシマ社の本なので注目していました。
これも大好きな書店レティシア書店で手に取った時、店主の奥さまがさりげなくかけてくださったレコードの音色と、絵本のなかの風景が溶け合い、とても優しい気持ちになってうっかり涙までこぼしてしまいました。
この本を買わずして、今日は何を買うの?というくらいの気持ちで購入しました。

読読より引用

③ 直近の号泣したできごと
実は私は、号泣することが多いです。
子どもさんに絵本を読みきかせたりもするのですが、声に出して読むと、悲しさや感動でよく感極まってしまいます。
そういうときはギャンギャン号泣しながら練習して、泣かずに読めるまで練習します。

さいきんでは、紙芝居の『ちっちゃいこえ』ア-サ-ビナ-ド 童心社 を一人で練習していて号泣しました。
何回も演じましたがまだちょっと危ない(^^; 練習あるのみです!

童心社より引用

【内容】
コーヒーとともに日々を刻む、すべての人たちへ。
京都の老舗喫茶店「六曜社」のマスター、オクノ修の名曲に触発され、画家のnakabanが10年以上温め続けた作品、ついに完成。

著者 オクノ修
1952年京都生まれ。シンガーソングライターであり、京都の老舗喫茶店「六曜社」のマスター。

挿絵 nakaban(なかばん)
1974年生まれ。画家。
広島市在住。
絵画を中心にイラストレーション、文章、絵本、映像作品を発表している。新潮社『とんぼの本』や本屋『Title』のロゴマークを制作。
著書
『よるのむこう』
『ぼくとたいようのふね』
『窓から見える世界の風』
『ことばの生まれる景色』ほか。
珈琲片手の時間が大好きである。


テロリストのパラソル 藤原伊織

「破壊だけを目的とする道具は弱者のためにある」by 桑野

この小説は私が大好きな作家、塩田武士・伊兼源太郎、両氏が人生が変わった小説として挙げていました。
史上初、江戸川乱歩賞と直木賞を受賞した作品です。 

おススメ度
★★★★★
ミステリーの中では、前半にばらまいた伏線を回収しきれないままに終わってしまう話があるのですが、この小説は見事です。
題名に入っているパラソルは???と思っていたら、ちゃんとありました。
ミステリー好き、ハードボイルド好きな人におススメです。

【あらすじ】
小さなバーの雇われバーテンの島村は、朝10時に目覚めると近くにある公園に行き、ウイスキーを飲むのが日課。
ある日、いつもの様に公園でウイスキーをあおっていると、小さな女の子が話しかけて来た。
将来バイオリニストになるのだと言う。
女の子が父親と去り、布教活動で話しかけてきた青年も去って、ウトウトとしかけたその時だった。
地響きが伝わってきた。
続いて悲鳴が…。
爆薬が炸裂したのだった。
周りは死者と死者の破片が散らばっている。
その中で島村は見つける、バイオリニストになりたい女の子を。
女の子の後に話しかけてきた青年に女の子を託し、その場を離れる島村。
この爆発で大学時代の友人、桑野の腕も見つかり新聞で死亡と伝えられていた。

島村は大学自体に全共闘に参加しており、桑野と共に車で爆発事故を起こしていた。
桑野が爆弾を作り、車で移動中に事故を起こして爆発したのだった。
この時から桑野と島村はテロリストとして指名手配される。
時効にはなっているが島村は警察と関わることは極力避けてきた。

島村は単独で今回の爆発を起こした張本人を突き止めようと動く。
そこにやくざの浅井、大学時代の彼女だった園堂の娘が絡んでくる。
店の周りには警察が張り込み、やくざにボコボコにされ、馴染みだった者が一人、また一人と死体で見つかる。

公園の爆発は一体なんのために?
島村は狙われたのか??

【感想】
爆弾の犯人は意外な人でした。
数々の伏線がひとつ残らず活かされています。
出てくる登場人物にもすべてに意味があり、そこがそう繋がるのか…と後半は途中で読むのを中断することに後ろ髪をひかれました。
何故、題名にパラソルなのか…。
あ、そこからなのか(ネタバレになるので書きませんが)
読んでいて、あれはどうなったんだろう?
と思っていたモヤモヤがすべて解決されます。

大学時代、多感な年ごろを全共闘で、それも安田講堂事件の真っただ中で、一つの時代を共有した人たちは、その後の人生にも少なからず影響を与えるのだろうか…。
少なくとも、島村・桑野・園堂の3人は引きずったまま、それぞれの人生を歩んでいたように感じます。

一人ひとりの人生が交錯する中で起こるすれ違い…。
ミステリーでハードボイルドなのに昭和の青春も感じさせ、ちょっとノスタルジックな小説でした。

角川文庫
374ページ
2007年5月25日第1刷発行
電子書籍あり

著者 藤原伊織
1948年大阪生まれ。
東京大学文学部フランス文学科卒業。
電通に勤務する。1977年、「踊りつかれて」で野性時代新人文学賞佳作を受賞。1985年、『ダックスフントのワープ』で第9回すばる文学賞受賞する。
その後、原稿依頼を断っているうちに注文が来なくなり、発表が途絶える。
1995年『テロリストのパラソル』を江戸川乱歩賞に応募し、受賞する。
翌年、同作で直木三十五賞も受賞した。
それまでに乱歩賞受賞作が直木賞の候補になったことや、乱歩賞受賞作家が直木賞を受賞した例はあったが、同一の作品で二賞を受賞したのは史上初であった。2002年、電通退社。

2007年5月17日、食道癌のため東京都品川区の病院で死去。
享年59歳。著書
『ひまわりの祝祭』
『雪が降る』
『てのひらの闇』など

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

キャラがすべて! メディアを使いこなして、自分自身を売り続ける方法 大内優

「割り切って、演じてしまえ」

この本との出会いは「実践読書会」です。
この読書会での課題本が「キャラがすべて!」でした。
読書会ではワークやダイアログが主体で本を読むことは無かったので、あらためて読んでみました。

おススメ度 ★★★★
起業している人
これから起業しようとしている人
自営業の人
などなど自分を売り出そうとしている人におススメです。

キャラ作りで大切なことは?

◆キャラは演じるもの
・必ずしも自分が100%そうである必要はない
・他人の目は気にしない
・割り切って演じる
◆キャラ説明書を作る
・「名前がどう広まって欲しいか?」を言語化する
・自分のキャラをSNSで主張する
◆とんがってとんがってとんがる
・専門性にとんがることは他を排除することではない
・とんがるにも根拠が必要
◆「自分にはできる」とハッキリ宣言する
・自分でこれをやると決めたら徹底的に主張する
・キャラこうと決めたら貫く

自分のキャラの見つけ方

◆好きなことにこだわって追及する
・人生を棚卸しして、自分のキャラを見つける
・自分で自分をプロデュースする
・好きなモノ✖一貫性
◆ターゲットを絞る
・「誰の」「何を」解決する専門家なのかを表明する
◆起承転結の自己紹介ストーリーをつくる

キャラクター化して売り出す方法

◆ビジネスの設計図を準備する
◆LP(ランディングページ)を作ってSNSと連携させる
◆SNSはメルマガへの導入手段にする
・登録者数より開封率が大事

【感想】
まず決めるということが大切なんだと感じました。
私は「読書の家庭教師」という肩書きで活躍したいと思っていましたが、じゃあどうするか…というところで止まっていました。

友人からのアドバイスとこの本を読んだこともあり、まずは「読書の家庭教師」となることを決めてFacebookのアカウントに「読書の家庭教師」を追記しました。
この一文を入れるだけで、投稿も「読書の家庭教師」を意識することになります。

この本はキャラのつくり方だけではなく、どう売り出していくか?
効果的なプレリリース作りやオンラインサロン運営法まで載っています。

「私には無理だわ~」「何も特技ないし…」と思う人も多いかもしれません。
「自分の好きなことで豊かになる」そんな生活に一歩踏み出すために、まずこの本を読んでみて、自分のキャラを作ってみてはいかがですか?

【目次】
はじめに すべてはあなたが”人を惹きつけるキャラ”を持っているかどうか
第1章 なぜ、いま個人がメディア戦略を考えなければならないか?
第2章 自分をキャラクター化して、影響力を最大化する方法
第3章 メディアへ出ていくうえで、最初に考えるべきこと
第4章 テレビを味方にして、一気に有名になる
第5章 自分にファンクラブをつける、オンラインサロン運営法
おわりに キャラでチャンスをつかみ取れ!


きずな出版
229ページ
2018年10月1日第1刷発行
本体価格 1500円
電子書籍あり

著者 大内優

メディア活用研究所代表。1978年福島県郡山市生まれ。
慶應義塾大学卒業後、福島テレビ株式会社で報道記者として4年間勤務。
取材ネタの選定・番組制作には定評があり、テレビ番組コンクールでの受賞歴もある。
記者時代に目を通したプレスリリースは40,000件以上。その経験から、プレスリリースの良し悪しを3秒で判断することができる。
独立後はメディア活用研究所代表として、テレビを効果的に活用し、ビジネスを拡大するためのノウハウを伝えるセミナーを全国各地で開催。
また、メディア活用に関する活きた情報を手に入れるために、現在もテレビ番組MCやラジオパーソナリティとして活動を続けている。

著書
『小さなお店・会社、フリーランスの「テレビ活用」7つの成功ルール』

大内優 公式ホームページ

大内優 ツイッター